スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「胡桃の中 3」 川唯東子

佐伯かよの「姫(あきひ)」、細野不二彦「ギャラリーフェイク」と並んで、マンガ界3大ガチンコ美術ミステリーと勝手に位置付けております、美術好きでもそうでない方もたまらん面白さのmiru-haMYベストBLコミック・ランクイン作品のお久しぶり3巻目です。

                        *

2巻で終わりと誰もが思っていた川唯さんの傑作コミック、雑誌「クロフネZERO」の創刊号(2008年夏だったかな?)にお名前があった時は心底驚きました。
コミック派のわたくし、3巻発行がいつかある!と首を長〜くして待っておりましたが、なんと2年も待つとは…。首、妖怪並みにのびちゃったよ(笑)

様々な芸術品や芸術家を絡めて「ドラマ」を構築していく手法は相変わらずお見事、大変読み応えありました…

特に「胡桃の中・XI」は…う〜ん、すごいなあ…。
画家が戦ねばならないのは迫る死期への恐怖だけでなく、自らが歩んできた人生を見つめなおす恐怖と悲しさ、それらを昇華させるために手にするのはやはり絵筆…。これを業と呼ばずして何としよう…。

芸術品の(商業的)価値は哀しいことに、作者が物故かどうかで全然違います。もちろん没後の方が圧倒的に価値が上がり、彼の作品も人間性もそうなっていくのでしょう。
どれほど生命力あふれる傑作でも、「壁の落書き」に商品としての価値はないのです。

でも本当にそうなの?
真の芸術とは、人の価値とは、誰がどうやって決めるのか、また、それは決めていいものなのか、考え尽きない深いテーマがあの一本には込められています。

芸術作品自体が苦悩と葛藤に彩られた魂のドラマなのですから、それらすべてをガチンコに扱う「画商」作品に駄作はないのでございますね。
コミックという媒体と相性が良い(文字通り「絵」が補助できる)=扱えばほぼ100%傑作になれる保証がある「画商」題材ながら作品数が圧倒的に少ないのは、勇気ある作家様が少ない=メイキングに付け焼刃がきかない、作家の真の博識度が問われるからで、ゆえに「画商」を主役にした作品はもうそれだけで高評価してしまうのがわたくしの持論、というかクセでございます。

残念なのは、各話ごとのサブタイトルが無くなっちゃったこと。毎回すっごく楽しみにしていたので、わたくし的にはBLラブ度ゼロよりある意味衝撃でした。

余談:ラブ度ゼロ
なんとも雑誌カラーに忠実。←黒船並みの衝撃を伝えるマンガ集&「ゼロ(同じものなし)」ってことなんだよね、わはは


 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・か行]川唯東子 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment