スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

10月読了BLコミック 感想イッキ出し♪

皆様、こんばんは♪

明日朝イチ便で遠く筑紫の国まで行かなければいけないわたくし、でも書きますよ(笑)

BLコミック感想、イッキに感想書かせていただきます♪
数が多すぎて全作にコメントつけられないまま放置状態の「各月読書記録」の、ちっちゃい版と思っていただければ…。

なので、読書メーターのまとめ機能を利用してます=日付はウソばっかです。
ではでは、早速♪

※ネタバレしてますが、ページ折ってませんのでお気を付け下さいね


    
満開ダーリン 2 (ミリオンコミックス  Hertz Series 87)満開ダーリン 2 (ミリオンコミックス Hertz Series 87)
あ〜んなとこに入っていた第一話(もともと読み切りだった)からここまでのご出世…感無量デス(笑)

あ〜もう、店長大好きっ!!←わたくしがこういったキャラ萌え感想を書くのは、マンガでは特に珍しいと思う、笑
1巻の爆笑オレ様道にさらに磨きがかかった2巻、照れや画策一切なしの殺し文句責め、まさしく「文句あっか!」な愛情表現が気持ちいいったらないです!おまけに(疑似)ロリコンかよっ、ぶはははははっ!
店長にいちいちフレッシュなリアクションをとる新人芸人並みの大志クン、健気です。若いからできることとも申せましょう
ワーキング的にはこんななんちゃって花屋ありえませんが、この作品ではそこもいい。3種(?)のイケメンがお迎えする花屋…我が町にもぜひ☆
ナイスカプかと思っていた良さん宅もお相手の鈴木さんが案外アレな人で(笑)、ここだけで独立マンガになっても面白いかも、と思ってしまいました。カバー下、ロケットって…さすがこの2人、わはははは!

満開フィーバー店長は長髪の方がお似合いです、スケベでよかった♪
読了日:10月23日 著者:山本 小鉄子

   

胡桃の中 3胡桃の中 3

佐伯かよの「姫(あきひ)」、細野不二彦「ギャラリーフェイク」と並んで、マンガ界3大ガチンコ美術ミステリーと勝手に位置付けております、美術好きでもそうでない方もたまらん面白さのmiru-haMYベストBLコミック・ランクイン作品のお久しぶり3巻目。
                   *
2巻で終わりと誰もが思っていた川唯さんの傑作コミック、雑誌「クロフネZERO」の創刊号(2008年夏だったかな?)にお名前があった時は心底驚きました。コミック派のわたくし、3巻発行がいつかある!と首を長〜くして待っておりましたが、なんと2年も待つとは…。首、妖怪並みにのびちゃったよ(笑)

様々な芸術品や芸術家を絡めて「ドラマ」を構築していく手法は相変わらずお見事、大変読み応えありました…
特に「胡桃の中・XI」は…う〜ん、すごいなあ…。
戦ねばならないのは迫る死期への恐怖だけでなく、自らが歩んできた人生を見つめなおす恐怖と悲しさ、それらを昇華させるために手にするのはやはり筆…。
芸術品の(商業的)価値は哀しいことに、作者が物故かどうかで全然違います。もちろん没後の方が圧倒的に価値が上がり、彼の作品も人間性もそうなっていくのでしょう。どれほど生命力あふれる傑作でも「壁の落書き」に価値はないのです。でも本当にそうなの?
真の芸術とは、人の価値とは、誰がどうやって決めるのか、また、それは決めていいものなのか、考え尽きない深いテーマがあの一本には込められています。

芸術作品自体が苦悩と葛藤に彩られた魂のドラマなのですから、それらすべてをガチンコに扱う「画商」作品に駄作はないのでございますね。
コミックという媒体と相性が良い(文字通り「絵」が補助できる)=扱えばほぼ100%傑作になれる保証がある「画商」題材ながら作品数が圧倒的に少ないのは、勇気ある作家様が少ない=ドラマメイキング以外の付け焼刃がきかない、作家の真の博識度が問われるからで、ゆえに「画商」を主役にした作品はもうそれだけで高評価してしまうのがわたくしの持論、というかクセでございます。

