スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

榎田さん新装版がすごいことになりました☆

突然ですが、本日もおおおおおおおおおおお!

榎田尤利さんが、大洋図書さんから初期作品群を新装版刊行してくださるというお噂はチラ聞きしていたのですが、その詳細とご担当絵師様が作家様公式ブログで発表されましたよ、と速報いただきました。  ゆOO様
さっそく見にいきましたところ、なんと第1弾絵師様は高階佑さんではないですか
きゃ〜、このコラボ見てみたかったのよ!

以下、公式ブログからいただいた情報です。 

■第1弾・6月刊行予定                                    
「Blue Rose」 イラスト/高階佑 
収録作品
『Blue Rose』 2001年2月初版
『Sleeping Rose』 2001年11月初版

■第2弾・9月刊行予定                                   

「ハンサムは嫌い。」 イラスト/小椋ムク 
収録作品
『ハンサムは嫌い。』 2002年5月初版
『無作法な紳士』 2005年7月初版

■第3弾・12月刊行予定                                  

「聖夜」 イラスト/ヨネダコウ
収録作品
『聖夜』 2002年12月初版
『明日が世界の終わりでも』 2003年2月初版

■第4弾・2013年 3月刊行予定                             
 
「名前のない色」 イラスト/藤たまき
収録作品
『名前のない色』 2002年8月初版
『largo』 2004年2月初版

                                      

以上、諸事情で絶版となっている初期作品2冊分が、1冊にまとまって出版されるようでございますね。おお、ずっと読みたかった「聖夜」「largo」が入ってる 
書き下ろしの有無は未定とのことですが、業界きってのエンターテナー作家様ですから、必ずやつけて下さると信じております。

それにしても、豪華な絵師様陣だよね!好みで申せば第1弾・高階さんと、第4弾・藤たまきさんが楽しみすぎます。第3弾は、初期榎田作品・幻の名作と誉れの高い2本がセットでございますから、絵師様のプレッシャーもひとしおでございましょう。でもプレッシャーとは、言い換えればすごいものが描けるバネでございますものね。がんばって〜♪

そしてそして、新書サイズでSHYさんから出るのなら、通常ノベルズスタイル(挿絵あり)&裏まで1枚絵(表裏一体)を期待してもいいのですよね、よっしゃ♪


ヨロコビついでに、もひとつお願いがございます、大洋図書様☆
「放蕩長屋の猫」「猫はいつでも甘やかされる」を探し続けて幾星霜…。どうか、これを機会に御社作品の重版もお願いいたします。                        
                                  どうぞよろしく…



 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]榎田尤利/ユウリ | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

腐歴が浅いので、ほとんど読んでいません。ぜひとも手に入れたいと思っています。感想も楽しみにしてます。たいへんでしょうから、返事はいいですよ。
comment by: yako | 2012/01/22 22:02
■ゆOO様
ステキ速報ありがとう、なんともゴージャスな新装版でございますね〜♪
でもってぜひともイラストは表裏一体でお願いしたいものでございます。←このテのお願いは伝えれば伝えるほど聞いていただける可能性が高まるので、事あるごとに叫んで行きたいと思うのだった☆

ゆOO様も、これから5月ぐらいまではお忙しい日々が続くきますね。でも慣れない制服にハニカミつつ登校する姿を見ると、なにやら報われますですよ。
我が家も4月からは親子ともども若干環境が変わる予定ですが、今より忙しいなんてことにはならないようにしたいと思います。

日々の鬱屈を紛らわす心のリフレッシャーはもちろんBLで☆時折りはわたくしとの萌えトークにもお付き合い下さいませね♪
comment by: miru−ha | 2012/01/22 23:53
■yako様
嬉しいお言葉&お優しいお気遣いまでいただき、本当にありがとうございます!でも書いちゃったから読んでね♪

私もほとんど未読のものばかりです。初期榎田さんは暗めというか、痛いめというか、こちらの気力が充実していないと手が出しづらい印象があるものですから、なかなか本腰入れて探せなかったのです。でも今回これほど揃って刊行してくださるなら、ぜひともいってみたいですよね!

感想楽しみとおっしゃって下さって嬉しいです、このお言葉を原動力にがんばります♪
comment by: miru−ha | 2012/01/23 00:01

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks