スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

15巻発売記念特集・その1
ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・3」

ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD」 企画コンセプト
F&B15巻・発売記念特集です
現在発行されているF&BドラマCD・9巻&特典CD3枚の全拝聴感想記をUP。
CD初体験の管理人が聴いたその場で感想を書いていく、ドキュメンタリー珍道中記
別名・無謀企画  
現代声優様事情にも全く疎いため、粗相しまくりです。ごめんなさい
  参考記事: フレブラ祭り開幕の辞」
          「CDジャケットギャラリー」

■掲載予定
・第1期・1〜3巻…6月第1週
・第2期・4〜6巻…第2週
・第3期・7〜9巻…第3週
・特典CD3枚…発売日(26日予定)までのどこか

本日は第1期最終巻 3巻です!

【内容紹介】  
戦い、戦い、戦い――いつになったら、この呪いから逃れられる?

大航海時代のイングランドに突如タイムスリップしてしまった主人公を巡る、陰謀と冒険。そして敵国との激しい戦い、海賊船のキャプテン・ジェフリーとその仲間と交わす心の交流……。
松岡なつき原作、徳間書店「キャラ文庫」でも大人気の海洋ラブ・ロマン!

【キャスト】
   
  ・東郷海斗:福山潤                ・ジェフリー・ロックフォード:諏訪部順一
  ・ナイジェル・グラハム:小西克幸        ・ビセンテ・デ・サンティリャーナ:大川透

・フランシス・ドレイク:堀内賢雄          ・ルーファス・べレット:岩崎征実       
・ミゲル・カサージャ:松本保典
    
・マック:杉崎亮      ・ヒュー:伊丸岡篤      ・トーマス:千々和竜策    
・ユアン:栗山浩一    ・ジョーンズ:峰健一     ・水夫:福井信介、西野真人あっ!
                ↑全部違う役だがレギュラー こういう役者さんを探すのが好き♪
【スタッフ】  

原作…松岡なつき
イラスト…雪舟 薫
脚本…山田健一
音響監督…亀山俊樹
音楽…中川孝
音響効果…サウンドボックス

         
                        ◆CD感想は 次ページで
         






                                                     〔フレブラ3巻〕
                                                     〔CD感想〕
                                                     〔フレブラCD〕




 

        
                        ◆ドラマ感想は ここから◆                                
       
・プロローグ〜SCENE1
波の音。響く金属音。
グローリア号甲板ではカイトが仲間にやじられつつ、剣のお稽古中です。
ないじぇるボイスでスタート!いいじゃないですか♪でも「二刀流」に触れてな〜い(泣)

モブ状態だった海の兄弟たちも、だんだん聴き分けられるようになってきましたよ、ヒューとユアンは多分もう覚えた(笑) 

今回のタイトルコールはキレイに決まりました。メインテーマもイイ感じ♪


あれっ、諏訪部ジェフリーがまた変わってますよ!
腹に一物ある時とそうでない時を、演技だけでなく声色でも分けているのですね。そんなことなさっているの、この3枚のCDでは諏訪部さんだけですっ。この方の上手さはちょっと異質な気がします…。
声だけの「芝居」を求道しているというか、肉体表現を伴う演技では目を向けないような演技ポイント付いてくるっていうの?
多分、他の声優様(小西さんとか大川さん)とは修行背景が違うと思うんだけど、それが何か分からないんだよな〜。(だから寄席とか書いちゃったんだが) 舞台でも専門学校でもないことは確かと思います。
逆に大川さんは舞台俳優のニオイがするんだよな〜…。それも新劇系の。
※調べれば分かることと思うんですが、思考にも臨場感を楽しんでいただきたいので、こういった背景は一切調べておりません。ヨミがアタリでもハズレでも、どちらでもお楽しみくださいませ。笑われてナンボっす!でも答えご存知でしたら、教えてほしいな。
…こういう事を書いていると、無性に舞台を見に行きたくなります…!
         

ジェフリーの手玉に取られ、オロオロしながらカイト擁護に回ってしまうないじぇる。可愛くいい人です。
「こ、子供はなにかとグズる生き物だからな。」と取りなすないじぇる。
そう、子供はグズるんですよ。14巻まで覚えておいてね♪

ここでのカイトは少々ワガママダダっこ状態なんですが、福山さん演ずるカイトの一生懸命さと本編でのカイトの魅力がよ〜くシンクロしていて、ジェフリーの変化球フォローも、ないじぇるの直球フォローもどちらも引き出せちゃうかわいさが納得出来る、福山カイト隠れ聴き応えシーンとなっています。

「やっぱ、心底嫌いにはなれないな。」ちょっと、カイトー、それ本人に直接言ってやってー。

スペイン船影を認め、にわかに戦闘モードになるグローリア号。
ジェフリーがびしょぬれカイトを船室に連れていってくれます。抱き上げて。
ここはやっぱり…お姫様だっこ…なんだよね?書いてないんだな、本編にも!    
        
           *          *          *

・SCENE2
本編では船影を認めてから半日後に戦闘開始です。マストで影を認めてから射程距離に入るまでの時間がこのぐらいかかるという、作者様おさすがの描写。
CDでは、んな悠長なこと言ってられませんので、即開戦&1分30秒でサクッと終了です。

「すごい、あっというまだったね!」 うん、カイト、まったくその通り(笑)

カイトはここで初めて、ジェフリーの名が後世に残っていないことを疑問に思うのですが、わたくしの疑問は、なぜイエズス会とフランシスコ会を入れ替えなければならなかったのか=スペインがハポンに辿りついた最初の国である設定にしなければならなかったのか?です。
これ、未だにわからないんですよね…。「パラレル宇宙」を引き出すのに、ここを変える必要までは多分ないです。カディスの予言の差異だとか、和哉とのスリップ結果の違いだけで十分ですもんね。
ひょっとしてエンディングに関係ある伏線なんだろうか…。
 
           *          *          *
・SCENE3
まさかこんなところで、サー・フランシスに会えると思いませんでした。」
私もです、キャプテン!あいかわらずの美声&張り切り屋さんですね、堀内ドレイク様♪
「狂信的」が不自然ではない演技方針ってことなんですね。なるほどぉ。  

カイトの占いをまじかに見て、おめめまんまるないじぇる(想像)に、ジェフリーのトホホ感、どちらも上手すぎて笑えます。

すると銃声が!おいおい、海上戦の大砲より迫力ある銃声音ですよ(苦笑)
          
           *          *          *

・SCENE4
そんなこんなでカディス戦が終わって。

開始後2分45秒、カイトを上回る本作最強癒し系、ついに登場です。
皆様 お分かりですネ。 それでは呼んでみましょう。せーの!

「ブラッキーッ♪」
「にゃ〜ん

か、かわいいっ!ちゃんとネコだ、よかった〜…。人があててたらどうしようかと思っちゃった(そういうCDもあるそうな、笑)
ネコと絶望的にソリが合わないないじぇる、さあ、どうする…?

…………←船に連れ帰ったネコをないじぇるに見せる流れを聴いているところ

わはははははっは!小西ないじぇる、想像以上!!

大事な船上で時限爆弾でも見つけたかのような、「捨ててやるぅっ!!」 
なにもここまで…わはっははっは!ひーっ、3枚中1番笑ったよ。ほ、豊麗線が

ないじぇるのクシャミ、「オレは何者だ?」など続々発する名ゼリフの数々。
わかりました。このシーンを小西ないじぇる・萌えランキング暫定1位にいたしましょう!
7巻のあのシーンとどっちが上か…勝負よ!←誰と?


           *          *          *
・SCENE5
ちぇ、ユアン特製☆ブラッキーキャリングポーチの言及がなかったよ←あるわけない
密かなお気に入りグッズだったのに。だって似顔絵刺繍入りですよ?見たい!欲しい!複製原画や小冊子も嬉しいけど、こういう全サはないのかい←あるわけない・その2←角川ならやりそう


おっと、もはやビセンテの船がおっかけてきました。ビセンテの知恵と幸運で座礁を免れたようです。
人一倍ラッキーな人なんじゃない?とのたまうカイトに、ジェフリーは…。

「幸運ならこちらも負けんさ。何しろ、手の届くところにある。」

「油断しないで。」

ん?会話の間に★音が一つ入ってる。何の音?>>巻き戻し>>
まっ、ジェフリーったらカイトの頭にキス!←わたくしの超妄想力が頬でも唇でもないと告げています
しかもカイト当然のごとく受け入れちゃって、おいおい、とんだ萌えポイントだ!CDならではの演出ですね〜、グッジョブ←(手を出す出さないだの言ってる本編では)あるわけない・その3

           *          *          *
 
・SCENE6〜エピローグ
ないじぇる心の雪解けシーン。
ビルジ(汚水溜)に漂うのは、もちろん腐臭(笑) カイトが何をしてももう可愛いとしか思えなくなっているアマアマないじぇる。こうと決めたら一途です。

カイトから仕掛けたキスは、ないじぇるがお初だったのですね。大事なエピソードなのにすっかり忘れてました。
つまり色っぽい想いを持っていないから仕掛けられるわけで、敗者宣言も同然のキスなのですよね。でも、当の本人は一生の思い出です。今後のないじぇるボケ暴走のきっかけとも言える、カイトの優しさ。う〜ん、小悪魔ちゃんですねぇ。女の子だったらテゴメにされてますよ。

この後地味ながら、カイト大好きーズで総当たりバトルないじぇるVSビセンテ
が繰り広げられ、シーン終了。

わぁ、ビセンテ様、出演時間2分。

ちゃ〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜♪ ああっ、来ましたよ、フレブラ愛のテーマ!
「馬鹿だな… この程度の傷で死ぬもんか…。」
私(とジェフリー)には見えます。カイトのおでこを人さし指で突くないじぇるが。←してません
ついに咲いちゃいましたね、ないじぇるの恋の「」←芽生えはご存知「あそこ」です



心中穏やかならぬジェフリーをよそに、可愛く眠るカイトを乗せて…
【次回4巻へ続く】

          

           

【3巻まとめて感想】
第1期、満喫いたしました♪

3巻分の感想を振り返りますと、私の食いつきどころが小説とは全く違っているのが自分でよく分かります。食いついちゃうのはテクニカルな面の他に、ずばり「ラブ」、ジェフリーがチューしただのビセンテがとろけるだの、カイトへのラブ演技をワーキャー言っている状態です。

小説本編では自分で主題を探すので、見つかりにくかったり、違ったテーマを見つけてしまったりもしますが、ドラマCDだと、 「フレブラはラブストーリーである」というはっきりした演出意図(と、それにそった役者様の性格分析)が見えるので、こちらも迷うことなくラブ部分を堪能できる、だからこういう結果になったような気がします。
感想書いていて何度か、フレブラってラブに限定するとこうなるんだなあ、と強く思いましたもんねぇ…。

そのせいなのか、私の脳内では、小説世界のフレブラとCD世界のフレブラは「並行宇宙」、似て異なる別物として、棲み分けが出来ているようです。←無論リンクはしてる

イメージに合う合わない、はなくはないのですが、さほど問題視しないのは小説の世界とは別世界だから違っても当たり前だと自然に納得できてしまうというか。
思い入れのある作品&他のドラマCDを知らないので余計にそう感じるのかもしれません。

余談:
小説では「ラブ」
書く=その他、ヒューマンドラマ(国民性やら人間的成長やら)、時代そのもの(陰謀、歴史、国家、史実など)を全部同レベルで扱っています。時々主題が揺らぎがちにはどうしてもなりますが、これが「小説」の最大の良さ&CDとの違いです。だから脳内「平行宇宙」が可能なのだと思います。