残念なのは、各話ごとのサブタイトルが無くなっちゃったこと。毎回すっごく楽しみにしていたので、わたくし的にはBLラブ度ゼロよりある意味衝撃でした。
余談:ラブ度ゼロ
なんとも雑誌カラーに忠実。←黒船並みの衝撃を伝えるマンガ集&「ゼロ(同じものなし)」ってことなんだよね、わはは

読了日:10月24日 著者:川唯 東子

     

僕の先輩 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 40)僕の先輩 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 40)

萌え友様のおすすめでまずは、ご本人様のサイト「裏蛇船」へ。
一目で魅入られて、舐めるように読んでしまいました。らくがきのようにササッと描いてあるのに上手いな〜っ!キャラメイクもウマけりゃギャグも上手い!←ほんと笑える
すっかり気に入ってしまったわたくしは、このサイトで読めるストーリーの前、先輩との出会い&恋愛成就編がこのコミックになったってことだよね♪と、速攻マンガを買いに走りました。
でもって、わくわく読んでみたらば…あれえ?サイトマンガで感じた魅力がちょいとパワーダウンしている気がいたしますが…。
雑誌掲載用に丁寧に描いたらパワーが半減したってことなんだろか…?
でも笑いツボのつき方はおさすがです。2Pめ、「愛のハゲタカ」に早くも大爆笑。細かなところまでギャグ満載、そこに時々見え隠れする「ちょっといい話」のきらっと感がたまりません。お絵柄への「?」ともども最後まで堪能させていただきました。
あらためて、このコミックの続きをサイトで楽しませていただきます。毎週通いたくなるサイトなんて久しぶりだな〜 LILYさんと彩さん以来?

読了日:10月24日 著者:羽生山 へび子

 
    

作品集このたびは (Feelコミックス)作品集「このたびは」 (Feelコミックス) 

あらすじ
竹宮惠子推薦! お見合い、お葬式、お祭り、成人式etc…。 冠婚葬祭にまつわる物語を端正な筆致で描き『フィール・ヤング』で好評を博した5編+描き下ろし1編を収録。胸に沁み入る傑作揃いの作品集。

えすとえむさんによる非BL・女性誌掲載作品集。竹宮惠子御大が帯コピーを!!
うわあ、えすとえむさんも竹宮さんのアシスタントだったの?知らなかった…。
下村富美さん(木原さん「吸血鬼と愉快な〜」イラストご担当の神絵師様)といい、さすが御大、アシさんの質まで桁違いです。一条ゆかりファミリーに匹敵するのではなかろうか…。
                       *
人生の縮図・冠婚葬祭をテーマに描いた、恋模様、人模様。ちょっと懐かしのくらもちふさこちっくな切り取り方です。往年少女マンガファンには少々既視感ですが、現代お嬢様にはグッと来るかも。

お値段約1000円と決してお安くはないですが、綺麗な装丁、上質な紙に丁寧な印刷、イラストちっくな美しいペンタッチと、ちょっとしたイラスト集のテイで楽しめます。
「いいもの見たな〜♪」と幸せ気分☆ですが、本音を言えば「いいもの読んだな〜♪」という感想を書きたいものです。マンガだからね。

