スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

連動コミック企画・マンガしりとり「つ」
〜月に狼/カメイ 与五郎太

皆様こんばんは♪

グラミーも無事4回終了、後顧の憂いなく新年度ロング新企画を発動させていただきます。
先日お知らせいたしました、北の主腐から・わにこさんとのガチンコ連動コミック企画
「マンガしりとり」
本日からスタートです♪ わ〜ドンドン!パフ〜
■マンガしりとり・ルール
・第2日曜担当:わにこ 第4日曜担当:miru-ha マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音はあるなしどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム(後日発表、笑)

 ■前回までの流れ
「真空融接」
             *       *        *

本日のお題は先日予告記事の通り「つ」でございます。

「日曜コミックDAY」をお休みしてから早半年、自称・少女マンガ王をうたっておきながらコミック企画は久しぶりです。記念すべき第1回目ですので、ここはぜひともBL界から傑作を!…と思ったのですが、ないのですねぇ「つ」のつく傑作って。←初回からもはや手詰まり

次善策としまして「傑作」ではないですが、「ある意味ケッサク( ̄m ̄*)オススメできないけど私は好き」作品をご紹介いたします。

なにやらふっきれた感すらある不思議PN・カメイ与五郎太さんの「月に狼」
いやもう対象読者層は何歳なんだろうと不思議でしょうがない、キャワイイだけのコミックでして…。
とりあえず世界観をご理解いただくために「あらすじ」から。

◆あらすじ
妾の子として親に疎まれて育った月代は、狩りの最中助けた人狼・狼焔に狼の里へと攫われる。帰るところもなく里で暮らすことになった月代だけど、気紛れに拾われて優しくされることに次第に耐えられなくなって…?


ううむ、超不親切な「あらすじ」に失笑です。これじゃ全然分かんないって!
妾の子として親に疎まれるって表現が難解すぎないか?とか、月代って何よ?とか?
なにより最大の疑問は、あらすじ、タイトル、表紙イラストすべてが人と狼のラブストーリーなのに、コミック1話目の
主人公はスズメ。
読み切り短編集ですが表紙&表題作は2番目掲載作品という、腐界か山本周五郎短編集でしかまずお目にかかれない掲載ルールにしょっぱなからしょっぱい気分がこみ上げます。
絵がきゃわゆいから、まあ許せますけどね…。

ショタ&ケモミミ萌えで有名(?)な作家様とはいえ暗黙ルール満載の独特の世界観、一見さんお断りのかなり高敷居なイントロです。

「雀ヶ宿」なるお宿での噂話から本編1話目スタート。
周防様なるイケメンをお客様としてご来店、それを見た店子ちゃんズが噂に花を咲かせます。

「イイ男ね〜」チュンチュン
「1度でいいからお相手した〜い♪」チュンチュン
「私たち下級遊雀には縁遠い話ね」チュン

いやいやいやいや!
「下級遊雀」
自体が縁遠いから!っていうか下級遊雀ってナニ?!
この宿がどんな宿なのか、合間合間のチュンチュンも何の説明もなく突如繰り広げる噂話。
そしてその他大勢と全く区別が出来ないノーオーラのショタロリなドジっ子主人公。しっぽを触られて「ビクン」と感じてしまう、分かるような分からんような独自性感帯をお持ちです。
おまけに「雀に化けられる一族」だとぅ?人に化けられる雀じゃないんかい!この能力にきゃわゆい以外の何の意味が?わははははは、まさにカオス!

他にもしゃべる人参(!)を肩にのせたウサちゃんやら、よ〜く見たら角生えてるじゃん!な人間やらもうなにが人間で何が化身なのかさっぱり分からん ┐(´∀`)┌ 
しつこいが絵がきゃわゆいから、まあ許せますけどね…。←絵は本当にきゃわゆいしお上手です。

まあ、なんちゃって時代劇風ショタ&ケモミミファンタジー、エロほぼなしってことか〜、と何とか学習しながら読み進めていると最後でまたもやΣΣ(゚д゚lll) 
え?スーツ?!
どうも最後の短編はファンタジーでもショタでもない人間界のラブコメの様ですが、海賊のような眼帯したネコ出てくるし、こいつはネコなのかネコ族なのか(苦笑)

もう縦横無尽っていうか、天衣無縫っていうか、寄せ集めっていうか…。どのお話も例外なく絵がきゃわゆいから、まあ許せるだけで中身さっぱりなし。
「?」は感じてもまともに考えこむ方がどうかしてるような、きっぱりと萌えだけでできたコミックです。「U15BL」が倫理的に存在を許されるとしたら、本作はちょうど良いかもしれません。

などと少々スパイシーに考えつつ、あっさり5分で読み終わって後書きにたどり着いた時、これまでの「やれやれ…」を払しょくする衝撃のコメントが。


「何にも心に残らないようなもの」を描こう(としてきた)


これには絶句。

通常創作に携わる99%の人間は、実現の可不可は別として「心に残るようなもの」を目指して作品に取り組むものです。これは人としての本能のようなもの。それを…。
こういう心づもりで作品を描いていたなら、絵がきゃわゆいだけの意味が全く違ってくるのです。心に残らないお話だけど作画には手を抜かない=膨大な量の練習を積んできたってことですが、これは萌えの力で作画だけが発達したあまたの同人的コミックとは立ち位置がまるで違います。

