スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

連動コミック企画・マンガしりとり「し」〜「執事の分際」

■マンガしりとり・ルール
・偶数月第3日曜担当:わにこ 奇数月第3日曜担当:miru-ha マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音は有る無しどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム

■前回までの流れ(題名ポチでブログを超えて記事にジャンプ)
「真空融接」→「月に狼」「ミルキーウェイ」「イティハ―サ「サラデナーサ」「櫻狩り」「リターン「探偵青猫」「この手でよければ」「パパがも一度恋をした」「太陽と月人」 「とめはねっ!鈴里高校書道部」「ファンタジウム「ムーン・ライティング」 →「クロノクルセイド」→ 「トラ兄さんとワンコさん」「サバス・カフェ」「エマ」「まっすぐに行こう。」「兎オトコ虎オトコ」「ご主人さまとよくできた執事」「失恋ショコラティエ」→「永遠のボーイフレンド」→「となりの怪物くん」 →「空中庭園」「equus−エクウス」「SUPER LOVERS」「スケバン刑事」→ 「渇望の眼差し」


皆様、こんばんは。本日は、「北の主腐から」のわにこさんとの連動コミック企画恒例「マンガしりとり」開催日です。
皆様からたくさんのご支持をいただいた、思い深い企画でございましたが、カウントダウンがいよいよ近づいてまいりました。あと3回、全力で頑張るよ〜♪♪♪

さて今回いただいたお題は「し」です。一度じっくり向き合ってみたかったよしながふみさんの作品を取り上げてみたく思います。
マジガチ&時間が足りないので、今回は敬称略で書かせていただくことをお許しください。

   よしながふみと三浦しをんは腐女子の希望だ。

と、時々思う。
高まる胸のトキメキを、「腐る」という身も蓋もない表現で語られてしまう可哀想な日陰者を、陽の光のもとに押し出してくれた立役者とでも言おうか。↑↑悔しくも上手い表現ではある
「まほろ駅前〜」が直木賞だとか、「大奥」が映画化だとかのビッグニュースが、どれほど喜ばしかったか!どーだ、腐ったからこそ生み出せた傑作だゾ、わたくしどもはこの魅力をもっと前から知っていたのですよ、へへん♪と意味不明に鼻高々だ。←腐歴の長からぬわたくしが自慢ってのも僭越なんですケドね
確かな力はジャンルの壁など軽々超えるってことなんだな〜と思うのである。

                                                       

希望の星☆よしながふみが描くマンガは強い。
ストーリーが難解だとか、凡人に理解しがたいセンス(電波)などという意味ではなくて、読み手に楽をさせてくれないという意味の強さを持っている。

テンポがいいのにセリフが少ない。セリフが少ないのにキャラが濃い。
短編なのに絵コマ(絵だけのコマ)が多い。絵コマが多いのに、ストーリーが複雑。

マンガ好きの持つ習性=そのマンガに潜むすべてを味わいたいと思う欲を巧みに刺激されるというか、結局読み手は、コメディなのかシリアスなのか、ロマンスなのかサスペンスなのかどう転ぶか分からない緊張感に震えつつ、感覚と頭脳をフル回転させることになる。

小説の行間を読むように、コマの意味を読みとっていく。
脚本を解釈するように、セリフを咀嚼していく。

こうしてサクサク読める類いのラブストーリーが、極上の書物と同じ引き出しにしっかりと納められる。描かないことで伝えられることがあることを知っているマンガ(家)は強いのだ。


なんてマジガチで語ってしまったが、今回取り上げる「執事の分際」はもっと気楽に萌え楽しんでいいマンガだ。←つか他のマンガもそうなんだけどね わたくしが勝手に重く受け止めてるだけです

革命直前のフランスを舞台にした貴族の坊ちゃまと執事の身分差ロマンス(表現古っ)だが、執事のクロードの敬語攻めがあまりにツボで困ってしまう。
昼と夜とで態度が豹変☆ではなく、昼も夜も変わらぬ態度で下剋上=ひれ伏すように支配する攻め方がなんとも官能的で、年甲斐もなくどぎまぎする。おまけにメガネで黒髪!パーフェクツ
でもって攻めれば攻めるほど、お坊ちゃま(なかなかイイ性格)よりも、執事の方がベタ惚れだよなと確信できちゃう不思議…(笑)

革命期のフランス貴族にイイことなんかそうはないと、歴史にさほど詳しくなくても分かる。
でもこの2人にはいつでも会える、ずっと幸せでいてくれると安心して本を閉じられる幸せが嬉しい。


余談ながら「愛とは夜に気づくもの」がもともとのタイトルだったのが、文庫版で「執事の分際」に改題されたのは時代の流れってやつですが、これは正解だったと思う。元題の方が叙情的だが、し、執事の分際でナニするのっ?!とはあはあしながらレジに直行するわたくしのような貴腐人を釣り上げやすいのは、どう考えてもコッチだもんね(笑)

                          *


申し遅れてしまいました、ごめんなさい!次回「い」がわにこさんご担当のラスト回でございます。
最終回にどのようなマンガをチョイスされるのか、今からとっても気になっております♪
ご無理ないよう、なにとぞろしくです☆




【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [BLコミック・や〜わ]よしながふみ | comments(5) | - |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    こんにちは。
    先ほどぶっ壊れて放置ingしていたプリンターをようやく新しいものと交換し終わりPC立ち上げmiru-haさんのページ覗いたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    よしながふみ??!!?

    えっ? 

    どうして?てか、いままでmiru-haさんがよしながさんを取り上げていなかったのがず〜〜っと不思議だった(@@);ので
    ひとりでバクバクしてます〜!


    というのも
    『昨日何食べた?』5巻を購入して 読む暇が無くてほぼ1ヶ月近く。ようやく日曜夜に読んだとこだったんです!
    もう読まれました?
    久々の新刊で!シロさん、しっかり歳くってるし〜〜!
    あのケチなシロさんがぁ?てな4巻目までゲイ色を意図的に封じていたような流れからは一転した流れ。


    家のオフィシャルな本棚(ってナニ?)に鎮座できる唯一のBLコミック『昨日何食べた?』と『西洋骨董洋菓子店』だったのに(笑)お料理(お菓子)レシピ本の立場が危うくなってしまったじゃない。 
    いやまだ怪しいホンはありますけどね。。。
    先日はよしながモードから抜け切れない状態で本屋でBL小説物色していてたまたまタイトルで引き抜いたら

    表紙イラストが よしながふみ ? こ・これは・・・・
    読みなさい と?

    まさか小説にも挿絵してるなんて びっくり。
    でも やっぱり 漫画家さんの画だったなぁ〜
     
    もう もう!(牛か?)このタイミングだったので
    ひとりで勝手にmiru-haさんにシンパシー萌え萌えしております(すみません:ハァハァ)


    そういえば禁断のこの腐界(+漫画)に再び足を突っ込んだきっかけがよしながふみさんだったんだなぁ と今さら思い出しました。この人、不思議な作家さんだなぁ 他にどんな漫画描いてるんだろ? が嵩じてタイトル検索してコソコソ本屋のレジに裏表紙を出してお金払っていました。(汗)
    そしてもろもろのコミックは闇の本棚へ・・・・・
    よしながさんの対談集『あの人とここだけのおしゃべり』は萩尾望都先生と対談?マジ??で購入。
    すげぇなぁ〜(語彙少なっ)でした(笑)

    基本、活字読みで今も村上春樹関連はついつい読んじゃいますが、中坊の頃から渡辺淳一とかのエロ本大好きで(あの頃はそれが精一杯 笑)色々妄想してましたね。漫画は少女コミック派。ポーの一族・風と木の詩は連載で読んでいました(歳バレ注意!)
    そういえば竹宮恵子先生って今どうしているんでしょうか?
    賞の選考委員とかで名前見るくらいで、寂しいですね。
    (で・結局コミックの話で終了〜ちーん!)

    それでは、秋の夜長 またmiru-haさんの楽しいお話待っていますね Love

    p.s 写メいつでも送れる様にスタンバッってます。お時間のある時はどうぞ。。。




    comment by: iku | 2011/10/19 16:22
    こんにちは。
    私もこの作品大好きなんです~。
    「親子どんぶり」あたりのぼっちゃまの可愛らしさとか、その後の執事のメロメロっぷりとか、もう萌えまくりです♪
    あの血なまぐさい革命の真っ只中なのに、なんとも呑気なぼっちゃま(笑)
    こんな雰囲気が醸し出せるのは、よしながさんだけですよねー。

    そう言えば、「ジェラールとジャック」もそうだけど、これだけの人気作家さんでハードルが高いはずのリバ(カプ内じゃないけど)をサラッと描いちゃうのも凄いと思う。

    次回「い」承りました!
    最後なので、精一杯気合い入れて頑張ります!
    comment by: わにこ | 2011/10/20 14:07
    ■瑞O様
    こちらこそ、いつも楽しいお話をありがとうございます♪♪サラブレッドお嬢様の武勇伝が面白くて頼もしくて(笑)、我が家のどさんこ(ややぽちゃ)とお友達になって下さらないかしらキャッ(≧ω≦)

    >薔薇シリーズ
    3巻が(今んとこ)一番面白いのですよ♪…と煽ってしまうわたくしであった。でもでも、4巻はゆっくりで大丈夫です。きっと。

    >執事
    のほほんとした殺気とでも言いましょうか、よしなが作品を読んでいる時は、「お気楽にも刹那にも、どうぞお好きに感じちゃってください♪」と言われているような気に、いつもなります。頭がよくて、粋なお方だよね〜。さすが希望の星☆

    >キャラクターブック
    「20日頃発送」でしょう?そろそろきますよね!届いたら教えて下さいね、万一のことがあったら仕事休んででも問い合わせしないといけませんもの!!←社会人失格。今さらか(苦笑)

    comment by: miru−ha | 2011/10/22 06:23
    ■iku様
    わ〜い、以心伝心のオタ心が嬉しいです〜♪iku様の鋭いご指摘通り、わたくしよしなが作品を意識的に避けていたのですね。いつかマンガしりとりで取り上げたいと思っていたが、ルールでは1作家1作品だったので、「きのう何食べた?」を書きたかったわたくしは「き」を待ってたのですがとうとう来なかったよ(笑) 
    もう1人避けていたマンガ家様は萩尾望都大先生、「銀の三角」か「ポーの一族」「スターレッド」を書きたかったけどな〜っ!

    よしながさんの対談集は未読なんです、読みたいと思ってるんだけど…。最近ようやく「愛がなくても食っていけます」を読んだところ、ホントに食べることがお好きな人なんですね、でもって関東圏がまたも羨ましくなりました。


    >きのう何食べた?
    5巻読みました〜♪ 
    わたくしはケンジ派、ジルベールなんて名前聞いただけで、セリフまでバッチリ浮かんじゃうもんね(苦笑しつつ自慢)でもわたくしこのマンガは途中までしか読んでないのです。畳みかける悲劇が怖くてついていけなくて…。小学生でしたからね(遠い目)
    わたくしの竹宮作品ベストは、う〜ん「私を月まで連れてって!」かな?

    竹宮さん、例のマンガ大学の教授になられてからパタッとご活躍を見なくなりましたね。私が見た最後のマンガはブライトの憂鬱(「私を月まで〜」番外編)ですが、あれからもう十年経っていたのね!わ〜、光陰が音速〜←???

    >楽しいお話待っていますね Love
    励みになります、ありがとうございます〜!!私からも感謝をこめて、XXX♪←返品不可でお願いします

    > 写メ
    ありがとう!そしてありがとう!もういっちょほんとにありがとう!!
    ご厚意におすがりした上、さらなるお気を使わせてしまってすみません…。どうかどうかお見捨てになりませんよう、また遊びに来て下さいませ…!

    comment by: miru−ha | 2011/10/22 07:33
    ■わにこ様
    伝説の萌え企画もとうとうフィナーレですね。ここまでお付き合いしてくださって本当にありがとう、お互いあと一回づつ、悔いなく踊り、萌えつきましょう!

    >あの血なまぐさい革命の真っ只中なのに、なんとも呑気なぼっちゃま(笑)
    わはは、ほんとだよね。革命からの逃避行よりも、大雪で閉じ込められた時の方が刹那的だものね(プッ)

    >ジェラールとジャック
    今回のお題は「し」でしたので、「じ」でもいい?とお伺いしてご了承いただけたらこっちにしようかなとも思ってたのです。でも、この作品は「執事〜」の4,5倍時間書けないと書けないな〜と思って諦めたのでした。

    >これだけの人気作家さんでハードルが高いはずのリバ(カプ内じゃないけど)をサラッと描いちゃうのも凄いと思う。
    うんうん、この方、腐り方は女子だけど、思考回路は男性的縦型思考だと思うのね。(女子の連れション心理を嫌うのではなく、理解できないタイプ)
    なので萌える自分を客観的に見られるというか、自分の世界に溺れないというか、想像はするけど妄想はしないっていうか、凄いことがサラッと出来ちゃうっていうか、ああ、上手く言えないけどそんな気がします。

    ではでは、次回「い」楽しみにしています〜♪

    comment by: miru-ha | 2011/10/22 10:12

    Leave a comment