スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『幸村殿、艶にて候』1〜4  秋月こお/九號

12月も半ばを迎え いよいよ今年も大詰め。大河ドラマも最終回。
あの「完」を見るためこの1年…「篤姫」もワタクシもお疲れ様でした。いや〜よく観たな〜まんまとNHKに踊らされ…そして来年もカーニバル!「直江兼続」です。この時代大好物!
「勘助」・「兼続」とは、もうメジャー武将はやり尽くしたということでしょうか?

とある業界で新潟キャンペーンがありまして、そこのシンポで「兼続」担当プロデューサーが講演した際 話してたのは「篤姫」があまりにも評判が高かったのでかなりのプレッシャーなんだとか。
『「篤姫」流れで初回を見る視聴者を取りこぼさないよう 最初の3回はメチャクチャ面白くしてあります』だって。
ホントならうれしい

関連キャストは、
直江兼続… 妻夫木聡
上杉景勝… 北村一輝(!)やった!
真田幸村… 城田 優←う〜ん?博打。  
ちゃんと前田「花の」慶次朗もでるんです(配役未定)←佐渡攻めだいぶ後だしね。

と言うわけで↓ 楽しくおさらいしておきましょう。
それでは、才蔵は外人じゃないんだね?にご賛同いただける方ウエルカム〜
な、ネタバレ感想とイメージソングです。↓

 

なんちゃってあらすじ
天下を取るのは我が主!
幸村率いる真田の勇士が乱世で織り成すL絢爛戦国BL絵巻、ここに開幕。

◎イラストチェック/九號
カラー★★★3.0
「九號」=きゅうこ?きゅうごう?くこ?変換大変(汗) 思わず部首変換。
「口」だと思ったら「虍がしら」(←なんざそら!?虎でもないじゃん)だったので全然見つからず、結局辞典のお世話に。一家に1冊あって良かった漢和辞典。
3巻からガラっと絵柄が変ります、才三が一気に美形度UP!ここに来てようやく幸村殿と佐助が区別つくようになりました。もう間違えません。
カット★★★
3巻がカラー・モノクロとも1番好み。249Pはベストショット。

◎本編感想
西洋史はともかく日本史はないと思ってたので、あったよ!とセルフ突っ込みさせた驚きの1作。
(似たような事、日曜も書いたな…)
小説やマンガなどフィクション界では有名な真田十勇士。
実在しないといわれてますが、時代物好きなら誰でもお気に入りの十勇士像を持っているはずです。
私の萌え十勇士は某国営放送で人形劇にもなった柴練の「真田十勇士」と、秋月さんと同じく「風神の門」かなあ?

タイトルから妄想するに、幸村×佐助、兼続×幸村かと思いましたが、景勝と幸村でした。
う〜んそれもアリよね♪ おまけに諏訪明神の行者とな。なんとも豪華な萌え設定。
十勇士もそれぞれ既存作と違ったキャラ立ちしていて分かりやすい。

今作ピカイチは才三…!もはや彼を中心にしか読めません。
1巻で早々カレの腹黒エロ攻撃にやられて以来、いつ下克上はなるのかと目下の興味はそこに集中しています。あわよくば甲賀秘伝のアノ術の実現も…。
時代考証もしっかりしてあり数ある時代小説と比べても遜色ない。九州攻めでここまで深く書いた本、多分ないですよ?読んだ事ないもん。
唯一の???は「ちぇすと〜」かな?これ示現流(薩摩のお家芸)の掛け声でしょう?三好入道を薩摩の出にすると他の十勇士との設定がおかしくなりませんか?開祖と友人とかですかね?同時代の人だしね。

このあたりの事情にやたら詳しくなってしまったのは時代小説が好きなせいもありますが、実はゲームのせいだったりします。
「戦国無双」と「戦国BASARA」ですよ!
アクションものなので転んだら鼻打ってしまう反射神経皆無の私にはプレイは無理なんですが、設定が面白くてオモシロくて…本だのコミックだのyoutubeだのやったらチェックしてしまった結果、立派にオタクになってしまったわけです。示現流の開祖もここでお友達に(笑)

泣けるなら「無双」 笑えるなら「BASARA」です。
特に「BASARA」のぶっ飛びぶりは大笑い!歴史考証まるで無視。初めは「信長の野望」に影響された男性ユーザー向けの骨太なBASARA振りでしたが、その後コミックの様な設定が女性に受け2次作品が花盛り、メーカーもそのあたりの事情を考慮してシリーズを重ねるごとにヴィジュアルを美形度UPさせた結果、今ではユーザーの5割以上を女性が占めるというデータもある、伝説のゲームでございます。ああ、オタク丸出し。


最新4巻は読み応えありました。
神を降ろした幸村、迫力です。
妻問いといい、未完の女王・山本鈴美香の「白蘭・青風」を彷彿とさせます。佐助はいよいよ暴発寸前。見ようによっては一番厄介な部下です
対して才三様(ついにサマよばわり)は頼もしさ倍増

そして!本懐をとげたかつ殿の通常ではお目にかかれないオノマトペの数々に大受け。エロというより「まぐわい」。何とも力強いです。
「ヌヌッ」で「ムンッ」で「ぐぬり」に「むぅっ」ときた日にゃ、女だったら間違いなくご懐妊(笑)

この厚み・面白みでコンスタントに次巻を出してくださる秋月さん、すごい仕事量です。
他にも色々出してるのに、プロとはこういう事なんだと尊敬の念を禁じ得ません。
どこかの未完の女王様も見習っていただきたいものです。黄金郷も気になるままだし!面白かっただけに諦めきれないっての!

イメージソングは うわさの双子デュオ、
 「永遠の刹那」 ON/OFF  

ドラマ(!)「風魔の小太郎」(←なつかしい)の主題歌です。
去年あたりに知人の娘さんが夢中だとか言ってた美形だらけのドラマってこれのことかあ。
たまたま選んだら忍者繋がりでびっくり。
ワタクシの感性が鋭いのか、ハタマタ十勇士ならぬ十人並みなのか?
うまく(どこが?)オチもついたところで、これにて御免!


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]秋月こお | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/50

TrackBacks