スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

10月末新刊イラスト、3本勝負〜♪

Y様〜 SHYの新刊画像、密林UPされてました!

「10月新刊購入リスト」がえらいことになっているように、今月は気になる新刊多いのですよね♪ 
シャレード、キャラと続々新刊イラストUP中で、思わずイラストチェック魂がうずいてしまいました。
読後感想をどれだけ書けるかわかりませんし、せっかくなので今のうちに対決形式で一言書かせてくださいませ。
※優劣はつけてませんので、お気軽にお楽しみくださいまし♪



■勝負その1!SHY☆センシティブ対決
アナログVSデジタルながら、繊細可憐な対決でございますね。  
絵も素晴らしいが、感心するのはロゴに代表されるデザイン性。イラストを生かすカバーデザインを目指しているのがよくわかります。特に左の素晴らしさは特筆ものです。作品とイラストテイストを最優先して、最も大事なタイトルまで絵の中に溶け込ませてしまったってのがなあ…。
通常は右や2番勝負作品のように、タイトル(文字)はアイキャッチも兼ねているものです。この作品も例えば、イラスト下部の地味な背景部分にロゴを大きく持ってくることも可能、他社なら間違いなくそうしてます。でもSHYだとこういうデザインができるのです。トレビアン☆

  はじめてのひと (SHYノベルス) 天使憑きの男 (SHYノベルス)
左: 「はじめてのひと」椎崎夕/穂波ゆきね   
まあ、なんて繊細ながら背景までしっかり手塗り。スバラシイ新書サイズならではの見ごたえです。しかも表裏一体(裏まで一枚絵)だとか!わ〜い♪
こだわり珈琲店(コーヒーと表記しない気がします、笑)のマスターとバイトってことかな?
椎崎さん×ゆきねさんだもんね〜、健気受けランキング大変動もあるかも!

右: 「天使憑きの男」沙野風結子/高宮東
これまた美しひ…。抑えたグレイッシュブルーの色調がたまりませんね。
沙野さんの「天使」ってゴシック・(エ)ロマンかな〜と思ってましたが聖職者なのね。かわいさんといい、えれな嬢といい、司祭服ってひそかなブーム?


    

■勝負その2!ハードボイルド対決

そのものズバリ、ハードボイルドでダイハードなイラスト。
たまたまながらお色遣いまでよく似てます、対決させよといわんばかりに(笑)


  鍵師の流儀 (二見書房 シャレード文庫) 闇を抱いて眠れ (キャラ文庫)
左:「鍵師の流儀」中原一也/立石 涼
あれっ?この絵師様とのコラボは「水底に揺れる恋」と同じなんだが…。よもやリンク?まさか続編ってことはないよね?!
なかなか迫力のある構図で、本編への期待が高まります。「鍵師」ってのがワルにもヒーローにもどっちにも転べていいじゃありませんか♪

右: 「闇を抱いて眠れ」 秀 香穂里/小山田あみ 
意外や、初コラボ。右下スミッコの蜘蛛が意味深っす。
あみさん画は最近、体脂肪率がやや高めに感じます。(肉付き表現が丸みを帯びてる) 
あじみね朔生さんもそうですが、男らしい攻めでさえ腰回りの描線が時々なんとも女性的なライン。
お2人とも、実は男性より女性画の方が得意、というかよく描いていらっしゃるんではないかと思うのですよね〜…


   

■勝負その3!本編もう読んじゃった対決、または、多作クイーン対決

正確には10月新刊じゃないですが、「勝負その3!」にしたかった2本がまだ画像未UPなので、まずはこちらを…。

  手錠 (プラチナ文庫)  アナタの見ている向こう側 (ショコラノベルス)

左:「手錠」 剛しいら/小路龍流 
見た瞬間購入決定した、いわゆる表紙買い。
だってね、奇数人表紙は傑作への近道」なのでございますもの。←但し複数交流本は対象外

例えば…                 
    

今作や綺月さん「祈り」のような、3Pじゃないのに3人の構図というのは主役級3人だけの閉じたお話ってことで、まず間違いなく骨太と人間ドラマ作品、しかもここ1年ぐらいでしかお目にかからないタイプ(のような気がする)です。 
当て馬どころではない、表紙に描かれるほど重要な存在ながらカプにならない3人目って、ラストがハッピーエンドと決まっているBLでは非常に珍しい(商業化しにくい)のですよね。←あぶれた3人目がどうやっても不幸になるから
「ドラマ」をしっかり見つめられる、創作手練れ作家様でないとチャレンジしようとすらまず思わない作品ですが、それを御大・剛さんが書くというならそりゃ気になるってもんです。

