スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「たまには恋でも」 渡海奈穂/佐倉ハイジ



4月の読書記録からのレディースコース感想・2本目です。
これは笑ったわ〜♪ 今回もサクサク書かせていただきます。

もちろんネタバレしておりますので、お気をつけなすってね








 
◎あらすじ 
地味で眼鏡で無愛想な岡崎は、爽やかで男前の先輩社員・椋本に気に入られ迷惑していた。明らかに人種が違うから放っておいてほしいのに、椋本は自分と話していると微妙に嬉しそう。原因はまったく謎だった。
ある日仕方なしに一緒に食事をしてみたところ、椋本とは漫画やラノベの話が合うことがわかる。それどころか、実は椋本はけっこうなオタクで、岡崎の言動や見た目が萌えツボだったらしく!? ふわゆるラブ

◎レディースイラストチェック/佐倉ハイジ(どうみてもコミック派)
カラー★★★★ カット★★★
誰もが納得の起用(笑)
ハイジさんの創る、全力で脱力するような独特の世界観と、どこかトンチンカンな本作の2人の恋愛模様はよく合っています。つか、この絵師様のために書いたような作品になってるよ(笑)
表紙カラー、メインの2人だけでも通常BLならOKですが、3人目(深埜木)にまで描いちゃって(笑)、これ1枚でマンガになっている…おさすが。 やや難は岡崎君と深埜木さんが似ていることですが、これは表紙だけのことなので困ることはないです。私は好きだな〜♪

カットは見事に横顔ばっかですが、背景をしっかり描かれているカットが多いため、単調になっておりません。挿絵イラストでは、リアル背景をどの程度入れるかのバランス感覚は結構重要ですが、そこはさすがのコミック派〜。

師匠の部屋が見たかったような、見なくてよかったような…。

◎レディース感想
「渡海作品は5冊とばすとクリーンヒット」(ディアプラス作品に限る)
わたくしの持論です。←あくまでわたくしの好み

・甘えたがりで意地っ張り←HIT
・ロマンチストなろくでなし
・神様と一緒
・マイ・フェア・ダンディ
・夢は廃墟をかけめぐる☆
・恋になるなら
・さらってよ←HIT
・正しい恋の悩み方
・手を伸ばして目を閉じないで
・ゆっくりまっすぐ近くにおいで
・兄弟の事情
・未熟な誘惑
・たまには恋でも←HIT

ほおらね☆←コンプもしてないくせに得意げ

この他にも内野安打級がチラホラあるので、余裕があればコンプしたいな〜と思っている作家様です。適度に華があり安定感もある、器用な1番バッタータイプと申せましょうか。「おお振り」でいえば泉クン?

毎度、奇をてらった設定(アングラものとかファンタジーとか)は選ばないのに、微妙に奇をてらった仕込みを入れてくるんだな〜。ギャップ、とまではいきませんが、思い込みを逆手に取るのがうまい方です。
「作話」を分かっている、見せ方を心得ていないとこうはいきません。だからこの方の作品に大きなハズレはないのですね。さすがベテラン。
作中ちょいちょい露見する、主語あとおき表現(クセ…だと思う)をもう少々吟味していただければ、より自然にクスクスできるかと存じます。
※主語あとおき
「やっぱり大袈裟な人だと、岡崎は怯む」「〜な質問をむけられて、岡崎はヒヤリとした」など、作中文ほとんどが倒置的な主語表現のため、一文の最後にならないと誰の描写なのかわからず、場合によっては(長文の時とか)読みなおすハメにもなって流れが悪い。←技法も煩雑に使いすぎると効果半減&興がそがれて、気分的に流れが滞ると言う意味ね


今回は、笑える以上に勉強になりました。
電脳腐界の片隅でこのようなアホアホブログをせっせこ運営、今や日常生活に掲載予定が組み込まれているほどアツく取り組むわたくしにとって、決して縁遠い世界ではないアキバ系オタク界。

…な〜んて思っていましたが、とんでもない自惚れでした。自分、まだまだでした☆

          *          *          *

イケメン椋本の押せ押せラブアタック(言い回し古っ)に、「なんで俺なんか…」とげんなりする岡崎君視点のイントロ。
ああ、お約束の本人だけ勘違いってやつね?これはハズしたかな〜と、若干ビビりつつ読み進めていけば…。腐界に慣れた方ほど「ええっ?」ってなる、意外な椋本の押せ押せ理由。

一度笑ってしまったらおしまいです。もう岡崎君と同じ視点でしか椋本がみられません。
岡崎君と同じ時にドン引き、岡崎君と同じ理由で反省し、岡崎君と同じ場面で疎外感…。
こんなイケメンがそばにいたら、岡崎君と同じように同情から恋に変わるかも。
見捨てられないもん 友人より恋人の方がきっと楽です、イロイロと。
気がつけば、岡崎君も椋本もどっちも応援している次第。


巧妙です。腐女子、というか1度でもBLに手を出したことがある人=この本を今読んでいる人なら、「オタク」でなくても、岡崎君視点も椋本視点もイヤというほど理解できるということを、作者様は確信して書いてます。

恋愛成就が岡崎君主導というのもおもしろい、でも充分あり得ます。あり得るように岡崎君の性格を設定してます。上手いな。
天然と少々の人間不信が入ってる椋本は、3次元萌え感情は自覚出来ても、それが恋愛感情だとは思いいたりません。そもそも2次元に嫁までいるのに(嫁って、笑)、3次元男子に萌えを感じること自体がおかしいとは彼は考えないのです。すべての思考か「萌え」に繋がっちゃうからです。
きっぱりスッパリを身上とする岡崎君が、はっきりと分かりやすく誘導したことでようやく恋心を自覚できる椋本。
いつの間にか押してる方が入れ替わる、技ありのストーリー運び。うん、イイ

クライマックス&今後の2人の思い出の場所(と今後の年越し場所)が、これまたこの2人にふさわしい…ぶはっ。

ラストはH締め、しかも初Hでエンドマークなので、本来ならば相当甘酸っぱい…ことにはこの2人はならず、最中も事後も手をぬかないぬるさで笑わせて下さいます。

夜明けのピロートーク、椋本は甘く囁くのです。
「…大丈夫?」

ぶっはははっはは、このセリフでこんなに笑わせていただけるとは。
大丈夫なんだけど、大丈夫じゃないんだよね?岡崎君?
ははは、微塵もエロくねー(笑)、さすがふわゆるラブ(あらすじより)



が、わたくしが一番楽しませていただいたのは作者様後書き・ラスト5行目の「念押し」のご苦労と告らせていただいて、本日は終了させていただきます。






                                     〔絵師:さ行〕〔カラー:★★★★〕


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名や〜わ]渡海奈穂 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

>ゆOO様

全部読んでから言え!ってこと書いてますよね、申し訳ない…f(^^;)
これ、楽しかったですねぇ♪オトメラノベもガンガン出るし、お仕事たくさん抱えてらっしゃるのにこの品質はすごいと思うな。

私は「夢は本当の恋になる」未読です、読んでみたい♪
真面目に図書館希望です。

comment by: miru-ha | 2010/05/19 07:29
>あOO様
初めまして♪
コメントありがとうございます、こんな風に伝えていただけるととても嬉しく、勉強になります。
どうぞ今後もお力添え下さいませ。
comment by: miru-ha | 2010/05/19 07:55
>liOO様

嬉しい&楽しいコメントいつもありがとうございます!毎度様々なliOO様のお姿を想像しつつ拝読しております♪♪

ただ今は、「そこに山があるから」の名言と共に清々しいまなこで霊峰を見上げるliOO様のお姿が浮かんでおります。ね?今回もあたりでしょ?←そろそろ怒って下さってもいいです

でもって本日はお詫びを。私が持っていた「クリ☆ドラ」は画集ではなくてイラストカレンダーでした。役目を終えた後自分で製本(?)したんだった…どっちにしてももう残ってないんですが。熟成どころか腐リ過ぎて液状化、コバエまで飛んでて申し訳ない!

>バラー×グリフィス
今、手元にクリドラがないんでうろ覚えですが、バラーにはラズモアもいたんじゃなかったっけ?でもってロリな花嫁の横で伽をさせるというワンダフル☆ドS行為があったような…。ちなみに私もレギオン様派、もーどんだけ描いた事か!文化祭で1枚50円で売りました(笑)

>阿部さんコミクス
わあい、ありがとうございます♪この順番に読めばいいんだよね?早速購入リストに追加しますぅ♪
comment by: miru-ha | 2010/05/20 21:48

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/431

TrackBacks