スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

19巻発売記念企画・再読で総復習〜「FLESH & BLOOD 2」松岡なつき/雪舟薫

全国5千万のフレブラファンの皆様、こんばんは。
愛の伝道師、腐乱シスコ=miru-haです。

本日は、「FLESH&BLOOD 19巻」発売記念祭り2日目、
再読で総復習〜「FLESH & BLOOD」 2巻
を、お送りいたします。

2巻といえば、お楽しみイベント「ラ・ロシェルでお買物」がある巻ですね。楽しみですっ





                                                                                                 〔フレブラ2巻〕
                                                                                                  再読感想
                                                                                                 〔フレブライラスト〕    
                                                                                                 〔絵師:彩〕






  本日のバーカラー…「エキューム」 
貴重なフランス編なので、フランス語で「泡」という名の色にしてみました。
蟹の泡、石鹸の泡…
◆イメージソング                                             

 「NOTTE」 志方あきこ
ラ・ロシェル〜高揚と緊張が混在する港町ってイメージです。            

                                        
◆再読つれづれ〜2巻                                          
2巻です。
2002年は、ソルトレイク五輪とスターウォーズ・エピソード2公開が楽しみだと筆者様コメントに記されており、既に懐かしいです。もう10年か…。

雪舟画聖のイラストは、今回もお美しいです。口絵 △いい茲諭滋

さて、本編。
カイトの酷い船酔いで、いきなり不穏な幕開け。激しい嵐のせいで、カイトのみならず、船も船員も満身創痍です。
おまけにないじぇるが、登場早々退場の憂き目にあっております。傷んでいると分かっていながらお水飲んじゃったのね。いくらお化け系が苦手でも、もったいないお化けにまでビビってどーするよ?そんなだからファンが増えるんです!(笑)
そんなこんなで。
ラ・ロシェル(←)で、お買物を満喫するジェフリーとカイト。
カイトが初めてジェフリーに「買って」とねだったものは、服でも石鹸でもなく、「蟹」でございました。さらに「好きなもの1つ」ですから、甘やかされております。可愛がられております。どう見てもデートです。
この後、ずーっと苦しい展開だものね。このような甘酸っぱい思い出を作れる機会、次はいつ来るのでしょう。19巻ではまだ無理だろうな…。
ないじぇるもこの時ピンピンしていれば、海斗との素晴らしい思い出ができただろうに、いつもながらキめられないお人です。でも、楽しいかどうかは分からんか。この時のないじぇるは石鹸なんて絶対買ってやらないだろうしね。今なら操(みさお)を犠牲にしてでも、買ってあげるんでしょうが(笑)

>P60
カイトが、ノブナガの三段撃ちをここで説明してます。そうだ、ここだった!出所をすっかり忘れていました。これが後々ジェフリーを救うのですから、これまた長い伏線…。でも、同時代のことを話してますが、歴史的な影響ってないのかな?

【余談:石鹸に2ポンド】
16世紀頃のポンド:円換算は、物価値も制度も全く違うため、単純に何倍と計算してもあまりピンとこないのですが、当時のイギリスの国家予算が20万ポンド、庶民の年収が30〜60ポンド、奴隷1人の売値が20ポンドという史実を鑑みると、嗜好品に2ポンドは酔狂極まりないお買物だということがよくわかるのですねー。

>P145
海斗大好きーズで総当たり戦初戦はジェフリーVSビセンテです。

初めて出会った敵将を鋭く観察するキャプテン。
カイトだけをガン見、「運命の縁を感じる」とのたまうビセンテ。
怯えつつも目がそらせないカイト。
青と翠と黒の瞳線の交差が、美しい。これぞ、外国モノ♪
マントを翻して、イケメン2人がぶつかり合う…ここのカットは、本当に素敵です<P153
ここでしかお目にかかれないジェフリーの必殺技も登場し、これぞ冒険剣劇でございます。今ならオンライン対戦とかカードファイトになるのかな、呼吸も感覚も交わらせずに「真剣」勝負が出来る時代になりました。16世紀人がもし現代にタイムスリップしてきたら、一番驚くのはココかもね。

>P156
マントは捨てても、2ポンドのお買物は死守するカイト。気持ちは分かるよ、素でかわいい(笑)
でも、恋愛対象の「可愛い」じゃないんだよなー、あー、和哉と同じ愛かな。←また、おかんかよΣヽ(゚∀゚;)