そして、毎度上から目線で大変申し訳ないのですが、BLCDというものを少々舐めておりました。ごめんなさい!ここまでのクオリティがあるとは思ってなかったの!!
正直、音楽なんかはもっとしょぼめで数も少ないかと…。
ラブテーマがどうの…と書いた時は、書きながら、BLのドラマCDでここまで書いちゃうのか?これって要求としてはハイレベル、普通に「劇」を見る時の目だよな〜と思いましたし、脚本云々もご同様。
顧客絶対数と製作費と純利益をなんとな〜く考えると、けっして割の良い商売とは思えません。
私は申し訳なくもこのCDをお借りしてしまったので、売り上げに貢献は出来ないのですが、電脳最末端ではありますが、こうやって公けに取り上げさせていただく事で、せめてもご恩返しできないだろうか…などと真面目に考えてしまいました。この作品も腐界も大好きなのでね♪♪

ですから、書きます。特典CDまで計12枚!全部!
いただいたご支持はすべて、作品と腐界全体へのご支持と思い、ご拝受してまいります♪←私ごときが僭越な、とも思うが、やらないよりはやった方がいい…ような気がする

長丁場ですが、どうか皆様、よろしくお付き合い下さいませ。



第2期はカイト、ビセンテ、ジェフリー、ないじぇるの も咲きそろい、まさしく「花咲けるロンドン」編です。
来週中にはお届けいたします。ではでは。








【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・15巻発売記念特集】
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD」ご案内
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・1」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・2」  (6・4〜)
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・3」  (6・5〜)

【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・14巻感想3部作】

  • 「FLESH&BLOOD14」イラストチェック&フレブラCDジャケットギャラリー(2010.03.22)
  • 「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜右脳萌え感想&イメソン(2010.03.22)
  • 「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜左脳マジ感想編(2010.03.21)







  •  


    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [特設☆FLESH&BLOOD]フレブラドラマCD | comments(5) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    >わOO様

    諏訪部さん情報、ありがとう!
    そうか、養成所にはいってらしたんだね〜。そこは他の方と似たような修行背景なんだね。
    でも「ナレーション」!なるほど〜、こりゃ特殊だわ。だったらこういう演技方になるのも分からなくもないっ!

    素人の私が聴いても分かるぐらい上手さが別べクトルだから、長い間ナレーション一筋の方だったって事なんだね。
    とすると、この方が主演しているアニメやCD作品は数が少ないってことなんだろうか?


    わOOさんのサイバーセールの戦利品、私の第一級クラスのお気に入り作品じゃん!!CDになってるのねっ!
    ああいうタイプの作品ってそれこそ、キャストよりスタッフだよね。そっかOOOいのか…。う〜ん、好きなだけに複雑…f(^^;)

    もう一方は原作が未読です。9割がた読んでいる方なんだけどなぜかこれはご縁がなく(笑)
    この方の作品は、ある意味全部ドラマチックだから音声化には向いてるかもね!機会があったら聴いてみたいっす♪

    ドラマティックといえば、えれな嬢!
    最強ミュージカルBL「アマンテ」なんて聴いてみたいかもしれない…(あるかどうか存じませんが)


    >CDの出来の左右
    どの位プレスして、何割ぐらい売れると利益が出るものなのか、そもそも1作品にどのぐらいの純利を見込んで作成決定するのか、今、かなり知りたいです(笑)フレブラ4期のためにも、ね♪

    comment by: miru-ha | 2010/06/07 03:31
    >みOO様 
    いつも嬉しいお言葉ありがとうございます、とってもとっても励みになりますっ♪♪♪

    >イエズス会とフランシスコ会
    やっぱり気になりますよね〜。
    ここを変える事で本編に影響しそうな展開っていうと…、
    戦争もなにもぜ〜んぶ終わった後に、ビセンテがカイトを想いつつハポンに向けて出航して、現代に帰っていたカイトが日本の記録の中にビセンテを見つける…なんてのが考えられません?

