スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「部長の男」 鳩村衣杏/佐々木久美子

水科康太という純朴な青年を、一人前の使える男にすること…それが、出世を条件に、印刷会社広報部部長・日下部に課せられた任務だった。容姿に恵まれ処世術にも長け、仕事も恋愛も順調な男盛りのゲイである日下部にとって、真面目だが無愛想で目つきの悪い康太は、食指も動かない取るに足らない相手。しかし彼から予想以上に懐かれ好かれて、ペースを乱される。一途な想いをいじらしく感じた衝動で、日下部は康太を抱いてしまい…。

クソオヤジと呼ばれる世代の男が、大事な男をクソガキと呼ぶ。
やんちゃでクレバーなオヤジの恋心にメロメロだ。


「部長の男」は、腹黒くはないが計算高い部長が、滅私純粋な部下男子の恋心にほだされ悔いて、最終的にはその相手との幸せを掴むという、王道ながらトキメキ溢れるラブストーリーだ。
この手のラブストーリーでのわたくしの読みどころ・萌えどころは、結果より経過=悔いた後の男の行動である。自身の才能を駆使して鮮やかに恋と人生の勝者となるもよし、人らしく、もがいて悩んで、間違いつつも勝利を掴みとるってのもいい。男の行動で、器と本気度とその後の人生まで量るってのが楽しいんだな♪
例えば、本編に出てくる映画「マイフェアレディ」のヒギンズ教授なんかは、プライドが邪魔して自らは動かない=女性蔑視のクセに女性に甘えちゃう、ちょっと困った男で、これではイライザと上手くいったとしてもその後がかなり心配になる。
でもって、も一つ困ったことに、私も含め女はこういう男を可愛く思う=苦労を覚悟で、好青年・フレディより教授を選んでしまうんだよなー。


ぽっぽ村のヒギンズ教授こと日下部部長の器は、とってもおっきい。(さすがBL?笑)
彼は、所業を悔い改めた結果、なんと辞表を出してしまう。計算された生涯設計のために転職までした男が、自分のためではなく、恋人の未来のためにサラリーマン自体を辞そうとするのである。
40になろうという男性が確固たるキャリアを捨てて一から始めること、宮仕えでなくなることが、不況極まりない現代においてどれほどの勇断(蛮勇?)なのか、「部長」と彼を呼ぶ年下男の甘い声が、その覚悟ををより強く訴える。
でもって、辞表って、出すよりも撤回する方が勇気がいりますよね?部長。

部長にあって、ヒギンズ教授に(描かれてい)ないものがもう一つある。別の意味での「部長の男」=日下部部長をここまで育てた上司の存在だ。←部長の元カレではなく、恩師の男って意味ね
デキる社会人になるには、本人努力はもちろんのこと、上司の影響もバカにならない。(尊敬でも反面でも、影響理由はイロイロだけども)
日下部部長が今あるのは、元上司・早川や現上司・社長の安田等がくれたチャンスと部下愛があったからこそで、そう考えると、日下部部長もまた、デキる男の手によってブラッシュアップされた花売り娘だったってことになる。
プライドよりもっと大事なものがあると気づけるのも、懺悔と謝罪を行動に反映させられるのも、そこまでの器になりうるだけのキャパを持たせてくれた人(両親)がいたからだし、上司と部下しかり、親子しかり、愛しみ育てる楽しさは、恋愛だけの醍醐味じゃないんである。

ワーキングものというと、詳細な業界描写や、手に汗握る戦略攻防等についつい目を奪われがちだが、この作家様のワーキング作品が面白いのは、男だとか女だとか、ホワイトだとかブルーだとかの分野区別に関係なく、こうやって、お仕事に携わる人と人の絆にきちんと触れてくれているからと思う。

そもそも、イイ年した社会人が仕事抜きで恋ある人生を語れるわけがなく、でもって、人生を語るなら家族・家庭を切り離すことは不自然だ。そして、社会は男性と女性が半々で構成されている。
恋愛特化に思える前作「両手の美男」でも、酔っ払って前後不覚になっても親友の両親のご仏前に手を合わせようとする美男の行動から、学生時代から互いの両親と面識があったことや、2人が培ってきた信頼の年月が伺えて、じんわりした。
今作にしても、日下部部長のマイフェアレディ計画はそもそも上司の親バカ愛が発端だし、年下ピュアわんこ君の恋愛嗜好にも、おそらく家族が影響している。ヴァイオラのママも、オネエな親友(戦友?)も、とみながの女将だって、彼らの人生になくてはならない人たちだ。

