スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

勝手にグラミー2012・イラスト部門マイベスト〜カラー画編

◆勝手にBLグラミー2012 ご案内                                             
●拙宅グラミーは、自選候補作を初頁、受賞作と選考理由を次頁で発表する、変則型マイベストです。但し、コミック部門だけは明白なランキングをつけております。
●コミック部門、長編小説部門、短編小説部門、イラスト部門の4柱と、年度によって特別賞、新人賞などが臨設されます。
●イメ−ジソングをタイトルに冠する音楽ブログでもあるため、「アカデミー」ではなく「グラミー」と称しています。
●2012年にmiru-haが読了した全作品から、主観客観織り交ぜ勝手に選出。
今年発行とは限りません


皆様、こんばんは。
2012年BLライフ総決算・勝手にBLグラミー、本日は楽しい楽しいイラスト部門です♪
本日はカラー編〜「最優秀表紙絵賞」「最優秀口絵賞」をお送りいたします。

今年は独立感想がトンと進まず、必然的にイラストチェック回数も激減してしまい、候補作がほぼ初出です。よって全作コメント付&激アツ激ナガとなっております=1回では収まりませんでした
どうか覚悟を決めて、わたくしの激愛を受け止めて下され!(謙遜なく長いので、数回に分けてお楽しみいただければ幸いです…)


◆イラスト部門について                          
●部門賞は以下の通りです
    ・「最優秀表紙絵賞」
    ・「最優秀口絵賞」
    
・「最優秀モノクロ賞」
    ・「特別賞」
● 2012年読了本の★4.5以上評価作を候補作といたします。
●突然文調が変わる、「マジガチ」コメント部分は緑文字にしておきます 
●文中の「今年」表現は2012年に脳内変換してください


◆最優秀表紙絵賞                                                  
表紙イラストに期待するのは、
・1枚の絵を通して、作品の精神世界を個性的かつ真摯に表現しようと努める絵心(絵描きセンス)
・それらが確実に伝えられる技術力研究努力
・購入意欲をそそられる萌えツボごり押し度(←言葉にするとなにやらがっかりだが、大事な要素だよね!)
などです。

【2012年度候補作】    ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■ 
■「神に弄ばれた恋」 朝南かつみ
感想・詳細イラストチェックはこちら★

「光と影の間、闘牛士と雄牛の間には名前のない神がいる。」
   −−スペインの作家(哲学者)・ホセ・ベルガミンの著書から
恋を弄んだ神の名はサタナスとアベルが、光と影の間に見た神の名は作者様が、絵師様を愛でたもうた神の名はわたくしがつけてよいのです。

顔を隠し、体を隠し、背景もほぼない。絵的な個性を表現できるモチーフを封じ込めて、それでいてこの強烈な個性。

こんな絵描ける絵師様、この方しかいない。


■「FLES&BLOOD 19」 彩
初めて見た時は言葉が出ませんでした。
その後、何度も何度も、舐めるように見てますが、やっぱり言葉がみつかりません。(でも書く、笑)
愛を視覚化したらこうなるに違いない。
                 *
我が恋人は赤い薔薇。
白と薔薇色で二分割された画面。横一列のロゴ。
水平線に浮かぶ船のように、波間に横たわるジェフリー。
横線を強調した構図の中、ひとり鉛直=縦ラインに佇む海斗が、慈悲溢れる中にも頼もしいです。

赤と波はジェフリーのもっとも大切なもの。魂が還っていく、彼にとっての楽園です。幻影と嘆きを道連れに楽園へと彷徨う難破船を、現世=FLESH&BLOOD〜血と肉の在るところに留めておけたのは、海斗という碇=この世に繋ぎとめる楔がまにあったから。
ただひとつを選んだがために、他の多くを犠牲にしてしまったことへの懺悔や後悔=自らの罪(悪感)を認めて生まれた強さが、海斗をひとり立ちさせた=碇になることができたのですね…(´;д;`)ブワッ

生涯の誓いとひと時の温もり。永遠と刹那が共存する、後世まで残る愛のイコン。


■「月一滴」 花本安嗣 
ナイトブルーの空。ハニーゴールドの月。
彼らの距離は近くて甘く、円と線は、遠く深くに繰り返される

わがまま王子。愛しい人の前ではただのかわいいお姫様。
触れる指先。舞い上がる心。高く天までも飛んで行けそう。

ダメだよ、僕のお姫様。飛んでなんていかせない。階(きざはし)を一歩一歩踏みしめながら、どこまでも共にいこう。月露にそぼつあの雲の向こうまで。
         
てなことを伝えたいんだと思う(笑)
こういう絵を見ていると、BL読みになってよかったなとつくづく思うのです。かわい作品を読む都度うっとり浸ってしまう、あの、行間から滲みでる情感と同じものがこの絵からも感じられます。

