スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『小説家は懺悔する』『小説家は束縛する』 菱沢九月/高久尚子  

考え込んでいたら 日付が変わってました。

今週は「フェスティバル&カーニバル オブ 菱沢九月」(←長)を自主開催しようと思いたちまして。
(追い込まないと取り上げられそうにないぐらい 歌がつかないからです)

で、ワタクシ菱沢九月さんの「ここ」が好きなんです!とぶちたかったのですが、
「ここ」が何なのかわからないことに気づいてしまいうっかり考え込んでしまった次第でございます。

菱沢さんの魅力…どんなハデな設定持ってきてもなだらか〜な起伏で日常生活のスナップみたいに思えるところですかね。「公園まで散歩する」だけで1本書けちゃうような。
少女マンガで言うと岩館真理子さんとか川崎苑子さん?
ワタクシの読んだ本がほとんどキャラ文庫だから余計そう思うのかもしれません。



以下ネタバレ感想とイメージソングです。
 

◎イラストチェック/高久尚子
カラー★★★☆3.5
懐かし系絵柄の絵師さんですね。このまま少女マンガでもいけそうなホワイトの使い方(そこか!)
カラーがアナログなのは大変結構!
オール手塗りの絵師さんは文句なく☆0.5追加です。やはり時間がかかる分オーラが違います。最近少なくなってきてるのが残念…
とアツク語っておいてデジタルだったらごめんなさい。肌だけ着色パターン?
いや、これは手塗りのはずだ…ま、いっか。
カット★★★☆3.5
この方はコミック絵師・マンガを書いている(いた)絵師さんです。表情、構図、処理などでイラスト絵師さんかコミック絵師さんか容易に区別がつくのです。それぞれに長所がありますので、結局は作品との相性が一番大事です。
今回はほとんどこもってモンモンムンムンするお話なので、もう少しエロ度(色気)の高い絵師さんの方が面白かったかもしれません。

◎本編感想
1巻は丸々「楽園への道」となっており、2巻目が「厚労省推薦」。
かなり突っ込みがいのある設定ではありますが、つっこみ続けてもキリがないので設定よりも「人が楽園に住んだら理性とどう向き合うのか」という実に奥深いテーマを楽しむ事に決めました。

作家とハウスキーパー。
あとがきにもあるとおり、「24時間HOK」の恋人に作家として色々させたかったそうで。そりゃもうこの世の楽園、いつでもどこでも何でもできます。
これはさぞかしハードな桃色生活かと思いきや、最終到達は受の自立(+作家にも定休日)という労働基準局も大喜びのラストとなっていて、厚生労働省の推薦図書になりそうなイキオイです。(ならねーよ)
菱沢さんだもんね、色に溺れ狂う話にはしないわね。

〜1巻感想
同棲していた恋人に夜逃げされ職も失った受と母と妻に自殺されたべストセラー作家の攻。随分な過去です。
特に攻めの修司。
壊れかけで人と係わりたくないのも道理です(←実際そうなってます) なのに律と出逢ったその日にHしてその後も可愛がりまくり。どこが彼のツボだったのか正直良く分かりません。「一目ぼれ」としか言いようがない。愛する事に飢えていたとも取れるけど、だったら誰でもいいだろうし。

律が修司に惹かれるのはわかるんです(←好みで、失恋したてで、おまけにHの最中にこんな過去バナされたら誰でもほっとけないって)
修司はどうしてこんなに律を好きになったんでしょう?。この巻の律はそんなに魅力的と思えない…結局、せっかくの暗い過去が単なるスパイス状態。あまり必然とは思えません。


でもBL肝心の「LOVE」・愛情表現に目をむけると、いいんですよ。攻めの甘えん坊さん振りが。

「いま俺は疲れてるから お前に甘やかされるのに忙しいんだよ」
 ←く〜っ今回のベスト!

記者会見で愛の告白って、教会から花嫁強奪!ぐらいのはずかし乙女ロード大爆走ですが、実現しちゃった修司さんに完敗&乾杯です。ここまでメロメロだといっそ気持いいわ。 


〜2巻感想
福井県(だよね)の住宅街から通勤範囲内に理想の仏料理店がオープン。
そんな確率は一体いかほど?
元彼とか今彼とかツマンナイこといってないでとっとと就職しなければ!次は絶対無いです。「勤労は国民の義務」です。

律が外で働きたいと思うのはわかります。せっかくある腕、もっと試したいし喜んでほしいよね。でもその気持は男女関係ないと思うんだけど…?
「世の奥さんのようにはなれない。外で働いて対等でいたい」 
これが動機ならチトいただけない。家にいる奥様方がご主人と対等であるためには「女性」の機能が必要だ、といわれてるみたいです。
そもそも外で働く事がアイデンテティの確立という発想事態少々微妙です。そこまで仕事に求めると行き着く先は過労死ですよ、もう少し割り切らないと…。
と、かなり自分の耳が痛い。気をつけよう。

そうそう、「ワキ役好き」の私が今回の一柳兄弟にはまったく萌えられませんでした。友情にしては濃いし愛情でもない曖昧さがイラっとしたから、かな?単に女がいるからかしら(笑)


◎今日のイメージソングは
 

 「Foolish Foolish]」 松下優也
 http://jp.youtube.com/watch?v=3jAMAjMeMzc

愛されたいと願うのは間違いじゃない。ですよね。
PVみてびっくり。こんな美形(しかも18!)が歌っていたとは!期待の新人さんだったのね〜
18でこの歌詞歌うのか…30前後で歌ってればかなり深いんだけど…



ワタクシプロフィールの「好きな作家」さんに菱沢さんあげてるんです。
この作品もすごく好きなんです。でも振り返ってみたら文句多くね…? なにこの記事



励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名は行]菱沢九月 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

なんでこんな表現しかできないのか、我が身をハリ倒したくなります。好きなんですこの作品。

リツよりも攻の修司が好きなのです。彼が幸せになるのなら、リツでもいいやっていうか(笑)
だから3巻目はいらんかったかな〜と思っちゃたのでした、修司がまたもリツに振り回されているんだもん!可哀そうだよ!


時間があったら、もう少し補足したいです←表現変えてるだけで書き直したいってことには変わりない

comment by: miru-ha | 2011/07/02 03:40

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/51

TrackBacks