スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「ブルームーン・ブルー」 夏乃 穂足/北沢きょう

■あらすじ
古い洋館に住むライターの堂園要は、満月を映す書斎の鏡から、過去の館に迷い込んだ。そこで自分の曾祖父である清巳と恋に落ちる。
彼のため過去に留まろうとするが果たせず、絶望した要は自棄な生活を送っていた。そこに清巳そのものの容姿を持った遠縁の高階望が訪ねてくる。望は姿以外はまったく清巳とは違い、弟妹たちのために必死に働き、前向きに生きていた。要はその望の明るさに徐々に癒されていき―。

鏡に映る像のように、確かに在るのに手にできない恋。
鏡が映した人のように、この手で抱きしめられる恋。

青ざめた僕の心に満ちるのは、願いをかなえる2度目の月の光。

作品にやられて、うっかりポエマーになってしまいました。皆様、こんばんは。

本日は、「第一四半期読書感想・独立編」 第2弾、
夏乃穂足さん「ブルームーン・ブルー」をお送りいたします。

本企画は、月間読書記録にコメントつけていたら止まらなくなった=わたくしが面白いと思ったBLを、第一四半期(1〜3月)読書記録からピックアップして独立感想に仕立てる企画でございます。
実のところ、普通の読書感想であって企画でも何でもないので、せめてもの気持ちといたしまして、連続UPがんばってみましたYO! 
        
                                        
 
  
前回に続き、今回も新人様作品でございますね。新人様作品を連続で取り上げるなんて1年半ぶりのことです。←『9月新刊3本勝負・其の壱「同」 犬飼ののVS四ノ宮慶』記事参照(2009・9月UP)

うむ、今年のグラミー最優秀新人賞は今年のようなこと(該当なし)にはならないぞ♪
ではでは、早速。



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名な行]その他 | comments(5) | - |