スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「もったいない!」凪良ゆう/カワイチハル」(作品No.14)〜BLトラベラーのみずほさんと 凪良ゆう作品コンプを目指す

巨額の借金の代償として姉が初恋の相手の圭吾と婚約することになり、ショックを受ける日向。しかし突然姉が失踪し、日向はかわりに家政夫として圭吾の許に身を寄せることに。ところが圭吾は見た目は優しい王子様風のくせに浪費家な暴君で、超倹約主義の日向とは絶望的に性格が合わない。互いに譲らない攻防戦を繰り広げていたある日、日向の初恋相手が圭吾だとバレて、エッチなイタズラをされてしまい!?
素直じゃない暴君×純情少年の同棲(!?)ラブバトル。


皆様、こんばんは。

秋の合同学園祭、
「BLトラベラーのみずほさんと凪良ゆう作品コンプを目指す」

本日の拙宅模擬店は、「もったいない!」(作品No.14)です。
(少々予定がずれました。申し訳ありませんm(_ _"m)ペコリ

現時点でのコメディ凪良最新刊ですね。思えば、凪良さんの商業デビュー作もコメディでございました。
どっしり重厚なシリアス作品は、よっしゃ!今日だ!今日読むとも!!的決意を図った上での読書となりますが(だよね?)、こちらは、いつでも気軽につまんでうふふと笑える、ステキなくつろぎ本でございます。
しかしながら、笑いの影にドラマあるのは優れた喜劇のお約束。
「恋愛犯」感想で書かせていただいたように、シリアス凪良もコミカル凪良も、同じ想いを底流に物語は紡がれているのです。(おそらく)

もったいない!のは、お金?資源?それとも…。








※なお、本日のイメソンは後日くっつけさせていただきます。
言い訳ですが、コメディ作品のイメソンってなっかなか見つからないんだお…><。

   ◆イラストチェック/カワイチハル(コミック派)                             
・カラー★★★☆
いかにもBL,いかにもルビーな王道抱きしめイラストですが、ペらりめくられた受子君の腰骨に注目だ!見えそうで見えない二つの丘(笑)、そこに至る傾斜と骨の角ばり感がタまりません♪
描いてみると分かるが、結構難しいのでございますよ、このポーズと描線。

口絵はこれまた王道肌色イラスト。といってもあまた大人の事情から、肌色率が年々低下している昨今では、王道というよりレアかもしれません。
攻様がナニを口にしているのか、その寸法はいかほどかと、誰でも抱く素朴な疑問をかきたてられる良い啓発画と思います。                       ↑お前だけだ

・カット★★★☆
チハルさんの絵はきゃわゆいですのう…❤
ページもたっぷり、見応えたっぷりでいうことない…と言いたいのですが、以前拝見した作品群に比べるとチト不安定。一目見て分かるけど微妙な狂いというか、あきらかにおかしい!と声をあげるほどでもないが、以前の作品を知っているだけに気になる…という類の狂いです。カットの8割がバストショット人物の上半身アップだけだし、どうもオールデジタルになったことに起因する「ん?」のような気がします。
ペンタッチをとても気にされている、丁寧な描き方してらっしゃるんだけども、どこか手探り感も伝わってくる…。気のせいなのかな。

P18、ずっと見たかった姉カプきたー!イメージ通りで満足満足♪




■本編感想                                                   
安心安定の面白さ☆
多額の借金、身代わり、利息はカラダでと、BL3大テーマパーク「花嫁」アイテムてんこ盛り。楽しい匂いがプンプンしますネ♪
BL3大テーマパーク…「アラブ」「アングラ」「花嫁」(参考記事「当ブログ用語辞典」)

成人4人家族で1週間の食費が2500円以下(!)、主人公・日向(ひなた)は類まれなる美貌と神がかりの経済観念、感じやすいカラダにピュアなハートまでそろった、スーパーステキ年下男子です。これだけの才能?があればどこでもやっていけるよな〜、こういう子とお仕事したいよ。
対する攻・圭吾受は名家の御曹司、これまた欠けたることのないBL王子様。
神様のギフトに恵まれすぎた2人ですが、果たして本当にそう?というのが今回のお話です。(と思う、多分、笑)

お金はないけど愛情たっぷり受家族。
お金はあるけど愛情からっきし攻家族

でもよくよく読んでみると、受家族の愛情は惜しみないがチト自分勝手だし、攻家族の愛情は分かりにくいがないわけではないとわかります。
もちろん、それに気づけたのは2人が恋に落ちたからで、というか、2人はそれに気づくために、姉の代わりに嫁いだり(本人は住み込み家政婦といい張ってるがこの業界でそんな建前が通るわけない、笑)、道端の雑草を食べさせられたりしなければならなかったのです。
わはははは、やっぱり小説の主人公って大変ね!

主役カプをうっかりミスディレクションしちゃいそうなぐらい個性的な家族(天然のんきな両親と売れないミュージシャン姉カプ)という家族構成は、デビュー作と同じかな?
シリアス作品は高天涯孤独率ですが、反転、コメディ作品はフル家族(両親+姉弟など複数の子)となっております。

シリアス作品での天涯底無しの寂しさと憧憬、コメディ作品での家族へのあったか目線から推察するに、作者様ご自身も兄or姉様がいらっしゃるのではないかな〜。(作者様は長男長女ではないだろうって意味ね) 日向と圭吾のケーキ論争(=選ばせておいて結局は自分が譲られるのを確信している天然末っ子カタギ)は実感こもりすぎだもん、これ絶対実体験と思うよ(笑)
え、どうでもいい考察ですか?スマンスマン☆

                          *

浮世離れした家族のおかげで異常に生活感の発達した弟クンにツッコむ(下ネタ変換可)攻様の遠慮のなさについつい爆笑☆まあね、都会の道端に生えてる雑草食べさせられたら、わたくしでもキレるよ

でもって、「爆笑」と簡単に書いちゃうけど、実は大した偉業です。
チャプリンしかり、北野武しかり、笑いと風刺は紙一重でございます。鋭い切り口で社会を切って、それをいかに効果的に魅せるかを突き詰めた結果、誕生したシリアスだったり、コメディだったりする=どちらのタイプでも読み応えがあるのがすごいのです。←たいがいはどちらか一方だから

でもって、「鋭い切り口」とは天賦の才能(センス)。望んでも、そうそう得られるものではありません。(努力である程度まで到達できますが、最後の一線が明らかに違うんだよなあ…。ゾーンに入れる人っていうか、笑)
だからこそ、その才能に恵まれた方はBLの枠を超えて、広く創作業界に飛び立つことが可能です。榎田尤利さんとかね。
ゆえに、凪良作品デビュー2作(「花嫁はマリッジブルー」と「恋愛犯」)を読んだ時、わたくし勝手に「ポスト榎田」作家様に認定したのでした。
※ポスト榎田…参考記事「当ブログ用語辞典・期待の新人3羽ガラスの項」
ちなみに「ポスト木原」は、この頃の新人様だと海野幸さんが近いかなと思いました。最近だと尾上与一さんに風を感じたかなー。

                            *

わたくし思う全凪良作品の底流にある想いとは、家族(愛)の在り方です。
シリアスもコメディも強い恋愛特化=しっかりラブストーリーではありますが、その恋愛は家族への想い無しには発動しない=家族の存在が遠巻きに恋愛観を作り上げてます。(と感じる)

恋物語って大体そーだろ!とのご意見ごもっとも☆
でもね、う〜ん、上手く表現できませんが、「影響」よりももっと強い「干渉」とでも申しましょうか、良くも悪くも「家族(愛)」が干渉し、結果生まれる恋心を書く=家族環境が最も影響すると思われる人格形成には作用させないといいますか…。
たとえば、同性愛への迷いなどはまずなく、「俺はゲイだ」で終わっている作品が比較的多いのもその表れかとと思います。←この潔ぎよさが好きなんだけどね

