スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

15巻発売記念特集・その1
ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・9」

ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD」 企画コンセプト
F&B15巻・発売記念特集です
現在発行されているF&BドラマCD・9巻&特典CD3枚の全拝聴感想記をUP。
CD初体験の管理人が聴いたその場で感想を書いていく、ドキュメンタリー珍道中記
別名・無謀企画  
「総復習」でございますので、既読の方と共に楽しんでまいる書き方をしております
総ネタバレになりますので未読の方はご注意くださいませ。
また、現代声優様事情にも全く疎いため、粗相しまくりです。ごめんなさい
  参考記事: フレブラ祭り開幕の辞」
          「CDジャケットギャラリー」

■掲載予定
・第1期・1〜3巻…6月第1週
・第2期・4〜6巻…第2週
・第3期・7〜9巻…第3週
・特典CD3枚…発売日(26日予定)までのどこか

◆miru−haのキキミミポイント
現段階ラストCD、9巻です!ついにここまできたか〜…。
感無量を噛みしめつつ、一音も洩らさず聴いてまいりますよ〜っ♪
お楽しみは、ファン役の三宅健太さんです!ひゃ〜、まさかこの方まで出てるとは!

 【内容紹介】 
孤立無援の中、国王フェリペ二世との謁見に挑む海斗――。
間諜入り乱れる、スペイン宮廷編!

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。侯爵に、死神と畏怖され殺されかけた海斗は、ビセンテに窮地を救われる。「何があっても私が守ってやる。」その言葉を少しづつ信じ始める海斗……。そして遂にスペイン王宮に到着した海斗は、国王フェリペ2世に謁見することになる。孤立無援の中、頼れるのはビセンテただ一人――間諜入り乱れる、スペイン宮廷編!

【キャスト】
   
  ・東郷海斗:福山潤              ・ジェフリー・ロックフォード:諏訪部順一
  ・ナイジェル・グラハム:小西克幸      ・ビセンテ・デ・サンティリャーナ:大川透

・クリストファー・マーロウ(キット):三木眞一郎
・フェリペ二世:中田譲治               ・サンタ・クルズ侯:丸山詠二
・ラウル・デ・トレド:近藤隆              ・ファン・グリフス:三宅健太←!
・アロンソ・デ・レイバ:遊佐浩二←!!       ・ルーファス・べレット:岩崎征実
・サンティリャーナ侯爵:木村雅史           ・シグエンサ神父:間宮康弘
・ジョー:樋口智透                   ・ヴァスケス:大原崇 

【スタッフ】 
 

原作…松岡なつき
イラスト…彩
脚本…山田健一
音響監督…亀山俊樹
音楽…yukari
音響効果…サウンドボックス

         
                        ◆CD感想は 次ページで ◆
          

                                                    

                                                    〔フレブラ9巻〕
                                                    〔CD感想〕
                                                    〔フレブラCD〕






             
                        ◆CD感想は ここから ◆
           
【DISC 1】
・PROLOGUE
ビセンテとカイト、リスボン港を眺めながらお話してます。
このシーン、小説カイトはどちらかというと投げやり・、拗ねてる感じですが、CDカイトはイライラを思い切りビセンテにぶつけてます。
小説のように丹念に心理を追えないので、分かりやすく演技を集約させているのですね。これはこれで面白い…。


・SCENE1
開始後30秒で!きゃ〜っ、三宅さんだ〜っ!!←ツメ!ツメ!!<ウルフズレイン、爆涙!!

更に1分後、ラウル登場。
んんん?この声…あ〜誰だっけ、何か聞いたことあるような気がするが…

ビセンテ様、ここでは1巻よりさらに流暢な英語をご披露。でも不思議とスペイン語の方が上手かったんだよな〜、音感が演技とあってるのかな。まさか、演じ分けてる?大川さんならそれぐらいできそうだわね…(多分、新劇系の役者様だから)
それにしても毎度凝った演出です、役者様が「フレブラは難しい」とおっしゃる意味がよく分かる…。
聴いているわたくしも、なんだか外国語リスニング萌え(?)に目覚めてしまいそうです。


・SCENE2
フューラー総統・サンタクルズ候再び。この方すごいんだよ、本当に。赤黒いオーラが滲んでくる、凄まじい存在感です。

「わ、わしが何をし、した…ゼイゼイ
「…まだ、死ね…ぬ…ゼイゼイ

「…ヒューヒューでは行け…ぁ赤い、か、髪をしたゼイゼイ死神とともに…。」

ううむ…筆舌に尽くしがいたとはこういうことですね。この名演を表現する言葉が浮かばない…。
大川ビセンテ様でさえ影が薄いョ。
このシーンだけでも、このアルバムを買う価値があるように思います。←そこまで思いいれるのは私だけ?


「ラウル・アルバデス・デ・トレド・イ・ファルネーゼ」
 こんな長いフルネームだったんですね。


9巻も、ロンドン王宮編に負けずの絶賛☆豪華キャスティングです。
ジェフリーもないじぇるも既に出てきてますが、著名役者様がワラワラ出てくる興奮にワーキャー言っている間にシーン終わっちゃうのですf(^^;) 


・SCENE3
場面変わって、グローリア号海上訓練。びりっと背筋を立ててしまうほど勇壮でにぎやかしいです。海賊、海賊♪

怒・哀と来て、このシーンを支配する感情は「喜」
すごいね、このメリハリ。コンサートやライブの構成に準じてますよ、やるな〜。

開始後4分過ぎ、お久しぶりのキット登場。
一言発しただけで、もはや三木さんフェスティバール 
語尾やら抑揚やら、こちらの予想外の表情つけてくるもんな〜。でもちっともおかしくないのです。これは真似しようと思ってもできませんね、サンタクルズ候とは真逆ベクトルの演技力です。こちらも達人。

余談:
モノマネと真似は少々違うのですよね。モノマネはそっくりコピー、真似は真髄を似せる=自己は別にあります。技(個性)を盗む、という感覚でしょうか?なので、あるレベルを超えれば「本物」に。バスティアニーニなんて良い例でございます。←出たよ美術オタク


「(カイトを)もう美味しく頂いちまったかぁ?」

「…まだだ。」

「し、してないのか?!」
←どんなに舞い上がった事であろう(笑)

この後の拗ねるジェフリー、可愛い♪←やっと触れられた
などと3人のやり取りをニヤニヤしながら聴いていると…うわ、今度は三木さんがラテン語?!
英語、フランス語、スペイン語、で、ラテン語?改めまして、原作恐るべし。


・SCENE4
エスコリアル宮に向かう馬車内。
オレンジの砂糖漬けで、カイトを甘く餌付けするビセンテ。指をなめる音がソコハカとなく淫靡で、カイトが赤くなっちゃうのも分かるのであった…(//∇//)

ファンから、ジェフリーと彼の関係を聞くカイト。
船の模型をファンから託され、「生きる希望」が、「生への執着」へと変わります。
ここでファンが言っていた「出ていけない理由」とは、ラウルとの確執(というか、愛)のこと?


・SCENE5
「陛下のおなりです!」←三木さんの声と思う

1巻以来のフェリペ2世ご登場。相変わらず美声でございますね、陛下!

残念!音楽家イベント(ヴァージナル演奏と『バルパライソ』熱唱イベント)さっくりカットです
『バルパライソ』はスティングが、映画「白い嵐」のために書いた曲ですが、この映画がまた…。
◆映画「白い嵐」あらすじ
1960年、6人の少年の命が失われた有名な海難事故を題材に、極限状況下の人間の絆、愛するものを失う悲しみ、そして生き残った者の誇りと痛みを描いた青春冒険映画。延々30分間にも及ぶ船の沈没シーンなど、スペクタクル場面の映像と音響の迫力が圧巻。


原作は、この事故の生存者。つまりこの映画は、ノンフィクション海難映画ってことなのよね。
う〜ん、作家様がなぜこの曲を選んだのか分かるような気がしますね。
でも、カイトは「昔見た映画」ていってますが、この映画1996年制作なのだが…ま、いっか。

  
■Sting − Valparaiso (作家様オリジナル日本語訳はP167)
 
Chase the dog star
Over the sea
Home where my true love is waiting for me
Rope the south wind
Canvas the stars
Harness the moonlight
So she can safely go
Round the Cape Horn to Valparaiso

Red the port light
Starboard the green
How will she know of the devils I’ve seen
Cross in the sky, star of the sea
Under the moonlight, there she can safely go
Round the Cape Horn to Valparaiso
Valparaiso

And every road I walked would take me down to the sea
With every broken promise in my sack
And every love would always send the ship of my heart
Over the rolling sea

If I should die
And water’s my grave
She’ll never know if I’m damned or I’m saved
See the ghost fly over the sea
Under the moonlight, there she can safely go
Round the Cape Horn to Valparaiso
Valparaiso


宮廷での尋問の面々の中に、アランソ・デ・レイバを見つけ、ちょっとドキドキするカイト。

レイバ殿は少し、ジェフリーに似てるな、と思って♪」

あらあら、さすが天然小悪魔ちゃん。こんなことを、こんなに可愛くビセンテに言っちゃったら、余計煽っちゃうだけじゃないの、男心が分からんやつ(笑)
案の定、ビセンテ様ったらすかさず、「どこがだ。」←けっ、とした口調が笑える。


ハポンに最初に辿りついたのはスペイン船だったという、フレブラワールドの歴史の差異、ここで新たな差異が発覚します。

「スペイン船『サン・フェリペ号』がアワと呼ばれる東部地域に辿りついたのと、ポルトガル人が乗ったキタイ船が、タネガシマと呼ばれる西部地域に辿りついたのが同時期だったのだ。」

アワ?アワって阿波?それとも安房?
本編では「カントー」ですが、戦国時代に「関東」という呼び方は既にあったし、音的にも「カントー」の方がはっきり分かると思うんだけど…なんで変えた?


・EPILOGUE
サンティアゴ騎士に任命され、赤毛の守護天使に大感謝するビセンテ。

しかし、その後カイトにへそを曲げられて、かわいそうなぐらいご自分を責めてます。

「はっ 失言だっ。」
「また、失敗してしまった…。」
「バカか、私は…!」
「己の不器用さがイヤになるっ。」

ぶははは、17の少年にここまで振り回されても、まだ無自覚(笑)


エピローグ突入8分、やっとアランソ登場。
え?これ遊佐さん?←わたくしの中では薄桜鬼・左之助
これは、聴いただけじゃ分かりませんよ!でもジェフリーっぽさを匂わせるアランソって感じがよく出てますです。

しかし、遊佐アランソと大川ビセンテのやり取りを堪能する暇もなく、カイトに異端審問の訴えが!


終わり。





……

えええええええ?! ここで終わりっ?←そりゃそうだ

ジェフリーとないじぇるのお声を聞いたのは、どこが最後だった?!!
ストーリー的にも萌え的にも、これで4期が制作されなかったら、救いがなさすぎるっ




          

         
【まとめて感想】
現段階での最終巻なのですが、原作はまだまだ続いてるという事と、宗教裁判?えーっ?な、ところで終わっているので、「ファイナル」で感無量…とはならず、早よ次もってこーい!な気分でございます。
9巻は1枚にもかかわらず、ロンドン宮廷編に負けない豪華キャスティング。これまた聴き応えがありました。英・西どちらにも肩入れしない、作者様と制作者側のご姿勢がよく出ております(笑)

シーン感想でも書きましたが、サンタクルズ候の「本物の演技」だけでも、CD購入価値ありと思います。←役者様より演技そのものに惚れる、わたくしタイプの場合


【全9巻まとめ感想】
初めてのBLCD、とっても勉強になりました。つか、楽しかった〜♪
自分でももはや忘れかけていた、演劇への情熱も懐かしくよみがえりましたし、なにより本編とCDを聴き比べる事で、小説⇔脚本、文章⇔演技・呼吸、行間⇔音楽、などなど、さまざまな「表現」について思考を重ねる範囲が広がったのが楽しかったです。
小説とCDで喰いつきどころがどのように違うか、なんて自分自身を振り返るのも面白かったし。

でもこんなマジメ感想、フレブラゆえよね〜、きっと(笑)
もっと恋愛重視、またはエロエロ作品だった場合、自分がどんな感想を抱くのか、ちょいと聴いてみたいよな気がします。

でも9巻分の感想書くのに、約1ヶ月。CD聴くのって、思ったより体力と時間がいりますね…。聴いて感じるまま書くだけだから1,2時間ぐらいで出来そう☆とか考えていたバージンなわたくしよ、顔を洗って来い。 ←通常記事は平均4,5日はかかってるので、それに比べりゃ♪ぐらいにしか思ってなかった

おかげで、「特集その3」はちょっとムリそうです。次の16巻発行記念企画に持ち越します。←いつの話よ



でもでも、なんとか15巻発行記念特集・その1は終わりました!
拙い長文に連日お付き合いして下さった皆様、本当にありがとうございました!!
そして、CDを貸し出して下さった萌え友様に改めてお礼を。OOOOO様ありがとう♪♪

特集・その2「もう一つのフレブラワールド・番外編特集」と特典CD感想を今週末までにUP,26日に備えま〜す。








【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・15巻発売記念特集・CD感想】
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD」ご案内
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・1」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・2」  
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・3」 
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・4」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・5」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・6」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・7」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・8」  
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・9」  


