スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「ネオアルカディア―奇跡の涙 」 橘かおる/亜樹良のりかず



2月のレディース感想第3弾です。
後1冊残ってますが今回で2月はいったん終了して、3月分を随時上げさせていただきます。
そうしないと年末に8月分とか上げてそうなので…。

今作はイラスト萌え、本編感想はほとんど書いておりません。
でもネタバレはしてますので、折らせていただきますね。




 
◎あらすじ
国王のバルは地の聖霊のかわりに現れた森の聖霊・レリスに惹かれ告白し、めでたく恋人となった。しかし、王の跡継ぎをめぐり周囲の陰謀のせいでバルはレリスの不義を疑ってしまう。激昂したバルは別れを決意し、レリスを遠ざけようとするが、それを知ったレリスは意識を失い倒れる。昏睡状態に陥ったレリスを救おうと、バルは虹の御子の元へ赴くが…。
闇の冥王・ゼブ×虹の御子・レーネの出会い編『闇に輝く虹』も同時収録。
◎レディースイラストチェック/亜樹良のりかず(挿絵マスター)

絶句の美麗イラスト。すごい、この絵師様がこういう絵を描かれるとは思いませんでした!
往年の「ぶ〜け」付録・「内田善美カレンダー」を思い出す。まさにこの表紙のような2人だったんですよね、あのカレンダー。←知ってる人いるかな…

アモーレ画の大家でいらっしゃいますが今作は直列抱きしめもどき。
寄り添えどもガッツリ抱き合っていない表紙イラストを初めて拝見いたしました。←背中合わせは1枚あった 

シリーズ・1巻は「新春企画・イラスト投票」でおすすめいただいた1枚です。
絵師様ファンタジーも相性いいんだね〜♪とその後も密かに気にしておりましたが、今作は別格ですね 

     
火の国・焱
水の国・灥
風の国・颯
森の国・塏
の4つの国から成り立つ超分かりやすいハイ・ファンタジー。
半神半人の王と天神から授けられた守護精霊がペアで国を治めるシステムになっております。
前2冊は主人公が一緒なので今作(3巻目)だけ読んでも分かる…というか読まずとも絵だけで分かっちゃうというか、あらすじ=本筋?f(^^;)

BLですよね?とお問い合わせ下さった皆様のお気持ちよっく分かります!どう見たって男女、ハーレクイン・ヒストリカルでなんら遜色ございません、お胸がないのが不思議なぐらい(笑)
森の精霊・レリスの波打つ金の髪、私の中の「イゾルデ」のイメージとダブります。う〜む、まさに「内田善美カレンダー」(お題が「王と姫君」だったような…)

しかし見応えがあるのは実はカラーよりもカット、そりゃもう美しいです。
絵師様は相当気を使われて「この世ならぬ美貌」を表現しようとされています。絵柄さえ変えるほどに。未チェックですがマンガもさぞやの華麗さなんでしょうねぇ…。(こちら、小説とマンガでサイドA・サイドB同時進行のコラボ作品です。2007年から足掛け4年。さすがBL、気が長い)
森の精霊初登場シーンの麗しいこと、お口ぽかんの王様の気持ちが分かり過ぎて笑えます。
そして20ページ後には愛を確かめ合う2人。早っ!
P147、虹の御子(こっちもベッピンさん)にひざまづく王のカットがこれまた麗しくて眼福です。

その他モロモロとことん神々しいイラストワールドを繰り広げていくかと思えば、「これでこそ亜樹良さんだよ…」とつぶやいてしまう1枚(P111)もちゃっかり入っていて、サービス精神満載のカットが12枚。プラスおまけ2枚でイラスト大満足です。


◎レディース感想
本編…あ〜、う〜…。なにせ伝説のチン作を生み出された作家様ですから…

色んな意味で泣きそうになります。ってことで!


一言だけ言えば。
神様なのにあんな死に方…死んでもいや(笑)




                                                                  〔絵師:亜樹良よしかず〕〔画:植物

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名た行]その他 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

ハOO様

こちらでは初めまして♪
あちらでもこちらでも末永くよろしくお願いいたしますね(=^_^=)

わたくし自称「少女マンガ王」、ついついイラストにも激しい情熱を注いでしまいます。
今作の亜樹良さんはぜひとも讃えなければ!と力が入りましたが、だからといってこの作品を手に取ってみて下さいとも言いづらく(おいおい)、このページを独立UPするかは相当迷ったのでしたf(^^;)
思いのほかご賛同いただけて心底ほっとしています(笑)
この作品群だけのお絵柄なのか、こういう画風に変わられたのかこれだけでは判断しにくいのですが、最近、コミックを相当数こなされている影響で、巻を追うごとに表現が垢ぬけていっているのは間違いないです。
次のお仕事を拝見するのが楽しみです〜♪

最新情報とはトンと縁がなく皆様からいただくお知恵と情報だけが頼りの他力本願ブログですが、ピラメキと文字数だけは惜しみなくご提供しております。
よろしければまた遊びに来て下さいませ♪
comment by: miru-ha | 2010/04/03 15:24

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/393

TrackBacks