スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

連動コミック企画・マンガしりとり「え」〜「equus−エクウス」  えすとえむ

■マンガしりとり・ルール
・偶数月第3日曜担当:わにこ 奇数月第3日曜担当:miru-ha マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音は有る無しどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム

■前回までの流れ(題名ポチでブログを超えて記事にジャンプ)
「真空融接」→「月に狼」「ミルキーウェイ」「イティハ―サ「サラデナーサ」「櫻狩り」「リターン「探偵青猫」「この手でよければ」「パパがも一度恋をした」「太陽と月人」 「とめはねっ!鈴里高校書道部」「ファンタジウム「ムーン・ライティング」 →「クロノクルセイド」→ 「トラ兄さんとワンコさん」「サバス・カフェ」「エマ」「まっすぐに行こう。」「兎オトコ虎オトコ」「ご主人さまとよくできた執事」「失恋ショコラティエ」→「永遠のボーイフレンド」→「となりの怪物くん」 →「空中庭園」


馬、うま!

こちらおじさまのためのダジャレ教室ではなく、miruhaの腐ったブログで間違いございませんよ、皆様、こんばんは☆

本日は、「北の主腐から」のわにこさんとの連動企画・お久しぶりの「マンガしりとり」開催日でございます。
わにこさんにこうして再び企画にお付き合いいただけます喜びと、皆様に読んでいただける光栄を噛みしめながら、今後も楽しくお送りしていきたいと思います。改めまして、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回いただきましたお題は「え」でございます。よっしゃーっ!!
企画なくとも感想書いたに違いない超おすすめマンガ、しかもほっかほかの新刊、
えすとえむさん「equus −エクウス」でいっちゃうぞっ♪わにこさん、毎度ナイスパスありがとう〜っ(≧ω≦)
企画再開を祝し、ほぼ同時期に発売されました姉妹?編・「はたらけ、ケンタウロス」と絡めましてとってもボリューミーにお送りいたしますです♪←というか、この2冊を切り離して感想が書けない

【蛇足的ご説明】
・「equus −エクウス」(2011・4・25)…作者様が同人活動で発表していた連作読み切りに描下ろしが一編ついた初商業化作(BL度70%)
・「はたらけ、ケンタウロス」(2011・4・9)…「黒船ZERO」連載の健太郎編(表紙のほろ酔いサラリーウマン編=BL度10%未満)+「ビーボーイGOLD」での掲載作(BL度50%)+おまけ描下ろし4コマ

    
                     このギャップ どうよ(笑)  

  ◎2冊トータル感想                                              
◇「equus」帯コピー
ケンタウロスと恋をする−
ケンタウロス(下半身が馬の種族)と人間の異色のラブストーリー集。
様々な時代と国で交わされる、切なく扇情的な異種恋愛譚8編を収録。
商業誌未発表作の今シリーズに加え、描き下ろしも収録!

◇「はたらけ、ケンタウロス!」帯コピー
【ケンタウロスと友好的な関係を築くための注意】
(1)「馬臭い」と蔑むこと。人間のイジメも「お前臭い」の一言から始まります。
(2)お尻や股間をジロジロ見ること。丸出しですが好きで出しているのではありません。
(3)ラッシュの電車の中で「オマエは走れよ!」と言うこと。公共機関は仲良く使いましょう。
(4)馬刺しを食べるケンタウロスを見て「共食い!?」と騒ぐこと。彼らは厳密には馬ではありません。
(5)競走馬で調子のいい馬を聞き出そうとしないこと。彼らにアタリ馬券はわかりません。


わたくし、えすとえむさんのお絵柄とタッチが好きでございまして、デビュー作(だよね?)「ショーが跳ねたら会いましょう」からゆるふわに追いかけておりましたが(新刊買う→次は見送り→その次は買う〜の繰り返し=飛び石購入)、ストーリーも含めた「マンガ」として総合的に面白い!と太鼓判を押したくなる作品にはまだ出会えていなかったのでございます。←面白くないわけではない=おおむね満足って感じ?

