スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「FLESH&BLOOD 18」松岡なつき/彩 〜感想後編&イラストチェック

全国850万/5千万(←割合としてはこれぐらい?)のナイないファンの皆様、こんばんは。
本日は、腐乱シスコ・miru-haプレゼンツ・
「FLESH&BLOOD 18巻感想・後編(7〜9章)」をお送りいたします。

ラスト3章はみっしりでしたね!特に9章は、もうここだけで1回分書けるイキオイでしたが、削りまくったわたくしの努力をお認めいただきたく思います。←結果、またもないじぇるのことしか触れてない(≧▽≦;)アチャ

ぶっちゃけますれば、わたくし発売前予想では、18巻はかわいいないじぇる:カッコイイナイジェル比が6:4、それぞれを中心とした「ないじぇる編」と「ナイジェル編」の二部構成で楽しく激ナガに書ける予定でございました。
ところがどっこい(死語バンザイ☆)、いざ読んでみましたらないじぇる大活躍、ナイジェルなんて表紙とヤンの回想の中にしかいやしねー☆ ←ない:ナイ=9:1
まとまらない〜…(-”-;) ってんで、今回は時間かかってしまったですのね。
「ないナイ編」以上のネタも浮かばなかったので、結局はヒネリなし=1章からズラズラと書かせていただいた=前後編という素直な構成になってしまったのでした。

ったく、手こずらせてくれるぜ、うちのかわいこちゃんは☆

                          
ではでは。
まずは恒例・イラストチェックで、前編のハイライト・美しい6章までの軌跡を再確認してまいりましょう。その後、怒涛のナイない☆クライマックスへGO



〔フレブラ18巻〕   〔フレブライラストギャラリー〕   〔絵師:彩〕


 


◆イラストチェック/彩(挿絵マスター)
                              
■カラー★★★★★ 萌え的には★★★★★★★
まあまあ、うちのないじぇるがこんなに立派になって(涙)
いつもジェフリーの背中を見つめていたナイジェルですが、この巻では先頭を切らねばなりません。
巣立ちの時…。獣とは違う、「人」の巣立ち。
友愛・フィリアの化身ナイジェルがそれを全身で教えてくれると、この絵が語っています。

             *                   *

15巻イラストチェックで、1巻と15巻が対(雪舟画を受け継いだ現代編表紙)になっていると書かせていただいたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。今巻もその心は生きております。(と思う)

うちのないじぇることナイジェルが、フレブラ表紙初登場を飾るのは3巻でございますね。
前任絵師様・雪舟画聖描く3巻と、彩さんの18巻はこれまた対になっているのでございます。(と思う)
      
ね、よくみれば18巻ナイジェルは3巻ナイジェルと同じポーズでしょう?(武器を手にしているか否かの違いだけ)
でもってマントを翻えすナイジェルは、親友・ジェフリーの3巻での勇姿とのオーバーラップ、立ち位置が入れ替わっているのは、2人の現在のポジション(アクセル役とブレーキ役)の象徴です。

漆黒の夜、月光を受けて光るレイピア(細剣)は、ナイジェルの忘れられがちな特技「二刀流」の右手のエモノ←3人の誓いの右手ね
3巻の白背景が「陽の光の下」=太陽・獅子座の男ジェフリーの全開モードだとすれば、18巻の黒背景は「黒夜の月光」=暗黒の獄中・消えない光=名まで「黒」な男とその友愛(フィリア)の強い輝き、とも解釈できます。

でもって、今回の特筆はカイトなし!快挙!
今回やらなきゃもうできないと思います、いや〜、よくやって下さった!!
雪舟時代には9〜11巻があるんだもの、彩時代にも1巻ぐらいないとね♪

                         *

今回は特別に1〜17巻ミニ画像を載せちゃいます。

           

      

こうやって全部並べて観賞すると、雪舟時代の4巻の異色さが際立ちますね。
この構図を描き下ろしとして考えたのならすごいよ、この絵だけが完結してない=キメ絵ではないのです。←イメージ的な説明ですみません…

通常感覚なら、お相手・カイトの全身まで入れた、ジェフ:カイト=1:1サイズの構図をきるところです。
でも4巻はジェフリーだけを描くでもなく、海斗をしかと描くわけでもなく、しかも視線を読者に向けてキメているわけでもない。例えるならマンガの1コマ的切り取り方です。
これを表紙絵で…うううむ、神がかっている☆

17巻の神々しさも際立っておりますね、さすが和哉♪←?
2011年も上半期を過ぎましたが、これに匹敵する神イラストはまだきておりません。対抗馬がいないとグラミーが盛り上がらないよ、下半期はイラスト界の発奮を期待してますにゃ

雪舟画聖が11冊、彩嬢が7冊か…。てことは11+11=22冊であと4冊来るとバランスいいけどね。

■口絵 ★★★★
,離好撻ぅ鸛箸牢鬚靴ったです♪ が、喜んでばかりもいられません。口絵登場率高し=表紙登場率低しです。スペイン組、まさかこのまま表紙に出てこないんじゃ…。

いやいや、カイトを取り巻く英国組とスペイン組ってな構図の多人数表紙がそろそろ来るはず。(わたくし予想、19巻)
でも文庫サイズで多人数はしんどいですよ、武士の鑑の徳間さん、もう観念してイラスト集出して下さい。