例えば、作中もっとも惹かれた「祭り」をベースにしたアダルトな恋事情、2人のその後が気になります。が、惜しいとこで終わっちゃうんだよな〜っ!←ストーリー的にではなくテーマ的にです
都会で仕事が楽しい女と、故郷での人間関係が既に築かれている男。
どちらも自分の居場所をしっかり確保できている大人であるがゆえに、あと一歩の距離が狭められない。でも完全に切れることもしたくない。2人でいる未来はどちらかの居場所を完全に消すことになるからです。(←本当は違うんだけど、そこまで気づくには主人公も作者も若すぎる)
恋愛に限らず、正解がないものに惹かれてしまうのは人という生き物のサガですね、だから人類はここまでの歴史を作ってきたのでしょう。「祭り」とは抱えた逡巡を一瞬すべて忘れることで、改めて現在の自分を知るという、リセットとは違う意味での再生を人が求めてきた儀式の積み重ねと言えるかもしれません。ゆえに祭りは人から発しなければならず、行政指導の天下り祭りはむなしいのです。

この短編で作者が語りたいことはこういう内容ではありませんが、ここまで表現してくれたら「読める」んだな。祭りから連想する恋バナで終わるのではなく、祭りを必要とする恋バナとでも言えばいいのかな〜、祭りの時期に男が彼女を故郷に招いた意味をもう少し描いてほしかったというか…それにはあとほんの少しのテーマの掘り下げとコマ練りでいいんです。
せっかく饒舌に語れる「絵」を持っているのだから、「女性向け」を意識した雰囲気恋愛マンガで終わらせるのがもったいなく思えます。
でも描きおろし「成人式」のショートストーリーは抜群によかったので、5〜6ページのSSの方が研ぎ澄まされるタイプの方なのかもな〜。

読了日:10月24日 著者:えすとえむ

   

ぱふ 2010年 11月号 [雑誌]ぱふ 2010年 11月号 [雑誌]
B様
まだ、あったんだね「ぱふ」…!日高さんのインタビュー記事にゾクゾクです♪
次ページでちょこっと画像つき感想あげます〜☆


   
   

GLAMOROUS GOSSIP (5) (ウィングス・コミックス)GLAMOROUS GOSSIP (5) (ウィングス・コミックス)

15年…長かった。発行して下さったことが感激☆感涙です。
5巻発売を機に1〜4まで新装版がでてました。当然旧版とは別イラスト(多分オール描きおろし) 揃えたくなっちゃったじゃないのっ!
ふと目にした帯コピー、「月と地球を疾走するエドベリとエンヤのラブ・ストーリー」に脳天かちわられました。これラブストーリーだったのかっ…(大汗) 確かに疾走(失踪?)はしてるけどさ
難解複雑さは「鉄錆廃園」どころの騒ぎではありませんが、宇宙創成だもんね、世界創成より複雑で当たり前よね。でもここまでのサイバーパンク読むの久しぶりだな〜。

読了日:10月23日 著者:華不魅

   

迷子の彼とクマのお願い (バーズコミックス リンクスコレクション)迷子の彼とクマのお願い (バーズコミックス リンクスコレクション)
■あらすじ
争いによって故郷を失った孤独の青年・ロネは、ある夜、
家の前で男達に乱暴されかかっている少年・ベアを救うのだが少年の正体は!?


「地獄めぐり」の閻魔の肉体にホレボレしていたので、最新刊を買ってみました。
あれっ!綺麗だけど、あの肉体美はどこ行っちゃった…?
が、見つけましたよ☆
人間化(もち美少年)できるクマちゃんぬいぐるみの全裸シーンに、アンダーなOOをしっかり描いた心意気!アッパレです。肉体美の追求魂はこんなところに生かされていたのでした(笑)
面白い着色センスをおもちの方です、裏表紙に載っていた美麗イラストの大判が見たかったな〜。この個性を大事にしていっていただきたい、人体描写にしても萌えどころにしても、「今風」を意識する必要なし!と天空ビジョンで断言させていただきます。
でも髪型だけはもちっと研究しようか…ちとレトロ…f(^^;)

読了日:10月23日 著者:九重 シャム


   

SEX PISTOLS 6 (スーパービーボーイコミックス)SEX PISTOLS 6 (スーパービーボーイコミックス)

