スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

4月5月の新刊購入リスト

皆様、こんばんは。
今頃の4月分ですみませんの新刊購入リスト、遅れついでに5月までイッキにお送りいたします。

例によって?気になるもの全部あげたら、5月のコミックがどえりゃ〜ことになってまった(名古屋弁)=思いがけない激ナガになってしまったので、今回はページを以下の通り分けました。

1ページ…BL小説(文庫、ノベルズ)、コミック全般
次ページ…一般小説(文庫、図書館予約本)

となっております。お役に立つことがあれば幸いです。


◆BL小説  「*」…表紙次第  …コメント(下部にまとめました)             
◇◇文庫◇◇
◆4月
 7  B-プリ      「大谷教授の二度目の恋」 初津 輪/三尾じゅん太 1
10  プラチナ     「愛の呼ぶほうへ」 水原とほる/ 鈴倉温*
      ↓       「追いかけようか?」 渡海奈穂/ 元ハルヒラ
上  ショコラ     「愛がない」 成瀬かの/ 三尾じゅん太 1
      ↓       「偽りのゲーム(仮)」 いとう由貴/ 北沢きょう *
20  花丸       「愛の蜜に酔え!」 樋口美沙緒 /街子マドカ 
23  シャレード   「愛だというには切なくて」 中原一也/ 奈良千春*←まだ続いてた!
23   プリズム    「君主サマに全戦全敗」 真崎ひかる/ 蓮川愛 2
28  ガッシュ     「部長の男」 鳩村衣杏/ 佐々木久美子 3
◆5月
 7  B-プリ       「意地悪なカウボーイ」  高尾理一/ 海老原由里 4
 9  ディア+       「不器用なテレパシー」 月村奎/ 高星麻子 
       ↓         「雲とメレンゲの恋」  松前侑里/ 小椋ムク5
上  ショコラ      「まばたきを三回 」 凪良ゆう/ 円陣闇丸
15  ルチル       「白薔薇は純潔を捧ぐ」  雪代鞠絵/ サマミヤアカザ*
       ↓      「かわいくなくても」 松雪奈々/ 麻々原絵里依 
23  シャレード    「遅咲きの座敷わらし (仮)」 海野幸/ 鈴倉温*
25  角川       「スタンレー・ホークの事件簿 II 
                 二重自我――ドッペルイッヒ」 山藍紫姫子/ 本仁戻  

◇◇ノベルズ◇◇
◆4月
 6   ルナ           「金のフォークに銀の匙」  かわい有美子/麻生海 6
11   クロス      
「空の涙、獣の蜜 」 六青みつみ/  稲荷家房之介
28   SHY       「ヘブンノウズ2」 英田サキ/ 奈良千春
◆5月
15  ドルチェ        「Comet Hally コメット・ハレー」  柏枝真郷/田倉トヲル 
25   Holly           「恋愛のパーセンテージ (仮)」 火崎勇/ジュリオ
31  リンクス        「脚本のないラブシーン」 風見香帆/北沢きょう
       ↓         「甘い水 2」  かわい有美子/北上れん 

1 …じゅん太さん祭り♪
2 …チト躊躇するタイトルではあるが、蓮川さんイラストが見たいので〜
3 …名作「ドアをノックするのは誰?」の続編かと鼻息荒くしたが、レーベルがそもそも違いました。ウフ、あわてん坊さん☆
4 …高尾さんの馬モノ!お久しぶり!でも、改題新装版の可能性もあるか…な?
5 …雲、メレンゲ、松前さん、ムクさん。怖いぐらいのふわふわムース感
6 …銀のさじって近頃の流行りでしょうか、この1年で3作目(笑) 
7 …Hollyから火崎さん?!えええええ!
8 …ソフトボイルド特殊警察シリーズ、よりによって未読の1冊だけ続編出ちゃっったよ…


◆コミック  青文字…BLコミック   …楽しみ❤                       

◆4月 
10   「ホント野獣(5)」 山本小鉄子 GUSH C 
10   「87CLOCKERS(1)」 二ノ宮知子 ヤングジャンプC 
16    「タブロウ・ゲート(10)」 鈴木理華 プリンセス・コミックス  
20   「リーゼロッテと魔女の森(1)(2)」  高屋奈月 花とゆめコミックス
     「俺様ティーチャー(13)」  椿 いづみ 花とゆめコミックス
24   「こじかくんと鳩教授」 小石川あお  ルチルC 
25   「カーニヴァル(9)」  御巫桃也   ZERO−SUMコミックス 
 