それにしてもこのレオは可愛いな〜、まさにエンジェル。 楽園には天使がいないと始まらないものね。おデブな海斗の弟とキャラ(性格)が似てる、などと戯言ぬかしたどこかの腐乱シスコさんには天罰が下るでしょう。

△楼娚阿筌ットでございました。←ナイジェルでもう1枚…とか思っちゃったことは内緒ね☆
憂える彼の心を占めるのは次作の構想?それとも…。

■カット★★★★
・P22…やった…☆やりましたよ皆様!ついについにフレブラ初のピンクカット!←エロってほどではない 絵師様他作品(全部見てないけど)を含めても、濃ピンクな1枚ではないでしょうか。

・P51…女王カットはココで来たか〜。やつれても彩さんジェフリーはステキだ…

・P159…12巻のビセンテ、17巻の和哉、そして今回のないじぇると、カイトを取り巻く愛の化身は必ず熱い涙を流すカットがございます。
でもジェフリーだけは泣かないんだよね。彼はキャプテン=人の上に立って部下の命を預かるお人、TOPは簡単に取り乱すべきではないからです。ないじぇるの涙もこれが最後…なのでしょうね、多分。おそらく。予定では(笑)
こんな風に泣かれたら、そら可愛いくてしょうがないよな、ジェフリーも。


・P204…月光を浴びて燃えるように咲くハリエニシダの中、愛しい人を腕に抱くナイジェル。     表紙の「月」は、カイト帰還の暗示でもございました。表紙にカイトをしっかり描いたらネタバレになっちゃうものね。カイトが持ってるリュックが認められませんが、それは19巻以降だわね。

こういうカットを見ていると、やはり彩さんは、モノクロカットもすべて着色してるんだな〜と感じます。それをモノクロに焼き直して、さらに白黒を重ねてるんではないかな〜。なんと手の込んだ描き方…!
さすが、「絵」(仕事)に対する心構えが違います。目指す表現の具現化のために「道具」(アナログ、デジタル限らず)を選ぶのであって、「道具」の産物としてイラストを成しているわけではないのだね。
道具慣れのための習作のような「真作」があまりに多い昨今、このような高意識、高レベルのイラストを見られることが本当に幸せです。
お願いだから商業誌で活躍し続けて下さいね、枚数少なくても辛抱するから…!←でも4枚で★4・5はちと…なので今回は★4で。

【おまけ】
・P119、12行目 ・P128、15行目
わかっております。腐乱シスコ・miru-haが、皆様のお気持ちを代弁いたしましょう。
「ちょっとー!なんでここにカットがないの?!」

このうちどちらか1枚でもカットになっていたら、★5差し上げたのに…!


 

※ここから本編感想です。 前編・イメキャラソングで再び盛り上がりつつ、お進みください。

      
 
◇第7章・「ないじぇるの馬鹿」〜ないじぇる喜怒哀楽・哀の書                 
よっしゃー、「船の模型」大活躍!
「穴ユルユル」(おいおい)までは予想できませんでしたが、これは実際に触れた経験のある人にしか分からないよね、こんなの読み解ける読者いないって☆
いいんじゃないかな、BLぽくて(笑)

ジェフリーが提案した新戦法とは、信長の三段撃ち・大砲バージョンってことですね。
信長もフレブラも同時代だから発想としてはアリだけど、ドレイク様の言う通り、相当練習しないと実現は難しそうです←たとえ同タイプの船でも、船ごとに砲撃技術に差がある=射撃までの準備時間が各船でまちまちだから。でもってこの手の作戦は条件(特に時間)を一定にしないと上手くいかない

しかしながら、起死回生の妙案もジェフリーの過去罪まで帳消しにするまではいたりませんでした。
滂沱の涙を流すないじぇる(=ナイジェルの「哀」)に、ジェフリーは「馬鹿だな。」と肩を抱きます。
おお、「バカ」が漢字になった…。ちょっと格上げ?良かったね、ないじぇる。

P159、「終わり」が刻一刻と近づいていることをひしひしと感じさせる、悩ま狂おしいカットでございます…。



◇第8章・「ないじぇるの動物王国」                                 
この章は第一声から、ツッコミ 萌えどころ満載です。

「変わりはないか、ジョー?」

いやいやないじぇる、あんたその有様で言うセリフじゃーないから
「こっちは変わりありませんが、旦那はエライ変わりようで…」とツッコまれたくて言ったとしか思えません。

足の不自由なご老体に素手で足を洗ってもらって、あったかいお手製フェルト靴まで履かせてもらう26歳・独身… 
ないじぇるを包むストルゲー(親の愛)は早世した母とジョーの愛情ですね。おまけに、ブラッキーにクー?!いいないいな〜っ。←おそらくもう1人加わる…ような気がします。


余談ながら彼らが待つ家=グラハム家は豪農のお家柄です。当然広い農場・牧場を経営し、牛やら豚やら羊もわんさかいるでしょう。いったいいつのまにこんな動物王国に☆ 
第3章で書いていた「バカ」が築く豊かな王国とは、「ムOゴロウないじぇるの動物王国」だったのですね。

妄想ワード・【フェルトの靴】
あまりの高血糖シーンに、「ジョー、頼むからわたくしにもやらせて!」(←足を洗わせて下さいの意。下ネタ変換不可)と脳内シャウトしたり、はやる鼓動を抑えるため一度本を閉じたりと、明らかに三島辺りを通過した時のわたくしは怪しかった…。←上京中の新幹線車中で読んでました
しかし、この8章イントロは腐乱シスコなわたくしのために書いて下さったサービスシーン(というだけ)ではないのです。

P37,ネーデルランド組・密室の陰謀編でのパルマ公のセリフ、覚えておられますか?
「そもそも身の安全を図りつつ、火薬庫に放火することが可能か」

アイ・サー 可能と思われます。このフェルト靴を使えば☆

ヤンを地獄の道連れにラウルが画策した「この世の地獄計画」に、「フェルト靴」が暗躍するのはおそらく間違いありません。靴をわざわざジョーお手製としたのは、そこからナイジェル→ジェフリーに結びつけたいからではないかと思われます。
これが悪用されるか、何らかの救いの一手になるのか、今はそこまでは予想出来ないんですが、とにかくこれで英国組とスペイン組の接点ができました=黒髪・夢のタッグへの布石

ってことは、スペイン組とヤンの命を救い、ラウルの計画を頓挫させるには、ジョーのフェルト靴を死守すればいいってことなのよ←そんなちっちゃいスケール?Σ(- -;;ノ)ノ

妄想ワード・【カミングアウト】
「(んもう)私一人じゃ、ムリ☆」←若干異訳
お久しぶりのリリー姐さんはCDボイス・イメージ通り、年齢不詳の可愛らしさでした。←13巻までのリリー・イメージボイスは池田昌子さんあたりだったと思う

でもって姐さん大活躍で、ついにナイないにも秘密が明かされます。すべての秘密を知ってやっと対等な位置に立てたナイジェル。長かった…。ようやくリリーになついた黒にゃんこの姿に、ほっこりさせていただきました。
にしても、わずか10数ページで紐解かれる大宇宙の神秘…ガンガン進むな〜っ!

でもキットにまでばれちゃうのは予想外だったですね。←こんなどえらいこと知ったら、作家たるもの創作活動に活かしてしまう=16世紀にSFが生まれちゃうってなことになりかねないので、これはないと思ったんだが…。キットにばらさないとコトの信ぴょう性が実証できないとはいえ、なかなか大胆なことをなさる…。

でもこの時点で「秘密」を知っておかないと、ナイジェルがホーの丘にカイトを迎えに行けないんだよね、つまり…←9章へ続く

                          
◇第9章・「星空のフィリア」〜〜ないじぇる喜怒哀楽・喜の書                    
可愛い可愛い「フランシス・ジェフリー・ナイジェル」坊やのご誕生おめでとうユアン!さすが、グローリア号一の空気読み!
わたくし、限定公開「愛のフレブラ占い」でユアンのことを、「周囲をシビアに観察しているところがあり、いざという時はとても頼りになる人。」と表現してましたが、こいつもBINGOだ!<P193 11行目
フランシス・JN坊やがルーファス家のシャーロットちゃんと恋仲になるのは、もうちょっと先の話ですね。←妄想広げすぎΣヽ(゚∀゚;)

海の兄弟たちに喜びが増えることは、友愛の化身・ナイジェルにとって何よりも嬉しいことです。ユアンのエピソードはその象徴でございましょう。
そしてナイジェルの「喜び」は、ラスト数ページ「海斗の帰還」で完成されます。

それにしてもこの章は内容が濃いな〜!

                          

「カイトはほぼお休み&出てきてもラスト数ページ」予想、怖いぐらいBINGOでした。
でもって、「タイムスリップと血の関係」=ドアが開く条件として「血」が関係するとしたら、カイトが16世紀へタイムスリップする時にドアのあっち側とこっち側に和哉とナイジェルがいるはず、との予想、これまたBINGO!
つまり(8章感想の続き)、ナイジェルに「秘密」を打ち明けたのは、カイトが16世紀に帰ってくるためにナイジェルがこの場にいることが必要だったから、ということになるのでございます。

よし!これで「血の条件」はほぼ間違いなし、そして和哉とないじぇるの間に血の関係があることも間違いないですね。
ってことは、最初のタイムスリップから考えても、カイトとビセンテに血の条件…てことよね。(和哉とビセンテという可能性もあるが、それでは「血」が和哉に重なりすぎる=主役の存在感が薄れる)
てーことは、やっぱりビセンテはカイトのご先祖な気がします。

あとはリリーの血の条件だけなんだよなぁ、JPと関係あると思うんだけどなぁ。

                          *

ホーの丘に降り立ち、7巻の「天国と地獄」を反芻するナイない。
が、その時風が吹きました!ついに愛しい赤い星をつかむないじぇる。が…。

「下ろしていいよ、ナイジェル。1人で歩ける。」

イタタタタ、ないじぇるの「ズキッ」がおもいきり伝わってきて、私もイタイよ!
ないじぇるったら、ホーの丘に行く度に天国と地獄を味わってます。お気の毒に…。

天国と地獄…。地獄の責め苦を味わうジェフリーの心が凪いでいたり、同朋に囲まれるナイジェルの心が千々に乱れていたり、楽園を追いかけても、地獄を噛みしめても、辿りつく先は、いや辿りついたと思うのは、結局は人の心です。ならば天国と地獄は、やはり同じところにあるのでしょう。
英国組の激ナガモノローグは、いつもこのことを伝えてくれるのですね。


・妄想ワード・【おんぶ】
「(背中に)温もりが伝わる、と想像しただけでも、ナイジェルは幸せな気分になれた。」

ぶはははは、これでこそないじぇる!!
どんな時でも期待を裏切らないうちのないじぇる、いや〜盛り上げてくれますね♪
でもねないじぇる、「おんぶ」だと、温もりは感じられてもお顔は見られないのよ?ここは「だっこ」に脳内修正かけなきゃ、立派な妄想王になれないぞ☆←ちなみに「お姫様だっこ」ではダメです、「正統派だっこ」でお願いします。


・妄想ワード・【ナイジェルの願い】
とうとうナイジェルが、カイトへの愛し方(航路)を定めました。(<P211 友愛の化身・BINGO♪)

求められた時に素早く手を差し出すこと


新たな一歩を踏み出したナイジェルの決意の一言ですが、「素早く」…わざわざこのワードが入っていることがラストの示唆となっています。(と思う)

求める時に差し出せる手とは、本当に必要な助けを見極める目ということです。それを素早く…。
ってことは、一瞬の躊躇も許さず、愛する人のための最善の一手を決めなければいけない時が今後くるということになります。

うへぇ、ってことはやっぱりナイジェルが崩壊寸前のドアに2人を突きとばして、現代へと帰すんじゃないかなぁ。でもって、ドア崩壊にはラウルの「花火」が絡むんでは…。
だとすると、この時ドアの向こう(21世紀)には、和哉ではなくてJPがいるんではないかな。←和哉は…13巻で飛んでっちゃったので、カイトが戻ってくる時にはいない(爆)

そして「血の条件」によれば、和哉が飛んで行った先にはちょっと未来のナイジェルがいるはずです。ジェフリーとカイトの2人に「素早く手を差し出した」後のナイジェルは、この章でカイトを待っていたように、「その夜」ごとについホーの丘に行ってしまっていたのですね。そして和哉をみつける…。(ラウルが壊す前に和哉は飛んで行ってるので、ギリギリ使えた…ことにしときましょう)

そこを追完するかのごとく、ラストの1行です。

ナイジェルは胸のうちで新たな願いを唱える。それが叶う日を夢見ながら。

おそらく、ナイジェルの願いとは「大切な人と共に、同じこの星を見よう。」だと思います。そしてその意味するところは、カイト、ジェフリー、ナイジェルの3人で一緒に夜空を見上げるということでしょう。
ならば、海斗とジェフリーを未来に帰してしまったら、もうこの願いは叶わない?

いえいえ、ナイジェルが彼らと離別=二度と並び立つことができなくても、「同じ星」を見ることはできるのです。
遠く離れたそれぞれの場所で、夜空を振り仰げば、そこには同じ星座が輝いています。
星の寿命の前では数百年の時差など、ほんの瞬きほどもございません。16世紀でも、21世紀でも、北極星は変わらず天の中心であり、天のひしゃくは変わらず空に横たわっておるのです。

時を経だてた海の上で、互いの船の帆(ジェフリーは「ヨット」を気に入ってたものね)に風をはらませながら、見上げる星はもちろん北斗星、海斗の星です(9巻P15参照)←ついでにビセンテも同じ時に、違う海で同じ星を見ていると思います。ついでって。
大切な人となった和哉と共に夜空を見上げるナイジェルの願いは、叶うのですね。
※こうしないと、和哉だけおさびし山のスナフキン=理解者が側にいない=愛情不足なのですよ。ナイジェルには今んとこキットがいるけど、すぐお別れ(!)しちゃうものね。
でもナイジェルと和哉の間の愛はそれぞれの化身=家族愛と友愛と思う つか、そこでやめといてほしい
 

花火のように儚い人の生、でもその輝きは太陽の如しです。
もしも北斗から地球を眺めたなら、無数の星が地上を煌めかせているのがわかるでしょう。

それぞれの航海は順風に恵まれ、その風は、きっと強いに違いないです…。END.



うわ、ピースが、ピースがはまっていく…!

「海斗」=海と星を主人公の名に冠したタイムスリップものならこういうラストはアリ、というか、こういうこと(人の生 永遠なる一瞬)を伝えたくて、この名前をつけたんではないかと思うんだけどな〜。

皆様は、いかが思われますか?



■後書き                        
後書きが復活して嬉しゅうございました。作者様の生?の声を聞ける貴重な機会ですものね、これからもお願いいたします♪

例の年号問題は、ご丁寧にお詫びいただいてしまいました。
いえいえ先生、わたくし的にはここは全然気にしてないです。むしろJ庭当日欠席の方が衝撃…ゴホンゲホン☆
                           

物語の舞台は海に戻ります。
う〜ん、最後の最後に気になる一言…。19巻でグローリア号は海に戻れるってことかい…?

