スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「FLESH & BLOOD 16 」松岡なつき/彩
〜感想序文と掲載予定

いや〜ん カイトぉ、

ないじぇるの記録
にも、もちっと喰いついてやって〜っッ。゚(゚´Д`゚)゚。
                        
                           *

全国2千万のフレブラファンの皆様、こんばんは。←これぐらいいるよね?いない?

miru-haの魂の叫びで幕開けさせていたきました、お久しぶり☆1冊じっくり感想はわたくしの大好きな…♪ ふふふ、ようやく完成いたしました
ブログ3年目突入第一弾記事にこのような素晴らしい作品を取り上げられますこと望外の喜び、これもBLの神様の思し召しと感謝の念に堪えません。

ただ本当に時間がなくて、推敲が全然できてない=完成形には程遠い形でのUPでして、いつも以上に無遠慮・ぶつ切り・ばか丸出し・の3B感想になっておりますこと、どうかどうかご了承のほどを…。
じっくり推敲したところで私の気が済むだけで、内容や文章力が充実するわけではない(実力不足は埋められない、という意味ね)、だったら、これ以上お待たせするよりいいかな〜と思ったんだけど…どかな。
                           *

毎度恒例・冒頭の言い訳 ご挨拶はこの辺にいたしまして、早速本題へ☆

15巻感想で全9章密着感想を敢行、予想・妄想・考察・感想ごちゃまぜMIXながら悔いなく書ききらせていただきました。
16巻感想は、前回の内容を検証(言いっぱなしは良くないよね♪)答え合わせをしながら、さらなる妄想&修正を繰り広げていく内容になっております。
アタリハズレ、考えの相違などはどうかお気になさらず、こんな見方してるんだな〜的軽いお気持ちでmiru-ha’sフレブラ並行宇宙を楽しんでいってくださいませ♪


       
 
さてさて。

14巻は春一番、
15巻は青夏の嵐、
16巻に吹くのはもちろん、秋の風でございますね!

今年は作者様が季節を意識した新刊発行をして下さるので記事も関連させやすいですね♪細やかなご配慮恐悦でございます♪←むろん偶然。だがそうは思いたくないファン心理

読後第一報記事タイトル、「色なき風、野を分けて」ももちろん秋の風の名から取ってございます。
「色なき風」とは色のない=白、つまり白秋の風、野分けは野を吹き分ける強い風、時に台風です。

15巻でバラバラに散らばっていた勇者たちの運命は、16巻に吹いた秋の風で激動しておりましたね、まさしく運命の荒野を分かつ風!
そこで今回も、秋の風に絡めたキーワード、「白」と「分かつ風」で本編感想を!!!

…書いていくのでは少々ゲイがないと皆様もお感じになりますよね?わたくしもです。
               ↑掛け言葉

よって今回は風や季節はご念頭においておいていただきつつ、本編読書中わたくしが気になったあるワードをもとに、想いを連綿としたためてまいりたいと思います。
でもって、「あるワード」とは…。
ズバリ☆数字でございます。

16巻は全10章。
各章ごとにちょいちょい隠された(わけではないが)、わたくしの心の琴線に引っかかるあんな数字やこんな数。
これを、過去感想で繰り広げてまいりました様々な予想・妄想・考察・感想の検証と修正と合わせましてアレコレ書いていこうと思うのです。

題しまして

数字で見る!フレブラ16・The Number☆


ん?日本TV系列『ダウンタOンDX』にこんなコーナーなかったかって?
はい。その通り☆  
本編読んでてやたら「数字」が気になった→ちょうど、家族はこの番組見ていた→そしてひらめいた→やってみたらまとめやすかった→でも「1587」でひっかかっちゃった→先日の泣きごと記事、へと発展していったわけですね。なんと単細胞、あはは。←失笑です

                           
それでは7日夜(もう今日か!)本編感想&イラストチェック、イッキにUPいたします。
どえらい激ナガご覚悟&できれば16巻をご準備下さいまし♪ ではでは★





〔フレブラ16巻〕



 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレ☆パラ! | comments(0) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment