スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜左脳マジ感想編


発売以来、何度も何度も読んでおります。

既に読後第一声でお伝えした通り、今巻は過去14冊中1番面白かった♪
こみあげる万感、正直感想などいくらでも書ける!と思っておりましたが、いざ書き始めると…。
左脳のへ理屈論理分野と右脳の萌え燃えお祭り分野がどちらも激しく主張、一歩も引いてくれません。こんなことは初めてです。

きっと作者様は今まで以上の自信を持って14巻を上梓されたと思うのです、それだけの生みの苦しみ(と達成感)をここからは感じます。
13巻であのような感想を書いたからこそ、想いに応えて下さったかのような14巻感想は「素晴らしい!楽しい♪」だけでは許されない、その意味をしっかりと記さなければ作者様に合わせる顔がない(そもそも合わせる機会などないが)、と左脳が訴えます。

ないじぇるの愛しい暴走、ついに男をあげたジェフリー、その他モロモロキャラ萌え、イラスト萌えした〜い!!と右脳の興奮も収まりません。


ならば解決策は一つしかない。どっちも書く。
よって今回は異例の2回分割感想とさせていただきました。
そして大変申し上げにくいのですが、イラストチェックも激ナガで…。従いまして、

21日は左脳(論理)担当による「(精一杯)客観感想」
22日は右脳(感覚)担当による「主観萌えトーク」と「イメージソング」
23日は「過去最高長編・爆裂イラストチェック」と「スペシャルおまけ」

で、計3回お送りいたします。
1冊に全3回…さすがにひかれるのではないかと心配です。自分自身が既にひいてるし(汗)
でもこうしないと1回が長すぎるのです。申し訳ない…。
 この1週間1冊も他の本を読まず、空いた時間をすべてこのために費やした心意気、どうぞお組み取り下さいませ。


感想は2回とも過去最高のネタバレ度、14巻を既読のお客様が読んで下さると想定して感想を書かせていただいております。
未読&これから読まれる予定があるお客様は本当に本当にご注意くださいね。
また、今回は13巻との比較箇所がかなりあります。前巻については少々キツ目の表現もございますことご了承くださいませ。

13巻評価は目にしたくない、14巻の熱い萌えを大事にしたいお客様もいらっしゃるかと思います。その場合はお手数掛けて申し訳ないのですが、本日はここまでにしていただき、明日の右脳担当「ないじぇるには負けないぞぅ♪妄想炸裂萌え燃え感想」と3回目・絵師様特集でご一緒に盛り上がって下ければ嬉しいです。



〔フレブラ14巻〕 





◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(5) | trackbacks(0) |

「FLESH&BLOOD」13巻 松岡なつき/彩

本日は
1ページ目…13巻・イラストチェックとノーマル感想
2ページ目…13巻・「禁じ手」説明&感想
以上の構成でお送りいたします。
2ページ目につきましては「イメージソング」後の「お断り」をご覧いただいてからお進みください。
                              

◎イラストチェック/彩(アート派マスター)
カラー★★★★☆←4.5以上は画像UPでUP
画像UPが耐えられる「絵」は本当に貴重です。
既に「挿絵マスター」のレベルに達してます。が、もう1作様子をみたい(何様?)
仕事量が増えて小手先の「慣れ」が上手くなる=味が軽くなる絵師さんもいるので…。
※余談
最近だとつぐら束さんがコレに相当。ショックだった…。最も進んで欲しくない方向に転んでしまわれました。期待の星だったのに。
マットで複雑な色遣いは相変わらずです。ビューテホー♪
機械処理を多用してますけど、この色の重ね方、しっかり絵具を使って「絵」を描いてきた方の表現です。アナログでのしっかりした基礎が無機質な機械処理に命を吹き込むのです。やはり「人」は手を汚さなければ一人前にはなれないのですね。うむ、賢治は正しい。
口絵、マーロウ大出世です。

カット★★★★4.0
上手いなあ…。ホワイト、というか画面の「白」の使い方が非常に上手いし潔い。白黒なのに色を感じます。
P249のアングル。マンガでもこの視点から描く人は相当ベテランです。12巻より格段に腕が上がっていらっしゃいます。
人物描きわけもばっちり。もう挿絵マスターに認定しちゃおうかなあ…。
でもね雪舟画聖のテイストを意識してらっしゃるのか、長編歴史もので登場キャラが多いせいなのか、「青の疑惑」のような大胆さがないんですよね。どれも無難に美しい。優等生の美とでもいいましょうか。もっとアートな弾け方できる絵師様のはずなんですが。


