スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

BLCD感想記・「交渉人は黙らない」 

                                                                         【BLCD/交渉人は黙らない】
■原作/榎田尤利
■CDジャケット/奈良千春
 ※原作と同表紙

■発売元:サイバーフェイズ 
■発売日: 2007年09月25日 
■脚本:月原 真  
■音楽:宮本空  
■演出:鈴本雅美  
■効果:サウンドボックス



■キャスト:
・兵頭寿悦…子安武人 
・芽吹章…平川大輔
日野聡 (キヨ) /梶裕貴 (橋田智紀)/ 定岡小百合 (さゆり)/ 安元洋貴 (鵜沢万里雄)/ 秋元羊介 (周防忠範)/ 峰香織 (アヤカ)/ 
御園行洋 (葛本)/ 小原雅一 (伯田)/ 松岡大介 (青年/プリン頭)/ 木村拓 (青年/ピアス男)/ 斉藤隆史 (青年/スキンヘッド)/ 阪田佳代 (メイド娘)/ 水沢史絵 (店員)

 

夏の名作感想・こっそりおまけは、「交渉人は黙らない」CD鑑賞記録です。
記事分類が面倒なので、ページを分けてございます。計3回になっちゃって申し訳ないf(^^;)

フレブラCD感想で書かせていただきました通り、CDデビューしたてのひよっこなわたくしが、聴いて感じた事をただ書きとめていくだけの、メモ同然の記録です。←こんないい年の「ひよっこ」…ちょっとホラー
多少アニメが好きというだけで、現代声優様事情にはまったく明るくないため、ご参考になるような情報どころか、貴腐人なら常識レベルのアレコレを知らずにワーキャーとっちらかる粗相を相当やらかしていると思いますが、どうか、ゆるふわなお気持ちで受け止めてやって下さいませ。

   CD王国へ飛んでいく…

◆miru-haの聴きミミずきん〜 

芽吹役の平川さん、BLCDではお初です。よろしくお願いいたします♪←?
冒頭から爽やかなクセモノぶりの芽吹をどのように演じられるのでしょう?
コミカルモノローグとロジカル・ダイアローグの演じ分け+BLならではのラブトーク…おおぅ、わくわくするぅ♪
そして子安さん!景麒!<十二国記  兵頭なのか、へぇぇ!
本編P258で「あんまり楽しい話はないんですよ…兵頭が珍しく困った声を出す」
とありますので、「珍しく」「困った声」を表現するために、他の部分がどう演じられているのかを気にしつつ、全編聴いていきたいと思います♪
  
   
               ◆ドラマCD感想は次ページで◆
   


     
               ◆ドラマCD感想は ここから◆
       掲載順:◎全体感想 →◎各シーン一言感想 →◎締めのご挨拶
   

◎全体感想
モノローグと会話(ダイアローグ)が丁々発止の、忙しい原作です。
CD聞いて初めて気付きましたが、芽吹はコミカルモノローグ(ツッコミ)の間に、あれこれと行動していますので(だからツッコミたくなるわけです)、文章で感じるよりずっと長い時間を「行動」に費やしているのですよね。
例えば、芽吹の「交渉」術を見せつける「プロローグ」の和風喫茶でのやり取り。
リアルに時間換算すると、待ち合わせ→あんみつ食べながら雑談(交渉)→清算とおじいちゃんとのやり取りと、芽吹きが店内で過ごした時間は、少なくとも普通に喫茶店でお茶するだけの時間(3、40分)かかっているわけです。その間この人、ほぼ話しっぱなし。それをCDでは10分に縮めるのです。

こういったシーンの場合、通常「時の流れ」って読んでてほとんど気にしませんが、これは読み手が脳内で勝手に「常識的な時の流れ」を判断して、適度な間をとったことにしてしまうからです。
でも実際に3D化(音声化)すると「間」も3D、実際にしっかり無音という「形」を取ることになり、収録時間を消費してしまうのですよね。

そう考えると今回のような「交渉=セリフ・会話」が超重要な作品は、脚本化が相当難しいと思われます。
原作の雰囲気を壊したり「交渉」が成り立たないほどアレンジしてはならず、かといって大胆アレンジしなければ冒頭シーンだけで3、40分かかる(相手がひるんだり考え込んだりの「間」も必要だから)、さらにコメディなので、スピード感あふれる会話としっとりラブトークとのメリハリつけなければならない。BGMを聴かせる余裕もほしい。

つまりね、
。暇臍箸僕泙┐襪韻鼻⇔彎豐興纏襪粘屬發燭辰廚蠎茲辰謄札螢佞肇掘璽鵑魴禪困気擦襦
▲掘璽鵑皀札螢佞盡困蕕気覆い、すべてに大胆アレンジを施しギュウづめにする
4屬皀札螢佞皀掘璽鵑發垢戮涜膸にして、CD3〜4枚組にする
と、解決法がこの3通りしかないのよね。