そして読後、私の心にはまんまときゃわゆい絵しか心に残りませんでした。まさに作者様の思うツボ、手のひらダンスではないですか!!ああ、なんてこったい…(笑)

ちなみに上のコメントは、「(読者に)やっぱり楽しんで、感じてもらえるものが描きたい」と続きます。つまり、読者が読んだその時にふわっと楽しければ心(記憶)に残らなくてもいい、という基本ポリシーはお変りになっていないのです。

気合を込めて気迫のないゆるふわ作品を産みだす、その心意気や尋常ならず。

与五郎太さん、アンタすごいよ!

…ってことでわたくしはコレ以来、与五郎太さんのファンになったのでした。後書きって大事よね。


おまけ余談:「与五郎太さんとの運命」
このマンガに出会うずっと前にわたくしは全然違うところでこの方(の絵)とお会いしておりました。
次ページで2人の運命の出会いをアツくご披露しておりますが、これは本編に全く関係ないイラストオタ話です。もしご興味とお時間がありましたら覗いてみて下さいまし。

 
                                     

というわけで、わにこさん、
次回お題は「み」です!!
3月14日(あ、ホワイトデーだ!)、よろしくお願いしま〜す♪





   

◆おまけ萌え話「アクエリアンエイジ」

「遊戯王」以降様々なトレーディングカードが出ておりますが、この「アクエリアンエイジ」はわたくしが唯一買ってしまったトレカでございます。
イラストに著名絵師様をゴージャスに起用した事で有名になったこのトレカ、私ももちろんカードイラスト目当て、ルールなんて今持って分かりません。ゲームしたいわけじゃないからべつにいいのです。
しかし発売後即「Saga機Τ仞辰硫欺達」を買ってみたものの、「美少女」イラストにさっぱり萌えられず…

すると男子バージョン「アクエリアンエイジ・オリオンの少年」が出たのですね!
こちらにものすごく期待したんですが、お目当ての美木本晴彦さんイラストがちっとも出ず、すぐ挫折したのです。その時「大空とわ」さんご担当のカスカードをひいていたという…。今回カメイ与五郎太さんの別PNを調べるまで全く知らなかった…!!
※「大空とわ」は与五郎太さんが腐界以外でご活動時のペンネームなのです。違うな、普段は大空とわ名でお仕事してて腐界だけ別PNなんですね、どうも世界の中心がこっち側でイカンな。

こちらのシリーズ、今見ると「ええ〜っこんな人やあんな人も参加していたの、知らんかった!」な絵師様てんこ盛りです。
如月弘鷹、香雨、星野リりィ、花屋敷ぼたん、桜城やや、ひたき…

この頃(2002年)まだBLをたしなんでおりませんでしたので、そりゃ知らんはずです。
今あったらオールコンプを目指すでしょうが、現在は男子のみの独立バージョンはない…ハズ。
残念なんだか助かったのか(笑)


★おまけ画像
ヤフオクで画像のみゲット♪ 
「オリオンの少年機廚ら竹美家ららさんの「廃棄アンドロイド」 
おおおおお、アンドロイドなのに柔らかいっ←意味不明
ららさんは現在のシリーズ(Saga掘砲任皀ぅ薀好箸潅甘していらっしゃるのですね〜。「メイド」なんてのもありましたよ、超ロリ画で驚きました。

クリックで拡大(戻る時はプラウザ「×」でなく「←」で)





励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[腐海航海記]マンガしりとり | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

次回「み」ですね〜、了解ッ!( ・∀・ )ゞ
腐海から選ぶか少女マンガか…悩みますね。
再読しつつ吟味させていただきます♪

カードゲームははまると地獄を見ますよね…。
昔は売る方だったから、目の前で湯水のようにお金が消費される様に驚愕したものです。
ロマチカとか女性向けも色々気になるけど、手を出したら負け!と自分に言い聞かせてる(笑)
comment by: わにこ | 2010/03/01 01:07
1回目だから腐海、とかいってますけど本当は少女マンガでほぼ決めてた候補がありました。
もう「つ」は回ってこないと思うのでネタばらしすると、少女マンガだったら青池保子さんの「Z(ツェット)」にするつもりだったの。
でも青池さんは他作品で取り上げる機会があるかもしれないが与五郎太さんは今回を逃したらムリだろうと(笑) 
なので「1回目」というもっともらしい理由は後付けです(;^ω^A

>ロマチカとか女性向け
「彩雲国」とかもあるんだね〜、知らなかった(*_*)でもアニメ画なんだよね?
ご本人イラストだったら負けてしまうかも…(笑)


ではでは次回「み」とっても楽しみにしております♪
なんだろう、アレかな?それとも…
comment by: miru-ha | 2010/03/01 14:34
あOO様

よくぞ気付いて下さった!!
見た?ビックリでしょ?!ちょっと欲しかったです(笑)
comment by: miru-ha | 2010/03/11 20:34

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/381

TrackBacks