良い絵師様はそこをキチンと表現して下さるということで、すなわち奇人数表紙を描ける絵師様も手練れと申せるのでございます。小路さんもしかりです。ラストカットも綺麗だったな〜♪

リニューアル後プラチナの剛さん作品は、「匣」「手錠」と、本来要矯正と判断されてしまう異端な性質や繋がりを他者に晒すこと(一方的なカミングアウト)で社会的価値観と決別し、互いを絶対無二の一対に昇華させるという、ありのまま=素を肯定した大人の寓話シリーズ(長いな)に思えます。
だとすると、次作は扮装(倒錯コスプレ)か窃視(のぞき)…かなあ…?個人的願望としてはゼヒ扮装(女装)でお願いところ。


右:「アナタの見ている向こう側」火崎勇/松尾マアタ
コミックで惚れましたマアタさんの挿絵作品。
一生懸命さが伝わる好感度イラストではございますが、コミックで魅せたハイセンス(特にHシーン)がなりを潜めてしまっているのが残念。、「挿絵」を意識しすぎたのかな。
寡黙なシェフ×やり手でナルシストなグラフィックデザイナーのカプなので、水彩画や商業ポスター・スケッチラフなど、この作品にとって「絵」はキーアイテムです。絵師様持ち味のスタイリッシュな絵心を発揮できる、(挿絵のお仕事として)美味しい作品だったのに人物ばかりが描かれアングルも普通、結果、印象がほとんどないのです。魅せる絵が描ける絵師様だけにもったいない。
原作消化率ともどもこれからこれから♪ってことですね。

ストーリーは「いつもの火崎さん」ですが、最近読んだ本が重めの作品が多かったからなのか、都合良すぎな偶然と誤解とバブリーなドリームが織りなすBLマジックが、往年のトレンディドラマを見ているよう。薄いかもしれませんが、ミントのごとき清涼感を感じました。
ただ、そろそろ誤解・思い込みを封印した非一人称作品が読みたいとの思いもぬぐえません。キャラ的には福原1人勝ちかな(笑)
恒例ラブラブ後日談、「も」でなく、「だけ」書いてある後書きがこれまた潔くて◎

今年のショコラって存在感ありますよねぇ。というか、今までのわたくしが鈍いのか?




こうなると幻の「勝負その3」、
「終わりなき夜の果て(下)」円陣様VS「獣の月隠り」実相寺様、神絵師様対決!
も早く見たいよねえ、UP遅いぞう、幻O舎さん。







【ブログ内関連記事】



 〔絵師:穂波ゆきね〕〔絵師:小山田あみ〕〔絵師:松尾マアタ〕〔絵師:小路龍流〕〔絵師:た行〕
 〔画:ギャラリー〕

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(7) | - |

「リンクス記念プレシャスブック・6周年」(2009)

本日も、「リンクス記念プレシャスBOOK」感想をお送りいたします。
今日は、2009年発行の「6周年記念プレシャスBOOK」感想です♪

この号から、表紙絵とポストカードが共通テーマになっている気がします。さらにこの号は、オール2段組で読み応え増量です。
そのせいか5周年版と打って変わって、きちんと1話完結になっている作品がほとんどでした。
そうよ、こうでなくっちゃ!
おかげでTOP1を選ぶのに苦労しましたが、この苦労もまた楽し♪です。
今号は特別賞がお1人出てま〜す♪♪


本日も次ページに折らせていただきますね。









◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[リスト・読書記録]レーベル別小冊子・リンクス | comments(0) | - |

「Don’t touch me 」 一穂ミチ/高久尚子

◆「Don't touch me」 一穂ミチ/高久尚子                                                                
 ■計画達成度 ★★★★★      
 ■読み応え度 ★★★★
 ■お好み度   ★★★★  