そしてこの度選んだ方法は◆▲▲譽鵐犬了妬によってはそれこそ原作イメージ大崩壊の可能性もなくはない、かなりの高ハードル作品だったのです。
CD(音声化)と交渉(セリフが命)は相性がいいと思っていたけど、(収録)時間の壁があった…。
う〜ん奥が深いなあ、CD化。


よって今作は役者様のイメージや演技よりも、脚本・演出に「ん?」と思うことがちょいちょいありました。
せっかく子安さんがフェロモン垂れ流しの濃〜いセリフを言ってくれても、そこに至るまでがサックサク(「間」を取ってる時間がない)のため、唐突に発情したように聴こえてしまったり(苦笑)、(個人的に)好きだったセリフがコロッと変わってたり。
でもこれも部分的な「?」で、こうやって感想書こうと思わなければスルーできる程度のことです。
総合的には、原作の良さがちゃんと伝わる良作と思います。

改めて、原作ってすごかったんだなあ…と感心しました。情報量としては2冊分に近い内容だったんですね、読み応えあるわけです。

・メインカプについて
芽吹役の平川さん、初めの見せ場(交渉シーン)では、ちょっと硬いかな、と思ったのですが、聞き進むほどにどんどんノビノビと…。これって意図的なメリハリですね。
聴き終わる頃には、芽吹のお声として違和感なくなっておりました。

兵頭は思ったより大人っぽい…というか大人しい印象。子安さんのお色気たっぷりのウィスパーパワー炸裂でゾクゾクさせるのかと思っていましたので意外な性格付けでした。
でもシリーズ通してメッロメロになっていく、右肩上がりな役作りってことかもしれません。「疑わない」と聴き比べないと何とも申せませんね。でもないのよ、CD(泣)

特筆事項としまして!鵜沢役の安元さんがどえらいイイお声!!
もっとあったま悪そーなコずるい小粒キャラをイメージしていましたので、初聴きした時クラクラしました。Sっぽく壊れたイケメンですよ、鵜沢!

DISC2の「Action.7 -Mario Uzawa-」は、ぞくぞくしっぱなしです。
ごめ〜ん、兵頭とのアレより萌えてもうた☆
「半分ぐらい入れられた気がする…」 よもや未遂を無念に思うとは!(笑)
兵頭の向こうを張れる、悪ぅいヤクザにイメージ修正かけました。機会がありましたらゼヒとも聴いてみていただきたいです♪



 
◎各シーン一言感想
【DISC1】 
・Prologue
若っ!<芽吹
想像よりずっとお若いお声です。
考えてみれば声って年齢重ねても変わらないですものね。17〜32歳までを演じるんだからこのぐらいでいいのかも。

・Action.1 -Mebuki nego-office-
「お茶ってのは、これですかね。」
おおお、初兵頭!お色気かなり抑え気味、落ち着いている大人(?)の兵頭です。

「先輩」
「−あんたをおれのものにする。」 
あ〜、こりゃ残念だなあ…。せっかくの兵頭のキメ台詞が…。

「先輩」の呼びかけから次のセリフへの「間」が足りないわ〜…。
これは役者様じゃなくて演出の責任ですね。今作の場合は仕方ないのですが…。

・Action.2 -Jyuetsu Hyodo-
高校回想シーン→事務所前のチンピラとのひと悶着

「キャラ(性格)」…こういうアクセントなのか…。

・Action.3 -Tomonori Hashida-
ここでの兵頭と芽吹のやり取り、笑えます。いいぞぅ、これぞ「交渉人」

「何があんたをそこまで変えたんです…?」
思わぬところで子安兵頭のフェロモンがチラ見え(聴こえ)いたしました。
本気だされたら、どうなっちゃうのだろう…?

・Action.4 -Ayaka-
1分ちょっとで終わってしまった…<たこ焼きシーン

アヤカのお声が可愛すぎます、ナイスキャスティング。
そして鵜沢…予想外の美声。

ここでの兵頭×芽吹のやり取りは聴きごたえありマス。
だんだんその気になっていく兵頭がこれまた…。ラスト4分…子安さんのフェ、フェロモンが…。

「あんたは…俺のオンナにふさわしい」
キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
今、わたくしは確かにBLCDを聴いているっ!(笑)


【DISC2】 
・Action.5 -Suou-gumi-
楽しみにしていた3D(音声化)舎弟ーズ。
そうか、CDだったら「ヘンなやつ」が誰かすぐ分るじゃん!!
でも交渉人CDこれしかないのだわ、あああ、残念〜っ

・Action.6 -Tadanori Suou-
兵頭のカリスマ性をたたえるセリフ
「あんなオーラを持ってたら、ハリウッドスターかヤクザになるしかねぇ」が、まったく別のセリフになってた…またも残念

・Action.7 -Mario Uzawa-
鵜沢ボイスにメロメロです。

「極道なめんじゃねーぞ!」 ぎゃーっ!! かっこいい!!!
このシーンだけ3回聞いてしまった、わはは♪

・Action.8 -Akira Mebuki-
17分たっぷり、二人のラブトーク。
子安兵頭のウィスパーボイスをもっと聴きたいのに、なっかなか出てこないんだよ!

「フレブラ」「とある作品(感動的だがエロほぼなし作品)」「本作」と、フル拝聴ドラマCDはこれで3作目のわたくし。
考えてみたら初めてでした、ここまで本格的な喘ぎボイスを聴いたのは。
あと2分続いていたら、熱中症と同じ症状で病院送りだったと思います。

ラスト1分、「…ぁ…あんまり楽しい話はないんですよ。」
         ↑このため息がたまらない

・Epilogue
甘栗…甘栗食べてる芽吹(のシーン)がない…。まあ、そうだわね…。

本編は「桜の花びら」締めですが、CDでは組長宅の1セリフ以外「桜」はほとんどスルーなので、いったいどんなセリフで締めるのかと思いましたが…。
なるほど。これ毎度のお約束にしていただきたいですね。


・BACKSTAGE TALK -Free Talk-
平川さんがトーク中に「原作後書きで榎田先生が…」と話題を提供していらっしゃいました。
原作の後書きまでしっかり読むのか!とちょっと驚きました。 役作りで台本だけでなく原作まで読み込むのは、当たり前のようでいて意外と出来ないことに思います。お人柄が偲ばれます。



 

◎締めのご挨拶

交渉人ワールドにどっぷり漬かった3日間でした。(準備期間はもっとだけど…)
次作の出る12月まで、封印しておきます。


夏休みの計画が満足に進まず、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
改めまして、お詫びと今後の予定記事を後日UPいたしますね。






 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[腐海航海記]BLCD | comments(3) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

こんばんは♪

私は「交渉人」のCD、最初聞き流していました。冗長だし、会話のテンポがトロいな(主に平川さんas芽吹)、アッキーは江戸っ子だからもっと早口でもいいだろうって。あとはmiru-haさんご指摘のように、原作の「ここだ!」というパンチラインがけっこう端折られていることにガッカリしました。そして子安さんas兵頭がまったくイメージ外で…アニメ系声優に疎い私は盛大に面食らいましたね。…と、いろいろあって、「BLCD初心者に交渉人CDは絶対にススメない」と自分のブログで書いたのです。

がしかし。いろいろBLCDを聴いてみて、「あ、そっか、なんかわかってきた」と。原作まずありきで聴くより、声優の解釈による演技でどれだけ聴かせてくれるのか、なにを端折ってストーリーを繋げてきたのかとシフトしてみたら…道が見えてきたのでした。そしたら、私の中で子安さんはものすっごく兵頭で、平川さんもまんま芽吹になっていました。ビックリ。それでも私自身、今だにこのCDには5ツ星つけられないですね。演出面でいいたことが多いから。

ちなみに声優陣のキャラ掴みは、「黙らない」より「疑わない」のほうが上かな…。

>鵜沢ボイスにメロメロです
安元さんのベストは鵜沢だと思っています、私

>原作の後書きまでしっかり読むのか!
平川さんはいつもしっかり原作を読んでくる人なので、スゴイんですよ…。「黙らない」CDが出たとき、ラジオで「原作がとっても面白くて〜」とおっしゃっていました。「芽吹はこういうキャラで〜」という説明も「その通り!」でした。声の好みは人それぞれなので、芽吹と思えないリスナーは多いでしょうが、キャラ掴みにブレがない人なので私は聴いていて安心できます。
comment by: 秋林 瑞佳 | 2010/08/30 22:13
■ゆOO様
毎度の長文、いつも丁寧に読んでくださってありがとうございます、おかげで更新がんばれます…♪
今回は思わぬミニ祭り(3回)で、おかげで「エス」を落としてしまいました。有言不実行もいい加減にしろって感じですね…。
「交渉人」は読む前から「名作感想」で取り上げる予定を決めてて、発行後ウキウキ読んでみたら「……」←本編とイラストそれぞれに悲喜こもごもな感
シリーズ名作とは感想をイッキに書けないものなのだと思い知りましたf(^^;)

反動で、1冊読み切り作品をザクザク書き散らしたくて仕方ないです。頭の切り変えを楽しみたいっていうか…。
9月は多分そうするので、そちらも何とぞお付き合いくださいまし♪


>安元さん
あ、やっぱり?!あのお声、理屈抜きにすっごく好き♪
出演アニメを思い出してみたけど、思い浮かぶ作品がなかったんですよ〜、絶対お名前を拝見したことはあるんだけど!
この方がメインをはるCDとかってあるなら聞いてみたいな〜と思いました。←こうやって広がっていくのか、CD王国(笑)
おススメあったら教えてくださ〜い♪
comment by: miru-ha | 2010/08/31 22:49
■後日記入

秋林様へのお返事は、8月31日・URLクリック先の記事中で書かせていただいております。
お手間とらせてごめんなさい。
comment by: お返事はこちらです | 2010/09/03 22:21

Leave a comment