>>7章、8章
船に戻ったカイトを待っていたのは…。
拙作「フレブラファンへ50の質問」・Q20
20. カイトのお気に入り、または印象に残っているシーンはどこですか?
のわたくしの答えが、ジムを見取る、このシーンでございます。久々に読んだら、うっかり涙ぐんじゃったよ。カイトの衝撃と後悔と慈愛と覚悟が伝わる、良いシーンでございますね。                  

この後、ないじぇるの雪融けまで息をもつかせぬ展開です。
>P189
面白いって言われてますぜ、ないじぇる!私もそう思う!(≧×≦)

>P214
カイトを見下ろす親友の顔に、これまで見たことがない輝くような表情…
ってことは初恋ですか?初恋ですね?
では、いつか分からんないじぇるの初体験のお相手は、愛のない関係だったと…?ちょっ、商売女は許さないって、お母さん言ったでしょう!
            ↑またおかん
                   
                       *

はぁ、満喫☆ 2巻の面白さは、シリーズ中1,2を争うエンタメ性でございますね。
愛しさと切なさと力強さがつまった、まさに萌えのトリコロールや〜。<彦O呂風にお願いします
                                              ↑なんで?


さて次回は、いよいよないじぇる本領発揮☆グローリア号と愉快な仲間たちが待つ3巻です。



                                     
                                               〔絵師:雪舟薫〕


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想・2巡目 | comments(4) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■わOO様
面白サイト情報ありがとう!石鹸値段は今後結構出てくるアレコレの金銭基準になりますよねー、知ってるとなお面白いよね♪
ちなみに国家予算は20万ポンドですが、ドレイク様の世界航海でエリザベス女王に献上した金額は30万ポンドだったそうですよ。そりゃ爵位の一つや二つあげちゃうよねー

comment by: miru-ha | 2012/06/07 22:26
■うOO様 いらっしゃいませ♪
拍手ポチでご迷惑かけてしまい申し訳ありません!ここ数日、私も管理画面になかなかログインできず、コメントが拝見できない憂き目にあっており、困っておりました。
1度投稿失敗すると再度挑戦する気持ちになかなかなれませんよね、そこを押してこうしてお声かけして下さったこと本当に嬉しいです、どうもありがとうね!

風景画像、新鮮と言って下さって嬉しいです♪
今までは「イメージ」を大事にしたいわたくしの趣味で(笑)具体画は避けていたのですが、今回は再読記事ですし、イメージとの相違または類似などから歴史の重みを感じるのも(わたくしが)面白いよな〜と思って、毎巻1枚UPすることにしたものです。画像はブログ感想ならではのお楽しみだしね!

フリー素材から探してますので(個人様旅行記等の写真を転載しないってことね)物足りない時もあるかと思いますが、お気楽に楽しんでいって下さいまし☆

>駅前の子犬
いやーん、可愛い♪
偶然ですが、我家最寄りの駅前にも動物銅像があるんですが、こちらは鳥、それもリアルなニワトリです。怖いです…

>小説chara 26号
ええ、わたくしも、ころころ子犬時代の2人のためだけに買いました。でも、来月号の嬉しい予告もあったし(番外編ショート掲載)、とっても満足しております♪♪


先が長い企画ですが、読んで下さるお客様がいるからがんばれます。どうぞ今後ともよろしくお願いいたしますー

comment by: miru-ha | 2012/06/07 23:05
私はこの巻が一番好きかも知れません。

ビセンテもこのお買い物の時のカイトの笑顔について
熱く語られてましたものね。
わたくしもご一緒に語りあいたいです。

勿論、見ていないナイジェルも
入れてあげてもいいのですが
きっと見ていない悔しさに髪の毛を掻き毟りそうなので
内緒にしておこうと思います(笑
comment by: まりい | 2012/06/08 14:30
■まりい様
この巻は、トキメキどころと泣きどころがもれなく詰まっていてとっても読み応えがありますよねー。

>ビセンテもこのお買い物の時のカイトの笑顔について
熱く語られてましたものね

そうなのですよ、カイトと初めて会った、ものの十分ほどの出来事を異常に克明に覚えていたり、彼の瞬間記憶能力はブルーレイ並みでございます。おまけに特殊フィルターまで備えていらっしゃるので、破顔は大笑、逡巡は慟哭で再生されてしまうのですよね。さすが、情熱の国の聖なる黒騎士様☆


ないじぇるは、恐らく特技を活かして、見てないものまで描きためていると思います。同人活動の先駆け(笑)


comment by: miru-ha | 2012/06/08 22:48

Leave a comment