スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

15巻発売記念特集・その1
ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・2」

 

ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD」 企画コンセプト
F&B15巻・発売記念特集です
現在発行されているF&BドラマCD・9巻&特典CD3枚の全拝聴感想記をUP。
CD初体験の管理人が聴いたその場で感想を書いていく、ドキュメンタリー珍道中記
別名・無謀企画  
現代声優様事情にも全く疎いため、粗相しまくりです。ごめんなさい
    参考記事: フレブラ祭り開幕の辞」
            「CDジャケットギャラリー」

■掲載予定
・第1期・1〜3巻…6月第1週
・第2期・4〜6巻…第2週
・第3期・7〜9巻…第3週
・特典CD3枚…発売日(26日予定)までのどこか

本日は2巻です。2,3巻はDISC1枚。昨日のような激ナガにならない予定ですが、壊れっぷりは昨日より増しているような…。
ではでは、早速。

【内容紹介】  
俺も認める。おまえは誰よりも立派な、海の兄弟だ。

大航海時代のイングランドに突如タイムスリップしてしまった主人公、海斗の活躍と心の成長、ジェフリーと交わされる、時代を超えた心の交流…。
タイムスリップした海斗をめぐる、恋と冒険!大人気の海洋歴史ロマンのドラマCDシリーズ、第2巻
【キャスト】   
  ・東郷海斗:福山潤              ・ジェフリー・ロックフォード:諏訪部順一
  ・ナイジェル・グラハム:小西克幸      ・ビセンテ・デ・サンティリャーナ:大川透

・ルーファス・べレット:岩崎征実             ・レオナルド・バレーラ:宮田幸季  
・ステファン・ムーザン:吉田裕秋
    
・マック:杉崎亮        ・ジム:西野真人←ん?     ・ヒュー:伊丸岡篤
・トーマス:千々和竜策    ・ユアン:栗山浩一         ・水夫:峰健一
・少女:辻あゆみ        ・女性:近野真昼・堀裕美子  ・船長:亀山ん念堂←読めません(泣)

【スタッフ】  
原作…松岡なつき
イラスト…雪舟 薫
脚本…山田健一
音響監督…亀山俊樹
音楽…中川孝
音響効果…サウンドボックス

         
                        ◆CD感想は 次ページで
          



                                                     〔フレブラ2巻〕
                                                     〔CD感想〕
                                                     〔フレブラCD〕






 

          
                        ◆CD感想は ここから◆                                
         
・プロローグ
船酔いでぐったりへろへろカイトを優しく介抱するジェフリー…はいいんですが、惜しみない原作シーンカットの連続で、今どこやってんの?状態です。←本を片手にニヤつきながらCDを聴いている
そっか、CD1枚だと4分のプロローグで20ページまでいっちゃうのか。予想以上のハイペースですね。
2巻はフレブラ前半の雄、萌えシーンランキング5位(当社調べ)のラ・ロシェルお買物イベントが控えているから、このあたりで時間裂いてはいられないということですね。
ないじぇる登場シーンが一つ減っちゃいましたが、削り方はほほう♪です。船酔いと近づく嵐、カイトの心細さと所在なさが伝わればよいシーンですから、これで十分OK。

1巻より随分抑えたトーンの諏訪部ジェフリー、艶めかしさをより強調させた…ような…?これはどんな演出意図?
ここで既に、カイト憎からずの気持ちを自覚しているってこと?それとも、英国の勝利の天使を大切にし始めたが故の変化ってことなのかしら?

などと、つらつら考えながらこの場面を聴いていたら、地にのめり込まんばかりに心も肉体も落ち込んでいたカイトに、突然しゃきっと
「キャラ文庫!松岡なつき原作、フレッシュアンドブラッド、第2巻☆」
と、さわやかタイトルコールされてびっくり、少々苦笑です。仕方がないこととはいえ、タイミングがね、わはは。
             
              *            *            *
・SCENE1
嵐の中、えらいこっちゃのグローリア号を心配して甲板に出たカイト、いきなり声を掛けられます。

「何をしている、キサマ!」 キャー このお声はないじぇるぅ
でもカイトったら「う、うるさいやつが来たぞ…!」 あらあら、ないじぇるったらお気の毒に、超嫌われてます。

この後落雷→ジムの手術シーンへドドドッと展開。
プロローグからここまで、効果音が激しいシーンだからなのか、メインキャラのセリフが皆様少々聴き取りにくくなりました。でも水夫の皆様(マック、トーマス←意外な美声)のお声はクリアなのよね。なんでだろう?
ジムの絶叫、熱演ですっ。さすがプロ!

