スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「溺れる人魚」 いつき朔夜/北上れん

◆本編あらすじ
原因不明の足の痛みを抱えた水泳選手の眞生(まき)は、大学の水泳部を休部し、スイミングクラブで講師のバイトをしている。そのバイト先に現れたのは、派手な見かけで優雅な古式泳法をつかう男、桂(かつら)だった。
鍼灸師の桂は、眞生の病に癒しの手を差し伸べてきた。だが桂は私生活では遊び人で、眞生に対して恋愛ゲームをも仕掛けていたのだ。そんな男の手管に、知らずに落ちる真生だったが…?タラシ鍼灸師×純愛スイマーの恋。
◆帯コピー
あんたなんか好かん、いっちょん好かん。

本日は、いつき朔夜さんの意欲あふれる新刊・「溺れる人魚」です。
今回で9冊目でございますね、もはや、ディアプラスの看板作家様としての風格も十分でいらっしゃいます。

突然ですが全9作。

◆既読
     

◆積読&未読
   

商業誌9冊のうち3冊未読ですので判断データとしてはいまいち弱いんだが、そこはご勘弁いただいて。
今作は色々と型破りです。

本日は、イメソン→次ページでイラストチェック→本編感想の順でお送りいたします。
本編感想最後に、管理人黒人格「みゅうあー」のダークつぶやきがお久しぶりに入っておりますので、シニカル空間が不得手のお客様は、どうかお気を付けくださいませね。


 

◎イメージソング
ちょっと画像がナンでございますが…。
      

君の傍に ただ居たいと願って
纏う嘘の重さに怯えて泣いた

嫌われたくない そう思った
いつもどおりずっと隣にいたいよ
君の目にはどう映るのだろう ボクのついたこの嘘は許されるのかな
ごめんね

歌詞だけ聞けばズバリ(と思う)ですけど、少々透明感がありすぎるかな。(こんなお可愛らしい「ウソつき」じゃないので、苦笑)
でも、作者様はこういった世界観を目指しているような気がするので、ま、いいだろう。







◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]いつき朔夜 | comments(2) | - |