25   「うそつきリリィ(7)」  小村あゆみ マーガレットC
25   「ぴかぴかBrand−new day」 依田沙江美 フィールC 
27   「千 螺旋の錠」   岡田屋鉄蔵  花丸C 

◆5月
 2   「テガミバチ(14)」 浅田弘幸 ジャンプコミックス  
     「バクマン。(18)」 大場つぐみ/小畑 健ジャンプコミックス 
10   「さんすくみ(4)」  絹田村子 フラワーCアルファ
     「失恋ショコラティエ(5)」 水城せとな フラワーCアルファ 
10   「雫 花びら 林檎の香り(3)」 川唯東子 ビーボーイコミックス  
11   「本屋の森のあかり(11)」 磯谷友紀 KC KISS 
14   「乙嫁語り(4)」  森 薫 ビームコミックス 
19   「空と原」 中村明日美子 TENMA COMICS/EDGE COMIX  
中    「うそつきは恋のはじまり(仮)」 秀 良子 マーブルコミックス  
23   「きのう何食べた?(6)」 よしながふみ  モーニングKC 
23   「ZUCCA×ZUCA(3)」 はるな檸檬  KC DX  
23   「鬼灯の冷徹(5)」  江口夏実 モーニングKC 
24   「ダイア・ゲーム」 白 コトラ バーズC リンクスコレクション 
      「ハニースウィート・キッチン(1)」 七尾すず/山本小鉄子 バーズC スピカコレクション 
26   「爪先に光路図」 青井 秋  ミリオンコミックス 
30   「是−ZE− かみのほん 」 志水ゆき ディアプラス・コミックス 
     「ギブズ」  山中ヒコ   ディアプラス・コミックス
31   「抱かれたい男」 端次‐/高緒 拾 ジュネットCピアスシリーズ 
     「彼と任務とセックスと。」  吉池マスコ  ジュネットCピアスシリーズ
      「大きなバイブの舎の下で」 櫻井しゅしゅしゅ  ジュネットCジュネット文庫
おいおい、5月どうなっとんじゃ…
コメントのナンバリングだけで夜が明けそうですので、以下、思いつくままイッキに書かせていただきます。
                           *
4・20日発売の高屋奈月さんは、前作を2巻でリタイアしていたわたくし的にはお久しぶり。楽しみです。前作で「花ゆめ」引退ともお伺いしていたので、残留してくださって嬉しいです。「コーラス」の高屋さん、なんてのも読んでみたい気がするけどね〜。
4・24日の小石川あおさんも超お久しぶりー!前作「それはたべてはいけません」が好きだったので、ご活動を気にしておりました。これWEBマガジンで連載してたのね〜、うっかり1話と最終話だけ読んじゃったよ
25日の「カーニヴァル」アニメ化希望マンガ3位にランクインしておりましたよ。うんうん気持ち分かる。
4・27日の「千」も1年半ぶりぐらいかな?真性ふんどしオヤジ、待ってました〜♪
 
5・10日は「失恋ショコラティエ」「雫、花びら〜」ですか!真逆スイートですね!いいですね!
14日の「乙嫁語り」、わたくしの思う「図書館に置いとけマンガ」癸韻任瓦兇い泙后3巻があんまりなところで終わっているので、やっと…!という気持ちと、なぜコミック大豊作の今月に…!という気持ちがせめぎ合っております。
23日は、講談社の怒涛の攻撃に撃沈されること間違いなしです。「ZUCCA×ZUCA(づっかづか)」は、わたくしお気に入りのギャグエッセイマンガ。宝塚にかける情熱も、BLにかける情熱も何ら変わるところございませんね。腐女子にお茶会はないけどね。あったらいいね(笑)
24日白コトラさん、26日青井秋さんはお絵柄が好きで、新刊コミック出たら初買いしてみようと虎視眈々と狙っていたマンガ家様方です。なぜ同月に出るかな…
30日「かみのほん」、外伝集ぽいモノが出るだろうとは思ってましたが、ペーパー集とは思いませんでした。よっしゃよっしゃ 描き下ろしに、月星陽のスペースパラダイスを希望します!
31日はエロエロ祭り(笑)しゅしゅしゅさんの名作が文庫化です。つか、ジュネに文庫なんてあったんだね、わはは☆


                            *


次ページは、一般小説編(文庫&図書館予約本)です。
お時間ありましたら、のぞいてみてくださいませ。

  ◆一般小説・文庫  …絶対買う❤                                        
◆4月
3/31 ビーンズ    「銀砂糖師と灰の狼」  三川みり/あき   ←絵がめっちゃ綺麗
              「首の姫と首なし騎士 英雄たちの祝宴」 睦月けい/田倉トヲル
4/ 5 ポプラ文庫  「ファミリーツリー」 小川糸 
 5 実業之日本社  「あのころの(仮)」 窪美澄
上  ハヤカワ文庫   「薔薇密室」 皆川博子 ←待望の文庫化
10 文春文庫     「四とそれ以上の国」 いしいしんじ ←超がつく難解本…らしい ドキドキ
   文春文庫     「氷平線」 桜木紫乃
12 幻冬舎文庫   「平等ゲーム」 桂 望実
              「花と流れ星」 道尾秀介
              「君が降る日」 島本理生←恋愛観が少し変わったかな〜と感じた本
12  祥伝社文庫     「訪問者(仮)」 恩田陸
              「矢上教授の午後(仮)」 森谷明子 ←本好き、ミステリー好きさんはぜひ
              「逆転ペスカトーレ(仮)」 仙川 環 
13 講談社文庫    「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」 辻村深月  
              「夜来香海峡」 船戸与一
20 集英社文庫    「桐島、部活やめるってよ」 朝井リョウ 
   集英社文庫    「オール・マイ・ラビング」 小路幸也
25 角川文庫     「おそろし 三島屋変調百物語」 宮部みゆき
25 角川文庫     「鍵のかかった部屋」 貴志祐介
27 新潮文庫       「いつか響く足音」   柴田よしき
   新潮文庫      「夜明けの橋」 北重人

5月
 2 河出文庫    「完本 酔郷譚」 倉橋由美子
   河出文庫    「ブ
ラザー・サン シスター・ムーン」 恩田 陸
 4 ビーンズ     「おこぼれ姫と円卓の騎士(2) (仮)」 石田リンネ/起家一子
10 文春文庫    「それもまたちいさな光」  角田光代;
             「セカンド・ラブ」 乾 くるみ 
15 時代小説    「みをつくし献立帖(料理本)」  高田 郁
    時代小説    「未定」  小松エメル   ←一鬼夜行シリーズ…なんだよね?
25 角川文庫    「美神解体」  篠田節子 
   角川文庫    「天地明察 (上)(下)」 冲方 丁 
←もはや文庫化 上下巻か〜。
29 新潮文庫    「キャンセルされた街の案内」  吉田修一
29 新潮文庫     「水神(上)(下) 」 帚木蓬生 



◆図書館予約本       …楽しみ❤                             
◇4月上旬(5〜10日)
■「名被害者・一条(仮名)の事件簿」 山本弘 講談社 
名探偵の陰に、名被害者あり。名探偵が頻繁に事件に出くわすように、この世にはムダに殺人者と遭遇して殺されそうになる「名被害者」と呼ばれる存在がいる。だが「名被害者」的性質が世に知られることは少ない。なぜなら……「名被害者」はその性質故に、殺されてしまうからだ。

■「ストレイヤーズ・クロニクル ACT‐1」 本多 孝好 集英社
特殊能力を持つ四人の若者。ある事情から大物政治家のために裏の仕事をしていた。
一方、世間では「アゲハ」と呼ばれる殺人集団が暗躍。政治家から「アゲハを捕まえろ」という指示を受けるが…。戦慄の世界を新感覚で描くアクション巨編!全3巻

■「猫背の虎 動乱始末」 真保 裕一 集英社
地震後の江戸を救うべく、新米同心が走る!安政2年10月2日、直下型大地震が江戸を襲った!
新米同心虎之助は町人たちの難題を、江戸中を駈けずり廻りながら解決していく。人情話、恋愛譚、謎解き等々が詰った極上のエンタメ長編時代小説。

■「猫色ケミストリー」 喜多喜久 宝島社
計算科学を専攻する大学院生の明斗は、学内に棲みつく野良猫が唯一の友達だ。
ある日、落雷で近くにいた明斗と猫、幼馴染みの女子院生スバルが同時に意識を失う。
気がつくと明斗の魂はスバルに、スバルの魂は野良猫に入れ替わっていた!
果たして二人は、元の体に戻れるのか!?