投射=どちらかがもう一方の世界観を代弁してるとか、集注=テーマを凝縮してより強く訴えるとかではなく、共鳴=2人のクリエイターの波動が重なって、さらなる世界の広がりを見せてくれるさまに感動する。

                                                                      ■「黒衣の税理士 2」 麻生海
年に3点あれば大豊作と言える、その名もズバリ「レアアート」画、今年は2種(3点)ございました。その1がこちら。
こちら続編ですが、その1もやっぱりレアアート。
←シリーズ1巻
ふふふ、今作タイトルは「黒衣の税理士」=受、本編視点も税理士=受、でも表紙絵だけが攻メインなのだよ!ウキウキ^///^←一緒にウキウキしてくださる貴方が大好き( ˘ ³˘)♥
昨年受賞作の朝南かつみさん画の時も申しましたが、基本受=ヒロイン中心のBL界で、王子様=攻メインのイラストは稀です(シリーズもの除く) 
攻視点ならともかく、今作のように受メインで充分描ける作品内容でこの選択は、絵師様自身のご判断だとはっきりわかります。この姿勢を2巻ともを貫いてくださったことが、すごい!んです。(私にとっては^^;)

1巻ではややくたびれ系おっさんが2巻ではパリッとスーツのイケメンに、俯き加減で弱々しかった税理士も今巻では堂々と黒衣を着こなしています。
穏やかな巣穴を離れ(1巻室内)、2人がそれぞれの道を歩み始めたがために(2巻屋外・でも進んでいく先は同じ)、彼らの物理的距離は遠ざかってしまいましたが、守護たる風竜が彼らを結びつけてくれているので安心です。
絵師様の本編解釈&作品へのリスペクト、うるっとくるほどカッコイイ。

■「部長の男」 佐々木久美子
本編感想はこちら★
2012年レアアート画、その2はこちら。
受お1人で、しかもご尊顔がアップでドーン!過去数点しか見たことのない「ピン画」です。(コミック、シリーズもの除く)
「部長の男」というタイトルで、部長を描かない潔さがイイよね。
                  *
部長の男たるお若い彼は、男の象徴・ネクタイをゆるめながら、誘うかのように流し目を送ります。視線の先にいるのは、きっと愛しい部長のはず。でも実際は、わたくし(読み手)とばっちり目があって、お若い恋人にドギマギする部長の気持ちを疑似体験できるのです。

でもって、部長がどれほど彼を想っているかは、彼の頬を包む優しい手で分かります。手の主と男が見つめる先が同じ「部長」だとすると、ポジション的に不自然なので、これは鏡に映った姿かもしれません。(男は鏡に映った部長を見てるってことね)
たった1人しか描かれていなくても、とても雄弁なイラストです。百戦錬磨の戦士の強さをみた。

■「erotica」 中村明日美子
2012年レアアート画、その3。その2と同じ「ピン画」です。ピン画が年2枚!これも時代の流れよねー。
                 *
偶然にもシャツ&ネクタイ着用の社会人受1人+攻の手、という共通モチーフを選ばれながら、これだけの表現=個性の違い。これぞイラスト観賞の醍醐味でございます。楽しいな♪

男の目はどうなってますか?…視覚の違い
攻と受は触れ合ってますか?…触覚の違い
人以外の存在は描かれてますか?…味覚、嗅覚、聴覚の違い
男は立ってる?座ってる?それとも?…自己表現=「愛」の解釈=シックスセンスの違い

「五感(+1)」とは、動物や人に備わった感覚の総称です。そして、人を人たらしめるものはこの五感を他者に伝えるための表現を模索することといえましょう。そうして示されたものを受け取って、咀嚼して、自己の血肉として、また表現する。この繰り返しが「人」なのです。

さらに驚嘆するのは、このイラストが帯イラスト=帯の存在自体に意味があることです。この本にとって帯は被服=肉体を守り、自己を顕示する「人」の知恵なのでございます。
本能(本編)と理性(帯)は、常にともに在る。だから、erotica。
 
■「二月病」 黒沢要
生まれては祝い花
病んでは見舞い花
隠れては悼み花
花がなくても生きてはいける。でも、花がなければ心がない。

前回イラストグラミーで、白背景は上級技なので結構少ないと書いたのですが、そしたらその後、まー出るわ出るわ(笑) 2012年のトレンドカラーは間違いなく白でございましょう。
そんな中、「おお!白が利いてる!ステキ」とわたくしがウキウキしたのがコレとコレ

有色と無色。主色と差し色。画面の上下で白の役割が反転し、あたかも発熱時に見るせん妄のような美しくも危うい世界を魅せてくれます。

降るように舞い落ちる彩なる花葉を受け止めて、色づいていく白。
雪が世界を無色に変えていくのとは真逆の現象。
二月に降る白い雪を思う色に染めたくなってしまうのは、彼らの心が病んでいるからかもしれません。だって、恋は病(やまい)なのだから。


■「off you go」 青石ももこ
天に天の川。地に雪野原。
働いて、働いて、ようやく許されるつかの間の逢瀬。
川にはかささぎ、雪原には意地っ張りな一言が、恋人たちを繋ぐ架け橋。

ウキウキ通り越して鳥肌立ちました。なんだ、このすごい白使い!
横たわる男。その男を見下ろす男。
彼らを切り離しておかねばならないかのように、中央を袈裟斬りする白。余白ではなく、白が完全主役です。

白の世界を少しだけ色づける小さな切手は、宝石のような思い出の象徴=幼少時代から続く長い縁を暗示します。
目を凝らせば、立っている男の足元には足跡が。新雪を踏みしめながら、眠る男に近づいてきたのがわかります。雪の中で眠る行為が危険なことと分かっていても、近づく男に余裕があるのは、雪原に描きなぐった「off you go(むこういっとけ!)」のメッセージがあるからです。
そして、眠る男は確信犯。徐々に大きくなっていく、雪を踏みしめるキュッ、キュッという音に、思わず笑みが浮かびます。

「むこういっとけ!」は、簡単にデレたりしない彼の、雪のように冷たくもピュアな愛の告白。「ちゃんとお前のところに戻るから、今は離れていてくれ。でも遠くには行くなよ」と静かに甘えているわけですよ。男を無視するつもりなら、そもそもメッセージすら残さないものね。
だから、いつも男は彼を迎えに来る。そして許される精一杯まで接近=白の空間を維持しつつ、その目覚めを待っているのです。目覚めた彼の瞳に最初に映るのは、自分でありたいから

音や視線=会話以外の手段で心を確かめあう2人。インタビュー=会話と質問を基本とする彼らの仕事を考えれば、なんと甚深なことでしょう。
とはいえ、かなりしんどい恋愛ではございます。若いもんにゃームリっぽ(笑)

 
■「頬にしたたる恋の雨」 志水ゆき
白、白と続いたさかい、今度は黒やで♡
黒の貴公子・OHYはんとか、黒の冒険者・O丸ブラックはんとか、黒の踊り子ラOァ−ズ文庫はんとか、社をあげてに取り組んではるレーベルの作品は言わずもがなやけど、永遠のパステルポップ☆ディアプラスはんでこないな黒使い、えらい珍しいんでー。

でもって、この黒とそこに流れる唐花文様は、絵師様によるものやのおて、デザイン担当者様のお仕事やて思うんやなー、元絵は人物だけやったんとちゃうやろか。紙面約半分の面積にデザインがガツンと関与する大胆さが、これまたええなあ♪
レトロなタイプ文字とええ、差し色のチョイスや配色バランスとええ、このレーベルのデザインは、毎年神クラスを必ず出してくれはる…ほれぼれ。


■「地角の衆生」 ミナヅキアキラ

年末滑りこみ作品。
まさか鵺(ぬえ)がこんな可愛いもふもふになるとは思わなかった…!頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、声はトラツグミに似ているというキメラ妖怪、へたすりゃ人面犬(!)になっちゃいますが、柔らかな色調で描いてくださったこの鵺ちゃんは、人獣ミックス加減が絶妙、可愛さ、儚さ、健気さ、寂しさ等もしかと伝わってきます。

さすが手塗り(と思う)、紙目まで感じられそうな、この上なく丁寧なお仕事。


■「meet、again.」 竹美家らら
透きとおった硝子の中で、さらさらと砂の流れる音がする…。
ほおっておけば抵抗もなく、落ちきって終わってしまう男を揺り動かして、その生を繋ぎとめる。

てなわけで、今作のキーアイテムは砂時計です。
ガラスと砂は大地の恵み。時は天を測るもの。スモークブルーとサンドベージュという押さえたアースカラーで描かれた天地の中で、なにかから解き放たれたかのように大気にあそぶ2人。もっとも、うち1人はこの状態に満足しているわけではないようです(笑)

砂時計という閉じた空間=私自身=内宇宙と、果てなく広がる天地=世界=外宇宙を同時にみつめる。そういった芸術運動が実際にありました。
ららさんのイラストにいつも詩性を感じるのは、詩における「言葉」とイラストにおける「象徴」が同じ役割をもってるいるからかもしれません。深読みスキーにはたまりませんな♪

  
■「隣人たちの食卓」 みずかねりょう
2012年最多忙絵師賞受賞
16作(当社カウント)って!単純に作画だけで考えても1冊分を2,3数週間でこなしちゃう計算です。しかも高クオリティ!すごーっ!w(°o°)w 

レストラン、キッチン、カフェに居酒屋。
腐界に外食産業はあまた登場したしますが、食卓=おうちでご飯は昨今のトレンドです。外食産業の低迷とイクメン人気に1年遅れで反応してる感ですね。腐海における世相の反映は大体1年後だものねー。
                     *
漫画の1コマのように、自然に切り取られた日常生活の中の1シーン。視線を一切読者にむけず、背景や小道具(料理や食器等)もリアルに描くことであえてアピール力を弱め、読者に、いつもとおなじ穏やかな「日常」をより伝えていこうとするものです。
描かれた料理にも意味があるのだよなー。ハンバーグと肉じゃがは、「隣人」にお子ちゃまがいること&家庭料理に飢えている父子家庭の暗示なのでございます。
1枚でも100枚でも、変わらぬお仕事ぶりに胸を打たれる。

 
■「極道幼稚園」 小椋ムク
これもデザインがいいお仕事してるんだ 
メルヘンちっくなムクさんイラストと幼稚園児、鉄板鉄板♪などとウキウキ表紙を眺めると、読み聞かせをする先生の後ろでやんちゃな坊やが壁に落書きしているのがわかります。そしてその落書きが、本作のタイトルになってるのです。上手い、そしてさりげない!

ほかの園児(デカい子含む、笑)は先生のお話に夢中ですが、この坊やだけ余所ごと…? いえいえ、この子は先生のお話が楽しすぎて、自分でその場面を描きたくなっちゃったのです。自分の感動をどうにかして伝えたい!と思って選んだ手段がお絵描きだったのですね。
原始、文字を持たない時代の人々もまた、この坊やと同じ衝動から壁画を残し、道具に模様を彫ったのでございます。

ピュアな衝動を内包しつつ子供は育って大人になり、大人になれば、パイロットやら保父さんやら極道やらと、クレヨンよりもたくさんの中から選んだお仕事(カラー)に就くのです。なかなかに深い。←ちと過剰解釈だけどね(笑)

 
■「兎島−黒と白の兎」 稲荷屋房乃介
ハーイ、皆様お待たせ♪(๑◠ܫ◠๑)ノ ここからは大人の時間ですよ、お子ちゃまは良い子でねんねしてね♪(2枚しかないけど)      
                  *
わあ、にゅるにゅるーぅ( థ ౪థ)
同絵師様「空の涙 獣の蜜」も素晴らしかったんですが、BLならではの「濡れ画」に敬意をより表し(笑)、今年はこちらにいたしました。業界に触手ものはあまたあれど、表紙カラーでこれだけのサポーター(笑)、ひゅーひゅーっ☆モテモテですね!

サブタイトル「黒と白」を意識した、彩度の高いビビッドカラーが目を引きます。(無彩=黒と白の世界の中にくっきり存在する有彩って意味ね) でもって、黒角のロゴは間違いなく離島ミステリーの大家・横溝正史氏へのオマージュでございましょう。
ちなみに日本は6852島からなる島国です。これだけあれば、白と黒のセクスィ兎がウフンアハン♡な島もひとつぐらいありそう、つか、あるに違いない☆

主人公の白ウサギちゃんは、攻様からもサポーターズからも不埒なイタズラされ放題。左攻だけが受と同じく脱衣しているのは、彼なりの誠意の表れでしょうか。その割には左手がお楽しみすぎてるけどね、まあ、愛の形も色々だから

■「トレインビースト」 織田涼歌
西野花さんでもういっちょ☆

わあ、ぎゅうぎゅうーぅ( థ ౪థ)
涼歌さんの描かれる、華やかさとちゃめっけを併せもったイケメン攻様には毎度うっとりいたしますね♡ 今作もうっとり…って、ん?ちょっとまって?!なんだかいろいろとおかしいよ!
大事な恋人が、いたずらでは済まんだろう的辱めを寄ってたかって受けておられますが、よ、よろしいのでしょうか?!
え?気づいてる?むしろ彼のため?わあ、さすがビースト(笑)

堂々チOビ責めもすごいけど、本命攻様以外からの公開プレイってのがまた…/// あっぱれなりR18画です。大人でよかった☆
 

長くてすみません!ここまで読んで下さってありがとう、でもまだ続くよ><
以上15点の候補作から選びました、2012年最優秀イラスト賞と恒例おこたトークは次ページで!

            ■      ■      ■      ■      ■



◆最優秀口絵賞                                                   
今賞は、作品をより期待させる=記憶に残る「口絵カラー絵」に捧げる賞です
口絵カラーでは、作品中の名シーンやサブテーマ・脇キャラなど、読者に「期待」してもらいたいのはここだ!と絵師様や出版社が押しているポイントが、表紙よりずっと明快に反映されております。
2012年読了本で★4.5以上評価をさせていただいた口絵全作を候補作といたします。                   

※「イラスト賞」ながらここから先はノミネートイラストの画像がUP出来ません。作品を未読のかたには全然楽しくない部門でございます、ごめんなさい。
該当作の表紙だけでもあげておきますので、雰囲気だけでもお楽しみいただければ…
  

      
   
