スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

連動コミック企画・マンガしりとり「と」
〜「となりの怪物くん」 ろびこ

 ■マンガしりとり・ルール
・奇数月第3日曜担当:わにこ 偶数月第3日曜担当:miru-ha マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音は有る無しどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム

 ■前回までの流れ(題名ポチでブログを超えて記事にジャンプ)
「真空融接」→「月に狼」「ミルキーウェイ」「イティハ―サ「サラデナーサ」「櫻狩り」「リターン「探偵青猫」「この手でよければ」「パパがも一度恋をした」「太陽と月人」 「とめはねっ!鈴里高校書道部」「ファンタジウム「ムーン・ライティング」 →「クロノクルセイド」→ 「トラ兄さんとワンコさん」>「サバス・カフェ」「エマ」「まっすぐに行こう。」「兎オトコ虎オトコ」「ご主人さまとよくできた執事」「失恋ショコラティエ」→「永遠のボーイフレンド」 


連動コミック企画・マンガしりとり ついに2年目突入でございま〜すノ^∇^)ノ☆.。.:*・
2年目からは毎月第3日曜、奇数月が『北の主腐から』・わにこさん、偶数月がわたくしの担当と、更新期に少々変更がございます。
今後も大切に末長く続けていく所存でございますので、どうぞ変わらぬごひいきの程よろしくお願いいたします♪

さて、今回わにこさんからいただいたお題は「と(ど)」でございます。うお☆3回目だ(笑)

1回目…「とめはねっ」(少年マンガ)
2回目…「トラ兄さんとワンコさん」(BL)
ときておりますので、ならば今回は「少女マンガ」から選ばねば♪

ってことで本日は、まさかろびこなんてペンネームのマンガ家さん作品が、おばちゃん(わたくし)のツボにヒットするとは夢にも思わんかった☆不覚!な胸きゅん少女マンガ、
「となりの怪物くん」でいってみたいと思います。       
 


ネタバレが少々きついので、ページ折らせていただきますね。




 
となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も学校に来ない…。自分の成績と将来にしか興味がなかった水谷雫は、たまたまプリントを届けたため、その吉田春に勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って優しくすると今度は告白までされちゃって…!?

2010年「このマンガがすごい!」にもランキングされて、ずいぶんメジャーになりましたね。
もちろんわたくしは「のだめ」同様、連載一回目からチェックしておりま…せんでした。
さすがの?わたくしも「デザート」はチェック対象外なのよ、3巻発売時まで存在すら知らず…。(この頃ランキングが発表されて、本屋に山積みになっていた)

そもそも制服満開の表紙からしてハードルが高いのですよ、比較的ジャンル選ばずのマンガ好きのわたくしですが、さすがに高校生の恋愛(メイン)ものはカロリーが高過ぎます。
しかも、自分が若い頃は絶対こんなこと言う大人にはならないぞ!と決めていたセリフ、「私が若い頃は…」を恥ずかしげもなく連発してしまうぐらい、最近の少女マンガって変わっておりますので、いくら永遠のヲトメのわたくしといえども、簡単には手が出せません。昨今大人気の「君に届け」でさえ、8巻で挫折したし…(8巻まで読んだのがすごいのか?)
でもこのマンガは好きなの。イケたの。

とあるご縁で1巻をおっかなびっくり手に取って読んでみたわたくし、一目見て驚きました。

絵が生きてる!

BLコミックではめったにお目にかかれない(すまん!)、丁寧にぺンで描かれた綺麗な絵。マンガを一生懸命研究し、膨大な量の絵を描いて手を汚してきた方の絵です。
マンガとして上手い。描線もきれい。デッサンも完璧。コマ割のセンスもイイ。お絵柄も今風&超好み。←ここ大事  ああ、なんか目が喜んでる(笑)

これはもしやヒロイモノ?いやいや、「デザート」掲載マンガは絵だけはいいからな(凡例:「コスプレ☆アニマル」)、読んでみなければアタリかどうかわからないぞ?と、1巻全部読みました。
そして今、我が家には最新6巻までそろっておるのです。
                     
                          
1巻のツカミがまずいいのです。

草むらでイケメンにいきなり押し倒されてる主人公・雫(しずく)ちゃん。
う、またも体から始まるエロい恋かいな、と思わせといて、吉田(押し倒したイケメン)の目的はまったくトンチンカンなものでした…てなイントロです。
(う〜ん、ギャグを口(文字)で説明するのはゴーモンですね、なぜこんな罰ゲームを自ら課しているのか…。)

「となりの怪物くん」のタイトルながら、主役は雫(女子)でございます。でもってこの子のキャラが実にわたくし好みです。
ダメダメの父親のせいで男にも将来にも夢を見ない冷めた女の子、成績だけが豊かな未来を約束するといわんばかりにガリ勉しまくってます。ちょっと花男のつくしを思い出す所帯じみたキャラかな。しかも彼女には少女マンガヒロインにあるまじき重大欠陥が。なんと私服がダサい。ポシェット斜め掛けって…わはは!
むろん、雫以外の登場人物は男子も女子も今風にカッコよいです。「描ける」作者様だからこんな設定が笑えるのです。やはりマンガ力があると、ギャグもイキイキするよ。←ただ絵が上手いだけではダメなのよね