■「しあわせなミステリー」 伊坂幸太郎 中山七里他 宝島社
大人気作家が、“人の死なない”幸せなミステリーをお届けします。
伊坂節全開、決して期待を裏切らない超絶人気作家の書き下ろし短篇「Bee」。
ラストで想定外の巧妙な仕掛けが炸裂する中山七里の新境地「二百十日の風」、
新たな高みに到達した検事・佐方シリーズ、感動の新作「心を掬う」。
ドラマ化の女性秘匿捜査官・原麻希シリーズからは子供探偵・原菜月(6歳)が大活躍の「18番テーブルの幽霊」。以上四篇を収録。

◇4月中旬(16〜20日)
■「花晒し 北重人遺稿集」 北重人 文藝春秋
女元締・右京が、江戸の街に起こる事件を鮮やかな手筋で仕切る。著者最後のシリーズほか単行本未収録の小説やエッセイを集めた1冊。

■「起終点駅」 桜木紫乃 小学館 
笹野真理子が函館の神父・角田吾朗から「竹原基樹の納骨式に出席してほしい」という手紙を受け取ったのは、先月のことだった。十年前、国内最大手の化粧品会社華清堂で幹部を約束されていた竹原は、突然会社を辞め、東京を引き払った。(「かなちないもの」)。
雑誌「STORY BOX」掲載した全六話で構成。

■「トネイロ会の非殺人事件」 小川一水 光文社 
多くの人を陥れ、脅迫し、金をむしり取る男。被害者たちは「トネイロ会」という名の会を結成し、男を殺す計画を立てる。
めくるめく推理合戦が、読者をはなさない、極上のミステリ傑作集。SFエンタテインメントの俊英、堂々の新挑戦!

■「玩具店の英雄(仮)」 石持浅海 光文社 
科学警察研究所の津久井操は、沖縄でのハイジャック事件で活躍した“座間味くん”を紹介され…。
本格ミステリー。

■「盗作の報酬」 三浦明博 講談社
「この作品を盗作してください。さもなければ、あなたの小説はもう刊行しません」
謎の原稿を送りつけてきた担当編集者の口から信じられない言葉が飛び出した。
江戸川乱歩賞受賞から10年になるミステリー作家は頑なに断るが、編集者は次から次へと忌むべき提案をしてくる。
デビュー10年の江戸川乱歩賞作家が、小説を書くことを突き詰めた問題作。

■「随筆集 柚子は九年で」 葉室隣 西日本新聞社
50歳で創作活動に入り、アラカン世代で直木賞を受賞した歴史・時代小説家、初めての随筆集。
ひたむきに生きる人々の姿を、和歌や漢詩を引用しながら香り高く描いた作品がファンを広げている葉室麟氏。
小説のモデルとなった人物や、敬愛する作家、自身の読書遍歴、50代で創作活動に入った思いなどをつづった。直木賞受賞後に書かれた随筆のほか江戸時代の福岡・博多を舞台にした短編小説「夏芝居」も収録。

◇4月下旬(24〜26日)
■「魔道師の月」 乾石智子 東京創元社 
心に傷をかかえた書物の魔道師キアルス、心に闇をもたぬ大地の魔道師レイサンダー、若きふたりの運命が太古の闇を巡り交錯する。『夜の写本師』の著者が放つ闇と魔法の物語。

■「双頭のバビロン」 皆川博子 東京創元社
結合双生児として生まれたゲオルクとユリアンの波瀾に満ちた数奇な人生。
ウィーンに始まり、ハリウッドと上海の二大魔都で展開する壮大かつ謎に満ちた、絢爛豪華なオペレッタ。

■「ペトロ」 今野敏 中央公論新社 
考古学教授の妻と弟子が相次いで殺された。双方の現場に残された古代文字の意味とは?
刑事と教授、異色コンビが真相に迫る。

■「夢の上 サウガ城の六騎将」 多崎礼 中央公論新社これは買います!
あの、サマーアの空が砕け落ちた日の前後、ケナファでは何が起きていたのか?
アライスたちの?その後?も描かれた短編集。

■「GO!GO!アリゲーターズ」 山本幸久 集英社
心がほっとあたたまる、最高のお仕事小説。ダメ夫と離婚後、息子を連れ地元に帰った茜。
何とか見つけた再就職先は、成績も経営も低迷中の地方球団アリゲーターズだった。個性的すぎるスタッフや選手との悪戦奮闘の日々が幕を開く。

■「旅屋おかえり」 原田マハ 集英社 
あなたの代わりに、全国どこでも旅に出ます!
唯一のレギュラー番組「ちょびっ旅」が打ち切りになった売れないタレント・丘えりか。
ひょんなことから、病気などの事情を抱えた人から依頼を受けて、代わりに旅をする「旅屋」を始めることに。

■「雪と珊瑚と」 梨木香歩 角川書店
強くたくましく人生を切り開いていくシングルマザーのビルドゥングロマン! 
珊瑚、21歳。生まれたばかりの赤ちゃん雪を抱え、途方に暮れていたところ、様々な人との出逢いや助けに支えられ、心にも体にもやさしい、惣菜カフェをオープンさせることになる……。

