スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

ちょっと雑談・月末のお買物〜イラストひやかし編

そろそろ、予約していた7月末の新刊が届くころです。
暑いので外に買いに出たくないです。通販大感謝だ♪♪

今月は(も?)はイラスト夏祭りでございます。ガッシュが特にすごいです、お盆特需を狙ってる…?
なかでも、この2本↓はとても楽しみにしておりますよ。

うたかたの愛は、海の彼方へ (ガッシュ文庫) 金曜日の凶夢 (ガッシュ文庫) 
■「うたかたの愛は、海の彼方へ」華藤えれな/高階佑
美しい…。
えれな嬢×高階さんの異国譚をずっと待っておりましたので、これはもう…!!しかもフレブラより1世紀古い、15世紀のヴェネチアなのですからね う〜ん、森川久美「ヴァレンチノシリーズ」思い出すよ…。
なるほどイスラムの彼が後ろってことは、今回は下剋上なんですねっ!えれな嬢にしてはお珍しい。←「受け(ヒロイン)は手前」のイラスト大法則より 
こういう作品は、すご腕絵師様でないとがっかりです。えれな嬢グッジョブ 異国譚外伝バンザイ!!「美」の記録更新と男同士のダンスシーンに注目だっ♪♪

■「金曜日の凶夢」夜光花/稲荷屋房之助
まさかの続編にビックリだ☆ でもお稲荷様ご担当イラストは超久しぶりなので、嬉しいです。
ちなみにこの表紙は1作目「水曜日の悪夢」と対になっているので、「受けが手前」法則は前作に適用済、なので今回は該当しないのでし♪
この2本は感想を必ず書こう♪名作感想の間にUP出来ればいいんだけど…

   交渉人は嵌められる (SHYノベルス)  交渉人は諦めない (SHYノベルス)   
  このあたりはもう文句なしに楽しみです 
「龍とDR」の新刊も出るし、奈良様大忙しですね。となると、心配なのはイラスト枚数。ホワイトハートは4〜10枚まで平気で大差つけるからな〜…・。カラー口絵だってないのにぃ。

小説表紙絵はすべてブルー系、「夏」を意識したお色使いです。脳力(言語理解分野)を酷使する「小説」は、不快指数と購買意欲が反比例するのですよね。暑苦しい時に暑苦しい文字を追いたくないもんね。
なので、この時期に小説表紙に暖色系(濃赤やバラ色)を使った作品は、衝動買いはまず誘えない。
そこまで考えてお仕事されてる絵師様はマレですけど、「挿絵=他人の作品にイロをつける」ことを意識してお仕事される方は、無意識にそういう配色を選んでしまうものなのですよね。
そう思って新刊平台全体を眺めると、とても面白いのです。←かなりマニアックなので同志がみつからない


 

コミックは「オオカミの血族」以外に買う予定なのは、この3冊かな。

きみが恋に溺れる 第3巻 (あすかコミックスCL-DX) 犬は夢見て恋をする (花音コミックス) 好きというのになぜかしら (ディアプラス・コミックス)
(左・中)どちらも3巻まで行くとは思っておりませんでした。
阿部さんコミック(右)は萌え友様オススメ&「是ファンブック」のマンガが面白かったので初挑戦です。
こちらは直感分野により強く訴えるマンガの表紙なので、どれもストレートに「ピンク=恋・発情」です。コミックはご本人がご自分の世界を着色されるので、選色がストレートになりやすいんだな〜。「小説イラスト」との違いがよく出ていて面白いですねぇ。
小説イラストで、もしこの時期に「ピンク」を選ぶ人がいたら、その方はコミック歴が長いってほぼ断言できます。

余談:高永ひなこ嬢
この方はわたくしとご同郷でいらっしゃるのですよね。なので、密かにごひいきにしている方なのです。コミックはコンプしてませんが、イラストご担当小説はほとんどチェックしてるんじゃないかな〜。
そんなわたくしが一部の方にこっそりオススメする、ひなこ嬢ご担当小説は…コレダ。

 柊平ハルモ「純愛本能」 
同郷作家×絵師様による究極のご当地BL。お話の完成度云々より、おなじみのあ〜んなところで繰り広げられる恋バナ、ってだけでテンション上がる。このワクワクは、同郷でなければわかるまい(笑)←よってオススメは東海3県にゆかりのある方のみとさせていただきます☆

 
待機記事がわんさかあるのに、遊んでしまった…

次回は「上半期ランキング・読書メーターVSわたくし」(なんだそりゃ)をお送りいたします。





                    
                                    〔絵師:稲荷屋房之介〕 〔絵師:高永ひなこ〕〔画:ギャラリー〕

                
 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(6) | - |

イラスト考察・「女装とBL」2009

本日の「日曜コミックDAY」は、コミックではなく「イラスト」。
情けなくも秘かなライフワーク、「特集・女装イラスト・2009」でございます。

前回はメモ程度でしたので、今回改めて編集。考察を兼ねた記事にいたしました。
(よって2008年リストは公開終了)


◆「人物」と「女装」
「人物」描写が上手いのはプロ絵師として本来当たり前なのですが、BLの場合は男性ばかりハイレベルで他(女性、子供など)さっぱり、というパターンも少なくありません。

「女装」は男性が女性服を着るという、ある意味どちらも理解した上でないと描き分けられない人物描写です。どこまで「男女」を表現できるかで絵師様の画力レベルがはっきりわかってしまいます。
また「衣装」は、絵師様の好み、興味、ひいては世代などが如実に反映される面白アイテムです。

女性が描く「女性」は絵師様のリアルが反映されすぎて遊びの幅が少ないため、「女装」を集めているのです。
…などと、尤もらしい事を言っていますが、ただの趣味、ただのオタクです。




女装イラストリストとしても活用(私以外の誰が使うんだ)出来るよう、整えてまいりたいと思います。


長いので折ります。お時間ある方は次ページへどうぞ。 



※リスト以外の女装イラスト情報、ぜひとも教えて下さい!個人では限界が…









◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[【特別企画・イラスト編】]考察〜女装 | comments(2) | trackbacks(0) |