1人で都会の砂漠に漂流していようが、天涯孤独の身の上であろうが、人に名前がある以上、名づけた人が必ずいる。
わたくし思う「良いワーキングBL」とは、ボーイズのラブをことさらに美化しないもの=恋の障害と言わんばかりの家族排除や、電波女子等による意味の分からん追いこみで、男だけの独立コミュニティを都合良く作らせない、まっとうな社会生活の中で息づく男同士の恋心を描いた物語なんだと、こたびの2冊を読んで改めて認識したのだった。


そしてこの作品、BL脚本家たる作家様の真髄「エンドマーク」がとってもイカす❤
「100年早いぞ、クソガキ…」

気だるくも幸せな朝に部長が見つけた、わんこの大事な「日記」
映画でも、BLでも、花売り娘は勉強熱心☆ それもこれも愛ゆえである。

わんこにとっては死んでも見つかってほしくなかった愛の証だが、あれじゃ、遅かれ早かれ見つかるに決まっとる(笑) まるで、バレバレのところに宝物を必死に隠す本物のわんこのようで、もーっ可愛すぎて胸がぎゅうぎゅう!←「きゅん」通り越しました
しかもこのわんこ、ハートが子犬なだけで、ガタイはガテン系なのだ。こんな凶暴なキュートさで肉球攻め?されたら、部長も老けてるヒマがない。
つくづく、オヤ(ジ)孝行な恋人だ。せめて、クソガキとでも呼ばなきゃやってらんないよな(笑)


すまなかったとか、君が大切だとか、ましてや愛してるなんて、絶対言わん!と拳を握る教授も部長も、可愛い男(ひと)。







◆イメージソング                                           
あの映画からの名曲でもよいのですが、「J−POP」というマイルールがあるので…。
39歳にも23歳にも親しみやすいっていうと、この辺りかな?

       
花びらのように散りゆく中で
夢みたいに 君に出逢えたキセキ

君の喜び 君の痛み 君の全てよ
さぁ 咲き誇れ もっと もっと もっと


16も離れた恋人との愛しき日々。共にいられる幸福を満喫しつつも、やはりどこかで、彼の健やかな未来と、自身の潔い散り際を祈ってしまうよな〜。

などと、思うのは、わたくしが部長よりもほんの!ほんのちょびーっとおばちゃんだからだが、逆に、20代のお嬢様はどう思うのか、とってもお伺いしてみたいところである。



>>イラストチェックとごゆるりリラッくま通常モード感想は、次ページにモリモリあります




 

◆イラストチェック/佐々木久美子(アートマスター)                        
・カラー★★★★★ 出ました★5!
なんと印象的な表紙なのか…!
小説表紙でのピン画は、少ないとはいえ、無くはないですが、この潔さは一朝一夕に辿り着けるものではないです。商業画の場数を踏んできた、ベテランならではの凄みに感服いたしました。
正直申せば、鳩村作品を2冊続けて買う予定はなく、こちらは様子見のつもりだったのですが、新刊平台でのあまりの存在感に絶句してしまい…。彼の視線にどうしても抗えなかったわたくしはお持ち帰りを決意したのでした。

事前なのか事後なのか、誘っているのか拒んでいるのか、そもそも「部長の男」が受なのか攻なのかさえ、妄想抜きで語れません。イヤでも本編を読んでしまうよなあ…
しかも、読んでみないと分からないが、読んでみても分からない(決定打がない)今作の特徴をとてもうまく表現してくださってます。

「男」の頬を撫でる、部長の色白な右手もたまりません。
いかにもデジタルというか、アニメ画ちっくな着色ですが、それもこのイラストの良さをさらに引き立たせています。素晴らしい、文句なく★5(≧▽≦)

・カット☆(3・5) ※特筆モノのキラリセンスがあった場合、流星が出現します
こんなに厚いのに、4枚しかカットがないよ!☆イッコマイナス 
前回イラストチェックで、1枚目に今後のワクワクまで盛り込むのはマスターランクでも難しいと書きましたが、今回の1枚目はばっちりです。
人物2人のみ=背景すらありませんが、キャラの個性と、置かれた現状と、今後のワクワクまで盛り込んで下さっています。うんうん、こういうことなのよ!さすがベテラン絵師様、難しさを克服して下さったこの1枚に☆イッコプラス
でも、続く2枚目は少々目が●(テン)です。 こちらもノー背景・人物2人だけなのでメリハリに少々欠けるところに加え、ナニがあったのか心配する程に大胆なデッサン狂い。
部長とガテンわんこのファーストキスシーンで、雰囲気はあるのですが、ガテンわんこの方が華奢に見えちゃうのがなあ…。1枚目がステキなだけに惜しさ倍増です。
アート派の特徴とはいえ、カラー画は毎度神クラスなのにモノクロ画だと凸凹激しい、暴れん坊な方なんだよなあ…。

などと思いつつ、4枚全部を改めて眺めてみると、あることに気づくのです。

1枚目(スーツで完全武装)→2枚目(休日リラックマモード)→3枚目(半裸でご無体)→4枚目(全裸でわっしょい☆)

ね?ページが進むほど2人の仲が親密になっていくように、イラスト枚数を重ねるごとに着衣度=心の壁の象徴が変化していってるんだなー。
メインカプしか描かなくても、枚数4枚しかなくても、アイディア次第で、こんな風に作品世界に寄り添える。これが挿絵イラストの面白いところ、転じてチェックの喜びです。ありがとう(T^T)、さすがマスター!



◆ごゆるり感想(ネタバレしてます)                                 
毎度突然のマジガチモードで、大変失礼いたしました。
2回連続でお送りしてます、鳩村衣杏さん新刊感想、
トキメキ生活 ぽっぽ村〜帰ってきたロマンスの達人

本日は、ガッシュ文庫発行「部長の男」でございます。
「両手に美男」も今作もどちらも面白かったですが、好み的にはこっちの方がより好きなのね〜。
前回感想では萌えやエロについてほとんど触れていませんが、理由はそのまんま、読み解き甲斐はとってもあるが、(わたくしのとっての)萌えは少ない作品だったのですね。
でも、今作はマジガチでもワーキャーでも感想書けちゃうぐらい、どちらもたっぷり詰まっておるのです。  
                          
前作「両手に美男」を、恋の辛酸を既に知っている本当の意味での大人同士の恋愛物語とするなら、「部長の男」は初モノづくし=様々な「初めて」を知って大人になっていく、成長の恋物語と言えましょう。精神的には部長が、肉体的にはわんこがいっちょ前の男になっていく=場合によって「男」役が入れ替わるってのが上手くて面白いのでございます。だからリバなのね(笑)

年の差恋愛(16歳差!)におけるわたくしのマニアック萌えツボは人称変化=攻や受が、自分や相手をどう呼んでいるか、それがどう変わっていくかってことなのですが、今回は、ここが作者様の狙いでもあります(多分) 
ボク、わたくし、オレ、おいら。わらわ、なんてのもありますね。多彩な人称バリエーションは「日出ずる国」・日本語の主たる特徴=発音がカギとなる英語(映画)とは似て異なる、言語学的切り口です。さらには、印刷会社を舞台にしたのは、我が国の言語が表意文字を使うから=一文字一文字に心を込める気持ちが活字印刷という仕事にも通じているからってことではないかと思うのです。
ううむ、なんとクレバーなオマージュであろう。ここまで考えられてるお話が面白くないわけないのよ、安心して乗っかっていく!

まずは、ガテンわんこ。
彼は自分のことを、一貫して「俺」って呼んでます。これこれ!これよ!!
「僕」だと若さの享受がチト鼻につくし(←卑屈だな、おいΣヽ(゚∀゚;))、「自分は」なんていう勘違いも論外。「俺」に感じるワカゾーの精一杯の強がりが美味なのです。おまけに「長」受けだよ♪←? 
BL名物トーク・「名前で呼ぶ呼ばない問答」に移行せず、部長だとか店長だとか、「長」のつく役職で愛しい人をずっと呼ぶと誓う…大変結構でございます。

でもって、攻様の自称は「俺」でも「僕」でも「私」でも構わんし、口調も、命令調でも敬語攻めでもいいんだが、お相手クンの「子」攻めを必ず入れてほしいのね!
「悪いだね…」とか「いいでいたかい?」などと言いながら、人差し指を効果的に使って、「ん?」「んん?」と、ねっちり可愛がっていただきたいのです。いや〜、ご飯がすすむぅ

もちろん、初Hでここまでイくのはがっつき過ぎ=役職付きの男としては誉められたことではありません。管理職ともなれば、如何なる時にもエレガントな貫禄が求められますものね。
その点、日下部部長のお手前は完璧なんです。
まず「君(きみ)」と呼び、姓を呼び、名前を読んで、ここぞという時だけ「いけない子だ」
このセリフを発動するための布石の数々も、粘っこくてたまんなーい❤
しかも部長ったら根がやんちゃですから(笑)、自失すると慇懃姿勢が激しく崩壊する=おまえとかクソガキなどと太字フォントで激しくツッコみます。でもわんこの前では決して態度にだしません。←部長を渉ちゃんと呼ぶツワモノ達の前でだけ素を晒せる=年上男の可愛いミエって意味ね
く〜っ、パーフェクツ!おかわり!


