スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

対談・三浦しをん×松岡なつき〜「ダ・ヴィンチ 2009年2月号」巻頭特集より

皆様、こんばんは。
2013年初萌え記事(公開姫はじめ?)は、雑誌「ダ・ヴィンチ 2009年2月号」から、
巻頭特集「世界はBLに満ちている」より、三浦しをんさん×松岡なつきさんの対談感想をお送りします。年末の三浦しをんさんお祝い記事中お約束していた、「松岡先生とのコラボ」記事とはコレのことよー♪

1月5日発売の「ダ・ヴィンチ 2013年2月号」に、お2人の対談第2弾(のはず)が掲載されます。  Y様♡ 
こちらは既に書店お取置き手配済み、発売日当日にガツガツ読ませていただく所存でございますが(皆様もですよね♪)、本日は今回の対談をより楽しく読んでいただけますように&4年ぶりの再対談を祝し、第1弾対談感想を書かせていただこうというものです。
【補足とお詫び】
記事主文は12月〜3日にかけて書いたもの=第2弾の対談内容はまったくの未知状態で書いてあります。実は発売日を10日発売と勘違いしててね〜 8日頃UP予定=詰めきっていなかったため、ただ今かなり焦って仕上げています^^; 
でもって、10日発売とお知らせしてしまった萌え友様、申し訳ないっ><。


                           *

2009年2月といえば、我らがフレブラこと「FLESH&BLOOD 12巻」が1年ぶりの新刊発行☆ということで、小冊子付限定版が出たり、同じく小冊子付既刊フェアが開催されたりと、フレブラ界は盛大なお祭り状態でございました。
雑誌「活字倶楽部」でもフレブラ特化のロングインタビューがあったりと、業界のおもて側?でも松岡センセのお名前がたくさん拝見出来た年でした。

そして12巻は、絵師様が雪舟薫画聖から彩さんに交代した初めての巻でございますね。あの印象的な表紙を初見した時の感動は生涯忘れ得ません。←発売日、開店前から書店で待機してた人(独り行列っていうかー、笑)

余談ながら、この頃は読書メーターなんてもちろんなく、フレブラの密林レビューも数えるほどでございました。何より拙宅がスタートして間もなく(&イロモノだったためw)、アツいフレブラ魂を共に萌え語って下さる同志の方もいないまま、リアルタイム感想!などと独りで一日中吠えてた切なくも楽しい思い出がございます(笑)


4年経った今は、フレブラのみならず、様々な萌えを共有してくださる皆様とご縁ができて、わたくし本当に幸せです。
感謝をこめて、うんざりするほど激ナガでお送りいたします。                           





【参考:2009年ってこんな年・BL編】
   




◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレブラスペシャル | comments(1) | - |