【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD】
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第1夜  
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第2夜
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第3夜
1週間で総復習!「FLESH&BLOOD」松岡なつき 第4夜
「FLESH&BLOOD」12巻感想・リアルタイム報告!と限定小冊子
「FLESH&BLOOD」に愛をこめて(年表付) 
「FLESH&BLOOD」13巻 松岡なつき/彩  
表紙ギャラリー〜彩
表紙ギャラリー〜雪舟薫 「FLESH&BLOOD」編


【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・14巻感想3部作】
「FLESH&BLOOD14」イラストチェック&フレブラCDジャケットギャラリー(2010.03.22)
「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜右脳萌え感想&イメソン(2010.03.22)
「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜左脳マジ感想編(2010.03.21)










励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレブラドラマCD | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

>みOO様
連日のお付き合い、本当にありがとうございます!
みOOさんのCDバージンブレイクの際には、わたくしもお祝いに駆けつけますからねっ♪

>美術オタク
私もさほど詳しくないんです!でも美術館巡りは趣味&仕事で行く事も多かったですね〜。楽しいですよね、美術鑑賞♪コミックやイラストとはまた違った魅力です。

>挿絵にこだわり
えへへ、本編とイラストを別の方がご担当されている限り、それぞれを同等に扱いたいのです。

おまけに、素人のクセに、偉そうに毎度「チェック」とか書いちゃってますから、絵師様の隠れた努力とかを見逃しまくっては申し訳ないかな〜、自分でもできる努力はしないとね、とか考えちゃう性格なので、ブログ始めてから美術系の勉強、昔より熱心ですョf(^^;)

美術館も去年までは月1は絶対行ってましたねぇ…。
今はちょっとさぼり気味、画集や専門書読むぐらいかな。おかげで、眠らせて久しい「お絵描き魂」がうずき始めてしまい、ブログ閉鎖したとしたら、空いた時間でまた絵を始めたいです。
デジタル画なんかもやってみたいけど、今からだと年齢的に絵手紙…?それもいいか(笑)

comment by: miru−ha | 2010/06/22 19:25
>ばO様

連日のお付き合い本当にありがとうございます、読んで下さる方がいると思うとがんばれるのですよね〜♪

どうもわたくし、声の演技に関してはじじ萌えがあるのか、絶対一言触れてますよね。あえて触れなかったのはサンテリャーナ侯爵ぐらいです。←声のイメージはピッタリだったが、もっとイヤミなヒヒじじぃ希望だったので感想で触れなかったのだが、そのことをちゃんと覚えている辺り…(笑)

こちらの予想外の色をつけて下さる役者様が好きなのですが、ご年配の役者様はやはり年輪を重ねていらっしゃるだけに、表現が多彩(解釈が深い)、とっても勉強になるのですよね〜。
まあ、勉強になったからといって、私が役者になるわけではないんだが…f(^^;)

>三木さん
>パブロフ
わはは、まったく同じ!「三木さんとしか思えない」とか「三木ワールド」=OOOOワールドって意味です。イメージ壊すかと思い、そこまで書きませんでしたが(笑)
これで子安さんが出てこれば、OOOOOまでそろって完っ壁なのにな〜、と思いながら聴いてました(笑)


>不服従の報いを受けるのは誰だ?
そうそう、ここ意味が分からなくって…。同人には書いてませんよね?
ファン本人の事(拷問を受けるって意味ね)でなければ、あとは「妻」しかないですよねぇ。
でもわざわざ人質を攫ってきた、もしくは見張らせてる=人手を割いてる?そこまでやるほどラウルってお金持ってるのか?とか思ってしまい…。ま、おいおいか。唯一のダークオリキャラですもんね。
本当は、暗黒面に落ちた和哉を期待していたんだが…。なさそうですよねぇ(笑)

>暦
わたしもそこはかなり…つか、13巻からずっと心配してる(笑)
長期行方不明の少年が見つかった場合の騒ぎの大きさを考えたら、病気治したり、再トリップを決心するところまでお話進められない、ゆえに行方不明期間は0、または極短期間にするというのが私の予想なんですが、長くなるので詳細書きませんが、百万が一、カイトが元の夏に戻ってしまうと、どうにも計算が合わない部分が出てくるのですよね。かといって、次の夏でも合わないんですよ…。

まだそうときまったわけではない&私の計算ミスかもしれないのですが1人で検算する気力がなく、投げちゃいましたf(^^;)
もしや、まだ伏せてある部分があるのかな…。いや、もう15巻読むまで考えるのやめとこう☆

comment by: miru−ha | 2010/06/22 20:14

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/453

TrackBacks