◎本編感想
祝・新章突入!
ようやく仲間達のところへ帰ってきました。本当なら嬉しい再会も喜びきれないカイト。伝染病を抱えてるんですから密室の「船」は致命傷、カイトも気が気じゃないでしょう。何も知らない恋人や仲間は寄ってくるし(そりゃそうだ)、心も体も休まりません。自分の体と愛する人のことだけ心配していいはずなのに、未来から来たという最大の「秘密」があるからリリィ以外に心が開けない。カイトが本当に楽になるにはもうこの「秘密」を吐くしかないのです。

ようやくカイトの悩みが和哉ばりにリアルになってきました。

ビセンテがカイトを手放したように、ジェフリーもカイトを手放す…じゃ月並みだから一緒に未来へ行く。やっぱこれしかないんじゃ?

新章突入で作家様の筆も軽いのか料理や犬など生活的歴史考察も随所にちりばめられ、歴ジョならずとも感心しきりです。
料理人のおっさん(ジョー)が言うセリフ、「順風に恵まれやしたからね」は少々やられました。
これは頭で考えて出てくるセリフではないです。ご本人が船乗り…のわけないですから海洋冒険映画か小説を染み込むほど見て読まないとこの表現に辿りつかない。これを船乗りが言っていたらもっと唸っちゃったんですが、ジェフリー「どういう意味だ?」と聞き直してる(笑) 惜しい!

松岡さんの書かれるセリフが含蓄に富んでいて、センスの良さがピカピカ光ります。
ドラマティックな展開のうまさといい、マンガやアニメの原作とか良いのではないかといつも思います。


それにしても相変わらずカイトの博識っぷりには舌を巻きますネ。英国在住とはいえ、16世紀のロンドンでもライオンが見られるところがどこか知っている17才の日本人、いるかな?


◎イメージソング
 「調和〜風来の調べ」 志方あきこ

新章の幕開けを飾る、短いながらもドラマティックな序曲です。



◆お断り
実は13巻感想がなかなか複雑でして…。
「禁じ手」説明&感想は個人の見解に基づくスパイシー感想で、真摯に書いてはおりますが読んで楽しいものにはなっていません。
正直「愛情編」を楽しんでいただけた方には次ページはお勧めしがたいです。

諸事ご納得いただける方のみ、先へお進みください。




〔フレブラ13巻〕
〔フレブライラストギャラリー〕
〔絵師:彩〕










◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(2) | trackbacks(0) |

「FLESH&BLOOD」12巻感想・リアルタイム報告!と限定小冊子

「FLESH&BLOOD」12巻 GETいたしました!
発売日間違えて勝手に焦ってたので、無事入手に感無量です。
そもそも即日完売する本じゃない(と思う)ですけどね(笑)

もちろん限定版 小冊子付です
初の試み!(そして最後) リアルタイムで読みながら感想上げますね。

これから読む方のためにネタバレは最小限を心がけます。
                                                                        
◎イラストチェック
ネタバレするので、今は表紙だけ。
後日書き込みますね。

そのかわり、小冊子の表紙もUP!←右側
彩さんのナアアアアアイジェル♪


                                                               「人物紹介ページ」新設されました!
もちろん彩さんカットで!
ごひいき黒髪コンビだけちょこっとお見せします!!



 急いでたんで画像荒いですがお許しを!


今はここまで!
後ほどお会いいたしましょう♪♪
  ↓
  ↓ 
  ↓
※7月25日付
「FLESH&BLOOD12巻感想・リアルタイム報告その2」
「限定小冊子とイメージソング」
を次ページにまとめて、12巻感想としました。





〔フレブラ12巻〕
〔フレブライラストギャラリー〕
〔絵師:彩〕
〔フレブラ新刊即コメ〕

   






◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(2) | trackbacks(2) |

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第4夜

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 最終日第4夜〜10&11巻です。

無茶な計画だと思ってましたがやればできるもんですね。お休み月間中の新刊発行でよかったです。
明日はお約束どおり(忘れてらっしゃるかもしれませんがしたんです)、12巻の感想上げます。

つかですね、やっちまったんですよワタクシ。慎重で賢い皆様は既にお察しでしょう。
昨日の記事で書いたように本日に向けもろもろ照準合わせてましたけど、今日本屋行ったらないのね、12巻が。どこにも。
都会のネズミさん(友人・未カムアウト)と一緒だったんで大ぴっらに探せなかったからかしらと思って、彼女と別れてから別の本屋さん行ったけどないの。
あせって駅2つ向こうの大型店(3件目・多分、この地方で最大の取扱量)まで行ってみたがやっぱりない!ここでようやく「F&B」や「幸村殿」はともかく、同時新刊「浪漫の館のうんたら」まで見当たらないのはおかしいと気づき、BLコーナーで一休さんばりにポクポク考えた結果「チーン

25日はキャラコミックの日

じゃないですか!!

キャラ文庫27日ですよね。(超初心者勘違い。大恥)
なんかもうでしたけど、これだけ労力(と交通費)使って手ぶらもナンなんでヤケクソ気味にコミック買っちゃいました。
・「青春ソバット」2巻←BL版「河よりも長くゆるやかに」by吉田秋生 
・「あいつの大本命」2巻←笑ろた。
・「猫もっちり」←様子見で買ってみた。感想後ほど。
・「群青学舎」4巻←BLではないです。レトロな新しさ。

あと日の出ハイムさんやら 巷で話題の子育て?BLやら迷ってたのを一気にイって計8冊。国枝さんやら山本さんやらも既に買ってるので、今月はこっちのコミック買いすぎです。小説より多いの初めてかも。まあしばらく新刊買ってなかったからいいかあ。




〔フレブラ10巻〕 〔フレブラ11巻〕





◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(2) | trackbacks(1) |

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第3夜

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第3夜です。

「第3夜」とうたっているので、夜、日付が変わると同時にUPするようにしております。
なんで まだ最新刊は手に入れてないのです〜

わざわざ都会のネズミさん(友人)との約束を本日にしたのは、 品切れの心配のない都会の本屋さんで確実にGETする事を視野にいれた一石二鳥の計画です。ネズミさんはそんな事知らないんですけどね(笑)
それだけあの人達にかけるおたく  おとめごころをわかっていただきたいです(誰に?)
 
3日目の今日は、8、9巻です。                 
 

〔フレブラ8巻〕      〔フレブラ9巻〕







◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(0) | trackbacks(1) |

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜です。

明日(25日)がいよいよ12巻発売です。わくわくですね♪

まさか12巻で終わりって事はないと思いますが、万一があるので新刊読む前に書いときます。
このお話はカイトとジェフリーだけが現代に帰ってくるんです、きっと。
それを確かめるために読み続けているんです。(加えて、ごひいきさんのおっかけ)
今の展開で光ある終わりを迎えるにはそれしかないと思いませんか?11巻のラストでワタクシは確信を新たにいたしました、が果たしてどうでしょうね?

本日、第2夜は4〜7巻までいっちゃいます。



〔絵師:彩〕
〔フレブラ4巻〕
〔フレブラ5巻〕  
〔フレブラ6巻〕 
〔フレブラ7巻〕






◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(2) | trackbacks(1) |

1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第1夜

宣言どおり、今週1週間はどっぷり「FLESH&BLOOD」週間です♪

世界史やるなら知らなきゃヤバイ・超有名海戦「アルマダの戦い」(1588)を軸にイギリスとスペインどちらからも掘り下げる本格BL歴史ロマン。
情熱溢れるガチンコ時代考証にお約束の美形てんこ盛り&もてもて逆ハーレム、タイムパラドックスで程よくSF気分、思い出したようにBL風味も加わった1大エンターテインメントとなっております。

ここまで来るとライトノベルとBLの境がまったく分かりません。出版社…で区別?

普通に読んでも楽しいですが、せっかくですから満喫いたしましょう?
満喫のコツはごひいきキャラを作る事です。そして年がいもなく応援する。多少の「?」もごひいきさえ活躍していれば無問題!
長編エンタメならではの楽しみ方です。(オタクとも言う)


ちなみに私のごひいきは黒髪のあの2人。
どのように(ムリヤリ)絡んでくるか追うのがもう楽しくて楽しくて(笑)
だって片方は明らかにこのお話にはまったく必要ないし、もう1人もないよりはマシ、程度の重要性。(ひどい) 
存在感を出すために作者がいかに工夫(苦労?)しているかを噛みしめながら彼らの活躍を追う。これがいいんです。(あれ、もしかしてワタクシってヤなヤツ?)


『1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」』 第1夜、
1〜3巻までお送りします。
約80%がごひいきさんへの「きゃあきゃあ感想」になってますので、いつにも増してアイタタだとご理解下さい。



〔フレブラ1巻〕 〔フレブラ2巻〕   〔フレブラ3巻〕  





◆Read more...

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(5) | trackbacks(1) |