スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

19巻発売記念企画・再読で総復習〜「FLESH & BLOOD 14」松岡なつき/彩

全国5千万のフレブラファンの皆様、こんばんは。
愛の伝道師、腐乱シスコ=miru-haです。

本日は、「FLESH&BLOOD 19巻」発売記念祭り14日目、
再読で総復習〜「FLESH & BLOOD」 14巻
を、お送りいたします。お送りいたしていいのか迷うぐらいの超ギリギリですみません。


あらためて読み返した14巻は、神の教えが詰まっておりました。




なお、本日は、
・1ページ目…イメージソング/14巻再読つれづれ(短め)
・2ページ目…特別付録「14巻限定・16世紀美味しんぼ植物通信」
となっております。
「おまけ」は本編に全く関係ない、単なるわたくしの趣味満足項目&異常に長いので、決して読み通そうとか思わないでくださいまし。




本日のバーカラー…「ヘイゼル」
ずばりヘイゼルナッツ=はしばみ色です。「HEY☆そこの彼女!パイでも食べない?」(笑)
◆イメージソング                                            
「英雄葬」
愛しいものを守るため、名を残さずの英雄は、彼の誠(まこと)を葬った…的イメージです。

◆再読つれづれ〜14巻                                        

 
お前は生きろ、カイト。俺の分まで。

14巻の2人。やっと向き合えました。
でも、秘密という十字架は、担ぎ手を変えてまだ背負われています。最も近しいのに、最も遠い2人です。

よく考えてみると、対(つい)とは不思議な言葉です。
「一対の着物」のように、全く同じ二つのものを指す時もあれば、「一対の人形」のように、よく似ているが異なる二つのものを指す場合もあります。
対をなす=つがいになること。この世の生命は、対から生まれます。

万象の中に「対」を探すこと。それが思考〜人そのものなのかもしれないな。
                               
                            *
ついに来ました。
あまりに感激して、左脳感想・右脳感想・イラストチェック&CDジャケットギャラリーと、1冊で3記事あげてしまった(わたくし的)伝説の巻。
何度読み返しても、あの時と同じ驚きがよみがえってまいります。
初めて明かすラウルの私生活(?)、ツッコミどころ満載のないじぇる暴走、愛するグローリア号を手放すジェフリーの覚悟。
そして、なんといっても本編最大のヤマ場、カイトが21世紀人だという秘密をジェフリーが知ること。

数々の障害をかわし、ジェフリーと海斗は「その時」を求め、丘に向かいます。
互いが描く未来が違うまま。

13巻がゲッセマネの巻なら、14巻はヴィア・ドロローサ〜ゴルゴダの丘へ向かう苦難の道のりといえましょう。
                         

キリストが十字架を背負い、ゴルゴダの丘に向かうまでの間、様々なことが起こります。
なかでも筆頭使徒・ペドロの裏切りは有名です。最後にはキリストのために殉教までする、信仰心の最も強かった男は、この時だけ師を裏切り、己の弱さを露見させてしまいます。
最も信頼していたものが、この時だけ…。これはいったい誰のこと?


すべての秘密を打ち明け、心軽くなった海斗とは対照的に、秘密を胸にしまいこみ、笑みを浮かべて彼を送り出すジェフリー。
真相はどうあれ、今のジェフリーは神と国家にたてつく犯罪者です。
教会に遺されるべき記録もろくになく、生死の詳細すら不明な男。彼の噂をする人の中には、こう語った人もいるかもしれません。
「恐ろしい男だ、きっとユダのような最後をたどるんだろうよ。」


海斗は、この3巻後〜17巻で再び16世紀に戻ってきます。
不思議です。十字架にかけられたキリストの復活も、3日後だからです。
そして、復活した後のキリストは、弟子の前に姿を顕し神の国について語った後、40日後に神の国へと昇天されたといいます。
海斗が帰ってきたのは1588年6月30日(よりちょっと前のはず)、アルマダの海戦は新暦で7月末〜8月初旬。死亡記録の暦がどちらかいまいちはっきりしないが、とにかく、この間30〜40日です。
その間、海斗が残した予言やメッセージは、福音書のごとく誰かを救っているに違いないのです。

