スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「花嫁はマリッジブルー」「花嫁は今夜もブルー」凪良ゆう/ (作品No.1&3)〜共同祭り☆BLトラベラーのみずほさんと凪良ゆう作品コンプを目指す 

大学生の麻生拓海には、双子と間違えられるほどそっくりの姉、美花がいた。顔とスタイルのよさだけが取り柄の美花は、旧華族で名門ホテルグループの御曹司、朝倉正嗣と玉の輿婚することに。麻生家は皆大喜びだが、拓海だけは朝倉が姉に愛情を抱いていないのを知って激しく憤る。だがその冷酷さが複雑な家庭環境のせいだとわかり、姉の婚約者にもかかわらず拓海は朝倉に惹かれてしまい…。
男同士ながら神の御前で愛を誓った麻生拓海と朝倉正嗣。愛し合う二人はラブラブな新婚生活を送っていた。名門ホテルの御曹司である朝倉は、対外的には拓海とそっくりの姉、美花を妻として紹介している。この偽装結婚をマスコミが嗅ぎ付け、さらにはコワーい姑の耳へも入ってしまったからもうタイヘン!?
BL界の常識を打ち破るエディ×美花のショートショートも収録した、待望の一冊。



皆様、こんばんは。

もうちょっと続くよ☆秋の合同学園祭、
「BLトラベラーのみずほさんと凪良ゆう作品コンプを目指す」

本日の模擬店は凪良さんのデビュー作とその続編
「花嫁はマリッジブルー」(作品No.1)
「花嫁は今夜もブルー」(作品No.3)

でございます。

「恋愛犯」でグッと来て、じゃあデビュー作を…と読んでみたわたくしの「セカンド凪良」作品です。

腐歴長からぬわたくしでも、デビュー作から追いかけているといえる作家様。
懐かしくて新しい、特別な存在。




◆イメージソング                                            


 

あなたが望むなら
Give me give me your love and kiss me right now

ちょっと冒険してみましょ
あなたが信じるなら

おはよう、おやすみ、いってらっしゃい。
いろんなお味のマカロンキスで、あなたの毎日を甘く色どってあげるから
今日からよろしく。旦那様❤

なイメージですが、うっひゃー、こんなこっぱずかしいこと書くの初めてだ!
口からはいた砂で生き埋めwwwww




 

  本日のイラストチェックは辛口部分がございます。該当部は伏字にしておきますね

◆イラストチェック/唯月一 コミック派                                 
カラー★★★
初期のせいか、花丸文庫にはお珍しい口絵つき。(マリッジブルーのみ) 

いやー、なんとも可愛らしいお絵柄ですね☆電車内、カフェなど公共空間での読書困難度もひときわハイレベルです。
ピンクのぷるるん果実(//∇//)キャッ♪をそっと晒す、女子には絶対ありえへんドレスデザインがテンプレながら衝撃です。さすが、爆笑 トキメキワンダーランド☆3大BLテーマパーク筆頭「花嫁」!
口絵のキメ具合など絵柄にも流行がございますので、若干のこそばゆさは詮無いことでございましょう。

とはいえ、ショタ風味満点の花嫁(♂二十歳)はともかく、ムコ殿がね〜…^^;
イケメンではあるのですが、クラシックというか最先端というか、髪型が個性的すぎて、これで赤いスカーフなど靡かせようものなら、なんだか熱血巨大ロボアニメの主人公…ゴホンゲフン☆
いや、でも作中花嫁クンが、杓子定規な攻のことを「超合金合体ロボ」って呼んでるんだよなあ、まさかそれでこれ…?
だとしたら、わかりにくすぎるがすげー(笑) 気づく人まずないだろう的偉大な挑戦に☆プラスです。

カット★★
う〜ん、枚数も豊富、キャライメージも外してないんですけど…。

わたくしの喜び☆「イラストチェック」コーナーですが、続けることがしんどい…と思うことが時々あります。
デッサンが上手い下手とか、作品精神への到達度がどーとか、挿絵としての在りよう以前に、デジタルに移行したばかり…的非常に単純かつ不安定な描画を見せられるのがとても悲しいのですが、そこに触れずにイラストチェックができないからでございます。萎えコメなんて誰も読みたくないし、わたくしだって書きたくないのです。
今回だって、アナログ=ペンで手描きして下さったなら、もっと違うことが書けたはず。せめて、はみ出たところは消し、塗りつぶすべきところは塗りつぶせるようになってから発表してほしいと願うのは、わたくしの思い入れが激しすぎるからなのかなあ…
作品が面白かっただけに、イラストに思うあれこれがいっそう切なかったです。


    
    

◆本編感想                                                 
■「花嫁はマリッジブルー」(作品No.1) 
喜劇は悲劇、悲劇は喜劇。上手いラブコメに涙あり、でございます。
当時わたくし地雷ジャンルだった「花嫁」での、数少ないアタリ作でございました。
(今は地雷脱皮でございますよ でも花嫁ものってやっぱりアタリ少ないんだ、笑)


姉の身代わりに花嫁になる弟と、ミイラ取りがミイラになる花婿。
とここまではテンプレ、これに爆裂キャラ立ち花嫁の姉×その彼氏さんが加わってのドタバタラブコメです。

人(キャラ)が増えれば話が長くなるし、逆も然りで、話を長くしたければ人(キャラ)を増やせばいいのですが、1冊でここまで明快にキャラ4人を動かせることがまんず素晴らしい。
♂×♂の愛こそすべて❤なBL界で、メインカプでも当て馬でもない設定の人物を魅力的に動かすのはとても難しいのでございます。(と思う) 数が増えればなおさらです。←もちろん「双子」とか「大勢の部下」とか単純に増やした「頭数」って意味じゃないっすよ

あちらを立てればこちらが立たずの絶妙ドタバタ加減、ユーモアの利いた文章、落としどころを心得たニクいクライマックス。どれをとっても面白い。楽しい。
女子(超美人姉)に、「下痢」と宣わせる潔さに吹いたよねプッ. ( ̄m ̄〃) 


「恋愛犯」(作品No.2)とは全く違うお味にびっくりです。完成度でいえばデビュー作の方が上だとすら思ったよ。
シリアス作とコメディ作、どちらも書かれる作家様の場合、いくら変化をつけてもどこかに同じ匂いがするものですが、この2作にはそれが感じられませんでした。(数をこなした今ならおそらく分かるけどねw)
この尋常ならざる振り幅、なんだか榎田さんを思い出すっ…てことで勝手に「ポスト榎田」に認定した次第です。
現在は、ポスト凪良と呼ばれる新人作家様が近々誕生するだろうと確信できるご活躍でございます。
ナンバーワンからオンリーワン。創作業とはこうあれかし。


■「花嫁は今夜もブルー」(作品No.3)
続編。
嫁といえば姑。ということで、花嫁が大好きダーリンとその両親のために頑張る新婚生活編です。

(おそらく)「ブルー」で人気が出たゆえの続編=後付けなので、攻の両親等のキャラ付けに少々ムリムリ感があり、「ブルー」で感じた伸びやかさ、絶妙のドタバタ味はちとパワーダウンかな。とはいえ、1をいただいたなら、ぜひとも読んでいただきたい1作ではございます。

だって、出来ちゃったカプの甘く美味しい後日談を楽しめるのはもちろんのこと、この本には、BL界の常識を打ち破る(あらすじより)伝説のSS(姉×その彼)が収録されておるのですもの!

わはははは、確かに、BLで男女のSSなんて後にも先にも記憶がないよ?
(CDオンリーストーリーで、コルセ−アの姉ラブ編があったけどもねー) 
これも姉カプに魅力があった故でございましょう。正直言えばわたくしも、へたれエディとおらおらねーちゃん(でも意外と尽くすタイプ)の方が好きだったもん^^

腐女子といえども、読み応え、魅力があるなら性別は問わないと今作が証明してくれておりますね。




                          *


念願のデビュー作感想をやっと書けました。
拙宅ブログスタート直後に書こうとして結局叶わず、その後幾度かの挫折を繰り返し、はや4年強の月日が経ちました。
凪良さんに思い入れ濃ゆいのはこのせいもあるのだなー。僭越ながら、なんだか共に歩んできたような気がするのです。
そして、歩を進めるほどに、旅仲間がどんどんと輝いていくことが、我がことのように嬉しいのでございますね。


あまた生まれる星々の中で、ひときわ明るく、長く輝き続けることは、生まれいでることより難儀なことと思います。
綺羅星を追い続けていける幸せに感謝しながら、楽しく再読いたしました。



4年前に感想書いていたら、どんな風に仕上がっていたのかなー、なんてふと思う。
あの頃よりは今の方が少しはまし、だと信じたいデス^^;










励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名な行]凪良ゆう | comments(0) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment