スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

19巻発売記念企画・再読で総復習〜「FLESH & BLOOD 13」松岡なつき/彩

 
全国5千万のフレブラファンの皆様、こんばんは。
愛の伝道師、腐乱シスコ=miru-haです。

本日は、「FLESH&BLOOD 19巻」発売記念祭り13日目、
再読で総復習〜「FLESH & BLOOD」 13巻
を、お送りいたします


13巻です。
光へと辿り着くため、誰もが己の心と向き合いその闇と葛藤する、試練と祈りの巻です。







※本日のバーカラー…「コーヒー」(英国の伝統色)
「カモミール」を探したが、なかったもんでね〜σ(^ω^;)

【余談:チコリコーヒーの作り方】
・よく洗ったチコリの根(2,3年育ったもの=チコリは多年草です)を、5?ぐらいの輪切りにする。
・天日に3,4日干す。
・フライパンで炒る(褐色になるまで。弱火で2〜30分ぐらい)
・ミルかすり鉢で粉にする
・ドリップしていただく(通常コーヒーと同量でOK)

さあ、これで貴方も、いつ16世紀に飛んでいっても大丈夫!
                           
                          *


今回、短いですが、笑いもピンクも全くないです。(余談も先に持ってきております)
2人の関係を噛みしめていたら、どうしてもそっちに持っていけませんでした。申し訳ねっす…。





〔フレブラ13巻〕
〔フレブライラスト〕
再読感想
〔絵師:彩〕






  ◆イメージソング                                            
「THE WHEEL OF FORTUNE」
時を越え、風をはらんで、回り始める運命の輪…てなイメージです。


◆本編つれづれ〜13巻                                        

 

この2枚は本当にすごい。
ピン画なら、12巻表紙が好きだし、CDジャケ画10巻が好きだし、17巻も19巻も、他それぞれ全部好きなんだけど、この2枚は併さることで世界が深まるというか、別次元へ誘われるというか。
ここから感じることが、13巻のすべてとさえ思うよ。

本編表紙の2人は丘から見える海(ホーム)を後ろに控え、CDジャケ画のそれは、ジェフリーの初めての家庭のある街(ホーム)を背にしています。

大切な彼らのホームを朱に染め上げるのは、黎明か、夕さりか、それとも…

力一杯抱きしめたいのに、折れそうな身体がそれを思いとどまらせます。
本当は見つめあいたいのに、背中しか許せません。

どこにも行くな。
行かないよ。ずっと、一緒だ。

トントントン。トントントン。

言葉は嘘を伝えるばかり。だから、心を、合図を、送りあう。


この時のジェフリーは、カイトの真の秘密をまだ知らず、見当違いの方向に自分を責めています。
カイトも、本当のことを言えない罪悪感を抱いたままです。
嘘偽りなくありのまま=恐怖も不安も隠す必要がなく、心からくつろげる人が恋人ではないなんて…。互いを想う気持ちが強いほど、苦痛もいや増してしまいます。

19巻のあの表紙は、秘密も壁もすべてなくなり、ようやっと互いの憩いになれた、初めての2人なのですね。そりゃ泣けるよな…


十字架に架けられる前の夜、ゲッセマネの園でキリストは祈りました。

「父よ、あなたは何でもおできになります。この杯を、わたしから取りのけてください。
しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」(マルコ14章36節)

杯とは、受難、死の恐怖、神の審判のことです。
迷うけど、不安だけど、本当は怖いけど、でも、自分の願いなど聞かないでくれ、貴方の心が望むことを私にさせてくれと願うこの気持ちは、いったい誰の祈りなのでしょうか。

肉において生きておられた時、汗を血のように滴らせ、キリストは祈ったと言います。
ここでもFLESH&BLOOD。神の子でさえ、肉体ある時は迷ったのです。
生きているから、悩み、嘆き、血涙を流し、それらを受け入れた人間だけが、その先にある、犠牲と救済という名の奇跡を起こせるのでしょう。



早くおいで、19巻。
髪だけでも、指先だけでも、視線を交わすだけだとしても、2人が出会えば、それが奇跡。






 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想・2巡目 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■うOO様、いらっしゃいませ〜♪
1巻からおつきあいしてくださってありがとう!イメソンまで聴いて下さってるのですね、感激です♪でも、相当ネタバレしてますが大丈夫ですか?
うOO様の挫折原因はとってもよく分かります。正直、私もここでつまずいたし。えへ。初期〜中世時代ぐらいまでは、ずっとそんな感じです。そこを越えると、もう止められない自分がいたよ(笑)
気がむかれた時に少しづつ召しあがってみて下さいませって、まるで作者様のようなσ(^ω^;)

>ト―マの心臓
あ、私も買った買った!以前単行本で読んだんですが、その時は私の見方がおかしかったような気もするので、今度こそじっくり読んでみようと。
でも、まだ手が出せておりません。一度読んだから余計に後回しにしちゃうのかな、あの手の本ってタイミングが大事ですよね。
読まれましたら、ぜひぜひ感想お聞かせ下さい。


ではでは、お仕事大変と思うけどまた息抜きに来て下さいね〜♪

comment by: miru-ha | 2012/06/24 04:43
■瑞O様
見ました見ました!予想外で本当にびっくりしました!!
この後記事あげますゆえ〜♪
そこでもちょっと書いたけど、海斗のあの笑みはご機嫌の時のそれじゃないかなと思いました。
キャプテンがいつも見たいと思っていたあの笑顔っていうか…。

>転校生
知ってる!尾道3部作の方しか見てないけど(笑)男女入れ替わりは、永遠の萌えシチュですよね〜。

雑誌は、19巻読んで落ちついてからボチボチ読んでいこうと思いますぅ。

comment by: 憂鬱な朝が載ってなくて朝から憂鬱になったmiru-ha | 2012/06/24 05:05

Leave a comment