スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「リンクス記念プレシャスブック・7周年」(2010)

本日も、「リンクス記念プレシャスBOOK」感想をお送りいたします。今回は現在の最新刊、
2010年発行の「7周年記念プレシャスBOOK」感想です♪

今刊も2段組です。
でも作家様によって、1段19行〜16行までばらつきが。(前年は全部17行だった)←貧乏性なので多いほど嬉しい(笑)
そして巻頭イラストは、ポストカードからピンナップになっています。きっとピンナップの方がサイズ大きいのですよね?そりゃそのほうが嬉しいよねえ、壁に貼るかどうかはともかく(笑)

お題が、年を追うにつれ間口の狭い(解釈幅が狭い)モノになってまいりました。7年も続けていらっしゃるならネタ考えるのも大変だろうな〜と思います。
一巡して2度目ってのもアリだけど、10周年の節目までこのまま頑張っていただきたいかな。
編集さん、ファイト!と応援しつつ、感想とTOP1は次ページで。


今回はあえての裏表紙  左から5・6・7周年







 
◆感想記載順
   ■絵師名×作家名  イラストテーマ「OO」
   「小説タイトル」 ジャンル:
   感想
   の順です。
   赤文字…お気に入り またはテーマばっちり
◆7周年記念(2010)
表紙イラスト編 画像ポチでもうちょい大きな画像 さらにポチで密林の大画像へ
※イラストオンリーとはだいぶ印象が違いますが、参考として表紙画像UPいたします
      
      

香坂透×藤崎一夜  テーマ「任侠」
「ピストルオペラ」  ジャンル:アングラ(任侠モノ)
品の良いお色遣いのイラスト。奇しくも5周年記念号の高座さん画と似たようなモチーフになってます。お題は「リベンジ」と「任侠」ですが、そこからこうなる個性がそれぞれ面白いです。

明日のない仇同士(抗争中)が最後(最期?)に交わす「たった一度の思い出」、テーマともイラストともばっちり。いいね
この前後を書けと言われたら確実に困ると思いますが、SSだからこれでいいのです。


陸裕千景子×秀香穂里 テーマ「再会」←幻のTOP1
「運命の時を分かつ者」  ジャンル:アングラ(軍人モノ)
このお2人のコラボにお目にかかるのはお久しぶり〜♪
リンクス表紙の陸裕さん画は「軍服」という裏テーマがあるのかな、5周年に続いての軍服イラストです。でもって。号泣する表紙絵って珍しい…さすがだ

普段の秀様なら絶対書かないお題(軍人モノ)だけに、一ファンとしてトキメキましたが、残念ながら、モデルとしている国と民族がはっきりしすぎていて、ファンタジー設定が逃げに感じられてしまうんだよなあ…。「架空の国」に収めるなら、もうひと工夫ほしいかな。

とはいえ、作品全体としては実は最も気になった1本です。
さくっと読んだだけだと、岐路を別々に歩き始めた2人が最初で最後に触れ合う…というストーリーなのですが、テーマまで考えた上でここで終わらせたんだとすると、「運命の時を分か」った2人だが「再会」は未来に約束されているという超暗示的なストーリーと、そこを描いたイラストってことになります。
これが偶然か狙いか今だ結論が出せないのだな〜。狙ったのだとすれば神クラスの技、文句なくTOP1だが…。秀様なら狙ったと思いたい、ゆえに「幻のTOP1」でございます。


円陣闇丸×きたざわ尋子  テーマ「躾」
「REAL IMITATION」 ジャンル:現代
3冊(3年)全出演は円陣様だけですね〜♪♪しかも巨匠の描くくつ下留め&ムチ、テーマ「躾」て!「躾」て!←2回言った★ うなじにムチ痕までついちゃってこんなん反則ですやん、プレミア必至(笑)
ストーリー、ひねりが大変良い。イラストからもう一歩ひねった設定、誰かやってくれないかと思っていたのですが、初めてこの作家様が書いてくださいました!トレビアン☆
こういう(イラストの)お芝居を演じた劇団員2人の恋バナです。←この絵は芝居のポスターという解釈
感心しながら読んでいたけど、最後の1段はいらんかったですなあ、もったいない。

言ってもせんないことだが、こういったツイスト発想を、次の金ひかるさんイラストにほしかったのだった…。(後述)


■金ひかる×名倉和希  テーマ「暴君」
「荒野」  ジャンル:アングラ(軍人モノ)
う〜ん、イラストどうこう以前に4月号と6月号でミリタリーイラスト続きっていうのはどうなん…?ベテラン絵師様だし、こういった(作家様が後からSSを付ける)小冊子を毎年出してる出版社の表紙絵ということまで考慮したりはしないんだろうか…とか考えちゃうのって厳しすぎます?

ストーリーもテーマ「暴君」には微妙にそぐわないんですが、イラストには合っているから、ま、いいか。
本当は軍人モノより、コスプレ楽しむ2人とかのコメディに走ったほうが名倉さんの良さが生きたように思うけど…。(付き合わされる方からみれば立派に「暴君」よね?)
上のきたざわさんのような発想がこの絵にこそほしい!と思ってしまったのでした。
そうすればダブってしまったイラストをアシストすることにもなりますし。他作家様とのバランスまで考えて書いているわけではないとはわかっておりますが、名倉さんならできたように思うんだな、残念。


稲荷家房之介×妃川螢   テーマ「未練」←今号の最難題
「恋、遣らずの雨」 ジャンル:現代
お久しぶり&おさすがのウォータープルーフ、ねちゃねちゃでぐしょぐしょでステキです。やはり、お稲荷様は「濡れ」がきいててなんぼです♪

テーマ「未練」は男女なら楽勝お題ですが、男同士で、10ページのSSで、しかもびしょ濡れなんでは(笑)ストーリー的に広げるのは案外難しい=誰でも思い浮かぶような設定でしか書けない、ように思います。となれば、後はどれだけ読ませる演出ができるかですが、そういった意味では文体に雰囲気も個性もあって面白かったです。
でもシチュ的にはツッコミどころ満載。よくわからん理由で勝手に逃げて3年間音信不通、偶然出会ったら雨の中追いかけまくり、たった一言で元さやって。
こんなことならもっと早くに解決&幸せになれたはずで、「未練」にしたくてしているとしか思えん…。そもそもこの2人、会社の同僚&業務上のパートナー、相手にも誰にも気付かせずに夜逃げのように忽然と消えるなんて今の世の中無理でしょう。

下手に別れた原因(過去)をちょいちょい説明しなくても、追って追われる心情と雰囲気を表現することだけに集中して、最後に追いつき抱きしめてあの一言、ぐらい詩的な煮詰め方した方がこの文体には合ってたような。
え〜と、せっかくここまでの空気を作ったんだから、もう少し読者の想像力を信じる表現を模索してもよいって言いたいんだけど、うまく書けないなあ…。


■佐々成美×水壬楓子 テーマ「衝動」
「月隠れ」 ジャンル:時代モノ(平安)
佐々さんの時代衣装…相変わらずお見事♪6月号と構図が似ちゃったのがもったいないけど、こういうダブりは作話には影響しないので問題ございません。
ストーリーは、まとまってるけど印象が薄いです。テーマ「衝動」なんだし、もっとエロティックにガツンといった方がイラストに合っていたんじゃないかな〜。


    

・ピンナップ編
小山田あみ×剛しいら テーマ「任侠」←この号の同率TOP1
「追われて候」 ジャンル:時代モノ(江戸)
鉄板コラボ。粋でいなせな旗本退屈男を主役にしたSSなんて書けるBL作家様、この方しかいないですね。そもそも時代ものを書く方がまれな上、「江戸モノ」は特に難しいのです。これには(私の考える)理由がありますが別ページで真っ黒になるぐらい書かねばならないので、これはいつかまた。

あみさんの着流し浪人が芸術的に素晴らしい。ただ、かわら版屋さんの方は被りがシャワーキャップになっちゃってる&番傘が雨傘ってえのがご愛嬌かな(わはは)