つまり、心の襞を美しく、かつ繊細に表現できるこの作家様が描きたいのは、徹底して「恋心」。男女間でも、男男間でも、異種族間(笑)でも変わらぬ、永遠不変の愛の形ってことなのですね。
老若男女問わずの恋心を見つめるということは、言い換えれば、これまたBLの枠に囚われなくても恋物語が書けるってことになります。う〜む、腐海を飛び立つ条件が揃っていますよ。
腐界完全離脱はないと思いますが、榎田さんと同じように、こちらでもあちらでもご活躍する日が遠からず来そうな気はいたします…。


と、そんなことを、コメディ作品を読むたび思うのであったが、これって正しい読み方とはいえんな><

へ理屈捏ねずに、プッ( ̄m ̄〃)!クスクス( *´艸`)と、素直な感情を楽しめばよいのだよね。
じゃないと、せっかくのくつろぎ時間がもったいない! 
                          ↑よっしゃ!オチた!(ガッツポーズ)











励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名な行]凪良ゆう | comments(2) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■にOOO様
とっても嬉しいお言葉をありがとうございます♪恐縮しつつも激しい喜びでふわっふわ舞上がり中、いまならお月様までトんで行けそうです!←とうとう人間じゃなくなったー

いただいたお言葉すべてをプリントアウトしてはっておきたいぐらい(おいおい)嬉しかったです。特に「裏付け」のお一言に涙が出そうでした。
私が感想を書く時に一番気をつけていることが、あらすじを追ってるだけの感想にしないということと、事実でも感情でも、すごい!とか好き〜♪だけで終わらせずそう判断した根拠を出来るだけ客観的に書く=判断の裏付けを欠かさないこと、の2点だからなのでございます。(実現は出来てないんですが、目標とってことで☆テヘペロ)
自分の拘りが読んで下さる方に伝わって、しかもそこを好きだと言って下さって、ブロガーとしてこんなに嬉しいことはございません!これでいいんだよっておっしゃって下さる方がお1人でもいる限り続けていけるのでございます。
本当に本当にありがとうございます。

 
>ストーカー
ビセンテは、無自覚ながら8つのストーカー行為のうち6,7個当てはまっちゃう(プッ) 今の世なら通報間違いなしのお人です。むっつりパニック系のイケメンには気をつけろっ♪

でもって、にOOO様は凪良作品もしやコンプですか?すっごーい!にOOO様のベスト凪良、いつか教えてくださいね♪

>企画
ちょいちょい企画を立ち上げては尻つぼみで終わっているものも多々ある=思うままに生きている、大変わがままなわたくしです。(一応全部覚えてはいるんですよ、すみません…)

にOOO様の優しいお気遣いに甘えて、無理せずマイペースに、でも思うがまま(笑)いくつもの萌えを追及していきます。
現在、凪良祭り、もふもふ小説編と、遅まきながらフレブラ海斗バースディ&外伝発売記念プチ企画をちょこっと考えてますので、よろしければまた覗きに来て下さいませね。
お時間合いましたら、あちらでもお話いたしましょう♪抱かれ枕のこととかー(*≧m≦*)

comment by: miru−ha | 2012/10/07 09:40
■にOOO様
お返事ありがとうございます。いつもにOOO様のお言葉には励まされておりますが、今回は初めの数行拝見した途端爆笑してしまいました。穴って。゚(゚^ω^゚)゚。
なんというオトコマエ攻様なのでしょう!きゃーっ、襲ってーっつまんでーッ♪


アツーいラブレター♪手ぐすねひいて待っておりますが、どうぞご負担のないように、にOOO様のご都合を最優先にして下さいませね。
ご家族様のこと案じております。ご本人様はもとより、ご看病されているにOOO様もご心労のつきない日々と思います。どうかご無理されませんようにね。
拙宅はいつでもここに控えていりますから、気分転換したくなったらいつでも遊びに来て下さいませ〜
comment by: miru-ha | 2012/10/16 22:07

Leave a comment