スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

FLESH&BLOOD・CDジャケットギャラリー

2010年3月22日付・F&B14巻イラストチェックページから、CDジャケットギャラリーを独立させました。
CD発売ごとに画像追加してまいります。

※2010・4・18付 CD 9巻画像&コメント追記いたしました
※2011・2・11付 各巻CDコメント追記しました
             CD10巻画像&コメント追記いたしました
※2011・3・26付  CD11巻画像&コメント追記いたしました 
※2011・6・02付  CD12巻画像&コメント追記いたしました 


                                       

彩嬢挿絵マスター就任おめでとう〜  ←14巻で認定したのでした

その栄誉をたたえ、記念ギャラリーをお送りいたします♪
題しまして、FLESH&BLOOD・ドラマCDジャケットギャラリー!

この中にはわたくし1人では到底入手できなかったスペシャル画像もございます。
プレゼントして下さった萌え友様に改めてお礼申し上げます。本当にありがとう!←他にもいただいたけどそれはわたくしだけのお宝です、えへへ♪

フレブラを愛する皆様の力をお借り、フレブラを愛するわたくしが、フレブラを愛する皆様のためにお送りする愛のゲティスバーグ・ギャラリー♪←?
どうぞご一緒に萌え燃えして下さいまし。
             
作者様と二人三脚で「フレブラの世界」を作り上げて下さった雪舟画聖。
そのバトンをしっかり受け継ぎ、後任ながら挿絵マスターレベルにまで高められた彩嬢。
「ドラマCDジャケット」はお2人の絵師様の個性をより高純度で鑑賞できる、素晴らしい画題でございます。

【CD1期】
※CD発売各期でのお気に入り画をUP掲載いたしております

    
■F&BCD1巻(2005) 絵師:雪舟薫
CD感想:・15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD・1」

雪舟画聖の描かれたF&B表紙絵は画像UPにできないものばかりでしたので、今回は可能な限りのどデカ画像で
あ〜クラクラする、なんて美しいんでしょう。すべてはここから始まった…。
雪舟画聖が最も脂の乗っていた小説5〜7巻と同じころに描かれたと思います。
CDジャケ唯一の画聖描き下ろし…のハズ。です。
雪舟様、お帰りをずっと待っています。

  
■F&BCD・2巻                    ■F&BCD・3巻
             
CD感想: 15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・2」
      ・15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・3」              

この2枚は小説表紙絵と同じ。寂しい…。

   
【CD2期】
※CD発売各期でのお気に入り画をUP掲載いたしております

■F&BCD・4巻(2008) 絵師:彩
CD感想:15巻発売記念特集・その1 ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・4」

彩嬢初CDジャケです。
CDジャケはすべて雪舟画聖が描く小説表紙画に連動して描いていらっしゃいます。(と思ってます)

文字からイメージを興して「絵」にする挿絵作業も大変ですが、前任者の後を継ぎつつオリジナリティを出すというのもこれまた違ったご苦労と思います。
特にこの巻は久々CDと絵師交代後初ジャケ画という事で、元絵にカイトが描かれていないのに2人を必ず描かなければならず、絵師様はかなりしんどかったろうな、と想像できます。美麗だけどまだ硬さがあるもんね〜。

     
■F&BCD・5巻(2009)
CD感想:・15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・5」

現在(2010・3月)発行中の彩嬢画・全ジャケイラスト中私が最も好きなのがコレだったりします。
このジェフリーにはがっつり持っていかれた…。
雪舟画聖を継ぎつつも、まったく別なアプローチで作品精神を表現した秀逸な1枚と思います。
カイトを守りたいと願う強い意志とカイトを求めてやまない切ない心。
雪舟画聖描く「覚悟」、彩嬢描く「渇望」 どちらもあっての「ジェフリー」ですよね♪

おまけにイバラのつる…キリスト教におけるイバラの意味を知っていての一枚なのか…。
これも「ピエタ」なんですよね、縛られてるのに慈愛を感じる。
う〜ん、ルネサンス絵画の精神ですねぇ 写実性の中に見出す心象風景。スバラシイ

                                                                                         ■F&BCD・6巻(2009)
CD感想:15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・6」

彩嬢初「青」
こんなに鮮やかな「青」も使える人なのかと感動した1枚です。

これを部屋に飾ったら元気出るだろうなあ。
「飾る1枚」なら5巻よりもこちらですね。
複製原画…サイン入りなんだよね?
くうっ、うらやましいぞぅ。





【CD3期】
※CD発売各期でのお気に入り画をUP掲載いたしております
■F&BCD・7巻(2009)
CD感想:15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・7」


巻を追うごとにドンドン伸びやかな表現になっていかれてます。
特にカイト。カワイさ右肩上がり!!とうとう14巻ではカワイイ→美しいの次元に。
下の8巻を最後に、CDジャケではカイトはしばらく出てこないはずなので次回登場時にどれだけ美しくなっているのか…楽しみですっ♪
             
               *

考えてみれば、超ロン毛ジェフリーはこの巻が最後なんですよね。だから黒リボンで結んでるところをわざわざ見せてくれてるのかしら。
今まで気づかなかったよ、さすがだな彩嬢
   
   
■F&BCD・8巻(2010) 
 K様♪
CD感想:・15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・8」

貴重な8巻ロゴ無しバージョン♪
ついに彩嬢の描くカラービセンテが!!の1枚。待ってました〜っ♪
あぁ、「白」の使い方もイイですねぇ♪

雪舟画聖の表紙絵との最大の違いは「花びら」です。
すべてをしっかり描かず白に融けこませる表現、そこに「動き」を出すためのマストアイテムなのですね。
深紅のバラ=ジェフリー・英国を散らしてでもカイトを手に入れる情熱、ともとれます。もしや5巻のイバラとも関連してる?うわ、それもすごいな!


■F&BCD・9巻 (2010)  K様♪
CD感想:15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習「FLESH&BLOOD・9」 

9巻にもカイト!という事は、今後もCDジャケにはカイトが必ず入るってことですね。(CD界ルールにに疎いので、「カイトなし」もありだと思っていた)
考えてみればスパンの空くCDに主役を描くのは当たり前か☆福山さん人気もあるしね〜。

でもってビセンテが来てるということは…小説9巻と10巻が入れ替わり、プラスカイトってこと?!(内容的にはこの方があってるのよね、9〜11巻は雪舟画聖のご事情がかなり影響してるから)
これらを踏まえてサードシーズン(10〜12巻)を予想すると…10巻は「英国組とカイト」がわたくしの予想です。
次シーズンもきっと発売されると信じ、結果を楽しみにいたしましょう♪

ドンドン可愛らしくなるカイトよりビセントのマントの動き解析に余念がないわたくし。ロザリオに象徴されるスペインカトリックの宗教的窮地と陰謀がまさしく渦巻いている1枚。
俯瞰視点のビセンテ!いい。なにげに小説9巻のピンのビセンテと呼応しているのが左手の剣から察せられます。考え過ぎ?いや、彩嬢ならやってくれる!    


【CD4期】
※CD発売各期でのお気に入り画をUP掲載いたしております
          
■F&BCD 10巻(2011)  K様♪
スペイン編の象徴・散る薔薇(大正解!)も艶やかな、絵師様入魂の一枚。
カトリック美術の粋を集めたバチカン・システィナ礼拝堂の天上画のごとき背景を背に、ようやく近づいてきてくれたカイトを絶対守る!との決意も清々しい、情熱のオトコ・ビセンテが最高に美しいです←情熱ゆえにハデに勘違うのです、困ったお人f(^^;)
背景に見える砦は、黄昏のエスコリアル宮殿でございましょうか。まさしく斜陽のスペインでございますね♪

ビセンテとスペインに対して少々心の雪解けを迎えたカイトですが、まだ気心を許したわけではないので、これが精いっぱいの歩み寄り方なのですね。9巻のお顔UPのコミック的構図よりこの方が断然イイ!…と思われませんか、皆様?
2人にまとわりつく糸?がこれまたイイではないですか 宿命と運命の糸は2人を絡めるけど、決して結びつけてはくれないのです。
でもってですね、私の予想ではこの絵は今度こそ続き絵、この糸の先を英国組が持っているはずなんですけど…。最近、予想勝率落ちてるからどうかなぁ(笑)

次回展開がどうなるかわからない本編イラストと違い、今後の展開がすべて見えているドラマCDのジャケ画というのは、シリーズものならではのデザイン構成ができるというか、1枚画ではできないことができるハズのですよね。←コミック「ぬらりひょんの孫」表紙のような連続続き絵やら、ピース(各話イラスト)を集めたら別の1枚絵になるとか
この絵を拝見する限り彩さんも魅せることに慣れていらしたとお見受けしますので、そういった仕込み(続き絵)があってもおかしくないと思うのです。つか、してほしい
BLCD界でこれだけ巻を重ねる作品は未来永劫(笑)きっと今作だけと思うので、伝説を創るつもりで是非ともトライしていただきとうございます♪


ってことで次回こそ(11巻)は運命の糸を手繰り寄せる英国組とカイト、しかもコスプレ(僧侶かジプシー)のはずだ!やっほーい♪←妄想で舞い上がれる便利な性格


■F&BCD 11巻(2011) 
 K様♪
YESジプシー!! ←???
彩さんの民族衣装…貴重だ〜
でもって、このジャケ画はさらに貴重ですね。だって…

カイトがいない!

やりましたよ皆様!ついに実現、「アダルトオンリー」!!←え?そんなこと望んでたの私だけ?
9巻であんなコメントを書いた途端に実現するとは、もーBLの神様ってばサプライズがお好きなんだからぁ☆

現在ミニ画像しか発表されておりませんので、ここから精一杯感じてみたところ(何を?)、どうやら運命の糸は持ってなさそうです…(つまり、続き絵ではないってことデス、シクシク…)

ないじぇるの右目を抑えている手は、誰の手だろう。ないじぇる自身の手にしてはちょっと繋がりがぎこちないような…?あ〜、でも目立つ眼帯を外したないじぇるが、塔の窓(カイトの姿)に目を凝らしているってことなのかな。もうちょっと大きい画像が早くみたいですねっ!

「フレブラ」を駆け抜ける運命の強い風(1巻・始まりの1行参照)が、ここでは彼らを翻弄しております。
時に追い風になり、嵐になり、恋の吐息ともなる気の流れ=風。誰にもどこにも平等に吹く風の視点で歴史を紡ぐのが松岡節、この絵を見ていると「風」の意味、これまでの流れを改めて反芻してしまいます。
余談ながら、作家様はフレブララストの1行を、始まりの1行と同じ一文で締めだろうと、わたくしある種確信を持っております。
                         
【妄想タイム】
10巻とタッチをえらく変えていらっしゃいますが、この変化が気になる…。
今まで拝見した彩さんのフレブラ画で、このタッチと世界観?に一番近いのが、コレとコレだと思うのですよね。
    コレと→  コレ→

左・ないじぇるとジェフリーのペア画(少年時代編)に合わせてくださったタッチならいいんだけど、右の12巻に合わせたのなら、それってもしや、12巻表紙絵を次のCDジャケ画に転用するための下準備とかではないだろうかと、恐ろしい考えが頭をよぎったのでした。            
              
          ★ソレとアレを繋げるためのコレ ってことね
        ・ソレ↓           ・コレ↓         ・アレ↓           
      

おいおい、「CDギャラリー」今回で最終回?!
さらには、もしこんなことになったら、フレブラ本編終了後のよすががなくなりますよっ!絶対反対!!
ま、ここんとこの勝率からいけばこの予想も外れますから、そう心配する必要はないとは思います(笑)     
                          *

そうそう、大事なことを書き漏らしてました。

ないじぇる、CDカラーデビューおめでとう!!
                  ↑↑CDオリジナル画でって意味ね




■F&BCD 12巻(2011)
 K様♪
きゃああああああああああああああ、
ナイジェル、ナイジェル、ないじぇる、ナイジェル、ナイジェル、ナイジェルーっ!!!!!はあぁ、美しい…。

いや〜、描き下ろしで本当に本当にホンットによかったですね!

このジェフリーカッコイイな〜、一点の曇りなくカイトを抱きしめられる最後?の巻だもんね。この上なくいい笑顔です。
このジェフリーを見た途端、すわべ様のセクスィボイスが脳内オート再生されてしまいました。←なぜかジェフリーだけ
「これはこれは淑女の皆様、ご尊顔を拝し奉り恐悦至極に存じ上げる。
愛しい赤毛のキャビンボーイはこれこのように無事我が腕の中、どうかご安心を☆
ああ、もちろん貴女のことも愛しているよ、後ほど貴女の夢にお邪魔しよう♪」
とかなんとかおっしゃっているように見えませんか?見えますよね♪(ん?なんか引き潮の音がザザーッと?)

