スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『ケモノの季節』 菱沢九月/汞りょう 

「菱沢九月まつり」続行中
なんちゃってあらすじ
派手な見た目と裏腹にユイはきれいな生き物だった。
こいつが教えてくれたんだ。オレはこの世に在っていい。 
   
以下ネタバレ感想とイメソン!↓↓

  ◎イラストチェック/汞りょう
カラー★★★★☆4.5
プリティボンバー・汞りょうさんです。きゅーとなお顔にリアルな肉づき。この人筋肉の部位全部言えると思う(笑)。どんどん上手くなっていかれます。
この表紙は汞りょうさん作品・現代編では1位のお気に入りです。2人の関係が如実に表れていてしかも美麗。ため息。
カット★★★☆3.5
特徴ある天パー系の髪型と驚異の画力。スーツより非現実系(ファンタジー)の方が絵柄が映えます。おかげで橘かおるさんの「中華シリーズ」をつい買ってしまうのだった…(脱いだら一緒じゃんとかいう突っ込みはなしに願いマス。)
今回は高校生ですが珍しくストレートヘアの攻。わ〜ツボです。

◎本編感想
高校生のケモノストーリー。ま、まさかトコロアイテかまわず…などと妄想心配したワタクシは腐った大人でした。
「ケモノ」っていうほどトチ狂ってるわけじゃないです。むしろ気持は真摯で恐いくらい。恋人と抱き合った後 青空を見て泣ける。青い春です。
可愛すぎるものを見ていると人は少し悲しくなるのだ。
うわ、もうメロメロ。これはもう「愛」です。
高校生でここまで達観したらかえって今後が心配です。万一別れたら生きていけるんでしょうか?特に攻め。望まずとも別れる時が人生にはままあります。(「幸運男子」のように…やばい、泣ける。) それでも苦しさを知らなかった頃に戻りたいとも思わない。う〜ん、ほんとに真摯ですね。
数少ない「高校生カプ受け入れOK」作品の一本です。

タイトルを熟考してしまいます。
なんで「ケモノ」…ケモノ並みにサカってるから?でもこれは親が悪い。この環境なら大人でもこうなるんじゃ?中学時代の攻めはある意味ケモノですが。(そこもっと詳しく読んでみたかったかも)
人を想う「ココロ」を知って人間になるという意味のタイトルなんでしょうか。ああ、なるほど。
そうするとこれ、テーマも設定も五百香ノエルさんの「彼と彼氏の秘密」とほぼ同じに思えます。あれこそケモノ(笑)作家さんの個性でこんなに方向変るのね、と妙な感心してしまいました。



◎イメージソングはちょっとアグレッシブに。 
 『Trickstar』 水樹奈々 
歌詞は
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=71361

近頃の声優さんってみんな歌うまいんですよね〜。曲もカッコいいんですヨ!
でも歌い手のか〜なりハリキッテル感が やや一本調子に感じられて惜しい。
もともと上手いんだから 引き算を覚えれば格段にレベルあがるのに…
と、カラオケ大好きおばちゃんは思うのでした。大きなお世話か  




励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名は行]菱沢九月 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

実は小説家シリーズと並んで、わたくしの菱沢作品TOP1。そしてりょう様表紙イラストTOP1でもあります。さらには高校生カプだがバッチOK!な貴重作品です。
あのラストシーンは綺麗で儚くて、まさに青い時だなと、何度読んでもジンとくるのでございます。

ナニゲにこの「なんちゃってあらすじ」、気に入ってます。


comment by: miru-ha | 2011/07/02 03:47

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/52

TrackBacks