スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

【フレブラ外伝発売記念&カイ誕祝祭企画】フレブラ王国の愉快な仲間たち・12〜《喧嘩》

FLESH&BLOOD外伝「王と夜啼鳥」発売&カイト生誕日お祝い企画
アホバナ【フレブラ王国の愉快な仲間たち】 



《喧嘩》

G「…話にならんな」

K「っ!ひどいよ!」

N&V「おいおい、2人とも喧嘩はよせ!」

K「え?あの、喧嘩っていうか、俺のキスは甘いけどテクなしってジェフリーがいうから、特訓してて…」

V「…おいお前。自慢の動物王国に馬はいないのか。蹴られてもいいから、あいつら何とかしろ!」

N「大量発注しておく…」

                    
                   

黒髪コンビが意気投合するネタっていったら、まあ、こうなりますね(笑)
負け犬組が丹精込めて育てた脚力自慢の黒馬は、死んでもいいからアイツら邪魔してやりたい。゚(゚^ω^゚)゚。 と思う、叶わぬ恋の殉教者たちにとても珍重されたということです。






   【本日の画像・中世の馬】
 

重厚な鎧を纏う中世の騎士様を乗せる馬 Destrier デストリア

大航海時代、スペイン人が南米大陸から持ち帰ったものは多かったですが、伝えたものも少なからずありました。馬はその一つです。(南北米大陸では1万年以上前に絶滅していたから)
ゆえに、500年以上前の歴史建造物や伝統工芸のモチーフに馬は使われていないのですねー。

有名な野生馬「ムスタング」は、スペイン人によって伝えられた馬が逃げ出して野生化したもの。インディアンは初めてみた「馬」を、「メディスンドッグ=魔法によって大きくなった犬(のようにお役立ちの動物)」と呼んだそうな。




乗馬用でも軍用でも重宝した Rouncy ラウンシー
性格穏やかで用途が広い代わりに耐久性にちと劣ります。下級騎士はこれが精一杯。動物王国で育てる馬はコレかな〜。








励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]アホバナ「フレブラ王国の愉快な仲間たち」 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment