スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「異端の刻印」 華藤えれな/つぐら束

皆様、こんばんは。
今、皆様がいらっしゃる所から月は見えておりますか?

本日30日の満月は「ブルームーン」、3〜5年に1度しかない「一月に満月が2回ある月」の2度目の満月です。ブルームーンを見ると幸せになれるとの言い伝えもあります。冬空に冴える、神秘の月をぜひ眺めてみて下さいませね。(月の出は17:30頃と思います)

ちなみに来たる2月はこれまた
百年に3度しかないと言われるノームーン、すなわち「満月がない」月です。
そして3月は再び「ブルームーン」、こんな事は本当にマレ、一生に一度あるなしの秘かなドラマティックイベントなのでございます。


え?今日天文談義?それとも、ちょっとひねって月絡みのBL?
う〜ん、惜しいですね。正解は「ドラマティック」

本日は
華藤えれなPRESENTS ・ドラマティック官能異国譚シリーズ・外伝
をお送りいたします。

                                      

官能異国譚シリーズとは…
私が勝手に命名している、「ドラマティックえれな」の粋を集めたお気に入りシリーズの事です。作品の上手い下手を超えた、このシリーズの持つエンタメ性あふれるオーラにしびれているんですの(笑)

今回は「アマンテ」感想を読んでいただいてから、こちらを読んでいただいた方が分かりやすいかもしれません。こちらだけで皆様に作者様の魅力をお伝えできるように書けない文才の無さ、どうかお許し下さい…。
                     *    *    *

ここからは「アマンテ」感想を読んでいただいたテイで書かせていただきますね。

さてさて、
「マスカレード」…南仏(モナコ?)
「サウダ―ジ」…アルゼンチン
「エルミタージュ」…ロシア
「アマンテ」…アルゼンチン
に続きまして、今作「異端の刻印」はオーストリア・ウィーンです。
上記4作とは出版社も設定も全く違うのですが、このオーラはまさしく官能異国譚!よって私の中では「外伝」です。加えてイラストご担当絵師様は、わたくし大注目株つぐら束嬢。

えれな嬢×つぐら嬢のダブルお嬢様コンビによるドラマティックファンタジー?
うむ、読まねばなるまい。

とはいえ、19世紀・退廃色濃いウィーンで吸血鬼×神父モノという、王道中の王道設定。お約束を割り切って楽しめる器の大きさ発動作品とご念頭に置かれた上で、次ページへドラマティックにお進みください♪


注:
今回のイラストチェックは過去1,2を争う長さとなっておりますが、語り過ぎてて笑いが全くないので(いつもか)、なんでしたら飛ばして下さいませ。










◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名か行]華藤えれな | comments(2) | trackbacks(0) |

イラスト考察・「女装とBL」2009

本日の「日曜コミックDAY」は、コミックではなく「イラスト」。
情けなくも秘かなライフワーク、「特集・女装イラスト・2009」でございます。

前回はメモ程度でしたので、今回改めて編集。考察を兼ねた記事にいたしました。
(よって2008年リストは公開終了)


◆「人物」と「女装」
「人物」描写が上手いのはプロ絵師として本来当たり前なのですが、BLの場合は男性ばかりハイレベルで他(女性、子供など)さっぱり、というパターンも少なくありません。

「女装」は男性が女性服を着るという、ある意味どちらも理解した上でないと描き分けられない人物描写です。どこまで「男女」を表現できるかで絵師様の画力レベルがはっきりわかってしまいます。
また「衣装」は、絵師様の好み、興味、ひいては世代などが如実に反映される面白アイテムです。

女性が描く「女性」は絵師様のリアルが反映されすぎて遊びの幅が少ないため、「女装」を集めているのです。
…などと、尤もらしい事を言っていますが、ただの趣味、ただのオタクです。




女装イラストリストとしても活用(私以外の誰が使うんだ)出来るよう、整えてまいりたいと思います。


長いので折ります。お時間ある方は次ページへどうぞ。 



※リスト以外の女装イラスト情報、ぜひとも教えて下さい!個人では限界が…









◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[【特別企画・イラスト編】]考察〜女装 | comments(2) | trackbacks(0) |