スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

朝南かつみさんによせて

平成24年1月7日、朝南かつみさんがご逝去されました。
昨夜ご訃報を聞いてから眠れません。あまりにお早いお別れに、心がついていけてません。
眠れないまま一晩作品を眺めていて、今はお礼とお悔やみをお伝えしなくては…と、思いを綴らせていただくことにいたしました。


私の大好きなイラストレーター様でした。
まだまだ描いてほしかった。ご活躍をずっとずっと追いかけていきたかった。
彩さんと並び、今後のご活躍はきっとBL界を越えるだろうと密かに楽しみにしていた絵師様でもあったから…。

一ファンの私ですらこれほど辛いのですから、ご家族のお気持ちを思うと言葉もありません。


初めて朝南さんのイラスと出会ったのは、「天狼は宝珠に酔う」でした。
潔い受の脱ぎっぷり=強いBLイラストらしさと、攻の儚い存在感=非凡なアート性が同時に感じられる不思議なお絵柄に、確乎たる個性を持った絵師様だなと思いました。
その後どんどんご活躍され、作品を拝見する機会が格段に増えても、その印象は変わりませんでした。どころかますます優雅に、ハイセンスに艶ましていかれ、新作を見るのが本当に楽しみでした。書店で必ず手にとって、あれこれ眺めて、結局我慢できなくて、そのまま表紙買いしてしまったことも何度か…。

作品だけでなく、お人柄も尊敬してました。
朝南さんは、2009年「小説リンクス10月号」の表紙イラストをご担当されましたが、その後に発行された全サ小冊子「リンクス6周年プレシャスBOOK」収録時に、そのイラストを加筆修正されたことがありました。
一度完成とした作品(しかも雑誌表紙)を、全サ小冊子=限られた有志しか見ない特殊出版物収録にあたり、自主的に改稿する絵師様なんて出会ったことがありません。
これが稀有な行為だと、誰に頼まれたのでもなく自発的にそうされたと、お会いしたことがなくともわかります。ご自分のお仕事、絵師としての気高い矜持にいたく感銘を受けたのでした。

最近のお仕事は特に神がかっており、BLイラストの革命児とさえ思っておりました。
あの鳥肌が立つような感動にもう出会えない、見られないなんて…。


今までで一番好きだ!と一目惚れした新刊「神に弄ばれた恋」が1月7日に届いたのは、偶然ではないと信じます。

遺して下さった作品を大事にしていきます。
これからも作品を取り上げさせていただくことを、お許しください。
素晴らしい作品がたくさん、たくさん、あるんだもの。
まだ気持ちの整理が全然つきませんが、心よりのご冥福をお祈りいたします。







最後に。(恐縮な私事です)
昨年末から書き続けている「2011年BLグラミー・イラスト部門」、こんなことならもっと頑張って完成させればよかった。朝南さん作品に3部門中2つも賞を捧げていたからです。私の気持ちの問題ですが、ご存命のうちに称賛をお伝えしたかった…
今回のご訃報に際し、このままの状態(お祭りテンション)で続きを書いていいものか決めかねています。きっと書きなおすことになるでしょう。でもあの非凡なイラストへの称賛を少しでも早く伝えたい。

よって、私の拙い文章では朝南さんの偉大な功績を称えきることはできませんが、追悼と感謝と持てる限りの愛をこめて、「イラストグラミー2011」から、今書いてあるそのままを掲載させていただきます。
こんな悲しいお知らせを聞くことになるとは夢にも思わなかった、つい先週書いていた部分です。そぐわない陽気さはお許しください。(特に陽気な部分は反転しておきます)


★「秘蜜」 朝南かつみ
きゃーっ、ドキドキする
男子2人が座ってるだけなのに、なんだろうね、この危ういまでのお色気は♪
緑がかった綺麗な黒を基調とした抑えた色調が、イケメン2人のクセものぶりをなお一層引き立たせております。
こんなイケメンになら、あ〜んなことされても無問題!…とは言えない、やっぱり痴漢キモチワルっ!と感じるわたくしは、普通の女でございました(笑)

あまりにステキでうっとりしますが、実は、このイラストの価値はそこだけではないのですね。注目はイケメン2人の関係です。
BLイラスト定番〜男子2人のイラストでありながら、この2人は非カップルです。なんとこのイラストは、ヒロイン不在・攻オンリーイラストなのでございます。
ひのもとうみさん「遠くにいる人」感想でも書きましたように、女子のためのポルノエンタメ「BL」では、受(ヒロイン)は、読み手の自己意識の投影対象で、本編でもイラストでも世界の中心的存在です。シリーズものならともかく1冊完結小説の表紙絵で、受不在のイラストは本来ありえないのです。
このイラストは、ひと昔前ならボツってもおかしくなかった(と思う)、かなりの異端BL画なのでございます。

でもこの度商業誌でGOがでたことで、ここから考えられるアレコレが大変興味深い。
長くなるので詳細は割愛しますが、これ(GOが出たこと)は腐女子なる存在が市民権を得てきたことと無関係ではないと思うんだよね。←単にイラストがステキすぎて何でも許せるって話もなくはないがσ(^_^;) 
イラスト史上のみならず、BLの存在意義=トランスジェンダーについての考察上でも、大変貴重な1枚です。




こんな絵描ける人、この絵師様しかいない。

 



                                                                                           〔絵師:朝南かつみ〕

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[萌えバナ]イラスト | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■みOO様
本当にショックで激しく取り乱してしまい、この記事に取りかかろうと思えるまで一晩かかってしまいました。
いざお悔やみをと思っても脳内で言葉を紡ぐ細胞が上手く働かないというか、千々に乱れる想いをまとめきれないというか…
みOO様おっしゃる通り、はかり知れない損失ですね。


>神に弄ばれた恋
やっぱり?!あのイラストに感動(というか感激)して、グラミー完成後の今年初の単独感想はこれで行こう!と、本編を読む前から決めていました。
表紙にうっとりしながらページをめくってさらに衝撃、口絵の麗しさといったら…。この本買ってよかった!としみじみ感じながら本編読んだ翌日のご訃報でございました。
ご冥福をお祈りいたします…
comment by: miru-ha | 2012/01/13 23:15
■liOO様
突然だと分かっていても、ご訃報には取り乱してしまいます。上にも書きましたように、グラミー記事のため朝南さんご担当作品を山積みにしてヒマさえあれば眺めてアレコレ考えていたところでしたので、いただいたご一報に激しく動揺してしまいました。
夕べ一晩作品を眺めて、ようやく言葉を手繰り寄せる気力が湧きましてございます。

>絵師買い筆頭
お気持ちとってもわかります!ここ2,3年のご担当作品は許されるなら全部買いたいぐらい、どれもこれも素晴らしかいですよね。
今年も既に神絵が出ていて、絵師様絶好調♪と思っていただけに、本当に残念でなりません。


嬉しいお心遣いありがとうございます、私も今まで以上に真摯を心がけ、持てる力の精一杯で書かせていただこうと思います。
comment by: miru-ha | 2012/01/13 23:49
■ピO様
初めまして。ピO様も朝南さんに素敵な時間をいただいたお仲間様でございますね。
本当に素晴らしいイラストでした。毎月必ず作品チェックして…、大好きでした。

ピO様からのお言葉を拝見して僭越ながら私と同じだ…と感じました。私も、この度のご訃報に際しお悔やみも哀しみも尽きない中で、後悔の念もやはり付きまとうのです。

あの素晴らしいイラストと共に読むBLは楽しくて、あのイラストからあれこれと思考を広げ鑑賞することが幸せで、でも絵師様からいただいた喜びに対して、私も何をお返しすることもできませんでした。

このご訃報を聞いて以来、頭を離れない想いがございます。
長らくこのようなBL大好き・イラスト大好きブログを運営しておりますが、このような形で愛を叫ぶよりも、直接ご本人様に好きですって伝えた方がきっと喜んでもらえだろう、なのに私は今まで長い時間をかけて一体何をしてきたんだろうという迷いと後悔です。
正直申せば、今も答えは出せておりません。
でもきっと朝南さんも、ご自分の遺した作品を見て辛さや苦しさを反芻するのではなく、BLの魅力そのままに、作品を永く萌え楽しんでほしいと願われているのではないかと信じて、今ある作品を大事に、大切にしながら、これからも楽しませていただこうと思ったのでした。
私も身内を含め少なからず弔事を経験してまいりましたが、その中で思うことは、忘れないことが最大の感謝ではないか、ということなのでございます。


これからも私のできることを模索しながら、ブログを続けていこうと思っております。
よろしければまた遊びに来て下さいませ、故人様を偲びながら大好きの気持ちを分かち合いましょう。
ピO様の大切なお時間を過ごしていただく光栄に恵まれますことを願っております

comment by: miru−ha | 2012/01/27 00:00
■ピO様
私の方こそ、ピO様からのお言葉に涙が出そうでした。同じ気持ちだとお声かけくださったことがどれほど嬉しく、勇気づけられましたことか!

ほんの数年前まで、私もピO様と同じく、自分のブログはおろか人様のブログにコメントをつけることさえ未経験でございました。なので、こうしてお言葉を交わすまでにピO様がどれだけ気力をお使いになったか、僭越ながらとてもよく分かります。
そこを押して書いて下さったピO様のお気持ちが本当に嬉しいのです、どうもありがとう…!

私の考えですが、好きの気持ちは、作品を買うこと・読むことで充分に作家様に伝わっているように思います。どのような傑作でも、読む人がいて初めて「作品」「商品」となるんだものね、書いて生み出すだけでは不完全なのです。
でもって、そこから先、どのようにいいか、好きかまで伝えようとした時に、ブログという媒体を選んでしまった私は、本当に何かお伝えできたんだろうかと思ってしまったのでした。

ピO様からのお言葉を励みに、もうちょっとこの世界?でがんばっていこうと思います。参考情報を探して来て下さる方に、私の書くことのどの部分でもいいから、なにか届けばいいなあと願いながら…。


>オリジナルコミック
うんうん、もし朝南さんがオリジナルコミックを描いて下さったら、ピO様おっしゃるように、透明感のあるアート本のような美しさと、朝南さん画のもう一つの魅力である深読み甲斐のあるメッセージを含んだ、読み応え・見ごたえのある、すっごいコミックが生まれたのではない化と、想像が膨らみますね。

コミックと言えば、この度のご訃報を聞く前、最新刊「神に弄ばれた恋」を既読していて、ビジュアルがあまりに浮かぶ渾身の文章と、そのすべてがカット化できない残念さから、これ朝南さん画でマンガになったらあのシーンやこのシーンもたっぷり魅せてもらえるのにな〜と思い、感想にそう書こうと思っていたのでした。

大好き作家様と大好き絵師様のコラボで、今年の個別感想1冊目は絶対コレにしようと、早くから予約していた作品です。年間ランキングが終わったら感想を書きますから、その時はご一緒に大好きの想いを分かちあって下さいませね
comment by: miru-ha | 2012/01/29 01:38
■菜O様
初めまして。
いただいたお言葉に励まされました、同じお気持ちの方とお話しできるってなんと心強いことでしょう!お声かけくださって本当にありがとうございます。

ご訃報は急なものだと分かっていても、この度のことはあまりに急で、本当に辛いことでした。
ご訃報を聞く寸前まで上のイラスト記事を書いていて、朝南さん画を舐めるように眺めてウキウキと盛り上がっていただけに、お顔も知らないご縁の遠い方だとはとても思えず、衝撃もお悔やみも私的な後悔もとても強く感じてしまいました。
でも、上コメントのお返事にも書かせていただいたように、故人様もきっとご自分の遺された作品を見て辛さや苦しさを反芻するのではなく、永く萌え楽しんでほしいと願われているのではないかと信じて、今ある作品を大切にしながら、これからも楽しませていただこうと、ようやく思えるようになりました。

ここにあげた部分はほんの一部で、朝南さん画の非凡な感性と美しい絵についてまだまだ書いてあること、伝えたいことがございます。ほんとうにこんな絵師様、他にいないものね。
頻繁に更新できないのですが、ちょっとづつ完成させてまいりますので、よろしければまた遊びに来て下さいませね。
comment by: miru-ha | 2012/02/07 23:40

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/741

TrackBacks