多分、今作の正しい食欲増進アイテムは、錯乱したガテンわんこの甘噛み=リバでございましょう。本来わたくしの大好物=ご飯おひつごと持ってこーい☆なんですが、ここまで長々書いてきたように、今作は読み応え・萌え応えが他にたくさんある、あまりに洗練されたラブストーリーだったので、リバもあくまでその一部=未来に繋がるおまけ的なお楽しみ、ぐらいに思えちゃったのでした。
リバがおしんこ…こういうことも珍しい。それほど自然ってことか…。
でも「自然」な「リバ」って、よく考えたらすごいことだよな。価値観の180度転換って、普通は性格変わるほどの衝撃だものね。それを自然に…。愛ってすごいな。



気になるわんこ日記、いったい何冊までいくんでしょうね。OO年後も「部長のおOつ姿可愛い❤ずっと俺のモンだ」とか書いていそうな…。
幸せだよね、一生部長でもいいじゃない(笑)




〔絵師:佐々木久美子〕 〔カラー:★★★★★〕


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名は行]鳩村衣杏 | comments(4) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

お邪魔いたしますっ♪

実は、一昨日友人から「是非っ!!」と勧められた本だったので、
miru姐様のレビューが上がっているのを見て
”うひょー♪”と食いついてしまいましたっ汗)

この表紙の絵は、一度目を合わせたら離せないですよね!!

相手の役職呼び大好きですっ♪
親密になってから名前で呼んで・・・って多いですけど
役職呼びの方が萌えるのにな・・・と思うことも・・・。

まだ未読なので、記事は読了後最後まで読ませて頂きますね!!
(記事一部未読なのにコメント何てすみません・・・)

お部屋へのお返事もありがとうございましたぁ〜!!!
何かラブレターもらっちゃった気分ですっ♪
お忙しいのにすみませんっ。

あと、記事に関係なくて本当に申し訳ないんですが、
今日、姐様のHPへ来て一番びっくりしたこと・・・

読書中の”非”BL欄に「黒子のバスケ」・・・・!!!

あ・・・そっか・・・黒バスはBLじゃなかったんだ・・・

と、世間の常識に今更気づく、腐りきった自分の脳に

びっくりしました・・・笑

comment by: あさみ | 2012/05/21 17:19
■あさみんちゃま、こんばんは!
タイミングばっちりでしたか?わ〜い、珍しくも新刊感想がんばった甲斐がございました♪
この表紙の吸引力には抗えないよねー、表紙買いされた方もたくさんいたのではないかと思います。読まれましたらぜひぜひ感想聞かせて下さいませね♪

>役職呼びの方が萌えるのにな・・・と思うことも・・・。
うんうんわかる!わかりますよ!「社長…」とか言われちゃったら…(≧▽≦;)ウハッ
「…」のタメがまたいいんだよね〜♪

>黒バス(…て言うのか!なるほど!)
これね〜、語ると長いんですが、イラスト好きーのわたくし、「エンドカード」集めが趣味なのですね。驚くほどレアなレーター様やマンガ家様が参加してらしたりするのでね♪(そのうち、コレクション特集いたしますね〜)

で、「黒バス」1話見て吹っ飛んだ、
でも2話で「あれ?勘違い?」
3話で「…ん、んん?」
で、4話で原作を買いに走った、と。(笑)
なので、まだ11巻どまりなのよ。

あさみんちゃまにお声かけいただいて、もしやお仲間が多いのかしら?と、初めて「黒子」を検索してみたら、なんと4話って事件になってたんですね!わははは、安心した!←心配した方がいいのか?
原作よりアニメの方が格段にアレですよね、エンドカードだけでなくて、本編中にも、思わず身を乗り出すシーンが毎週あるよ(笑)「アニメメーター」だったら文句なく上段登録です!

原作もね、連載始まった頃雑誌で読んでたんですが、とにかく絵が「………(゚∀゚;)」だったので直ぐに読まなくなっちゃってたんですよね。今コミック見たらすっごい変わってて、もっと早く読めば良かったと後悔してます。
5巻火神のセリフ「青峰とやった。」にはコーヒーマヂ吹きました。何を?!何回?!わはははは!

とりあえず今月中に原作読破するつもりです。
おかげ様で、自分の感性に自信を持って読み進めていけそうです。どうもありがとう(笑)
comment by: ごひいきは水戸部先輩☆なmiru−ha | 2012/05/22 21:18
連投ごめんなさいっ!!

姐様の黒バスアニメ三段落ち(じゃないか・・・)に吹きました♪
わかりますっ!!それっ!!私も同じでしたから・・・!!

エンドカードって、かなりレアなものなのですね・・・

黒子の事件(笑)起こるまで、
see you next week! の添え物くらいにしか
見てませんでしたっ\(゜□゜)/反省・・・||li _| ̄|○ il||

今、アニメ見ながらジャンプも毎週読んでるんですが、
凄いですよっ(≧∀≦)/
公式試合中に黒子と火神がもう・・・q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

プロポーズですかっ!!??的な・・・♪
(もっとやれっ!と心の中では願ってる・・・♪)
あはっ♪この漫画を、もう普通の青春ものとしてみるなんて
私には無理ですっ( ノ ̄∇ ̄)ノ

さて、話題は変わるのですが、今月発売の小説chara26号って
もう見られました???

ダブル・バインドの番外編である新藤×葉鳥のお話目当てで
購入したのですが、
(これも姐様の予言通り、番外編込の全5巻になりそうじゃないですかっ!!??)

301ページの「キャラパラダイス」っていうコーナーの
扉絵に、ジェフリー&ナイジェルの推定7〜8歳
いちゃいちゃイラストが掲載されているのです((((o≧∇≦)o

(もち彩様の絵でございますっ!!!)

これって、このコーナーの為だけの描き下ろしでしょうか???
「もしも設定」の絵なので、本編では使用されないかと
思うのですが・・・

それともどこかで既出の絵でしょうか・・・?
ファン歴浅くてちょっとわからないのですが・・・

もし未読でしたらご連絡くださいませ!!
お部屋の方にメアド書いておきますので〜
画像お送りいたします♪

今回も長々とごめんなさい〜!!


comment by: あさみ | 2012/05/24 18:09
■あさみんちゃま 
連投、続投、激投、爆投、大歓迎です♪♪ただ、直ぐにお返事が返せないことが心苦しいですが…。
でもでも、皆様からのお言葉からいただく元気でブログを更新していけているわたくしでございます。どうか今後とも末長く構ってやってくださいな!

>エンドカード
わたくしのコレクション定義(そんなエラソーなもんじゃないですが)は「アニメスタッフではない絵師様、マンガ家様からの寄稿イラスト」でして、「黒バス」のようなスタッフメイドカードは本当は対象外なんだけど、今回は違う意味ではあはあしてしまったもんだから…(笑)

とあるアニメでありえへん絵師様(ぶっちゃけ湖川友謙さん)のエンドカードイラストを偶然拝見して以来、コレクションに目覚めました(笑) 小説挿絵と性格は似てるよね〜。
エンドカードに凝ったアニメがここ1年ぐらいで急速に増えているので嬉しい&半分本気で悲鳴あげそうです。←週末にイッキに録画観るから

これからはあさみん様もコレクター仲間でございますね♪情報ヨロシク☆

>公式試合中に黒子と火神がもう・・・
お互いへの半端ない愛が(笑)1話から炸裂してましたよね。あんなに可愛いのに(プッ)黒子っちはS攻ですよね〜。

>小説chara26
>ダブルバインド
そうなの!やっぱ全5巻になりそうだよね〜♪
ただ、CD収録内容は全サ小冊子のお話なのでこれを早々に番外編収録することはなさそうだけど、そうすると今回の番外編が宙に浮くから、そうだな〜、ある程度期間が空いたら(2年後ぐらい?)には出るのではないでしょうか。

>ジェフリー&ナイジェルの推定7〜8歳いちゃいちゃイラスト
ええええ?!なんてこった!今すぐ書店に行ってきます!<ってわけにいかないのでポチってきます 
でも画像を今すぐ見たくてハアハアしてますので、よろしければおすそわけ下さいませ。

comment by: miru-ha | 2012/05/26 10:22

Leave a comment