               *            *            *

・SCENE2
ラ・ロシェルお買物イベント。別名・フランス語萌えイベント

ないじぇるったら、藻のはえたお水を飲んで水あたりで八つ当りです。しっかり者の彼が買った荷を確認しなかったとは、よほど気になることがあったんですね。早く良くなっていただきたいです。

発熱でぐらつくないじぇるを支えるジェフリー。
お2人の魅惑ボイスから浮かぶ脳内イメージが、本編読了時と違った光景を描きだてしまいます。CDの危険な魅力…。

カイトのフランス語。ルーファスの一言がドツボです。ホント熱演(笑)

やっぱり諏訪部さんの演技、というか発声方が1巻と違う…ような…?1巻では、語尾がフェードアウトするような話し方=胸式発声はされてなかったぞ?お色気度UPの囁きモードってこと?
それに対して福山カイトは、喜怒哀楽の感情表現が1巻よりメリハリを増しています。この世界に少々なじんできたってことかな。
            
                *            *            *
・SCENE3
今巻初のラブテーマソング☆ちゃ〜ら〜ら〜ら〜ら〜♪はSCENE3・3分でした。

いつもそんな風に笑っていろ。見ているこちらまで幸せな気持ちになれる
いやいやいやいや!
聴いてるこちらが幸せになってしまいましたよ、こぉの、セクスィー船長さんめっ!

まさかこんなところで、諏訪部ジェフリーの渾身フェロモンを注入されるとは思いませんでした。ここでこれなら、この後の海猫亭の入浴シーンではどうなっちゃうわけ?

カイトの「船頭さんはCDオリジナルきゅんポイント。外国生活が長いからか、カイトのお言葉セレクト、なにげにワカぞーぽくないです(笑)

ちなみに、特定の曲が流れることでシーンを予想出来てしまうのは、本当は「効果」としてはあまりほめられたことではありません。
音楽で予想できる=音楽挿入を意識してしまうということ。音楽でも照明でも、いつのまにか挿入されいつの間にか消えている、観客意識を演技に集中させ、作品のよりよい理解を補助する縁の下の力持ちが理想の「効果」なので、縁の上に出てきて観客が存在を意識出来ては、本末転倒なのです。

ドラマCDは聴覚だけなので、「効果」の役目は重要かつハードルが高い演出要素になります。
フレブラのようなロングシリーズでは、ラブテーマだけでも数種類は用意しておかないと、巻が進むにつれパブロフ犬状態に(笑) この1曲だけでどこまで行くのか、わたくし、とても気になります…。
              
               *            *            *

・SCENE4
ビセンテ様お久しぶりです!相変わらずカクカクシカジカなダイOツ口調が、カッコかわいいです♪
レオ初登場。この方は詩紋&弁慶ですね(遥かなる時空の中で)←毎度微妙に古くてごめん
カイトと会えるかもしれないと思い至った途端、アワアワスイッチONするビセンテと、大好きなご主人様にさっくりアウト・オブ・眼中されるレオがなんともいじらしいです。

ラ・ロシェルのチーズ売りがスペイン間諜だという事も、フルネームまでしっかりあった事もまったく忘れていました。これぞ復習、すごいぞCD!

海猫亭のカイト三助イベント。
本編では貴重な素肌のふれあいシーンです。あそこであれですから、ここはもう…
と思ったら、あれっ?わりとあっさりめに終了。カイトのほんわか恋心モノローグが若干こそばゆいだけです。
そうか、カイトが恋心を自覚したのってココだったんだね。ホント、細かいこと忘れてるな〜。
              
               *            *            *
・SCENE5
待ってました!雪舟画聖のアクションイラストも美しい、カイト大好きーズで総当たりバトルジェフリーVSビセンテ!←私的萌えランキング5位の理由

「誰よりもお前を大事にすると誓う。だから、私と一緒に来てくれないか?」
ビセンテ様、世間一般ではこれはプロポーズって言うんですぅ

この後戦闘シーンへ。 
アクションシーンは戦いの臨場感をキープしつつ、掛け合いが不自然でない短めのセリフで、状況説明と性格の違いを出さなければいけないので、原作のセリフに相当テコを入れなければ音に変換できない=脚本の腕の見せ所です。
いや〜、バッチリ
「平民にしては筋がいい。」「思ったより楽しめそうだ。」「そんな迷いのある剣では、私は倒せんぞ!」とビセンテ様らしいセリフがガッツリ増えてます。
大川ビセンテ、2巻ではここにしか出てこないもんね。ファンへのご配慮、かたじけない!