これは偶然?それとも…。



いよいよですね。19巻。
神を信じない男と、神の軌跡をたどる少年が綴るもうひとつの聖書。

どんな結末が待っていようと、この目でしかと見届ける。









※念押しでございます。 次ページは、本当に余談です。
今、お目通しいただかなくても大丈夫です。というか、今は本当にお勧めできませんσ(^ω^;)
19巻を読み終え、感動を何度も味わい、既刊フェアの戦いも済んで、ちょっと落ちついてきた8月初旬以降にお目通しいただくのが、わたくしの切なる願いでございます。
どうぞよろしくお願いいたします…。


                                                                                                     〔フレブラ14巻〕
                                                                                                            再読感想
                                                                                〔フレブライラスト〕     〔絵師:彩〕



◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想・2巡目 | comments(3) | - |

「FLESH&BLOOD14」 松岡なつき/彩 イラストチェック特別ページ

「FLESH&BLOOD」14巻感想全3部作・3日目最終回の本日は爆裂イラスト特集です。

わたくしmiru-haは、今作で彩嬢を挿絵マスターに認定させていただきました。
よってスペシャルおまけ、マスター就任記念・フレブラCDジャケットギャラリーをご一緒にお送りいたします

なお、今回の「イラストチェック」は当初1回目の左脳感想と同時UP予定でしたので、「FLESH&BLOOD」の定義や「妄想王」など、こちらを読んでいただいてからでないと昨日の萌え感想がピンとこない表現がちらほらあったりします。
そこまで訂正かけてる時間がありませんで…ごめんなさい。

毎度冒頭でお詫びしてます、なんだかそうしないと落ち着かない体質に(笑) 


本日はギャラリーが次ページに控えてますので、「イラストチェック」は折りません。
ネタバレ必至ですので、未読の方は今まで以上にお気をつけ下さいませ。


※2011年2月11日付
「CDジャケットギャラリー」を別ページで独立させました。
ページへはここをポチ★
今後も追記してまいります

        
◎イラストチェック/彩(アート派マスター→挿絵マスタ―)
※絵師様呼称について:「彩さん」も「彩様」も「彩師」もなんだかしっくりこないので、今後「彩嬢」と表記させていただきます。
カラー★★★★
ああ〜、まだ「赤」だった!表紙予想大ハズレです
まだ、というのには一応根拠があります。彩嬢に変わられてから表紙の「色」は最注目アイテムなのですね〜。
前任の絵師様・雪舟画聖は「色」にさほど意味を含ませないタイプの絵師様=余白に意味を持たせる日本画的な指向の絵師様でした(これはこれで爆萌え
彩嬢はそう言った意味では西洋的な画風(重ねた可視色で表現する)の絵師様と言えます。
西暦の要・西洋文化の自我とも言えるキリスト教(というか、奇跡とは何か?)が色濃く影響する今作との相性がいいのは当然と言えば当然。カラー絵こそこの絵師様の真髄です。

今巻(と前巻)のテーマカラー「赤」ですが、キリスト教での「赤」は「愛」と「贖罪(の血)」、全で父なる神の愛みとキリストが罪深い人類に変わって流したという尊い犠牲の象徴です。つまりこの作品における「赤」は「血」であり、儚い「焔(ほむら)」であり、愛と後悔と犠牲の赤なのですね。(あとカイトの赤毛)
作品タイトル「FLESH&BLOOD」とは肉と血=人間・肉体ですが、天使や悪魔などの精霊的なものではなく「今ここに在る奇跡」という意味にも考えられます。数々の聖句からこの語をタイトルに選んだ作者様の意図するところを想像するに、「赤」で描かれる巻はすべて作品の要となるべき巻のはずなのです。
絵師様が今回の「赤」にここまでを象徴させたのかどうかは定かではありませんが、少なくともこの半分ぐらいの意はあるはず。作品をしっかり読みこんでいらっしゃる、とこの色からも分かります。