19巻でもはや「海に戻る」には、グローリア号が出撃するところまでは描かれるってことだよね。となるとジェフリーはどうなるのかしら。
置いていくってことは絶対ないから、力づくで強奪?それじゃ後がないよね。←乗組員とその家族ごと犯罪者になってしまう
後顧の憂いなくジェフリーを船に乗せるには、う〜ん…。

もしや敵船の秘密(船の模型の謎)を実際に知っている(とされている)ジェフリーを従軍させるために、いったん死亡したことにして(=「死亡記録」がここで書かれる)クリンクから出し、「幽霊」扱いで船に乗せるとか?
ウォルシンガムがこんなこと許すわけがないけど、ここでカイトが活躍するのかな…。それじゃキットと同じだよな、第一カイトはもう「予言」はしないだろうし、う〜んう〜ん…。
でも19巻で「アルマダの戦いが幕を開け」、物語の舞台が海に戻る=グローリア号が出航するなら、ジェフリー救出〜出撃までにそれほどのページ数は割けないはずなんですよね。

ここが19巻の一番の見所ですね、カイトがビセンテに残した例のメッセージの件もあるしね♪

                  


                   


皆様、お疲れさまでした。
腐乱シスコなわたくしの愛の激ナガ説法に、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ピタリとはまったピースもあれば、いまだ手つかずのピースもあり。18巻も楽しかったねぇ!

END予想は、本当はないじぇるが船長のまま、カイトとジェフリーがこそっとグローリア号に乗り込んで、僕達の航海はまだまだ続く…!てなラストも考えたのですが、それじゃONE PIECEになっちゃう(笑)上に、結局ないじぇるは独り立ちできない=TOPとしての責任を負えなくなってしまう=乗組員(幹部以外の下っ端水夫は航海の度に雇うのが普通)もツートップだと戸惑うので、ないじぇるがナイジェルになるためにはジェフリーとの別れが必然…という考えからこんな形に落ち着きました。ないじぇるびいきなもんで、すみません☆


こうやってナニサマビジョンの激ナガ感想を毎度楽しく書けますのも、皆様が太っ腹に受け止めて下さるからでございます。いつもありがとうございます!

そして皆様には皆様それぞれの、素敵なナイジェル、素敵なイメソン、素敵なフレブララストが胸にあることでございましょう。
もし機会がございましたら、皆様の「フレブラ」をわたくしにも教えてくださいませね。


                                                                

さて、次回19巻はフレブラ10周年記念巻でもございます。
特別小冊子が出るとか、彩さんグッズが出るとか、ワクワクニュースもチラホラ…♪
しかしながらわたくし、読んで考えて書くのに精一杯、自力ではこういった情報は全く収集できませんのです。どうかどうか、今後アタラな情報が発表されましたらご一報いただきますよう伏して!伏してお願い申し上げます!!

代わりといってはなんですが、秋の祭りは盛大に開催いたしたく思っております。
夏休み中にフレブラ1〜18巻を総復習しといてね♪「フレブラクイズ」をみんなで作ろ〜♪♪
                                ↑1年以上前から仕込んでいた企画とはこれのことです 







                                     〔絵師:彩〕〔絵師:雪舟薫〕〔カラー:★★★★★〕〔カット:★★★★〕


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]本編感想 | comments(12) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

ご苦労様です!今回も面白かったです。
凄く納得のいく感想で
いつもながら、うんうんと頷きながら読みました。
でもでも
>ナイジェルが崩壊寸前のドアに2人を突きとばして、現代へと帰すんじゃないかなぁ。
ついうっかりこれもあるかもと思いながら読んでしまって、その後我に返って
納得でき無〜い!!!!!いや〜と叫んでしまった(笑)

やっぱり16世紀で16世紀のおしゃれな服を着た素敵なジェフリーがいいな〜
でもスーツの金髪ロングヘアーもいいか!ジェフリーなら似合うし!
そう考えると(こんな事かいと自分ツッコミして)
もう二人が幸せになるなら、どっちでも良くなってきました。

ドラグネットや小冊子など、いろいろあって19巻は遅くなりそうな予感がします。
その他も嬉しいけれど、やっぱり本編ですよね。
また19巻での楽しい感想をまってます。
comment by: まひる | 2011/07/27 09:33
■かOO様
嬉しいお言葉ありがとうございます♪おかげ様で全快&大物(激ナガ感想2本立て)をぶら下げて帰ってまいりました、腐乱シスコ=miru−haでございます☆

毎度激ナガ感想にお付き合いいただき恐縮です。でもって、いただいたお言葉にホッといたしました。あまりにないナイととっちらかってるので、さすがに引かれるかと…σ(^_^;)

>主人は犬に愛される
んまあ、なんて潔いタイトル!犬が主人に愛されるのはあたりまえですが、主人が犬に愛されちゃうのですね♪じゅるるるる…。あ、なんだろう?口から出るこの糸水は?

>直江の名言
わずか数冊でリタイアしてしまった私ですが、こんなおいしいセリフがあると知っていたらリタイアなんてできなかったかも…!
「狂犬ですよ。」はゾクゾクきました!

>私と代れっ!
ここんとこのフレブラは、わたくしの腐乱シスコマインドを読み切ったかのような「私と代れっ!」シーンがもりもり投入されており、そのたびに床を激しくゴロゴロする羽目におちいっております。おかげで我が家の床はPC付近だけピカピカです。

かOO様がフレブラ教への入信をご決心なされたあかつきには、秘伝のHOW TO ゴロゴロ☆を伝授いたしますので、どうぞいつでもお声かけくださいまし♪
comment by: miru−ha | 2011/07/29 01:35
■miOO様
いらっしゃいませ、こんばんは〜♪
ご心配おかけしてすみません!お礼とお返事が遅くなることをお知らせした方がいいかと思ったんですが、かえってお気遣いさせてしまいました…わあ(|||▽||| )

>おまけのP119、12行目 ・P128、15行目
あれは見たかったよね〜っ!まあ、脳内で超鮮明(ハイビジョン?)に映像化してしまうので、しかと見た(ような気にはなれる)んですが☆

>動物王国
ええ、あれは羨ましかったですよ!猫と犬に囲まれてるだけでも天国なのに、牛に豚に羊に馬にロバにひよこに兎に…(エンドレス) 
下足番はmiOO様に取られちゃったから、私は門番あたりで雇ってもらおう♪
…って、職場、王国のはしっこじゃん!動物もないじぇるもメッタこないじゃん!Σヽ(゚∀゚;)

>余震
微震ながらこちらまで伝わってまいります、ご家族ともどもどうぞお気をつけ下さいね。本棚は特に気をつけてね〜っ!!

>交渉人と是とフレブラ
まったくもっておっしゃる通りでございます。
この世にこれほどの未練があったら、簡単には死ねません。まさしく、良いBLは生きる糧ですね!
comment by: miru−ha | 2011/07/29 01:40
■奈O様
激ナガ×2本立てでガツガツ萌えてしまいました、最後まで読んで下さってありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけましたなら望外なる光栄でございます♪

>おまけ
そうなの、「子犬のようにじゃれる」2人が好きなの!CDもね、諏訪部ジェフリーが小西ナイジェルをピンキーにからかってる全サCD「グローリア号航海記」が一番好きなの!

>ジェフリーを拭いてあげるナイジェル
そうそう、コレ私も気になって、実は途中まで書いていたのでした。一体どの辺でないじぇるはコトに及んだのか…(≧ω≦)キャ♪

ないじぇるスケジュールによれば、「まずは部屋の掃除→清拭→温かい食事→船の模型を見る」って言ってますよね?
となると、獄史と一緒に床掃除して樅葉を薫蒸した後、温かいスープが届くまでに、ないじぇるはコトを終えているはず。ってことは、P127「心休まる樅の薫香が、独房に染みついた悪臭を駆逐する」時間(推定約10分)でないじぇるはそれを実行したと思われます。
つまり2人がカイトの知恵を褒めたたえている間、行為としては…ぐふふふふ☆←ジェフリーの背中の傷に唇を這わせるぐらいのことしてくんないかな〜♪というぐふふふふ☆

ってなことをあの感想中にどうしても入れられなかったので(流れぶち壊し→カットの「おまけ」ももともとは「6章」部分に書いていたがイラストコーナーに異動させた)、書くのをやめてしまったのでした。いや〜ん、今書けて嬉しい♪♪

>脱臼癖
ええ、ジェフリーの、1回しか出てこないけど得意技☆な、『魚釣り』はもうお目にかかれないかもしれませんね。どうにも手先を酷使しそうな得意技ですものね。
JPは裏の世界にも通じてそうなので、戸籍やパスポートは用意できそうな気がします。
でも名が知れてるキットに適職を斡旋するのは難しいかもですね〜。ないじぇるは動物王国を経営すればいいけどさ♪
ジェフリーは海斗とともに「トレジャーハンター」がいいのではないかと思います。本業(海賊)と似てますし、運がいい男だからあり得ないお宝発見!な幸運に恵まれそうだし、なにより一攫千金のばくちな生き方が似合ってるよね。

>extra2
読みました!そういえばナイジェルが楽しくお買い物してたような…☆しまった、後編のラウルにぐるぐるしちゃって前半おざなりだったよ!
わたくし、フレブラ同人誌はすべてレンタルいただいたのですね。いつでも読み返せるように自分でも手に入れたいなあと最近特にそう思うんですが、探し集める時間がマジでないんです〜…。
でもいつか、いつか必ず手に入れる!!うん、強い想いがあれば奇跡は起きるのですよ☆

っていうかー、毎度これだけの情熱と時間と文字数をかけて愛を叫んでいるのだもの、強い想いがあれば「ドア」が開くってんなら、夏コミ会場・徳間書店企業ブース前に繋がってくれる「ドア」がそろそろ開いてくれてもいいじゃないのよねえ。←腐乱する方向が違ってる←「病み上がり」をご考慮下さい


例の小冊子とグッズは秋(10月ごろ)に通販予定との情報を教えていただきました。
私もさすがにこの夏は上京できないので、通販に賭けます!
でもってグッズもポスターも、夏コミで販売する商品とすべて同じものを通販してくださると信じています、徳間書店さん!!
comment by: miru−ha | 2011/07/29 01:59
■瑞O様
こちらこそお声かけいただきありがとうございます〜♪

>ポスター
えーっ!そんなステキグッズまでオークションに出るんですか?
ひゃ〜、オークション恐るべし…!!でもこういうモノっていくらぐらいが相場なのでしょうか…とかお伺いしたら失礼でしょうか。でも気になる…(≧ω≦)