しかし、今作。えすとえむさんの最高傑作と断言いたしますです、すっごい面白かった…!←もちろんわたくしの主観

◇世界観
ラテン語で「馬」を意味する「equus・エクウス」というタイトルとイラストからおわかりの通り、今作の主人公は、ギリシャ神話から生まれた半人半馬の伝説の妖生物・ケンタウロスでございます。
どこでどうなったかケンタウロスが人間同様の市民権を得た世界、日本における外国人…程の扱い(と偏見←これすら笑える)で繰り広げられる不条理ファンタジーです。そういう世界だと納得できれば、あとはもう楽しく読み進めるだけでよいのでございます。

「はたらけ〜」は、現代社会に生きる(わはは)サラリーマン・ケンタウロスが主役のオモロー短編集ですが、対しまして本日のお題「エクウス」は、人とケンタウロスが共に暮らす世界観は同じながらより牧歌的、より刹那的な短編集となっております。
つまり表紙絵のテイストがそのまま作品精神ってことでございますね。別出版社から連続発売されることもよく考えれば不思議なことながら、腐界がらみならアリだとすんなり思えます。いいよね、この柔軟性♪←時に柔軟過ぎて理解が追いつかない=おいてきぼりが切なくなることもあるけどね(笑)


◇「equus エクウス」感想                                        
馬、うま!←冒頭の一言

翼が最も似合う哺乳類NO.1、ペット以外(犬・猫・兎など)の動物を描こうと思う時、まっ先にトライしたくなるのが「馬」でございましょう。←イラスト考察「イレズミ」参照
でもね、描くと分かりますが「馬」を多角的に描くのはかなり難しいのです、被写体が側にいない&いてもカメラ目線(人の目の高さ)でしか直視観察できないからです。(サーカス会場や競馬場の観覧席からとかなら俯瞰視点が可能かもな〜)
つまり馬を真上視点で描けるようにまでなるには特別努力が必要&よほどの習作をこなさないとムリですが、そもそもそこまで描こうと思いいたる絵師様が少ないのです。しかも今作はただの馬ではなくてケンタウロス(人との合体)だもんね、わざわざ描き応えある素材にランクアップさせている=本物の動物絵師様といえましょう。
単純に「振り返る」なんてしぐさだけでも難易度C!ですが、そんなことはモノともせず、どこにもここにもため息出るほど美しい馬、馬、馬…!(馬と呼ぶと彼らは怒ります、笑) 
人:馬、馬:馬、馬:他動物(または背景)などなど、難しい体格差(人体比)も完璧、狂った絵が一コマもございません。骨格まで描いてあるんだからすごいよ!!
マンガでここまで美しい「馬」を拝見&感動した記憶は名香智子さん「レディ・ギネヴィア」、原哲夫「花の慶次」よりほか思いだせないでございます。イラストスキー・動物スキーにはたまらない、眼福すぎて涙でそうになりました。

今作の表紙装丁がこれまた素晴らしいです。特殊アート紙に金の箔押しだからね!これで通常装丁の「はたらけ〜」と60円しか違わないとは、けしからんほどお得です。
出版社様の入魂具合が推し量れようというもの&わたくしそのお気持ちがとってもとっても分かります。そうしたくなるクオリティなんだよね〜。

企画再開記念だから、全短編に一言感想書いちゃいます&イメソンも特別につけちゃいました、合わせてお楽しみくださいまし♪           

           
今作も、歴史秘話には違いない(笑)

                                             
                              
「エクウス」収録短編はすべて馬の毛色をタイトルに冠しております。←その毛並みのケンタウロスが主役のオムニバスってことです
※ピンときにくい色もある&末席ながらカラーコーディネーターの意地をかけて(失笑)、ガンバって日本語訳してみましたがエラい難しかったのでした。だから英語だったのか〜(汗)今記事中最も時間かかった=なんでこんなことに時間割いているんだろうか、わたくしは。

「Dun Black」(濃褐色…かな)…現代日本生息・大学生ケンタウロス&クラスメイトの人間。
※ちなみに馬×人はさすがにムリ(じゃないかもしれないが、そここだわったら作品台無し☆)なので、「&」表記にさせていただいております。
主人公の青年(人間)は、気の置けない友人達(ケンタウロス含む)とサマーキャンプ中、振るほどの星空の下でケンタウロスの寿命のヒミツを聞いてしまいます。「仲間を見送った(葬送した)記憶がない」とのたまうほどケンタウロスの寿命は長く、遠く鎌倉時代から生きている同輩もいるんだとか←スケールでかっΣヽ(゚∀゚;)
ケンタウロスにとって人との関係や思い出は重ねるほどに儚く寂しくもの、だからこそ重ねていきたい大切なものなのだと分かるのです。ならばオレとの思い出は…。
のっけから切ない!笑えない!でもいい

・「Chestnut」(栗毛)…子供の頃の約束を果たす幼馴染同士(もちケンタウロス&人間)
子供の頃チビで泣き虫だった幼馴染は、再会時にはドSなイケメンになっているものですが(ナニ、この偏見Σヽ(゚∀゚;))、今作ではそのようなことはなく、ただデカくなっただけです。規格外に。わははははは!