ついに斑族ヒエラルキー頂点に君臨する「人魚」が登場。てっきり、お久しぶり☆のりりんや国ましゃのわいわいカーニバル的6巻だと思っておりましたので、重苦しいガチンコファンタジーぶりにびっくり。どす黒くのろけるハブ×マングースの短編がほっとするぐらいでございます(笑)
マジガチ展開だけにすぐには終わりそうもなく、ロング連載になりそうです。そのための序章的人物配置の巻と申せましょう。ご体調は全快されたということですね、よかったよかった♪
しのぶさんてばただのイタ長ではなかったのですね。こんなすさまじいパートナーと…大変な人生だ。←若かりし頃のしのぶさんと分かるまでにかなり時間かかったケド…
あちこち仕掛けられた伏線の回収が楽しみですが、それが終わるまでわいわいカーニバルはお預け(ワニ×オオカミの未収録短編はどこいっちゃった?!)かと思うと…BLって余命管理を啓発するにはもってこいですね。←やや自虐的

どギャグにもどシリアスにも持っていける、あらためてマンガは発想力だな〜と感じ入りました。
しかしこのお絵柄変化は、1巻から追いかけているのでなければ手を出しにくいかもしれんなあ…。
人物はともかく、あれほど感激した動物描写がこんなに変わるものなのか…。←動物画は一度習得したら狂いにくい(ハズだ)から

読了日:10月24日 著者:寿 たらこ

 

思いつくままザクザク書いてしまいました。
いつも以上に読みにくい&分かりにくい文章で申し訳ないっす!が、今はこれが精一杯…。


次ページは雑誌・「ぱふ」11月号特設感想ページ&うざい自分語りがちょっと入ってます。
こっぱずかしいので、この部分の公開は1週間程度にいたします…←ブログ3年目を前に書いておきたかっただけなの





この中で一番面白かったのは… 店長も捨てがたいけどやっぱりこれかな〜

   
「ぱふ」2010年11月号感想・特設ページ

巻頭特集は日高ショーコさん!
・憂鬱な朝 2巻
・花は咲くか 雑誌カラー
・ルチル「茅島氏〜」 3巻
・アンソロ・眼鏡男子特集←文字なしを切望していた本当に美麗なイラスト!!

以上の文字なしカラーイラストが大判で掲載だっ!!わ〜眼福♪♪

もうこれだけで幸せですが、インタビュー記事でPCイラストの描き方や、「挿絵」の考え方なども応えてくださっていて大変参考になるとともに、画力向上のいくつかの御答えに、「やっぱりそうだよね!」と、イラストチェックを続けていく上での自信みたいなものを一方的に頂いてしまいました。
やっぱり、暇さえあれば描かなきゃだめなのよ!
特に学生時代は時間あるんだから、どんなところにでも、どんなものでも描こうよ!
自慢じゃないがわたくしも、学生時代は100枚つづりの落書きクロッキー帳の裏と表に真っ黒になるまで、月に5、6冊は描いてたよ?今も一部とってあります。二度とできない甘酸っぱい思い出ですよ…(笑)

ねこ田さん、えすとえむさんのインタビューも読みごたえあり。
マンガ家になるきっかけって今は昔よりいろいろあるのですね。その分プロとアマの実力差が僅差、読者側の目も肥えてるから、プロでい続けることの方がデビューすることよりも難しいかもしれません。
イラストチェックで取り上げてきたあまたの絵師様も、大ブレイクする方もいれば、あれから見ないよな〜的絵師様までピンキリです。
だからこそ、「1作」を丁寧に見ていきたい、見たものは(できるだけ)忘れない、先入観で判断しない、それが全霊を賭けて作品を生み出す作家様への礼儀だと肝に銘じて今後もチェックを続けていこうと、懐かしい「ぱふ」を読みながら感じたのでございました。
それにしてもマンガ情報誌というよりは、ほぼBL情報誌…f(^^;)
  
             


お疲れさまでした、ここまで読んでくださってありがとうございました。

                      ちょっとだけ幸せのおすそわけ…♪


わああああ、自分を語っているうちに日付変わっちゃったよ!徹夜でAIRはきついぞっ!!