偶然「事件」を目撃したかわら版屋がブンヤ魂を燃やして、すご腕浪人を追いかけるお話。
なぜか閨に連れ込まれ、極寒の深夜、湯たんぽ代わりに抱きしめられながら、男の身の上話を文字通り体当たりで取材するのです。
雪降る江戸の夜。雪の日は、雪の結晶が音を吸収するので普段より数倍静かです。さらに江戸なので現代の夜よりずっとずっと暗くて静か、衣擦れ一つが大きく響く静寂。「話して聞かせる」行為に一層の重みを感じます。
発した言葉が霧散するように、男の真実はその手につかめず、でも今ここにある熱は本物…というイラストテイストを大事にした、粋で活きなお話でした。ムロン本番もきっちり。

男のナニを弄る萌えバナに仕上げておきつつ、「和敬静寂」まで連想してしまう侘び寂び含んだ描写に惚れぼれ。短編だから良さがよく伝わるんだな〜。抒情性を切り取るのが本当にうまいですね。

せら×谷崎泉  テーマ「再会」←この号の同率TOP1
「暗夜燈路」 ジャンル:花嫁(遊郭モノ)
ありそうでなかった遊郭もの。
「遊郭」で「再会」したらこうなるよね〜という王道モノをきっちり仕上げていらっしゃいました。文章もわかりやすく、再会理由もムリがない。予想もしない再会にまさかと思う2人の気持ちがよくわかるし、今を盛りの男花魁にしなかったところもさらなる哀れを誘います。最後、声を殺しつつそっと胸にすがる葛葉の心情を考えたら泣けた…!←これが彼が示せる精一杯の勇気なのです
マイナスポイントが見つからない=文句つけようがない、この長さだからイイ♪という、SSのお手本のような作品。
ただ、違う時代とはいえ、時代モノが冊中3本(これも明治っぽい時代ものと考えてます)来ちゃったのがもったいなかったか。この号は何かとかぶりが多いんだよな〜。
少量でもいいからできるだけバラエティに富んでいてほしいと思うのは、レディスのサガなんですのよ♪

九重シャム×沙野風結子←この号の同率TOP1  
「壺男」 ジャンル:現代&ファンタジー
5周年記念号・ホームランさん作品のように、九重さんのマンガ「地獄めぐり」のキャライラストですが、あちらと違って、マンガとまったく関係ない別物SSに仕上げてあったので驚きました。

壺から出てきた、想い人によく似た男に毎夜乱される(乱されたがる)少年。イラストを徹底的に煮詰めて仕上げた不思議&エロチックストーリーです。紫陽花、緋襦袢などイラスト細部までしっかり拾ってあって、「創作」の格が違う。
きっと、原作キャラを活かしたSSでもよかったところを、あえてのオリジナルにこだわられたのだと思います。自発的にハードルを上げてくるプロとしての矜持が素晴らしい。
沙野さん作品なのに本番なしという、貴重な一本でもあります(笑) 

九重さんのお絵柄(特に攻め様の肉体美)と色のつけ方が好きなので、このコラボはうれしかったな♪ ノベルズ挿絵でもぜひお願いしたい。

御園えりい×橘かおる  テーマ「暴君」
「掌上で恋は踊る」 ジャンル:ファンタジー
風伯・雷公を操る美形仙人って感じのチャイニースファンタジックイラスト。これぞ萌え画、華やかでキレイです。

お話はテーマとイラストをしっかり意識されていてその姿勢は素晴らしいんだが、橘さんの光だとか闇だとか変化するファンタジーはいささか食傷気味なので、出来れば普段ハイ・ファンタジーを書かないような作家様(この号だと秀様とか栗城さん?)にあえて書いてほしかったな〜とか思うのは我儘過ぎる?

あじみね朔生×栗城偲   テーマ「未練」
「月に焦がれる星の夜」 ジャンル:アラブ?アジア?
うっひょ〜っ、なんと色っぽい…!!お見せできないのが残念!!あじみねさんのイラスト(1枚絵)は本当にステキです。
ストーリーは、う〜ん…がんばってるけど、途中からイラストの存在を忘れてしまったかのような作家様だけのワールドに突入しちゃった感。
SSを書くことだけでテンパっちゃうとこうなりますね。共に手をとりダンスを楽しむには、お相手(イラスト)のことを最後まで見つめていないとね。←えらそうに…f(^^;)


織田涼歌×霧島リッカ  テーマ「衝動」
「今宵、月の下で」 ジャンル:花嫁
ピンクのドレスにピンクのチOビ…潔いほどピンキーピンクな華やかイラスト。表紙には決してできない、ピンナップだから可能な一枚。いいと思う☆

可愛くってしょうがない恋人にオーダーメイドドレスでコスプレさせるのが趣味の攻めと、いやよいやよといいながらウエディングドレスで結婚式までしてしまう受け子ちゃんのナベブタラブ。
イラスト背景までしっかり組み込んだ、「美術館貸切H」たあ、恐れ入った(笑) 
意味不明な論理展開で(女装に)なしくずされ感も、BL読んでるって感じでイイです。何よりお幸せそうだしね、この2人(笑)


    

◆まとめコメ
ごめ〜ん、TOP1を3本も選んじゃったf(^^;) この3つがどうしても甲乙つけられません。しかも幻のTOP1まで
 5→6→7周年と年を追うにつれ完成度がどんどん上がっておりますね。来年へのハードルがまた上がったぞぅ♪

でも、その分エロはごく薄・草食系になりました。これも時代なのでしょうか。今号で本番しっかり書いたのは秀様と剛御大だけですし、どちらも割と大人しめ。

少ないページでストーリー重視だとエロに行きつかないのは道理なんですが、過去作では本番あるなしに係わらず、印象強烈なエロSSが1本はあったので(5周年の沙野さん、6周年のバーバラセンセ・和泉さん・水戸さんなど)、そこを踏まえるとせっかくのSSだし、もうちょっと遊び心があってもよかったかな〜と思います。←イラストは肉食チックな作品もあったんだけど、ストーリーが草食系ってことね

でもこれ(草食系)って出版社の意向かな〜。2008年(6周年)から表紙イラストにチOビ禁止令出てるみたいだし(笑)
全体的に安全パイの中(下ネタにあらず)、きたざわさんのひねった発想が光っていたので今号はこの方にmiru-ha杯(特別賞)を送らせていただきます♪

            *         *         *

こうやってSS集を読み比べると、個性や経験値が手に取るようにわかっちゃいますね。
沙野さんや剛さんなど実力派作家様のはずさないストーリー運びは感動すらいたします。

でも3冊読んで最も強く感じたことは、出版社(編集者様)への賞賛です。
ネームバリューだけでなく、イラスト(テーマ)ジャンルに強い作家様をきちんと選ばれるキャスティングセンスに感じ入りました。(立候補もいるらしいが…) さすがプロのお仕事ですねえ。


3冊満喫いたしました、楽しかった!8周年記念は、私も応募がんばるぞぅ♪ 
今度は作家様名を隠して読んで当ててみるってのに挑戦してみようかな〜。




次回予定は26日「マンガしりとり」です。

その次の感想は予定変更いたしましてこちらを。 
  ←2月のレディース感想を通常サイズ(?)にばーじょんUPしました


 


 
  〔絵師:稲荷屋房之介〕〔絵師:円陣闇丸〕〔絵師:陸裕千景子〕〔画:レアアート〕
  〔絵師:あ行〕〔絵師:御園えりい〕


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[リスト・読書記録]レーベル別小冊子・リンクス | comments(1) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■みOO様
7周年記念号、楽しかったですね。
みOO様もあの3本に一票入れて下さって心強いです♪←いつの間に投票制に

>エロ
あまりに薄エロなのでかえって目が行ってしまい…。改めてみてみると「エロ」しか探してない煩悩まるだし感想になってますね(失笑)い、いいよね、BLブログだもんね!!

>徳間と幻冬舎の全サ
徳間は企画力と機動力、幻冬舎は発想と慈悲の心(全サ小冊子に全SS書き下ろし&カラーページテンコ盛り、しかも応募方法がお財布に優しいんだとか。商売気なさすぎ、笑)が素晴らしいと思いました。

5,6周年未読だなんてもったいない!ぜひぜひ読んで&感想お聞かせくださいまし♪

comment by: miru-ha | 2010/09/25 02:18

Leave a comment