                           
                                  

やれやれ、こちらの世界?は4月が豊作ですね。今春2ヶ月分の本代を考えるだけで、痩せる思いです。でも、思いだけでは、わたくしのしつこいセルライトはびくともしてくれないのだった。不感症か。


BL感想がちっともあげられませんので、お詫び代わりに「2012年・1月〜3月のツボ押し本ギャラリー」を下に貼っておきました。一言コメントも書いときましたので、よろしければのぞいてみてくださいませ。





励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[リスト・読書記録]新刊購入リスト | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■ゆOO様
お礼とお返事がとてつもなく遅くなってほんとにほんとに申し訳ありません!!
我が家はお茶の間PC(私専用ではない)なのですが、最近家人との争奪戦に負けまくっており、なかなかまとまった時間PC前に座れないのでございます。せっかく仕事がヒマになってきたのにとんだ伏兵登場に焦ってます…!

>3部作
かなりの独断ですが(えへ)どれも好きな作品です。特に「白いへび眠る島」は文庫版だけ書き下ろしが付いている=腐ジョにはおなじみの構成となっておりますですよ(笑)
ネタばれすると面白み半減ですので、お読みになりましたら語りあいましょうね♪

読了後は、大爆笑エッセイ系とワーキング系のお好みのルートを進まれて、トリが直木賞作品「まほろ駅前多田便利軒」って順番がmiru-haオススメ〜(≧▽≦)
そうそう、まだ文庫化されてませんけど「シュミじゃないんだ」はBL特化のエッセイですよ。マニアックなBLがいっぱい出てきて面白いよ〜♪


>ハムハム
ハムハムフェア!そそる!でも、お借りしてばかりだからお願いしますと大きな声で言えませんぜ、ので小さな声で「お願いしま〜す♪」

comment by: miru-ha | 2012/04/23 03:50
■かOO様
楽しいコメントありがとうございます、お礼がこんなに遅くなってしまって本当にごめんなさい!

>円陣先生
おおお、アレが出たのですね♪いや〜、このイラスト絶品だよね。表紙絵としてはシリーズ中一番好きです!ストーリーはパパ編が一番だけどね!

>ヘブンノウズ
まだ読んでおりませんのです、ミステリーものなのかしら?
発売延期になったのね、手を出さなくてよかった〜(笑)

>君の隣でみえるもの
仙台弁?!めずらしい!舞台も仙台だとめっちゃ嬉しいんだが!
実はひそかに「BLるるぶ〜日本一周編」「BL世界遺産編」なる企画を温めているわたくし、北海道、関東、信越、中部、関西、九州、沖縄とそろっているのに、四国と東北がなかなか見つからず困っておったのです。やっぱりこういうのってやっぱり自力じゃ限界があるよな〜★
かOO様もかなりご存じなのではないでしょうか、良ければお知恵をお貸しくださいませ。

ちなみに「世界遺産編」は、松岡大先生とえれな嬢がいるからかなり安泰です(笑)

>夢宮殿
綺麗なタイトルだけど、それがかえって怖いっすね(笑)
この作品は未読ですが、作家名は存じております〜♪第1回国際ブッカー賞取った作家様だものね。
海外の現代文学は自力でよう探さんので、ブッカー賞を取った作品から選んで読んでみる、というミーハーな読み方を一時しておったわたくしです。つってもそんなには読んでないんだが。
ちなみに第3回を受賞したアリス・マンローの「イラクサ」は、印象的な作品でした。世代ごとに感じ入るものが違うだろうという確信が持てるというか、100年たっても読み継がれる小説ってこういうことを言うんだな〜と思いましたです。

>BASARA
筆頭が恋しい〜っ!でも、脳無しテク無し根気無しのわたくしに格ゲーは夢のまた夢。せめて達人お嬢様の神テクを横で眺めたいですっ、YOUTUBEにUPして〜♪
comment by: miru-ha | 2012/04/23 03:52
■ひOO様
えっ、3作め?!Σ(- -;;ノ)ノ あ、危ないところだった…!!
またもやってしまうところでした、教えて下さってありがとう…!!面白いのなら3作目でも後悔しなかったろうけどど、ねぇ?(笑)
蓮川さんってシリーズものが多くて、単品?新作なかなか探せないのです〜。できれば内容もそこそこなものがいいんだけど、何かご存知ですか?

ちなみに橘さんの「教皇の花」と先月出た続編はゲットしてあります、花丸だけどひるまなかったモン♪

comment by: miru-ha | 2012/04/23 03:58

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/768

TrackBacks