13巻で離れずとも向き合えなかった2人がようやく向き合う14巻。でも視線が合わない…。
14巻を読んだ皆様ならお分かりですね、ジェフリーの見ている未来とカイトの見ている未来は違うのです!!(号泣)
ジェフリーの顔が穏やかなのは「あの決意」をした後だから、赤毛を染めてお前らしく生きていけという気持ちで触れるカイトの髪。
一方、秘密をようやく共有できて病気を治すめどもつきやっと安堵の笑みを浮かべるカイト。
あああ、このシーンを「赤」で描いた絵師様に拍手です。(「白」でも可能だったと思う)
おまけにカイトがベッピンさん過ぎですよ、18でこの色香はヤバいって!!BL界でよくお見かけする、他のオトコに持っていかれる…的「恋は盲目ヤキモチ」、このカイトなら真実味があります。

そして、口絵。

★「黒」の奇跡・降臨★

ないじぇる全身カット、いただきました!おっしゃ〜!!!

窓辺に品よく佇むないじぇる。しかしその胸の内は…。
(まずは木箱をOOに手配して、毛皮は××で買い叩いて、きっちり1週間分(笑)のクスリと食糧も確保しなきゃ、あっ馬車はどこに隠しておこうかな…)
な〜んて考えてるんですよ、この人は。わはははは、「妄想王」にオレはなる!

ニヤニヤしつつページをめくれば。◎☆※▲ק△←メタパ二状態
当分はCDジャケでしかお会いできないと思っていたよもやのビセンテぇ。(とおまけのアランソ)
はあ、超美しい…。
黒を引き立てる蒼い瞳、妖しの眼力にクラクラです。君の瞳はイチマン…(懐古過ぎるので自粛) 
つくづく「おまけ」いらないなあ…。←ヒドイ 
                 
              *       *       *        
これだけ絶賛しておいて、なぜ★4かというと…。大変残念ながら人体比が少々狂ってる。カイトがジェフリーよりもでかいのです。普段あまり狂わない人だから余計に惜しい。
今までの「アート派マスター」でしたら指摘しませんが、今回から「挿絵マスター」ですから大事な「表紙」での狂いはスルー出来ません。←勝手に認定しといて…絵師様いい迷惑


カット★★★★☆

カラー絵こそこの方の真髄だと先に述べましたが、その精神はモノクロカットでも活かされます。以前の彩嬢イラストチェックで「モノクロなのに色を感じる」と書きましたが今作は特にそう思います。
実際原画はカラーと思います。そこにモノクロカットを重ねたり(P169)、カラーを暗転させてから(ホワイトなどの)モノクロ加工を施して、単色刷りに耐えうる1枚に仕上げていらっしゃる(と思う)のです。このひと手間ふた手間が他のDG愛用絵師様にはない、この方だけの長所。(今のところ)
カラーでもモノクロでもよいので、原画見せて〜っ!! と毎度絶叫しているのは、ここをどうしても確かめたいからです。想像(妄想)と確認、まさしくオタクの悦び。

巻を追うごとに洗練されたカットになっていかれてますが、今巻はご自分の表現により自信を持たれていて、楽しむ余裕すらあるようにお見受けします。
優等生的硬さが薄れ肩の力が抜けた、伸びやかさすら感じられる表現です。(深刻なシーンばかりにもかかわらず)
「時代もの」の醍醐味は「写実」と「抽象」が絶妙に交わってこそですが、挿絵でも小説でも同じかと思います。今作はそこが本当に光ってる。動きのあるストーリー展開なだけにシーン再生だけで終わってしまってもおかしくなかった今回のイラストですが、絵師様はちゃんと「心象」を加えてあります。色に込めた意味をカットでも反映させているとでもいうのかな?その最たる1枚がP225とP251なのですね。
表紙と連動するP225、モノクロながら色鮮やかに浮かび上がってきますよね、2人の想いと共に。
そしてそれを踏まえたP251のラストカット。
鮮やかな「赤」を失って後に残るは色のない世界。まさにジェフリーはああいう表情で旗を、その先を見つめただろう、胸にこみあげる万感を押し殺して…と涙ながらに納得する素晴らしい1枚です。作者様が絶賛するわけだ。

もはや天使から聖母、ピエタにまで高められたP122のカイト(とないじぇる)も素晴らしい!

個人的にちょっと残念だったのはラウル。
「女性的な外見」と初登場時に明記されているし雪舟画聖の美麗カットがあるので美人さんなのはイイ!んですが、作中(9巻)では30半ば(に見える)って書いてあるんだよねぇ。彩嬢描くラウルはジェフリー(26)より10近くも年上には見えな…ゴホンゲホン でもイラストそのものが美麗なので許します♪←出たよ、何様発言
が、あと10分後の2人…も見たかったな←心底腐ってます

カット5枚に減ってしまったのは寂しいですが、その5枚の存在感が半端ないので少ないと思わない。これぞ私の求めていたクオリティ、今作で挿絵マスターに認定させていただきます♪


         




コメント欄に不具合があったため、3月中に今ページにいただいたコメント・拍手へのお礼とお返事は「拍手・コメントへのお礼とお返事ページ」に書かせていただいています。
お心当たりのあるお客様はそちらをのぞいてみてくださいませ♪






 
〔フレブラ14巻〕  
〔絵師:彩〕        〔フレブライラストギャラリー〕
〔カラー:★★★★〕  〔カット:★★★★☆〕

                              


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレブラギャラリー | comments(4) | trackbacks(2) |

「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜右脳萌え感想&イメソン

「旅」に病んで 妄想(ゆめ)は枯れ脳を駆けめぐる  miru−ha

時間旅行、大航海、人生…。様々な「旅」で魅せて下さる我らがF&Bに見入られ心病んだわたくしの「今」を、芭蕉先生のお力をお借りしつつ詠んでみました。

ホント病んでるとしか思えない所業ですよ、1冊に3回って。
お訪ね下さった皆様もよもやここまでとはお考えではなかったですよね?私もです。
それもこれも本作が面白いからいけないのです。苦情はファンレターに変えて作者様へお願いします。←開き直った!
             *        *        *

第1回・左脳(論理)担当による「(精一杯)客観感想」
第2回・右脳(感覚)担当による「主観萌えトーク」と「イメージソング」
第3回・過去最高長編・「爆裂イラストチェック」と「秘密のおまけ」

本日は2回目、右脳担当によるキャラ萌え妄想感想とイメージソングのご紹介です。

先日同様、フレブラ14を既読のお客様が読んで下さると想定して感想を書かせていただいております。未読&これから読まれる予定があるお客様は本当に本当にご注意ください。
でもって右脳担当なので、思いつくままワーキャー言ってます。話題がポンポン飛びまくってますがついてきて下さいましね。

    

◎イメージソング
右脳全開で選んだイメソン、既にこちらに何度も遊びに来て下さる方はご存知と思いますが、フレブラのイメソンは志方あきこさんに勝手に一任しております。
この方の無国籍というか多国籍&人間離れしたスケールの音とフレブラの持つイメージはピッタリだと自画自賛しておりますが、でも今回は難しかった…。内容充実過ぎて1曲に象徴させるのが難しいのです。各シーンでそれぞれふさわしい曲を持ってきたいところです。(ホントにドラマBGMですね)
そういう訳にもいかないのでこの巻でわたくしが最も好きな最後の3ページとイラストに合わせて選ばせていただきました。



実はこれ霜月はるかさん作曲なので志方さん関係ないんですが、同じゲーム音楽を担当していらっしゃるので世界観を似せているのですね。
でもって志方さんご担当のメインテーマよりこの曲の方が14巻のイメージに合っているので今回はこちらを。←どっちでもいいって、こんなこと(苦笑)




ではでは萌え燃え感想を次ページで。



〔フレブラ14巻〕


◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(9) | trackbacks(0) |

「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜左脳マジ感想編


発売以来、何度も何度も読んでおります。

既に読後第一声でお伝えした通り、今巻は過去14冊中1番面白かった♪
こみあげる万感、正直感想などいくらでも書ける!と思っておりましたが、いざ書き始めると…。
左脳のへ理屈論理分野と右脳の萌え燃えお祭り分野がどちらも激しく主張、一歩も引いてくれません。こんなことは初めてです。

きっと作者様は今まで以上の自信を持って14巻を上梓されたと思うのです、それだけの生みの苦しみ(と達成感)をここからは感じます。
13巻であのような感想を書いたからこそ、想いに応えて下さったかのような14巻感想は「素晴らしい!楽しい♪」だけでは許されない、その意味をしっかりと記さなければ作者様に合わせる顔がない(そもそも合わせる機会などないが)、と左脳が訴えます。

ないじぇるの愛しい暴走、ついに男をあげたジェフリー、その他モロモロキャラ萌え、イラスト萌えした〜い!!と右脳の興奮も収まりません。


ならば解決策は一つしかない。どっちも書く。
よって今回は異例の2回分割感想とさせていただきました。
そして大変申し上げにくいのですが、イラストチェックも激ナガで…。従いまして、

21日は左脳(論理)担当による「(精一杯)客観感想」
22日は右脳(感覚)担当による「主観萌えトーク」と「イメージソング」
23日は「過去最高長編・爆裂イラストチェック」と「スペシャルおまけ」

で、計3回お送りいたします。
1冊に全3回…さすがにひかれるのではないかと心配です。自分自身が既にひいてるし(汗)
でもこうしないと1回が長すぎるのです。申し訳ない…。
 この1週間1冊も他の本を読まず、空いた時間をすべてこのために費やした心意気、どうぞお組み取り下さいませ。


感想は2回とも過去最高のネタバレ度、14巻を既読のお客様が読んで下さると想定して感想を書かせていただいております。
未読&これから読まれる予定があるお客様は本当に本当にご注意くださいね。
また、今回は13巻との比較箇所がかなりあります。前巻については少々キツ目の表現もございますことご了承くださいませ。

13巻評価は目にしたくない、14巻の熱い萌えを大事にしたいお客様もいらっしゃるかと思います。その場合はお手数掛けて申し訳ないのですが、本日はここまでにしていただき、明日の右脳担当「ないじぇるには負けないぞぅ♪妄想炸裂萌え燃え感想」と3回目・絵師様特集でご一緒に盛り上がって下ければ嬉しいです。



〔フレブラ14巻〕 





◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(5) | trackbacks(0) |

雪の舞 春の嵐

 今までで一番面白かった!


松岡なつき先生ありがとう、期待と疑問と驚きと願望がすべて満たされた素晴らしい巻でした。


この巻で彩さんを挿絵マスターに認定させて下さい、ラストカット、素晴らしい!!







感想はいずれじっくり書きます。今はただもっともっと読みこみ、浸り、彼らともっと語りあいたいです。

ただ、作者様、絵師様への感謝の気持ちだけは読後すぐの今、どうしても形に残しておかなければと思いました。奇跡は起きるのではなく、起こすものだと金の髪の勇者に教わったので。


検索でお訪ね下さる方に申し訳ないので、この記事に作品名は載せません。
華麗な画像UPのみお許しください。




〔フレブラ14巻〕
〔フレブラ新刊即コメ〕


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレ☆パラ! | comments(6) | trackbacks(0) |

うひゃ〜っフレブラ14がっ!

 いや〜っ フレブラ14巻が発売延期だわ〜っ(号泣)

3月12日に変更ですってよ、皆様!
速報下さったOO様、ありがとう!!絶叫しましたよ〜っ、これ以上延期しないことを祈る!



小さいけど画像いただいてきた!
キャラオンラインショップ様ありがとう、勝手にもらってすみません!!

です !! 喀血の赤と見た!

どえらい外してますけど、いいんです!出版されるなら!

そしてシリーズ初のお顔UPイラストですよ、激萌え 
↑↑12巻は顔より「手」、あと2巻のナイジェルがありますけど全身のジェフも一緒なのでこれもちょっと違う。


はあはあ、興奮のあまりお知らせいただいてすぐに書いてしまった…。


本当に我が家は、皆様からの愛ある情報で成り立っていると痛感する次第でございます。
どうか皆様、わたくしにこれからもお力をお貸し下さいませm(_ _)m





〔フレブラ14巻〕
〔フレブライラストギャラリー〕
〔絵師:彩〕






 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレ☆パラ! | comments(3) | trackbacks(0) |