スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

【フレブラ外伝発売記念&カイ誕祝祭企画】フレブラ王国の愉快な仲間たち・16〜《命名》

FLESH&BLOOD外伝「王と夜啼鳥」発売&カイト生誕日お祝い企画
アホバナ【フレブラ王国の愉快な仲間たち】 


《命名》

V「誠に遺憾ながら、私の必殺技名〜『波の頂点から船体が滑り落ちる瞬間に片足を大きく前方に踏み出し、身を屈めるのと同時に、素早く剣を繰り出す技』がナガいとの苦情が多数来ている。真剣に技名を検討したいのだが、諸君、なにか良い案はないかな?」

A「そうだな。君の、あの優雅で鋭い剣の一突きを美的端的に表現するならば……う〜ん、船上の…華麗なる……ネギマ?」

L「( ̄m ̄〃)プッ 炭火のケムにまいたネギマ、なんてどうでしょう」

Ja「ハイハーイ!(^o^)/ ネギと鳥肉の間で!」

Ri「ネギマレシピ」

Ma「ある愛のネギマ」

Ja「ネギマラー」

Ri「ネギマズン!」

V以外「それいいねーっ\(^◇^)/\(^◇^)/\(^◇^)/ キャッキャ」

V「貴様ら…ネギをバカにするな!」

V以外「えッ?そこ?」



                           *

■初登場
Ja=Jaime(ハイメ)、Ri=Ricardo(リカルド)、Ma=Martin(マルティン)
学園フレブラに登場した、アロンソ様の友人。
本編ではマルティンのみ副官としてチラッと登場しましたが、あとの2人は出てきておりません。
「あれ?誰だっけ?」様の人物紹介ページでも確認しましたので、間違いございませんよ♪








  【本日の画像・ねぎま】 
 
我が故郷、N市のねぎまはトリ肉ではなくて、バラ肉のねぎまが主流です。といっても、トリねぎまも結構見かけますし、選択肢が二つあるって感じでしょうか。

わたくしが、このタイプ=豚バラねぎまをこの地方独特の食べ物だと気づいたのはごく最近のことなんですけどね。方言と一緒で、当たり前すぎて分からないことってあるよね〜(笑)








励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]アホバナ「フレブラ王国の愉快な仲間たち」 | comments(3) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

miさま、こんばんは。最後のV兄様のセリフに苦笑いが。くだらないですが思わずコメント立ち上げちゃいました。
さっきから娘がおかあさんと○っしょの「くしかつのうた」をエンドレスで聞いてます。子供にとって串カツは半分しか美味しくないっていうのがテーマなんですけどね。もちろん、邪険に扱われるのは玉ねぎですが、ネギです。お肉を食べるとたーまねーぎーがーぐにゅにゅって(^^)シュールで楽しい歌詞です。頭で玉ねぎじゃなくネギに変換して悶えてました。
西洋ですからポロネギみたいなやつですかね?
祖母がよく、焼き鳥が食べたい、豚串買ってきてと言っていたんですが、豚も焼き鳥なんですね。子供心に不思議だったんですが。鳥じゃないじゃん!って。東京人なんですがねぇ。
長々意味不明の内容書いちゃいましてすみません。あまりにタイムリーだったので。玉ねぎですが。
comment by: まてぽん | 2012/10/27 19:10
◆まてぽん様、こんばんは♪
「おかあさんとOっしょ」の歌って、よくこんなこと思いつくよな〜!という歌詞が多いですよね。
確かに子供にとっての串カツは半分しかいらんというか、わたくし今でもときどきそう思う(笑)

おっしゃる通りN兄様のお好きなネギは西洋ネギ=ポロネギです。ヨーロッパでは紀元前から食されていた…らしいです。


たしかに焼鳥屋で豚串もヘンな感じですねー(笑)
N市でも、たとえ焼鳥屋でも、しかもNコーチンの名産地なのに、ねぎまといえば豚肉なんです。

ビセンテ兄さんはきっとジパングのねぎまめちゃくちゃ気に行って下さるに違いないと、わたくし信じております♪
comment by: miru-ha | 2012/10/28 00:41
◆うOO様
AGFポスター情報ありがとうございました、もうすっ飛んで見に行き、その足?で、激ナガ記事をしたためましてございます。
お礼代わりにもなりませんが、リクエスト?いただいたポスター絵感想をモリっと書いておきました。よかったら読んでやってくださいまし♪

コミコミさんってどのぐらいで発送してくれるんでしょうね、11月1日中に発送してくれるかな。それでも到着は3日だろうな〜。それ以上遅いと暴走するかもしれない…苦笑

>ガイド本
そういっていただけるとすっごく光栄かつ嬉しいです!
さすがに出版は出来ませんがw、これからもこんな感じでブログ感想書いていきますので、よろしくご愛読くださいませ♪
19巻感想もいい加減あげなきゃねー、ほとんど出来てるんですが、なんというか、タイミング逃したっていうかσ(^ω^;)


月光のごとく滲むような優しさをたたえたうOO様のお言葉、しっかりと胸に焼き付けましてございます。
私も夜月を長め、かの王国に想いを馳せつつ、外伝到着を待ちますよ♪

comment by: miru-ha | 2012/10/30 21:06

Leave a comment