>CD
「9」は素敵でしたね〜♪えーっココで終わり?!Σ(- -;;ノ)ノなところで終っておりますけど(笑)
「7」は、確かに腐乱前のご令嬢にはオススメできかねますね。でも、腐乱進んで小バエが飛んでるわたくしなんぞは、若干モノ足りな…ゴホンゲホン☆
ザバッ、かこーん☆な、銭湯?音がやけに記憶に残っています。


>スナフキン
描けます(笑)
♪夕日に浮かぶ〜おさびし山よ〜、

というスナフキンの歌も歌えます。
どうやらわたくし、スナフキン大好きだったようです。自覚なかった…!
comment by: miru−ha | 2011/07/29 02:01
■みOO様
わ〜っわ〜っ!素晴らしい情報をありがとうございますっ!!西に向けて手と手を合わせ、「しあわせ」を噛みしめています。な〜む〜☆

ステキ情報をお知らせ下さったみOO様のお心尽くしに胸打たれつつ、みOO様の非凡なる判断力と行動力にも感服いたしました。
だってわたくし「問い合わせ」なんて夢にも浮かびませんでしたよ、電脳最下層でぶつくさ文句たれてるだけの我が身が情けなくてならない…。
でも「今さら性格は変えられないよね、この年になったら」と松岡御大も申しされておりますように、わたくしももう変われそうにありません。ゆえに、これからも激しく頼りにしております、みOO様♪


この度の通販は、小冊子だけでなくてポスターやその他のグッズも通販されるってことですよね?!
やった〜!手に入るなら、多少遅くなっても全然無問題ですよね!
でも「キャラオンラインショップ」で扱うわけではないんですね、社をあげて本格的に取り組んでいるってことなのかな。これで売上実績が上がらなければ「次」はないかもしれないものね、精一杯ご協力させていただきましょうね☆


>イラスト集
マジメに推察すると、新書館さんなら間違いなく出すと思いますが、徳間さんはどうかな〜と思います。
この出版社様の美術系(デザイン系)書籍って覚えがないんですよね。アニメ資料集的イラスト集ならありますけど、それとは性質が全く違いますし…。文庫デザインからみてもこっち方面が弱いのは明白(失礼な!)なので、実現は難しいかもしれませんねえ。
comment by: miru−ha | 2011/07/29 02:05
■まひる様
毎度激ナガを丁寧に読んで下さってありがとうございます♪
遅くなりましたが、18巻感想も無事書きあがりますた。いや、ホッとした〜。

>16世紀ジェフリー
そうなのですよ、16世紀のイケメン☆ジェフリーはヘタするともう出てこない可能性も!

でも作者様はこのままではほっとかない気がする=全開ジェフリーをもう一度書いて下さる気がするのです。でもって彩さんがカットを描いてくれる気がするんだよね。

19か20巻、カイトといよいよ…てな時に、例の緋色のダブレットに袖を通したカイトとジェフリーの艶姿ってなシーンがあったりするのではないかな〜。←その後現代に…てことね

>スーツのジェフリー
うわ、これ見たい!眼鏡ナイジェルと共に、彩さんにぜひとも描いてほしい1枚です。

>ドラグネットや小冊子など、いろいろあって19巻は遅くなりそうな予感がします。
うんうん、あり得ますね〜。J庭ご欠席もドラグ改稿等でご多忙になったから?とか思っちゃったし☆
19巻は10周年記念巻でもあるので、遅くはなっても出ないってことはないと思うんですが、今回並みに薄い可能性はありますよね←実は18巻は最薄(最少ページ数)新記録

まひる様おっしゃる通り、本編を最優先でと伏してお願い奉りたいです(≧ω≦)
comment by: miru−ha | 2011/07/29 02:31
■奈O様
こちらこそお返事ありがとうございました。本文だけでなく、コメントまで激ナガで申し訳ありません…。どうか懲りずに遊びに来て下さいね。

感極まったないじぇる…思わず背中におでこをつけてオトコ泣きしてしまい、伝う涙が傷口に浸みてしみてジェフリー悶絶、焦るないじぇる。でもジェフリーは彼を傷つけまいと「お前が舐めてくれれば、こんな傷すぐ治るさ。」とかなんとかいってくれて、悪いと思っていたないじぇるが、真っ赤になりつつもちょっとだけ実行してくれる…てのはどうでしょう♪←どうでしょう♪じゃねーよ!Σヽ(゚∀゚;)


コミケグッズ情報ありがとうございました、早速キャラサイトをチェックしてまいりました!!
でもってあまりに萌えたのでひと記事書けてしまいました(笑)この後あげますね。

「ガールズ〜」の小冊子は、コミケ・通販で扱う小冊子と同じものだとお伺いしております。とりあえず「ほっ☆」です。
奈O様のおっしゃる通り、新グッズにフレブラ系はご勘弁いただきたいですよね、出るのは嬉しいけど地方在住者にコレクター活動はハンディありすぎるぅ

>HKドラグネット1
表紙がとても素敵でしたので、店頭で何度も手に取ったのですが結局買わずに帰ってきてしまいました。
この作品全くの未読なので、皆様の感想をお伺いしてから決めようかな〜と。

過去作にキャラの原型を認めることはままありますよね。私も「君だけがたりない」を読んだ時、攻め様はジェフリーとナイジェルをミックスしたようなお人(黒髪ゴージャス)だな、お相手の受け子君は大学生になったカイトって感じだな〜と思ったのでした。←なので余計に楽しかった=結構好き

奈O様のご感想を拝見して、わたくし「ドラグ〜」も満喫出来ると確信いたしました(笑) どうせなら小冊子も欲しいもんね、4巻発行までには買いそろえよう♪
comment by: miru−ha | 2011/07/31 01:41
18巻を読んでから、またフレブラ熱が急上昇してふらふらしていましたところ、とても読み応えのある感想を拝見しまして感服いたしました。
歴史だけはおえるのですが、キリスト教的解釈とかなるほど〜ととても勉強になりました。
こういう予備知識があるのとないのとでは面白さがまた違うよなと。
私は今回のジェフリーの策が海斗が以前言ってた織田信長作戦を思い出したのかなと思うと、この人は海斗が言ったことは和哉並に忘れてないんだろうな〜とにまにましました。
もう次作が待ち遠しくてなりません。
感想を拝読して、同人の方も読みたくなってしまいました!
comment by: まりい | 2011/09/26 16:50
■まりい様
初めまして、そしてもったいなくも嬉しいお言葉ありがとうございます!
愛と時間と文字数だけは謙遜なく込めておりますが、知識も表現もお恥ずかしい限りの自己満足感想を、こんな風に言っていただけますのはなんだか照れる…キャッ(〃ノ∇ノ)

18巻、(カイトの出番はほぼ0にもかかわらず)各キャラに色濃く残るカイト臭?が大変楽しかったですね!

>和哉並みに忘れない
わはははは、ほんとにね!
でもね、愛情合戦ならうちのないじぇるも負けてませんよ♪18巻6章の「樅葉薫蒸」、もともと船中の鼠駆除のために自分が率先してやっていた行為(6巻参照)だと言うことをおくびにも出さず、カイトの功績として褒め称えてましたからね。
あの時のないじぇるってばきっと、(カイトは俺のことをいつも見ていてくれていたんだな…)などとニマニマしながら褒め称えていたに違いない…。などと考えると、私のにまにまも止まりません


同人誌、いつか出版してくださると良いのにね〜。今まで誰にも書いたことのないファンレターでお願いしちゃおうかな〜☆
comment by: miru-ha | 2011/09/27 23:30
■セOO様
初めまして、いらっしゃいませ。このような電脳最下層のイロモノブログを探し当てて下さいまして、本当にありがとうございます。
嬉し楽しのフレブラワールドですが、18巻イッキ読みはさすがにお疲れになりましたでしょう?まずはご一服( *´▽`)_且~

いただきました嬉しいお言葉に恐縮しつつ舞い上がっております。ブロガーにとりまして、楽しいといっていただけることがどれほど励みになりますことか!ましてや大好きなフレブラの感想記事でこのようにお声かけいただけましたこと、とっても幸せでございます♪

ジェフリーとないじぇるがじゃれあう姿は、もうどうしようもなく楽しいですよね!(特に子犬時代)この時代があるからこそ18巻の6章が沁みて沁みて…。近日発売の外伝を読んだら、18巻をまた読みなおしたくなるだろうと思います(何回読めば気がすむのか、笑)

CDや同人誌ワールドは15巻まで縁がなかった、まだまだひよっこフレブラーなわたくしですが、フレブラを愛するお客様に支えられつつ、ここで好きなことを書かせていただいています。
よろしければ、どうぞこれからもご都合のつく時に遊びに来て下さいませ。ご一緒に楽しくフレブラトークしてまいりましょう♪
comment by: miru−ha | 2011/11/21 00:27
■メールを下さったうOO様
18巻読了お疲れ様でございます!でもでも楽しい時間でございましたでしょう♪←つい自分の手柄のように嬉しがってしまうσ(^_^;)

私も「FLESH&BLOOD」というタイトルを見る度、色々な想いがこみ上げてまいります。
血と肉=人を「人」ならしめるものはなんなのか。「人」として生きるとは?
根源にして究極の命題ですよね。答えは早々出ないけどね〜

時代小説の面白いところは、名を残す人も残さぬ人も、皆精一杯それぞれの人生を生きていて、その交わりの一部がたまたま後世に残る結果となっただけだということを確かめていく喜びと思うのです。こうしてわたくしどもがブログを通じてお話を交わせるようになったご縁も、遠い未来では歴史の一環になっているかもしれません。そう考えると、生きてることが愛おしいよね♪

物語を通じて読み手の人生にまで想いを馳せてくれる、おまけに萌えまでたっぷり注いで下さる、作家業とは本当に素晴らしいお仕事だと思います。

私の感想は、フレブラ読んでこう感じた、こう考えたという読書報告みたいなもので、根拠もなーんもないものですから(英文学ご専攻ってすごい!色々教えて下さい!)うOO様からの嬉しいお言葉がもったいないのですが、こんなわたくしでよろしければ、どうぞ、うOO様のフレブラ大航海のメイトにしてやってくださいませ。キャビンおばちゃん(?)からでいいからさ♪

19巻!
もー、いよいよ終わりが近づいてきた感がひしひし伝わってきて、嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちです。でもでもやっぱり続きが気になるのよ!
6月は1年ぶりの本編に向けての総復習月間にしようと思ってます。どうかおつきあいの程よろしくお願いいたします♪

comment by: miru-ha | 2012/05/14 21:57

Leave a comment