・「Black&White」(白&黒)…収録作随一の色エロケンタウロスカップル(表紙の2人)←2頭とよんではいけません
そこになんでか人間が1人加わり、夢の3Pです。さすがBL、夢は見るだけで終わらせない!(わはは) 背中からガバーっと(身もフタもない表現)、白を喰っちゃう黒ケンタウロスがそれはもう美しいです。

・「Reopard」(豹紋)…泣けた。掌編だからこそ美しい珠玉の一作です。わたくしはこのお話、この関係が一番好きです。(ので、あえて詳細語らず)
イラスト(と表現してしまう)も今作がもっとも素晴らしい、こんな風に描いてみたいよ…。

・「Gray」(芦毛)…1話で話題に上った「鎌倉時代から生きてる同輩」のお話。あの回だけのギャグかと思ったら、こんな切ない剛速球を!春駒さんは今もきっと、どこかで生きているに違いないです (T^T)

・「Bay Silver」(チョコレート&淡茶たてがみ)…2作完結+今回描きおろしで3部作になりました。
3部があってもなくてもそれぞれ別味で面白い、まさに匠の味わいですが、この描き下ろしを嗚咽とともに味わおうと思うなら、「はたらけ、ケンタウロス!」の名前のエピソードを読んどかないかんのだな!←名前は彼らにとって特別の意味があるのです
貴重カラー種「Bay Silver」にまつわる、切ない恋の寓話。あああ、これも好きだわ!
最終奥義を決められない関係だからこそ醸しだせる哀愁あふれるエロティシズムにやられます。貴重種ケンタウロスがとにかく美しい。

彼の名前…ずっと考えてます。

                                 
皆様、お疲れ様でし。
よく考えたら今年初のBL(ぽい)マンガ感想、ついつい熱が入ってしまいました。
この感想中「美しい」「切ない」を何度使ったことやらf(^^;)  自分の語彙の乏しさがイヤになりますが、でも今作はこの2語に尽きるのです。いや、よかったよ!

各々1冊だけ読んでも美味しいのですが、わたくしとしてはぜひ2冊とも、それも「はたらけ〜」→「エクウス」の順で味わっていただきたく思います。
いってみればこの2作はケンタウロス社会を隠と陽に煮詰めた世界、その中にもさらなる陰中の陽、陽中の陰が描かれる、いわば俳句と川柳のような関係なのです。

イラストと見まごう美しいお絵柄を際立たせるかのごとく、徹底的に削いで磨いてさらりと描く(←ココ大事)嫋々たる韻余の世界、この響き噛みしめちゃってください!



ではではわにこさん、次回お題は「す」です。よろしくお願いいたします〜♪




 

【関連記事リンク】

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・あ行]えすとえむ | comments(3) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

わーわーわー!(#゚ロ゚#)
これ書店で見かけて、表紙の美しさと馬wの衝撃で買おうかどうかしばらく迷ったんだけど、未読作家さんのうえに切なそうな匂いがしたので購入断念してたのでした。(本当は『ワタシの財布はとってもコールド』状態だっただけww)

miru-haさんイチオシなら間違いないですね!
早速、ポチってきました。
「Black&White」が楽しみ♪(●´∀`●)

次回、「す」ですね。
頑張って面白い作品を探しておきます!
comment by: わにこ | 2011/05/15 01:54
■わにこ様
この表紙は目を引くよね〜、ほんとにきれいです♪
「切なそうな匂い」はまさしく大当たり、全編どれもが美しく切ないのですよ!
ぜひぜひいってみて下さい、「Black&White」のあのカットは眼福でございますよん♪

次回も楽しみにしております、何が来るのかな〜っ♪(≧ω≦)
comment by: miru-ha | 2011/05/15 20:49
■かOO様
あやのさんが出ましたか〜♪あれはイイよねっ、バルドのぷりOOが特にね!
お礼ページ画像は半年をめどに変更しております。次回もそろそろ準備しないとな〜、総替えは寂しい&時間がかかるので半分ほど入替えの方向で☆何が来るのかお楽しみにね〜♪

アチラにも書きこんどります、お時間ある時のぞいてやってくださいまし☆

comment by: miru-ha | 2011/05/17 23:02

Leave a comment