スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『花嫁は開発室長 1・2』 早乙女 彩乃/ほづみ音衣

 小室哲也 逮捕!のニュースが世の中を席巻しておりますね。
仮にもタイトルに「ソング」を頂いておりますこのブログ 心中穏かならざるモノがあります。

ご本人は、プロデュースした歌手とくっついたり離れたり よしもと入って特になにもせずだったりうさんくささプンプンでどちらかというとでしたが、
手がけた曲は流行った当時はやっぱり好きだったし〜(CAN YOU CELEBRATE?はステキな曲ですよね?)
もしその頃こういうブログ書いてたら 1曲ぐらいは取り上げてただろうなぁ…
なんかこういう形で当時を思い出すのってあまりうれしくないなぁ 
やはり政治家にしろ芸能人にしろ 名が知られている人は影響力をもっと自覚しないとダメですよ


閑話休題、でございます。
「CAN YOU CELEBRATE?」はドラマ「バージンロード」の主題歌だったのでせっかく?だから 今日のピックアップは予定変更    
BL界では鉄板?の「花嫁」でいってみましょうか

いろいろと面白すぎて書きガイあった感想と 「CAN YOU CELEBRATE?」ではないイメージソングはコチラ 
  ◎イラストチェック/ほづみ音衣 (2009・3月修正)
カラー★★★☆3.5
華やかな絵柄で花嫁にぴったりです。
カット★★★☆3.5
「妖怪変化」とか「オオカミ族」とかではない、ネコ耳コスプレイラストを初めて見たのが 多分これ。
ホントになんでもアリなんだと大笑いした記憶が。

◎なんちゃってあらすじ 
結婚式当日に妹が謎の失踪!そっくりだからと代役の花嫁として、自分の後輩で雇用主でもある薫と結婚式を挙げる玲治。その夜から 「妻の躾」が始まって…

◎本編感想
「んなアホな」、とピリ辛ツッコミをいれておきながら次巻もつい楽しみにしちゃう、いわゆる「柿ピー」本。はまると止められません。

このお2人、一見アレなのは花婿かと思われますが実は花嫁の方がクセ者。
 ・花嫁として報道陣(大企業のトップとはいえ結婚で記者会見する?)の前でキス←納得
 ・陵辱←翌朝納得
 ・調教←一旦逃げるもプレゼントとプレゼンで(笑)納得
 ・監禁←家風として納得
 ・室長解任←納得してないが自己責任。
        (実社会でこんな事いったらどれだけ仕事出来ても解雇も有)
 ・妻として来賓接待←納得。見事に任務完了
 ・後輩にも襲われる←キズの手当てまでさせた人を寝室に入れてはいけません
 ・コスプレ←よりによって 多分納得

と、僅かの期間でこれだけの障害を消化、仕事ではプロジェクトX!な豪気で男らしい花嫁なんです。宇宙人ジョーンズも真っ青です。

対して花婿は
・家風に忠実
・思いも一途
・セレブなのに日曜大工が得意
・自己反省もできる
あれっ普通にいい人?しかも美形でお金持ち。うちのと換えてくれ、です。 

◎イメージソング 
ニヤつきながら選んだイメージ「柿ピー」ソングは
 『オレンジ』 (2008-06-18)  Lil’B

この歌もこの歌手さんも特に好きではないハズなのに、聴きだしたら止められないです 
なんだろう ピュア?けなげ?でもカラフルなロリPOP。

♪いつも行き過ぎなきゃ戻れない 何度泣いても  
 恋は1人 愛は2人で育てるもの  めげずに2人の時を刻もう

この夫婦 ほんとに行き過ぎてますから イメージぴったり(笑)


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名さ行]その他 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

これも懐かしい花嫁モノだな〜。
「花嫁」はどちらかというとわたくしの地雷ジャンルですが(だって男が「花嫁」なんてどう考えてもおかしいじゃん?!「花婿」って言葉の立場がないじゃん?今では何の疑問もないけれど。笑)
でも読まないうちから地雷だ、苦手だと言ってはいかんよねということで一通り、「花嫁」と名のつくものを読んでみたのでした。
チン作、傑作(…はあんまりないけど、苦笑)、いろいろありましたが、これは結構面白く読んだ作品です。

なんというか…何を開発しちゃってんの?っていう(笑)

続編が出る(3巻)と噂に聞きましたが、既に数年経ってます。もう出ないのかな。
comment by: miru-ha | 2011/06/30 22:33

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/8

TrackBacks