    で、ジェフリーはカイトと一緒に現代でそれを見る、が、ないじぇるまでは連れてこられない、でもビセンテと同じ道は辿らせられないから…あれっ!これだとないじぇるに死亡フラグが立っちゃいますよ!
    うわ、これだとグローリア号もジェフリーも名を残さないのまで説明付いちゃいます、えええええ…当たっちゃったらどうしよう…。いやいや、まさかねf(^^;)

    >>小説世界のフレブラとCD世界のフレブラは「並行宇宙」
    わたしもみOOさんと同じ理由でCD聴くのが怖かったので、お気持ちよっく分かります!
    が、このCDは1作品としてとてもよくできている(と思う)ので、「並行宇宙」として「似ていて」「違う」ものと考えても違和感がないんです。
    マンガとアニメ、イメージは違うがどっちもアリ♪みたいな感じでしょうか(凡例:「フルーツバスケット」ユキの声がどうしても…、でもクオリティは高い)

    >最後まで
    ありがとうございます〜っ!!
    もし発売延期になったら、このテンションをどうしよう…などの迷いが吹っ切れました(笑)
    全12回がんばります!!

    comment by: miru-ha | 2010/06/07 04:29
    毎回オジャマ虫なあるとでございます〜。
    この調子で毎回書き込みに来ようという魂胆ですので、
    先に謝っておきます。
    miru-haさん、ごめんなさい。
    miru-haさん&miru-haさんの記事が大好きでご訪問されていらっしゃる方々、
    ウザいやつで申し訳ありません。
    「またか」とサラッと流していただけると嬉しいです。

    さてさて、
    べ様(諏訪部さん)については、もうお聞きになったようですね!
    そう、ナレーションの仕事数がダントツの方みたいです。
    ラジオの司会みたいなのも多くて、DJっぽいおしゃべりもお手の物・・・
    でも私はやっぱり、演技しているべ様が好きで〜す♪

    で、大川さんについてなんですが、実は私もよく知らないんです。
    こちらもきっと、他の方から情報が届いていらっしゃるのではと思いますので、
    反対に私が教えてほしいくらい・・・(笑)
    Wikipediaによれば、miru-haさんの予想通り(←これがすごいんだよな〜)、
    劇団に所属されていたみたいですね。
    私なんて過去の背景、どのような経過をたどられたのかなんて、
    まったく読みとれません(>_<)
    でも、何を勉強してきたかによって、演技も随分違うものなのだろうな、
    ということくらいなら理解できます。
    そうそう、年齢ですが今年50歳だそうですよっ!
    私の中の大川さんのイメージは、BLCD「間の楔」のイアソン役か、
    ネオアンジェリークのニクス様〜♪あのムチで打たれたい・・・ウフ
    ↑ あ、すみません(汗)
    どちらにしてもお若いです。
    50歳ということは…私の年齢が…歳の差が…だから…
    あ〜〜〜、素晴らしいお方です!

    >「二刀流」に触れてな〜い(泣)

    そうでした!!
    このあたりのCDは聞いたのが随分前で、おぼろげなところが多いので、
    こうしてmiru-haさんの記事で、あらためて思いだしてる次第。
    隻眼の二刀流は絶対外せないのにね!

    >諏訪部ジェフリーがまた変わってますよ!

    前記事のコメントでお返事いただいたように、
    必要があって声を変化させていらっしゃるんですよね、きっと。
    私もそう思います。だって「べ様」だもの。←完璧、盲目ファンです(笑)

    >声だけの「芝居」を求道しているというか、肉体表現を伴う演技では目を向けないような演技ポイント付いてくるっていうの?