(左上から)
■「狗神の花嫁」 高星麻子 
高星さん口絵は、ホストクラブ入り口のメンバー写真=本編登場イケメンカタログになっておりますよねー♪本編へのワクワクがいやがおうにも高まります。
今作はあやかしものなので、洋装和装、ケモミミに黒羽根、美人やショタやワイルド系とメンズバリエも多種多彩。んまあ、どなたをご指名しようかしら^q^

■「双子の獣たち」 笠井あゆみ
セクスィ3P画大家♡笠井あゆみ画伯、小説挿絵での3人画は初めて…かな?
毎度、想像を越えたアングルで繰り出される艶画に驚愕驚嘆いたしますが、今回は表紙→口絵、口絵△函うっひょー( థ ౪థ)度が上がっていくスーパー腐レミアムなお楽しみつきです。
キャラ文庫の良心☆口絵2枚システムフル活用!さすが画伯、スーパーグッジョブ!!!

■「まばたきを三回」 円陣闇丸
縁側、浴衣、セピアの色調。しっとりと二人で過ごす、夏の夕暮れ。
吐息を感じ、小指を絡めて、生きている喜びを噛みしめる。
ストレートなHシーンより、もっとずっと官能的。

■「王と夜啼鳥」 彩
何度も言いますが。☆゚・:*。+.♪うちのこがセンター☆゚・:*。+.♪ 
惚れた欲目を差し引いてもこのクオリティ、引き延ばして皆様にお見せしたい…!

■「薔薇の誕生」 奈良千春
誰もが見たいと願っていた、3人のあの時をカラーで!
1巻口絵と見比べると、まーケイってば大人になったよね(笑)

■「愛のマタドール」 葛西リカコ
表紙と連動している技あり構成が素晴らしい♡
表紙絵にはマタドールからの愛、口絵にはマタドールへの愛が描かれております。
表紙絵で、想い人を襲い中(笑)のマタドール。彼が愛のために犠牲にするのは闘牛士の魂、ムエタ(闘牛用赤マント)です。かたや口絵で破壊僧?が犠牲にするのは砕け散るロザリオ=祈りの具現となっております。
互いに供物を捧げ、教会で愛を確かめ合う2人。(誓うのではなく肉体交渉ってのがミソ) 
この対画は、いってみれば、BL教会を飾る二連の祭壇画なのでございますね。ああ、なるほど。←自分で言うな

■「神に弄ばれた恋」 朝南かつみ
えれな嬢マタドールシリーズでもういっちょ☆
偶然ながら、こちらも表紙と口絵の連画です。2枚合わせて初めて真の意味が見いだせます。
(絵説き詳細はイラストチェック★をどうぞ) 
サタナス=闇に落ちた天使だけが1人佇むアレーナ。なぜ「恋」の当事者=攻受2人を描かず、攻だけを描いたのか、考えはじめたら今夜も寝られない。

                          *

以上7点の候補作から選びました「最優秀口絵賞」は、次ページで!
恒例おこたトークもよろしくね☆






…ここまで長っ!!!かなり削ったのに!ドン引かれてないといいんですが…

         
              ■      ■      ■      ■      ■




  激戦の中、選ばせていただいた2012年最優秀表紙絵賞は、こ ち ら

 

「FLESH&BLOOD 19」 彩         「off you go」 青石ももこ
以上2点を、2012年最優秀表紙絵賞に選ばせていただきました。
画力、センス、訴求力、どれをとっても一級品です。

【選評】  ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■
「FLES&BLOOD 19」 彩
いつ見ても綺麗…。
このイラストは「愛」のイメージ画であると同時に、19巻のあのシーンのカラー挿絵でもありますね。決定的シーンを表紙に持ってきて、それがこれほど神々しく決まるのは、19巻も重ねた作品の重み=碇があるからです。
いまだ本番なし〜業界バイブルとして名を馳せている(笑)本編ですが、今後待ちに待ったシャンパンファイトが来ても、それを表紙で見たいと思うファンはきっと少ない、少なくともわたくしは特に望みませんですが、19巻のこのシーンは表紙で見たいと思った、見たかったんだと、この絵を見て気付かされました。

もう一つ唸ったのが、今巻のデザイン。
19冊も巻を重ねてきたシリーズで、絵師様もロゴデザインもいつも通り。でも、アルファベットの横列配置や、画面下方の波と反射を連想させる透けロゴなどが、絵の構成とそこから派生する解釈へのより強い助けとなっています。
この巻のために新たに起こしたわけではないのに、このメッセージ性ってどうなん?!
これはもう、かみの奇跡。←紙、神、髪をかけてますw

■「off you go」
この作品はぜひとも手に取り&帯を外して眺めていただきたい…。色彩のカオス☆新刊平台で、この清しさは鮮明潔白な印象でした。BLって艶本なのにね(笑)

さんざ迷って、最終的にこちらに決めたのは、ナナメ切りの白使いと稀有な発想力…ですね。
本編を理解し、それを飾るイラストを描こうと思う時、全候補作中最も辿り着きにくい発想と度胸で描かれてるのが本作です。(とわたくしには感じられた) 
絵を描く方にはご共感いただけるかと思いますが、表紙絵で俯瞰寝そべり&俯き立ちの全身画を描こうとはなかなか思えないのです。難しい上に仕上がりが淡白=労力に見合わないので…。空を見上げてるならともかく、誰もこっち見てないし(笑)

この絵は、もっと上空から俯瞰して、歩いてきた男の足跡をしっかり見せた方がさらにメッセージ性が深まる&おそらく元絵はそうなっていたように思うのですが、文庫サイズと切手の問題(笑)で、ここまでが精一杯だったのでしょう。
人物豆粒でも問題ないイラストを、人物なくして成り立たない「ボーイズのラブ」本表紙に!
かなわないなぁ、この度胸とセンス。

さらに好アシストが、ロゴに代表されるデザイン。タイトルがあまりに自然に融けこんでて、どこからどこを絵師様が描いたのか一見ではわからず、思わずメガネ外してガン見しちゃった(ローガン泣かせ、笑)ほどの秀作でございます。この存在あって「稀有な淡白」が「稀有な深白」に転じるのです。結果、コメントが最もナガい=解釈が広がりまくり☆
この一見気づかない’ってことが、とっても大切なのですね。(とわたくしは思う)
書籍出版や舞台など、何人もの作り手を経由して完成する複合芸術においての最大・究極のアシストとは、その存在に気づかせないこと=黒子であることなのでございます。
※この作品のスピンオフ「ステノグラフィカ」をお持ちの方は、よろしければ最終広告ページをちょっとのぞいてみてくださいませ。同じイラストでもお味が全然違うのがよっく分かるです。

気づかせない黒子のお仕事ぶりに敬意を表した上で、それでも気づいていきたい、伝えたいとの想いの結晶が拙宅イラストチェックなのでした。…と、ブログを続けてきた意味まで噛みしめちゃったです。伝わったかな、この想い。                            
                           *

【おこたトーク】…選考中のよもやま話をチャット感覚でお送りします
うをおん、今年も激戦だったー!!正直、今も少々迷ってるんですが…。
迷ったのは、朝南かつみさん「神に弄ばれた恋」と花本安嗣さん「月一滴」です。
この2枚含め、4点どれを受賞作に推してもおかしくない、本当に本当に僅差でした。

「神に弄ばれた恋」…
表コメに書いたとおり、顔や体(ポーズ)を隠してもなお伝わる個性、もはや芸術のそれです。これまで続けてきた選考ポリシーに則り真剣に比較検討した結果、断腸の思いで諦めましたが、去年彩さんを外した時より辛かった…後日後悔するなら間違いなくココです。
朝南さん画の中でこの作品が一番好きとの想いはかわりません。絶対忘れないし、これからもずっとずっと楽しませていただきます。
はぁ、こちらを加えて3枚受賞にできたらいいのに!いいのに…!!

「月一滴」…
運命の恋、はたまた離別や再会など、命を賭した劇的恋愛は、見る側の魂の揺さぶりも激しい=イメージを起こしやすいですが、月光を月のしずくと表現する柔らかな、でも現代社会を普通に生きてるリーマンの恋世界をイメージ表現するのはなかなかに難しい…。夢が溢れすぎれば醒めるし、リアル過ぎても殺伐としちゃうからです。
その点、このイラストの均衡はお見事です。月=曲円に夢を、一滴の落下軌道=直線に現実を象徴させつつ、円と線を複合させることで画面に奥行き=共白髪の未来予想図まで表現しておられます。
はぁ、こちらも加えて4枚受賞にできたらいいのに!いいのに…!!

「erotica」のレア画&ハイセンスデザインも高評価!でも、単行本で他作品よりお高い=スタートラインが違う上に、同じタイトル、同じ絵師様画の黒バージョン=榎田さん同人誌が過去にあったと知ってるので推せなかったー。1点ものならスタートライン等違っても選んだと思う…。拘り職人ですみませぬっ>< 
黒とセットで見るとまた違った面白さがありますので、その辺詳しく書いてみたい〜独立記事にいたしますね。グラミー終了後公開予定です。

「二月病」は萌えツボだけならTOPかもしれない、めっちゃ好み!

そのほか、ノミネートを断念したものの褒め称えたいステキ表紙絵として、
       
などがございました。



◆最優秀口紙賞                                                   
2012年・勝手にBLグラミー最優秀口絵賞は…こちら
■「神に弄ばれた恋」 朝南かつみ
感想・詳細イラストチェックはこちら★

2年連続受賞。朝南さん画のすごさは口絵により凝縮されているのではないかと、作品を見返す度に思います。
表紙絵と連動して伝えるメッセージが深い、そして場の選び方(描こうと思う情景)が毎度ハイセンス。
本来「口絵」は、帯やらロゴやらの置き位置を考慮しなくてもいい=構図制約が少ない=絵師様の個性をフルスロットルで表現できる場ですが、残念ながら、1ヶ月後、1年後も記憶に残るほどの個性って、そうは多くないのでございます。
でも、1年前に初見したこの口絵は今でも鮮明に覚えています。そして何度も見たくなる。

殺す前か、殺した後か。抱く前か、抱いた後か。
神なのか、悪魔なのか。獣なのか、人なのか。

愛する人に背中を向けて、彼がただ1人で行かねばならない場所が、この世にたったひとつだけあります。それが、口絵のあの場所なのです。
表紙より研ぎ澄まされた1枚が来ると、誰が思うだろう。まさにエストカーダ(闘牛最期の一突き)。
トレーロ!トレーロ!     
                            *

【おこたトーク】…選考中のよもやま話をチャット感覚でお送りします
朝南さん作品のメッセージ性は断トツ、迷いなく決定です。

もし、朝南さん作品以外で選ぶとしたら…、うーん、葛西リカコさんか笠井あゆみさん作品にしたかなー。「お菓子の家〜un petit nidイラストチェックでも書きましたが、今年の葛西さんはすごかったのですよ!ナニ様ビジョンで申し訳ないが、一皮むけた感すらございます。堂々と想いのたけを絵に託す強さがカッコいいです。
笠井画伯の美エロ画は、桃色草子=浮世絵春画レベルですね( *^艸^) 時代を越えても残っていくに違いない艶画と思います。わんだふりゃー☆
そして、一部の皆様お待ちかね☆ないじぇる初センターの「王と夜啼鳥」口絵は、「引き延ばして額に入れて飾って毎日拝みたおしたいで賞」をさしあげます。

さて、蛇足ながら、去年に続き今年の候補作も分類してみようかねー。
【口絵分類型】
A・シーン型…本編の印象的な場面=シーン(エロ以外)を一つ抜き出し、色付けするタイプ。
B・エロス型…表紙ではとても描けない、エロスの海に溺れるタイプ。
C・イメージ型…作品・キャラから伝わるイメージを、徹底的に煮詰めて魅せるタイプ。
  ⇒C’(Cダッシュ)・プロフ型…アニメキャラ設定画のような、人物紹介的イメージ画

・狗神の花嫁…C’
・獣の双子たち…B
・まばたきを三回…A
・フレブラ外伝…A
・神に弄ばれた恋…C
・薔薇の誕生…B
・愛のマタドール…C

おお、偶然ながらバランスいいぞぅ^^
大人の事情により、B・エロス型がこじんまりしつつある今日この頃ですが(規模のことですよ、サイズじゃないですよ)、シルエットロマンス化されたピー部加工に悶絶するのもまた楽しいものです。

企業良心☆口絵ならではのお楽しみ、今後も探求していく所存です。口絵をつけない某文庫様、今年こそご検討をお願いいたします。


                                      
お疲れ様でした。ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。  
わたくしも最後の一滴まで絞りだしました、よう書いたな…(遠い目)←好きでやってるくせに

今年は、美しさ+絵説きし甲斐のあるイラストが多かった印象です。エロより心理描写重視に移行しつつある昨今のBL事情と無関係ではないでせう。受が自立しているピン画が増えたことも、同理由と思われます。(未読で1点=計3点あった)
来年あたり、「ピン画」はレア画カテから外すことになるんじゃないかなー。こういったイラストトレンドの変化を追っていくのも楽しい作業です。そのうち、まとめられたらいいけど…。

昨年の今欄で「カラー絵のキモ=彩色に個性を感じる絵が少なかった」と書きましたが、そのせいなのか(笑)、今年は存在感のあるカラー画にいくつも出会えました。新人(とわたくしが思う)絵師様も毎月お見かけし、なにげに元気なイラスト業界が嬉しいです^^
ただ、元気な割には、新人様作品を1点(ミナヅキアキラさん)しかノミネートできなかったのが残念かな。2013年こそは、元気ハツラツな新人様にオロナOンC!を差し上げたいものでございます←?


皆様の2012年ベストイラストも、ぜひ教えて下さいね。




【おまけ】 カラー画特別賞〜リーフレット賞                                     
■「キスは痛いぐらいがちょうどいい」 奈良千春
2012年、信じられない特別賞が誕生いたしました。
リーフレットで描き下ろしカラー!初めてみた!
しかも番外編SS付きとか!おまけに弱い女心を弄ばれてる!←褒めてます
事務所メンバーやらトラやら、気になるすべてがここに詰まってます。
これが初回特典とは、そりゃー初版買いますよ。というか、コレがないと本編理解チトしんどいかもしれない(笑)

奈良様に3枚もカラー画を描き下ろして貰える新人様、今後も注目していこうと思いますよね。コストを考慮しつつ売り出すには、最高の販売戦略と思います。やるな、ラヴァーズ☆他社様も真似したらいいよ!←保管面倒だけど><





2/23日UP,25日整稿再UP。…前より長くなっちゃったような…あ、アレ?