主人公以外のキャラも、どれもこれもいいんだな♪
可愛すぎてクラス中の女子からハブられた夏目ちゃんやら、これまた女子から煙たがられるまじめな委員長、男子チームも吉田の怪物ぶりはもちろん、偉大なる普通人・ササヤン、怪物の兄・優山、そしてそしてわたくし一番のお気に入り、

ヤマケンがかわいくってしょうがない


このかわいさは卑怯だよな。
初登場時は名もないザコキャラだった彼でございます、当然初めは見せ場もイイトコもなにもない。が、やがて名が付き、登場回数が増え、4巻ではあまたのサブキャラを差し置いてまさかの表紙登場、とうとう雫ちゃんを挟んだ3角関係に発展だ!
高すぎるプライドが邪魔して素直になれないヤマケンが、たまに見せる恋のトキメキ。これがもうかわいくって♪ かわいそうに、雫が吉田を好きだと知ってから好きになっちゃったものですから、せっかく芽生えた恋心の行き場がまったくないのです。←でもがんばってる

メインカプの行ったり来たりのまったりラブきゅんより、彼の報われなさの方が切ない=面白いという、ある意味下剋上でございますよ、よもやここまで立派な当て馬になるとは…すばらしい☆

ヤマケン、当て馬出世委員会・会長就任おめでとう!ワキヤクスキーのツボをごり押しです。
現在6巻まで出ているのに、わたくしがなぜ中途半端な4巻を画像UPしておるのか、もうお分かりいただけましたでしょう。←向かって左がヤマケンです

                           

一応ストーリーのメインはヒロイン・雫と怪物・吉田の恋の行方ですが(言い回し古っ)、サブメインとして「友達探し」がテーマになってます。でもって、こっちの方もメインに負けないぐらい面白いのです。
メインキャラの雫・吉田・夏目ちゃん・委員長と、学校で友達がいない子ばかりです。
お弁当を一緒に食べる友達がいなくてトイレで半泣きで食べるとか、ネット(コミュニティ)での私は人気者とか、放課後の寄り道がアコガレとか、なにやら妙にリアルな寂しい高校生活を笑いにまぎれて教えていただけます。
現役高校生な少なからず共感の嵐ですし、親の立場なら、我が子が学校でこんな風に過ごしてると知ったらショックだろうし、ラブコメを読んでいるはずなのに思わぬところで考え込まされてしまうのです。
極端なキャラばかりだが悩みは等身大とでもいうのかな、このマンガが大人が読んでも面白い=年齢選ばずの人気=ベストセラーの訳はこういうところにある気がいたします。

学生の本分は学業、彩るのは友情と恋、このマンガに出てくる皆様はまさしく青春真っ盛りなのでございます。


あああ、どう書いてもやぼったくなるf(^^;)
このノリと、キュンどころと、時にヒヤッと感は説明したら魅力半減なのですよ、実際に読んで感じていただかないとなぁ。←チカラ不足で申し訳ない


もしこれから読まれるお客様がいらした、カバー下は必ずチェックして下さいね。4巻最高☆



                                      

ではではわにこさん、次回は「く」でよろしくお願いいたします。「く」も2回目ですね、ごめ〜ん




 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[腐海航海記]マンガしりとり | comments(3) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

こんにちは!

このマンガ全く知りませんでした。
「このマンガがすごい!」が数年前からちょっと趣味が合わず、チェックしなくなったからか流行りモノに疎い私です。

>「私が若い頃は…」
そのお気持ち、よ〜っく分ります!ぅん((´д`*)ぅん
脳まで痒くなりそうな激甘少女マンガを読み続けてン十年ですが、最近の学校生活メインのはハードルが高く…この作品も1巻の表紙を見て少々引いてしまいました。
もうトシですわ。(ノ∀`)
でもmiru-haさんおススメなら、きっと面白いんだろうな。

「ちはやふる」も絶対に読まないとか宣言してたくせに読んじゃったので(笑)、機会があったら読んでみたいです♪

次回は「く」ですね。
どのジャンルから選ぶか…悩ましい〜。
comment by: わにこ | 2011/02/21 14:39
■わにこ様

ご心配かけてごめんなさい、おかげ様で仕事に復帰できるまで回復いたしました。
フレブラ情報もたくさんありがとう、今日の昼休みを潰して無事ゲットいたしましたよ、今半分ほど読んだところ、これからラストまで一気にイキます!!
そうそう、17巻ね、なんと衝撃的なことに後書きが…!これについては後日改めてお話しいたしましょー、読んだら是非ともご一報をね♪

>となりの怪物くん
この表紙ではなかなか手が出しにくいよね、私も家人が読みたがらなかったら買いませんでした。でも読んでみたら♪
機会があったらぜひいってみてくださいまし、私と同じく太一派のわにこさんならきっとおいしく頂ける思います♪

comment by: miru-ha | 2011/03/01 19:00
■まOO様
お返事大変遅くなりして申し訳ありませんでした、こんなに長引くとは…。年をとるといろんなことが遅くなってまいりますよ、早いのは過ぎ去る月日だけですね←ちょっとポエマー
でもって「怪物くん」を3巻で止めていらしたと?もったいない!4巻こそメイン☆ヤマケン大活躍の巻ですよ、ぜひともいってみてくださいまし♪
comment by: miru-ha | 2011/03/01 19:07

Leave a comment