イラストから溢れんばかりの綺麗な青ですねぇ(うっとり) 
カイトが握ってる&画面左右に揺れる青い布(金の房付き)はカーテン?アナの塔でそんなシーンがあったかしら?うわ思い出せないな、ちょっと読み返してみなければ。

     



【全サCD】 
■F&BCD第2期・全サCD「グローリア号航海記」(2009)  OOO様♪
       
CD感想:15巻発売記念特集・その1ドラマCDで総復習・「FLESH&BLOOD番外編・グローリア号航海記」

全サCDのジャケットも描き下ろしなのおおおお!なんて羨ましい!
F&B史上最多人数カラー、内容も当然コメディですよね?

あああああ、お話教えて〜っ!←その後無事拝聴できました、ありがとうOOO様♪

この絵を見てダヴィンチの「最後の晩餐」とラファエロの「アテネの学堂」がとっさに浮かんだのですが、なんでだろうと自問自答してみたところ「手」ですね。
水平的な構図と共に、グローリア号の愉快な仲間たちの手の表情(表現ではなく)が先の名画を連想させるのです。
やっぱり彩嬢は、絶対ルネサンス絵画がお好き(というか意識して描いている)と思います。



■Chara 15th Anniversary Fair 全プレスペシャル朗読CD 
英田サキ「DEADLOCK 番外編〜DAY after day」
松岡なつき「FLESH&BLOOD 番外編〜散策〜」

描きおろしを期待しておりましたが、残念!(そりゃそうだ)
でもって、あまたあるステキイラストからこれを選んだのは、今作CDの舞台がロンドン宮廷編=4巻頃の出来事だからでございますね。

…ってナニわかりきったこと書いとんじゃ
だ〜って、他にコメント書きようがないんだも〜ん(泣)





〔フレブライラストギャラリー〕
〔画:ギャラリー〕
〔カラー:★★★★★〕
〔カット:★★★★★〕
〔絵師:彩〕



 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[特設☆FLESH&BLOOD]フレブラギャラリー | comments(2) | - |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■けOO様
いよいよ発売まであと1週間でございますよ、わくわくジレジレいたしますねっ!

麗しいCD画を眺めながら妄想MAX!もはや次巻(CD11巻)のコスプレ予想までしているわたくし、なんて先走り、もとい自分の欲望に正直な…☆
などと思っていましたが、私よりもっと正直なお方がいらっしゃいました(笑)OOOを外すって…わははは、おさすがです!
でもキットってトンスラ嫌がって丸ボーズにしたんじゃなかったっけ?彩さんのボーズ…ちょっと見たいかも(笑)

>イラスト集
徳間さんてカバーデザインも(おそらく)外注してないですよね(あのデザインはプロの手ではないと思う)、だからイラスト集のデザインノウハウもないんではないかしら、出版社自体も美術本は見たことないし…。←アニメ系ラフ画集とかならあるけど、ありゃ集めただけだし。
外注しない分を口絵2枚で還元してくれてると思うと、企業姿勢を攻められないんだけども。
でも企画力のある会社だと思いますので、きっと何かはやって下さる!はずです♪

番外編はきっと出してくれる、しかも書き下ろしもつくと見た!問題は、全サ小冊子のSSを載せてくれるかってことですがそれはきっと無理だろうな〜…。同人誌の単行本化なんてもっと無理だろうな〜、ダメもとではがき出してみようかな〜…。

今回もbk1さんが一番早いですよね、たまったポイントバーンと使うか♪←いただくポイントのウン倍お買い物してるんだけど(涙)
comment by: miru−ha | 2011/02/19 20:07
■サクOOOO様
コメントありがとうございます♪ サクOOOO様は海外でモリモリお仕事されているのですね、うわ〜すごいなカッコいいです!←ご苦労も察せずの発言ですみません
今や全国共通語となった「YAOI」の、そちらのお国での規制状態などはどのようなものなのでしょう、日本語版はきっと高いと思うけどフレブラの英訳本なんて出てたりするのでしょうか。いつかゆっくりご事情お聞かせ下さいませ♪

CDギャラリーは本編イラストとは違った楽しさがございますよね♪
でも久しぶりにこの記事読みなおして思ったんですが…、なんというか我ながら大人げないというか、舞い上がりすぎだろうσ(^_^;) 

力強いと表現して下さったサクOOOO様の思いやりが、心に沁みました。いやはや読みにくくてすみません

来月からいよいよフレブラCD5期発売ですね!CD諏訪部様情報も受け取りましてございます、ありがとうございました!
またサクOOOO様宅に遊びに行かせて下さいませね、ではでは♪
comment by: miru-ha | 2012/02/18 12:59

Leave a comment