    「声だけ」での芝居、まさにね。
    だからというかなんというか、俳優さんがアニメや映画で吹き替えをされることに、
    ものすご〜〜〜〜く拒否感を感じてしまうのですよ。全然演技が違うから。
    もちろん、驚くほど上手い方も「時には」いらっしゃいますが。
    あ、また関係ない話になりそうだ。

    >ここはやっぱり…お姫様だっこ…なんだよね?書いてないんだな、本編にも!

    当然です!!(キッパリ)
    私は姫だっこスキーなんです。

    >なぜイエズス会とフランシスコ会を入れ替えなければならなかったのか〜

    この記事のコメント欄読ませていただきました!
    miru-haさんの妄想が…あ、いえ、失礼しました、『予想』が最高です!
    現代で海斗とジェフリーが過去のビセンテの来日を知る、
    きゃっほぅ〜、でも、ナイジェルフラグは絶対ダメよ!

    >ちぇ、ユアン特製☆ブラッキーキャリングポーチの言及がなかったよ←あるわけない
    密かなお気に入りグッズだったのに。だって似顔絵刺繍入りですよ?見たい!欲しい!複製原画や小冊子も嬉しいけど、こういう全サはないのかい←あるわけない・その2←角川ならやりそう

    ごめん、ここ一番笑った。出たら絶対応募するよ!
    でもありえないよね〜。などと言いつつ、
    また長くなっちゃいました。この辺で失礼しますm(__)m また来ます!

    comment by: あると | 2010/06/08 15:36
    管理者の承認待ちコメントです。
    comment by: - | 2010/06/09 15:10
    >あると様
    いつも嬉しいお言葉をかけて下さって本当にありがとう!
    オジャマ虫なのは、私の腐乱した脳にたかっているコバエです。おかげであるとさん初め、優しい皆様を連日付き合わせ…わたしこそ謝罪しなければ!

    諏訪部さんはべ様と呼ばれているのですね?φ(..;)メモメモ
    で、DJ?!DJか!あ、なるほど!そういや、サンプルボイスがDJ風だったと松岡さんがどこかで書かれていたような…?
    あああ、なんだか繋がった!ありがとうございます〜っ♪でもDJの仕事ってクラブDJじゃないよねぇ…。

    >大川さん
    >劇団に所属されていたみたいですね。
    本日上げた「4巻」から聴いていたら書けない予想でした(ははは)劇団!やっぱりね、しかも新劇でしょ?きっとそうだ!

    >今年50歳だそうですよっ!
    はああああ?4巻で若返ってるのにぃ?ミラクル☆ボイス…。CD聴く前の私のイメージビセンテボイスは黒田崇矢さんでした。大川さんをあまり聴いたことがなかったし…でも今では慧眼と思います。さすが生みの親。

    >「二刀流」
    松岡さんって必殺技を編みだすのお好きみたいで、ないじぇる、ジェフリーに続いてビセンテにもあるんですよね。でも技名がついてないんで、私がつけてやろうとず〜っと考えてるんですけど思い浮かばないの(笑)

    >>イエズス会とフランシスコ会
    >ナイジェルフラグは絶対ダメ
    この「予想」(笑)に従いつつ、フラグを立てなくてもいい設定となると、ないじぇる=和哉説しかないのよねぇ…そうするとないじぇるも現代に帰ってこられるでしょ?
    でもないじぇる=和哉の孫説の方が超有力なんで、やっぱフラグが立っちゃうんだよな〜…。
    まあ、「予想」が全然違えば問題ないのよ!他の伏線…考えつつ15巻を待ちま〜す♪

    >>ユアン特製☆ブラッキーキャリングポーチ
    >出たら絶対応募するよ
    でしょう?!帆針って釘に近いもんね、どんな刺繍なのか是非とも見てみたいですぅ♪

    ではでは、また萌えトークお付き合い下さいませね、私もあ
    るとさん宅の感想、今から読みにまいりま〜す。←自分のが完成してからでないと読めない(泣)
    comment by: miru-ha | 2010/06/09 15:13

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/445

    TrackBacks