■計画達成度…ラジオ体操のハンコ状態。星が増えれば嬉しい、わたくしのお楽しみ
■読み応え度…精一杯客観的・総合的に判断した、内容充実度
■お好み度…お気に入り指数。個人的好みなので、世間評価とかなりズレることも 
 「お好み度」の★数が少ない感想は、辛めになっております。
 次ページへ進む際の目安として、ご利用くださいませ。
お詫び:上半期ランキング・コミック編と名作感想がなかなか完成しないので、UPを迷っていたこちらの感想を。
これを書きあげたのは1ヶ月前ですので、「一穂さんの最新刊」になっていたり、「交渉人が発売前」など、時事がおかしな記載がちらほらありますが、書きなおす時間が惜しいのでこのままいっちゃいます。どうぞお許しくださいませ

           *           *           *

「雪よ林檎の香のごとく」以来、(私にとっては)なかなかアタリが来なかった一穂さんの新刊です。
もったいないな〜と思うところもありましたが、お話はとても面白うございました♪

ただ、誠に残念ながら私が個人的に最も嫌う、作家様が悪いわけでも絵師様が悪いわけでもないのに、室伏投げまでしたくなるホントにホントにホンットーに腹立たしい1点が、この本にはございましたの…。
これまで何度も煮え湯を飲まされ、その都度自己処理してきましたが、今回は我慢ならん。
一回言わなきゃ分かんないと思うのよね…←言っても届かないとわかってますけども


作品が良かっただけに残念すぎて、今だにこの本見ると心中穏やかではないという、大層大人げない個人的怒り、イラストチェックでかなり下品に吼えてます。
本日は、本編感想→イメソン→イラストチェックの順に置いておきますので、意味の分からん負のオーラを浴びるのはちょっと…というお客様、どうかイメソンまでにしておいてくださいませね。







◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]一穂ミチ | comments(3) | - |

「銀とシュガースノー」玄上八絹/高城たくみ 〜9月新刊3本勝負・其の参「秘蔵っ子」 

先日より突然スタート、特集「9月新刊3本勝負」
9月新刊を個人的に見つけた共通点に基づいて、比較対比で読み説いていこうという試みでございます。
「勝負」と言っても同時に2冊分の感想書くだけで、決して作品に優劣付けるわけではありませんので、気楽にお楽しみ下さいませ。
 
バトル特別ルール
・バトルテーマにしたがって新刊2冊を読み比べます。
・管理人の主観で勝手に組み分けいたします。薔薇組萌黄組にしようかな。
 「薔薇」と「萌え」、BLらしいお名前でしょ?(笑)
・イメージソングはバトル・イメージで(ホント意味わからん、大汗)
・敬称を略します

第3回目・最終日の本日は、ルチルとディアプラスの秘蔵っ子対決!

◆9月新刊3本勝負・参番 テーマ「秘蔵っ子」
玄上八絹「銀とシュガースノー」 VS いつき朔夜「初心者マークの恋だから」
でいってみたいと思いま…思いましたが…。

すみません、どうやっても縮まりません。ちょっと大物すぎた…。
毎度甘い見通しですみません(泣き)
大変申し訳ありませんが、やはり2回に分けて1冊づつUPさせていただきます。
最後の大勝負ということで、ご寛怒下さいませ…。


本日は先行・薔薇組の玄上八絹「銀とシュガースノー」感想、
明日は後攻・いつき朔夜さん「初心者マークの恋だから」感想
を連続UPさせていただきます。
余談:
ちなみにここに一穂ミチさんが加わりますと、私の中の「3大グレートデビュー作」作家様の完成です。なんだって「3」に拘るのかよくわかりませんが、脳内メーカーがそう訴えるのですから仕方ないっす。




イメージソングは今日明日共通のバトルイメージソング、
キャ〜!!お久しぶり 待ってました〜の新刊新曲ってことで…



あ〜 ニヤける♪♪ あ〜次のコンサートまで待てないぃ、待ちたくない〜。
歌としてはとりたてて…なんですが、お久しぶりがとにかくうれしいです。


本日の感想は(も?)、スパイシーです。
がっつり向き合って書いてはおりますが、読んで気持ちの良いものではないように思います。
諸事ご納得の上お進みくださいますよう…。



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名か行]玄上八絹 | comments(0) | trackbacks(0) |