もちろんジェフリーのセリフも、ああ来て☆そう来て☆こうなるかっ!なお見事なアレンジです。
役者様のキャラ立ちした演技がこれに拍車をかけるので、大変聴きごたえのあるシーンとなっております。欲を言えば剣を交える音が、少々アルミくさいかな(鉄剣と思えない響きってことね)

ここにしか出てこない、ジェフリーの超レアだけど「得意技」は、残念ながら名称出てこずでした。
ちょっと期待してたのにな、大川ボイスで「この技は!さ『魚釣り』!とか言って下さるの(笑)

SCENE5の最後2分間のないじぇる、教育的指導を入れたいほど、かわいいです♪
              
               *            *            *
              
・SCENE6
照れるナイジェルがかわいい♪と噛みしめる暇もなく、ジムの修羅場シーンです。
CDで残念なのはこういうシーンですね。
泣きじゃくるカイト。抱き上げるナイジェル。親友の慈愛に満ちた微笑みに軽く「?」を抱くジェフリー。
フレブラでは重要シーンの一つですが、こういったセンシティブなシーンでは音源のみのCDはさすがに伝わるものが少ないです。

でもそうすると、純恋愛モノのドラマCDってどうなんでしょう?
原作既読が必須条件ってことなのかな?機会があればそういう作品も聴いてみたい気がします。


さて、順風が吹いてきました。信仰を持たない男が、カイトを迷いなく信じると誓いつつ…
【明日の3巻へ続く】 



          

           

【まとめ感想】

1巻と2巻で、もはやこうも印象が変わるんですね<主役お2人
9巻まで行ったら、どんな風に変化を感じるのか、ますます楽しみになってきました!

こういったドラマCDは、第1期の3巻分をまとめて録るのかと思っていたんですが、どうも違うみたい…ですねぇ…。
この作品は1巻ごとに完成させてから、次を録っている(ように思える)んですが、果たしてどうだろう?






【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・15巻発売記念特集】
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD」ご案内
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・1」
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・2」  (6・4〜)
ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・3」  (6・5〜)

【ブログ内関連記事・FLESH&BLOOD・14巻感想3部作】

  • 「FLESH&BLOOD14」イラストチェック&フレブラCDジャケットギャラリー(2010.03.22)
  • 「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜右脳萌え感想&イメソン(2010.03.22)
  • 「FLESH&BLOOD14」松岡なつき/彩 〜左脳マジ感想編(2010.03.21)








  •  


    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [特設☆FLESH&BLOOD]フレブラドラマCD | comments(3) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    >「キャラ文庫!松岡なつき原作、フレッシュアンドブラッド、第2巻☆」

    あはは、これ笑えるっていうか、突然始まってドキッとすることあります〜。
    でも、あの音楽を聞くと、「あー、フレブラだ〜♪」と嬉しくなるのも事実だったり。
    感想の中でmiru-haさんが書かれている通り、その他の曲も含めて、
    私なんぞかなりパブロフ犬になっております。
    確かにいい傾向ではないのですが、小説を既読なので、
    CDしか聴かない人に比べると弊害は少ないのかもしれませんね!
    本当のことを言えば、BGMもその時々にあったものをたくさん用意してほしいんですけどねえ。
    でも、
    『音楽でも照明でも、いつのまにか挿入されいつの間にか消えている、観客意識を演技に集中させ、作品のよりよい理解を補助する縁の下の力持ちが理想の「効果」なので、縁の上に出てきて観客が存在を意識出来ては、本末転倒なのです』
    の部分は、さすが、そういうことに携わったことのある人の発言だな〜と感服いたしました。
    話はズレますけど、ゲーム音楽クリエーターの植松伸夫さんが関わったゲームは、
    ゲームしながら思わず音楽に気を取られる・・・なんてこともあります。
    「あ〜いい曲だー」なんて(笑)
    そんな時いつも、BGMとしては間違ってるよな〜コレ、なんて思っていたのです。
    反面サントラを聞くと、映像やゲームがなくても、それ単体で充分聞くに耐えられたり、
    またその音楽を聞いて、ゲームやアニメの感動した場面を思い出すことができるってのもあるんですけど。難しいですね。ユーザーが何を一番求めてるかってことにもよりますし。

    >1巻より随分抑えたトーンの諏訪部ジェフリー
    >やっぱり諏訪部さんの演技、というか発声方が1巻と違う…ような…?

