スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「隣人には秘密がある」 秀香穂里/山田ユギ


◆あらすじ
祖父が病に倒れ、ボロアパートの管理人を任された大学生の太一。クセ者揃いの住人は売れっ子ホストにパチプロ、中でも一番厄介なのがポルノ作家の吉住だ。クールな眼鏡越しに「どの場面で発情する?」と自分の新作を読ませて、反応を観察してくる。始めは反発していた太一だけれどある夜、吉住が密かに住人達とアパートを抜け出す現場を目撃!!彼が隠す秘密に好奇心を煽られて…。 

レディースコース感想。第2回目は秀香穂里さん「隣人には秘密がある」です。

こちら、秀様ファンのわたくし的には意味のある作品なのですが、感想自体は少々辛めになっております。どうぞご納得のうえお進みくださいね。





  ◎レディースイラストチェック/山田ユギ
濃いキャラが大勢でワイワイと盛り上がるコメディか、エロメインのコミカルBLならこれ以上ないキャスティングだったと思うんですが、この作品はそのどっちでもないんですよね…。
絵師様もはじけていいのかどうか分からないまま終わっちゃった感。

ユギさんはコミックでご自分の世界を既にしっかり創り上げていらっしゃる方なので、小説世界とよほどシンクロしないと「挿絵」として満足してもらえないという、他のBL絵師様とは別次元のハードルを持っていらっしゃいます。
というか、ユギさんが創った素晴らしいキャラ(ドアシリーズとかその他色々)のパワーが強すぎて、そんじょの小説ではキャラ負けしちゃうのです。あ、これOOに似てる〜♪と思う時点でユギさんの勝ちです。
絵師買いを誘える方ですが、作家様の力量を試されるコワイ絵師様でもあります。ベテラン作家様でもコラボ大変というか、ベテランだからこそ挑戦してほしい絵師様というか?
今回は…「おひっこし」が思い浮かんでしょうがありませんでした。ユギさん、強いな!


◎レディース感想
あらすじで思い浮かぶ様なオレ様ポOノ作家にエロ言葉攻め&愉快な下宿人と繰り広げるスラップスティックコメディ♪な作品ではまったくなく、ねらいは意外とまじめなヒューマニックドラマです。

クリエイティブワーキングの女王・秀様が初めて目を向けた「共同作業」と「(恋愛以外の)人の絆」。多人数→下宿
共同作業→演劇
と、実に分かりやすい発想。初々しい。

でもねぇ、お仕事がらみの1対1の恋愛に3冊かけられる作家様がこの設定で1冊なんてハナから無謀です。各キャラクター(下宿人)の肉付けはしっかりしてあるし、面白い。
じゃあ何にしわ寄せがいくかというと…「恋愛」と「ワーキング」、秀様の十八番分野です。

祖父の後を継ぎ下宿の管理人となった大学生の太一が、キャラ立ちした下宿人たちと係わる事で
「秘密」に迫っていくわけですが、太一のキャラがワケアリの割には中途半端なので「過去を克服」に共感が持てない。

攻めのポOノ作家も秘密の要=下宿人の元締め的立場なのですが、秘密(本当の夢)への渇望度が低いため「プロの作家」とはどうしても思えない。(仮にもプロ作家が「戯曲」の書き方を知らないとは思えないという意味です)

なんだかあやふやな主人公に、濃いたくさんのサブキャラ。そこに、BLだから必要だよね?感が滲みでる程度の恋愛をくっつけてあるので、ファンの私でも「読み応えがある」とは申し上げられない仕上がりになってしまいました。
冷めた人間観の太一が「恋愛」で心開く、か、「下宿人との触れ合い」で心開く、のどちらかにしないと焦点がボケるのは当たりまえ。ちょっと欲張りすぎちゃったのですね〜。

今作の「ワーキング」にあたる「演劇」もこれまた…。これは演劇というより「お楽しみ会」です。役者と脚本だけで「舞台」が作れるわけなかろうよ…。
練習成果の発表がしたいだけならこれでもいいけど、作者様は「戯曲を書く夢への第1歩」のつもりでもこのエピソードを扱っているので困ったことになってしまいました。

予定調和的な大団円に向けてお楽しみレベルの「会」をイージーに実現させなくても、ここは「見果てぬ夢」にしておいた方がより現実的で切ない絆だったように思います。
気になるサブキャラ(下宿人)を活かすためにも、初めから2冊(以上)のつもりで書いていたならもっと深みのある作品に出来たのになぁ。キャラでの秀様なら実現可能だっただけに残念です。




なにやらイチャもんばっかりですが、今までにない挑戦で秀様作品史上画期的作品なのは間違いなく、記念碑として独立させてみたのでした。これもまた愛情←自己弁護だろう!Σヽ(゚∀゚;)




 


                                             〔絵師:山田ユギ〕



励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・や〜わ]山田ユギ | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

>わOO様
そうなんですよ!
濃いサブキャラの1人でスピンオフとかがありそうな気もするけど、リンクで1冊使うぐらいならこれを上下巻にしてくれよ…(泣)と思ってしまったのでした。

>四姉妹
わはははは、私も読みたかった♪
秋川弥生サン著:「純愛シリーズ」があるぐらいだし、キャラ、ヤッちまいな!と思わないでもないがやらないわね、徳間さんは(笑)

comment by: miru−ha | 2010/03/27 13:42

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/396

TrackBacks