ではでは、皆様、次回は11月3日にお会いいたしましょう♪♪







励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[リスト・読書記録]月別読書記録・非BL編 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■けOO様
寄る年波に勝てず、鑑ヒビ割れそうなmiru-haです、こんばんは☆

>「ぱふ」
私も20とウン年ぶりに「ぱふ」を拝見し、感無量でございました。若かりし頃はマンガの裏話(作家様そのもの)についてはあまり興味がなく、「アニメージュ」定期購読にすぐに切り替えたんだったな〜といったことが思い出されました。

>アドビのフォトショップ
チェックし始めてから、CG画未経験ではいけないのではないか思い、一度やってみたくて、その時はこのソフトを…などと妄想を抱いています。けOO様お持ちならやってみて下さいまし〜っ!でもって感想教えて!

でも、こんなんに手を出したらブログどころか寝食忘れてのめり込む自分が目に見えるなあ…


>僕の先輩
あの画面展開(タテスクロール&どのコマも同じ大きさ=4コマ風)にあの手書き文字だから、あのマンガの味はさらに生かされてるように思います。紙媒体にするなら4コマストーリーマンガ(小山田マヤさん「すぎなレボリューション」のような)にした方か良かったかしれないですね〜。
丁寧に描いてパワーダウンとは珍しい現象だなと、意味のわからん感心をしてしまいました。←描きなぐれ!ともいえないもんねえ


>「千」
そういえば、ふんどしとイレズミばかりほめてますが(笑)、キャラの好みは圧倒的に草薙様派です!(カバー下見ました?)
無精ひげオヤジ萌えは時代劇から始まったといっても過言ではないような…。小学生のころからドリフより時代劇派だったし(笑)
今は有名になられたベテラン大部屋俳優様・福本清三氏も小学生のころから存じておりましたよ☆ 毎回同じ人が切られてる!って(笑)←「仕事人」より「影の軍団」「暴れん坊将軍」に出演が多かった気がする
ず〜っとお名前が知りたかったんですが、なんせ大部屋俳優様だからスタッフロールでお名前が探せない!(その他大勢に入っちゃってるからどれが誰だかわからない)結局「影のレギュラー」と勝手に命名し、妹と探しあうのが楽しかったです。

そのせいか、学生時代の落書き帳も時代装束(和ものなら着物や忍服、笑)が多いです(わはは)「重心」は鋭いご指摘!あれは会得するのも描くの難しいですよ!
殺陣の上手い下手も構え(重心)だけです〜ぐわかりますもんね、大河ドラマなどの今時役者様の殺陣なんて時に正視できないですよ…

岡田屋さんはお名前からして時代ものお好きではないかと思っておりましたが、好きどころかそちらご出身だったと今回知って大納得&びっくりです。専門が和物でも「タンゴの男」描けちゃうんだもんなあ…すごいです。

アレもコレも、次巻のお早い到着を願ってやみません。
comment by: miru-ha | 2010/11/02 00:32
■ゆOO様
佐々木久美子さんのオレンジみの強い、でも柔らかな色彩タッチ、わたくしも大好きです!加えてこの表紙は装飾もキレイ、本編カラーにもとてもあっているので、旧作ながらTOP1にいたしましたの♪
不定期イラスト企画「表紙ギャラリー」の次回絵師様は佐々木さんだったんですが、もう一年も未完だわ…。後3時間長い「1日」か、影分身の術☆極意帳が真剣にほしい昨今です。

>胡桃の中
わたくしも大好きなの〜、気に入って嬉しいです♪
特に天使のお話は涙なしには読めないですよねっ!!

「ぱふ」情報ありがとうございます、今週末は土日の休み確保しましたので、アレコレの読み書きとお買い物に費やします♪
comment by: miru-ha | 2010/11/05 21:58

Leave a comment