    1巻との声の違い、CDデビュしたてなのに、よくわかりますよね〜
    これ、後半になるともっと感じるところあります。第3シーズンとか。
    あれ?ジェフリーこんなにニヤけた声だったっけ?なんて。
    演出のためあえて、というのなら構わないですけど、そうじゃないなら、
    プロなんだから、ちゃんとしろよ!って気持ちもありつつ、
    たくさんお仕事して、多くの声を駆使されている声優さんたち、
    しかも、久しぶりに演じる役だったりすると大変だろうな〜という気持ちもあったり。
    ご苦労がしのばれます・・・
    (もっとひどいのありましたよ!某眼鏡着脱BLゲームのドラマCD聞いた時は、
    主人公の眼鏡くん以外は、別人じゃん!!って思ったくらい。
    いや、声はその声優さんで間違いないし、その声なんですけどね、
    微妙なトーンが違ってたり。)

    >レオ初登場。この方は詩紋&弁慶ですね(遥かなる時空の中で)

    ぎゃはは、そのキャラは私の萌えツボなのでやめて下さい(笑)

    >ちょっと期待してたのにな、大川ボイスで「この技は!さ、『魚釣り』!」とか言って下さるの(笑)
    やめて下さい。
    飲んでるコーヒー噴射しますから!!

    なんだか関係ない話までしてしまってすみません・・・
    ではでは3巻感想も楽しみにしています。
    ビセンテ@大川さんの年齢についてはその時に!
    comment by: あると | 2010/06/05 15:31
    >みOO様
    こんばんは〜♪

    こんな細かい記事を、丁寧に読んで下さってありがとうございます!
    ビセンテの情熱ほとばしるセリフと、生真面目なお声が絶妙にマッチング、「プロポーズ」がものすごい真摯さを帯びております。
    本編とCDでは、モロモロの浮き出し方が全く違っていて、こんなにも見落としてたのね、とか ああっ忘れてた!なことがボロボロ出てきます。
    「楽しみながら総復習」には最適かもです。

    3巻目、先ほどUP致しました。「楽しいグローリア号」編はこれで終わりです。よろしければ読んでやって下さい♪


    comment by: miru-ha | 2010/06/05 22:38
    あるとさん、こんばんは♪
    毎度おなじみ激ナガ記事を丁寧に読んでいただいて、嬉しいです♪
    CD1枚なんだから昨日の半分…になってないのはなんでなんだろう…まさか、時空の歪みっ?←おい

    >「キャラ文庫!松岡なつき原作、フレッシュアンドブラッド、第2巻☆」
    ああいうタイトルコールはBLCDでは当たり前なのかしら?
    ではでは、例えば、「あなたのつOみをお世話します」とかのドラマ化がもしあったら、今をときめく声優様の魅惑ボイスで、これがコールされちゃうわけ?!うへぇ、なにプレイなの、それ(笑)

    >あの音楽を聞くと、「あー、フレブラだ〜♪」と嬉しくなるのも事実

    そうそう、テーマソングはそれでよいのよ、っていうそれがよいのです♪
    他にも、パブロフ犬状態を狙うのもアリだし、ラブテーマを戦闘シーンとかに使って、どういう意味なんだろう?と考えさせるのもアリだから、アイテム少なくても使い方次第なんだけどもね。


    >ゲーム音楽クリエーターの植松伸夫さん
    グインの音楽担当された方だよね? 壮大で重厚な音だったよね〜。毎回楽しみだったもん♪
    曲を聴いた時に、シーンが思い浮かんで「ああ、あそこにかかってた曲だ〜♪」って思いだせるのは、意識はしてなくても、視覚や嗅覚(笑)などと同時にそっくり脳に記憶してるからなんだよね。
    だから意識はさせちゃいけないけど、記憶には残せるっていうのは、音楽も使用スタッフも(音響や演出)も「第一級」の証拠なのではないかな〜と私は考えております。

    …ああ、こっち系のお話は楽しすぎて止まりませんf(^^;)
    腐萌えとはまた違う楽しさだわっ!!ごめんね、止めてくれないと朝になっても書いてるよ(汗)


    >後半になるともっと感じるところあります
    数をこなしていないので、変わってる?と感じても、それが狙いなのか変化なのかまでは判断できないんですよね。だから、今作は全部「狙い」と受け取ることにしました(笑)

    でも明らかにおいおい!と思えるような作品もあるってことなのね?
    う〜ん、難しいよねぇ イラストの絵柄変化みたいなことだもんねぇ…


    >>この方は詩紋&弁慶ですね(遥かなる時空の中で)
    >そのキャラは私の萌えツボなのでやめて
    あるとさんは詩紋か♪私はう〜ん、正統派・青龍かな〜

    先ほど3巻目上げました〜、いつでも結構ですので大川さんのヒミツをよろしくぅ♪

    comment by: miru-ha | 2010/06/05 23:31

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/444

    TrackBacks