〔絵師:朝南かつみ〕
〔絵師:彩〕        〔絵師:円陣闇丸〕         
〔絵師:小椋ムク〕    〔絵師:織田涼歌〕              
〔絵師:葛西リカコ〕   〔絵師:佐々木久美子〕   
      
〔絵師:竹美家らら〕           
〔絵師:奈良千春〕
               
〔絵師:みずかねりょう/汞りょう〕
〔カラー:★★★★★〕
〔カラー:★★★★☆〕

〔画:グラミー賞〕   
〔画:ギャラリー〕 
〔画:多人数〕

〔画:レアアート〕 






励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[【年間ベスト・グラミー】]イラスト部門 | comments(3) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

miさま、こんにちはー。なぜだかやたら寒い毎日。オマケさえついてなければ読書ざんまいなんですけど(笑)

私の大好きイラストはフレブラ19です!こかに避難するときも、この表紙だけははがして持ち去る予定です♪
私はテレビをネットにつなぎ、密林様画像を呼び出す。すると、あーら不思議♪32インチ画面に巨大な19巻様が。・゚・(ノ∀`)・゚・。深夜一人でなんど同じ行動とったことか。
本を握りしめて涙流してるとか……怪しいおばちゃまでした。今ではスマホのホーム画面もロック画面も全部フレブラです。

本屋もなかなかいけないので、表紙買いできないんですが、mi様のブログみてると買いたくなります〜。
次回を楽しみにしております\(^o^)/

comment by: まてぽん | 2013/02/23 14:42
■まてぽん様
嬉しいコメントくださってありがとうございます&読みにくい記事を読んでくださってありがとう♪
本日めでたく再アップできました。お礼をすぐにお伝えできず本当に申し訳ありませんでした。でも、お待たせした割りには前と変わらんような…むしろ長くなったような…いやいや気のせい気のせい^^;

まてぽん様のベストイラストもフレブラ19ですか!だよねだよね( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
原作が好きすぎて、どっかの隻眼二刀流さんのごとく想いが暴走☆冷静な判断ができてるのか時々自信がなくなるのですが、でもこの絵はやっぱり素晴らしいと思うよー♪♪

>テレビをネットにつなぎ、密林様画像を呼び出す。すると、あーら不思議♪32インチ画面に巨大な19巻様が。・゚・(ノ∀`)・゚・。
32インチ画面で!テレビをネットに繋ぐ!そ、そんな楽しみ方ができるとは!!!
じゃあ18巻なんてやってみちゃったら画面いっぱいナイジェルが…?!うをおおおおおおお、うちのテレビネットに繋げるのかな、しらべてみよう

>本屋もなかなかいけないので、表紙買いできないんですが、mi様のブログみてると買いたくなります〜。
うんうん、表紙買いは本屋さんならではのお楽しみですねー。まてぽん様のかわりにわたくしがせっせと釣られてきます(笑)&ご報告しますので、そそられた作品があったらお声かけくださいね、ご一緒に萌え萌えいたしましょう(^_^)/
 
今はご入園準備で忙しいですよね、でも幼稚園時代のかわいさってたまらないのよねー(毎度おばーちゃんですみません) 満喫してくださいね♪
comment by: miru-ha | 2013/02/25 23:39
■オOO様
いらっしゃいませ、そして初めまして♪
このような草葉の陰ブログを見つけて下さってありがとうございます。同世代の腐仲間様とお近づきになれて、とっても嬉しいです^///^
舞い上がるようなお言葉もありがとうございます!楽しいといっていただけることが、どれだけ更新の励みになりますことか!まだまだ頑張ろう!って思えるです

オOO様の腐旅のご参考になることを書けていれば嬉しいなーと願いつつ、今後とも精進してまいりますので、どうぞ、いつでもどこでもどんなことでも、お気軽にお声かけください♪ わたくしにも、耽美時代のことなどいろいろ教えてくださいませね^^

>マタドール
絵師様買いしたくなるお気持ち、とってもとってもわかります><!
本当に美しい絵ですよね…!切なくも神々しいグレコの赤=宗教画を思い出しました。
絵師様買い、私もしょっちゅうです♪ラノベもかなり読みますが、表紙惚れして買うって圧倒的にBLばっかり。
BL業界は、このレベルの作品を送り出していることをもっと誇っていいと思うの!


次回は、モノクロカット賞か小説賞どちらかになると思います。よろしければのんびり待っててやってくださいませね
comment by: miru-ha | 2013/02/28 02:38

Leave a comment