スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

王道設定バトン、いただきました



Happy Valentine’s Day



仮タイトルって事で(笑)まるあさんより頂戴してまいりました、「王道設定バトン」

これ楽しいな〜 
とっとと手抜き夕食を済ませPCに貼りつくことO時間、せっせこ作成&完成してしまいました。
早っ!←自分でも驚き(笑)
まるあさんすぐに受け取れなくてごめんなさい。お詫びにもなりませんが即UPさせていただきます♪

「王道設定バトン」お約束
★貴方の嗜好に併せて、攻め派か受け派かを答えてください。
好きCPを当てはめても構いません。

■昔から共に生きてきた主人と従者。主は?
■相方をかばった怪我が原因で記憶喪失に。記憶を失ったのは?
■敵に操られ仲間を攻撃!操られたのは?
■新任の先生と入学したばかりの生徒。先生は?
■出会ってしまった民間人と王族(もしくは貴族)。民間人は?
■傷ついた天使(妖怪など人外の者でも可)を保護した人。人は?
■小学生を預かることになった専門学生。小学生は?
■追う立場の探偵と追われる立場の怪盗。探偵は?
■霊感もなくいきなりその存在を知った人と新参者な(守護)霊。人は?
■雨に濡れたペットを拾ったご主人様。ペットは?
■自分が側に居ない時に事故に遭い意識不明に。眠り続けているのは?
■前世で結ばれていた二人。その記憶を持つ者と持たぬ者。持つ者は?
■ある店で共に働くホストとバーテンダー。ホストは?
■冤罪を晴らすために逃げる賞金首と賞金稼ぎ。賞金稼ぎは?
■死刑囚または終身刑犯罪者と看守。看守は?
‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■最後に:貴方がこのアンケートに答えて欲しいと思う方五名は?

以上15問。長文体質の私がこれをすべて答えてよいのですね?ホントに?
やった〜、本日も激ナガでGO!

皆様のご回答を拝見してる時は×10ぐらいのテンションで楽しませていただきましたが、自分の妄想は… 私だけ楽しんじゃった、ごめんなさ〜い


                               

2009年4月12日、花音DX・Vol13(ここをポチ→★)を出港してからずっ〜と腐海を航海していたキャプテン・ミルミルと子分のハー坊は今日、ようやく1つの港に辿りついた…。


ハー坊「おかしら〜っ、オレ等約10ヶ月ぶりの上陸ッすよ、キンチョーでちびりそうっす

ミルミル「うむ、7つの腐海を航海し隠れた腐宝を狙い打つ、泣く子も黙りこくるラブ・ハンター☆キャプテン・ミルミルも軽く武者ぶるいだ。
今回は麗しのまるあ嬢から託された『王道設定バトン』に我々の英知を借りたいという寸法だな。管理人めマジメに回答するのは照れくさいとみえる。」

ハー坊「今回も激ナガ必至ですネ。」

ミルミル「おっと、レディをお待たせしてはいかんな、早速お答えしていこう。」

ハー坊「この調子でラストまでいってますんで、お嬢様方、引き返すんなら今ですからね?オツキアイ後の石つぶてはマヂ勘弁してくださいね?」



◆昔から共に生きてきた主人と従者。主は?

ミルミル「ンなもん下剋上に決まっとろう。普段立派なアルジとして振舞わなければならない受けの重圧を、ムリヤリ辱めることで解放してやる。これこそ真の従者愛だろう

ハー坊「それってオレがおかしらを抱くって事っすか?」

ミルミル「ち、違うわっ そういや、昔から共に生きてきた主人と従者で思い出すのは…」

←小野不由美「十二国記」・全作中1位「図南の翼」

ハー坊「納得っす。数百年単位の主従関係ってすげーな」

ミルミル「うむ、叩頭&『許す』の最強コンボ、今思い出しても悶絶で十七転十八倒できるぞ。しばらく家人へのイエスは全部『許す』だったからな。チャンネル変えてもいい?許す。ってな具合だ。」

ハー坊「家庭円満で何よりっすね、つか家庭持ち設定じゃないでしょ、アンタ」

ミルミル「やっぱ麒麟は攻めだな。未だ出てこないただ一つの国・「舜」の徇麒×徇王に期待する。」

ハー坊「それよりも続編でしょう…」



◆相方をかばった怪我が原因で記憶喪失に。記憶を失ったのは?


ミルミル「もう1人の相方…ってうっかり答えそうになったぞ。おそるべきひっかけ問題だな。」

ハー坊「(やや呆れ気味に)いつまでもピュアで結構なこってすね。でも、記憶を失っても性嗜好って変わらないもんなんすかね?」

ミルミル「それだ!記憶を失う前は攻めだったが、失っている間は受けとして可愛がられてしまい、事実を知ったショックで記憶が戻るってのはどうだ?その逆もアリで♪」

ハー坊「斬新な気もしますが、萌え度0っすよ。おまけに答えになってねえ。」

■記憶喪失で思い出すのは…
←篠田節子「ゴサインタン−神の座−」

ミルミル「『ウラシマン』って言いたいところだがここは書籍にこだわって…。これは記憶喪失なのかどうか未だに結論が出せないがな〜。」

ハー坊「ま、いいたいのはソコじゃないっすからね。女がダメな男を書く時ってこうも容赦がないかと目ウロコな作品でしたねぇ」

ミルミル「うむ、この逆(男によるダメ女描写&迎える結末)を書ける男性作家はいないだろうと本気で思えるな。」

ハー坊「男が女を描く時って母か娼婦か淑女ですもんねぇ。ロマンチストっすよねぇオトコって(笑)」




◆敵に操られ仲間を攻撃!操られたのは?

ミルミル「オレってうっかり答えそうに…この方が楽しいんじゃないか、この質問。」

ハー坊「いや、回答者の腐傾向を理解していただくのが主旨ですから楽しくなくてもいいんですって。何にでもすぐ面白みを求めるのはペガサスの悪い癖ですよ」

ミルミル「む、動物占いで断じられても懐かしすぎて読者がついてこられないぞ。お前もまだまだだな。」

ハー坊「(無視) 操られるのは身体だけ!コレ基本ですね。 受けが泣きながら仲間を攻撃し攻めが庇って重傷を負う、そのショックで神通力が解ける、に1票っす。」

ミルミル「これは仲間とデキてるかどうかでも萌えどころが違うな。攻撃する仲間=恋人だったら、操られた方が苦悶の末自分を傷つけるってことでやっぱ受けだな。この場合受け=敵方間諜だとさらなる萌えだ。」

ハー坊「3問目にして初めてまともに答えられた気がしますね、この調子で次もたのんますよ?」

操られた敵同士の恋…
←田村由美「BASARA」

ハー坊「仲間もうじゃうじゃ出てくるし、えれな嬢もマッ青の怒涛のドラマティックラブっすね」

ミルミル「操られたのは敵ではなく運命ってやつだけどな。作者様は当初、実際の戦国時代を舞台にこれを書くつもりだったが断念したそうだ。断念せずにやっていただいていたら伝説の名作だったろうなあ…」





◆新任の先生と入学したばかりの生徒。先生は?

ハー坊「今さらBL界に倫理を求めるのもナンですけど、教師×生徒ってのは道徳的にどうなんすか?オレはいやだなあ、松田美優さんぐらいまでがっぷり四つに扱うなら許せますけどね。」

ミルミル「ふふふ、違うぞハー坊。生徒が10代なんてそんな甘い設問のわけがなかろう。これはだな、センセーはとあるカルチャースクールの新任、講座は…そうだなハワイアンキルトなんて教える美貌の37歳。生徒は新しい趣味を持とうと果敢に未知の世界に挑戦してきた48歳のおっさんだ。ならばセンセーは攻めにきまっとる!」

ハー坊「ハワイアンキルトで生計が立てられる37歳の美形(♂)…ムベンべ並みの貴重種ですね」

ミルミル「いっとくがな、一般小説でホントにこれに近い設定あるからな。しかもマヂミステリー。非BLでぶちかますほうがよっぽどツワモノだろう、私なんてカワイイもんだ。」

■ムベンべって?
←高野秀行「幻獣ムベンべを追え」

ミルミル「念のため申し添えておくが、今もムベンべはUMAのままだ。」


ハー坊「でもノンフィクションなんですよね?何か結末見えましたね…。」

ミルミル「まあな。青春の輝きってやつか。ま、一番の驚きは宮部みゆき嬢が解説をつけてることだな(笑)」




◆出会ってしまった民間人と王族(もしくは貴族)。民間人は?


ミルミル「こりゃ1問目とどう違うんだ?主従でない平民と王族てことか?
そんなの「アラブ」のテンプレじゃないか。だったら民間人は受け、しかも日本人限定だ。これ以外は認められない。」

ハー坊「まあ、そうっすね」(このアルジにしてこのシモベあり)

■出会ってしまった民間人と貴族で思い出すのは…
←シュミット村木 眞寿美「ミツコと7人の子供たち」

ハー坊「世界史の教科書に唯一名前が載る日本女性っすね〜。」

ミルミル「クーデンホーフ・カレルギー・ミツコ。旧姓・青山光子。フルネームでサラッと言えるそこのお嬢様、『レディミツコ』by大和和紀の愛読者にちがいない。お近づきになろう

ハー坊「『伯爵』と『少尉』の区別が一目でついたらかなりの少女マンガツウっすね。」

ミルミル「できる人間いるのか?作者ご自身でも無理だろう(きっぱり)」





◆傷ついた天使(妖怪など人外の者でも可)を保護した人。人は?


ミルミル「支え合って生きているって、金O先生の名言を吐くとこだったぞ。ほんとこの設問者は、私のペガサス魂を見事に刺激してくるな。まあ、いい。
こりゃもう恩をあだで返すってことで人は受けだろ。なぜこんな決まりきった事を聞いてくるんだ?」

ハー坊「おかしらはドSスキーだから、ソコ当たり前なんっすね…」

■恩をあだで返す
で思い出すのは…
←向山貴彦「童話物語」

ミルミル「いい話だ。汚れたヒロインによる宮崎アニメ小と私は呼んでいる。」

ハー坊「これは素直に賛成しときます。」




◆小学生を預かることになった専門学生。小学生は?

ミルミル「けしからん!ムケてもいない小学生を腐ォースの犠牲にしては絶対にいかん!こんなもんどっちでも焚書だ焚書!」

ハー坊「おかしら、お怒りの前にセクハラ一歩手前です

ミルミル「ん?どこが?
まあ、昼は小学生、でも暗闇では大人に戻っちゃうんだ的メルヘンBLならアリだな。その場合はむろん攻めでお願いする。姫のキスで魔法が解けるってやつだ。」

ハー坊「『めるぷり』なんて読んでるんすか、おかしら…」

←樋野まつり「めるぷり」


ミルミル「ふう、レディたちお疲れではないかな?後半も激ナガだ。どうぞ軽くご休憩を 」

ハー坊「折り返しっす、こっからは次ページで♪」







 

◆追う立場の探偵と追われる立場の怪盗。探偵は?

ミルミル「怪盗(追われるもの)はわざわざ犯行予告してデートに誘うだろう?誘った方が避妊する。こりゃ大人のたしなみだ。ゆえに怪盗は攻め、探偵は受け。これしかあり得ん。」

ハー坊「説得力ありそうに思えるのが何だか悔しいっすね…」

■怪盗と探偵と言えば…
←江戸川乱歩「怪人二十面相」・やっぱ学級文庫はこの装丁(笑) 

ミルミル「小林少年を挟んでの明智と二十面相の対決は、3者の同性愛を模した描写だったとのちに乱歩は認めたそうだ。学級文庫にそんな本あったんかいと今さらながら口惜しいよ…

ハー坊「時よ戻れ!的にガッカリしてますけどこんな理由で小学生に戻りたいんですか、アンタ…」



◆霊感もなくいきなりその存在を知った人と新参者な(守護)霊。人は?

ハー坊「『支え合って生きている』なんてもう言わせませんよ!ちゃんと考えて下さい!」

ミルミル「む、先手を取られたか。う〜ん、何か伝えたい事があって人の前に姿を現すって事だろう?その積極性から判断するに霊は攻め♪…と言いたいところだが、それではあまりにフツーだな。
どうだろう?霊は受けで人のO液によって実体化(変化?)できるとか、O十人の欲望をかなえてやったら昇天(笑)できる…とかいうのは?」

ハー坊「吉田O姫さん辺りが書きそうな気もしますけど、それほんとに萌えますか?嗜好ですよ?問われているのは。」

ミルミル「いいじゃないか、BL界にはトンチキという立派なジャンルがあるんだぞ?冷凍保存や仏像とヤっちゃうのとそう変わらんだろう。」

ハー坊「…まあ、そう…ですかねぇ…?」

■霊感もなくいきなりその存在を知った人と言えば…
←朱川湊人「本日サービスデー」

ミルミル「潔いほどひねりのない「天使」「悪魔」「神様」の呼称においおいジュブナイル以下かい、と一瞬バカにしたが素晴らしい結末だったよ。心が洗われた…」

ハー坊「心身ともに疲れた時にいっておきたい心の栄養ドリンクってとこですね」

ミルミル「あっ、そういうちょっとイイ台詞はアルジにまわさんか!」




◆雨に濡れたペットを拾ったご主人様。ペットは?

ミルミル「攻め!攻め!絶対攻め!」

ハー坊「えええ?なにこの高テンション?おかしらのGスポ直撃?」

←小川彌生「君はペット」

ミルミル「やっぱ、ペットは段ボール!ここ譲れない!」

ハー坊「ホントなに、その美学」



◆自分が側に居ない時に事故に遭い意識不明に。眠り続けているのは?

ミルミル「寝てる間にイタズラってか?ドSならデフォだろう。イタズラされる方は受けだ。(きっぱり)」

ハー坊「オトコらしくて涙が出ますぜ。ところで寝ている間にHって実現可能ですかね?」

ミルミル「そりゃおまえ、眠りの浅いトシヨリなら不可能だろうが、イイ若いもんは爆睡するもんなんだよ。感度はイイけど何されても気付かない、これがBL様式美ってぇやつだ。」

ハー坊「なるほど〜。で、おかしらはどっちなんです?」

ミルミル「う〜ん、5時には一度目が覚めるからなあ…、ってマジメに答えさせるんじゃない!」

■眠って目覚めたら…で思い出すのは
←荻原規子「これは王国のかぎ」

「目覚めたら異世界、はファンタジーの王道だけどこれは腐海…じゃない深い設定だったな。」

「一見、女子高生のキャピキャピ(死語?)アラビアンラブナイトに思えますもんねぇ。」

「うむ、深読み好きの私でも気付いたの3日後だぞ。だからあの口絵(表紙)か!と衝撃だったな。」

「この作品が『勾玉三部作」』より注目度が低いのは、あの仕込みに気付かない方が多いからじゃないっすかね〜、萩原さん巧妙に隠し過ぎですよ。対象年齢(多分十代)には高レベルすぎるんじゃないっすかね」

「少女向けでも手を抜かない、さすが上橋さんと並ぶ国産ファンタジー(?)の巨匠だけの事はあるな。好みは断然上橋さんだけどな。」



◆前世で結ばれていた二人。その記憶を持つ者と持たぬ者。持つ者は?

ミルミル「身体が覚えてるってヤツだな。BLよりもハーレOインで大人気設定だ。この場合持たぬ者が記憶を思い出さなきゃ意味がないのだから、もし持つ者が受けだったら、相当のテクニシャン=誘い受けじゃないと思い出してもらえんだろう。駆け引きに時間がかかってめんどくさい。よって持つ者は攻め。これが筋だ。」

ハー坊「おとしまえついちゃったよ。」

■前世で結ばれていた二人といえば…
←森崎朝香「天の階」

ミルミル「出てくる女子がすべてヒロインという偉業を達成した傑作オトメラノベだな。由羅カイリ嬢のチャイニーズイラスト、彩雲国よりこちらの方が数倍イカしているぞ。」

ハー坊「今は絵師様が変わってしまって読みにくくなりましたね、って、しまった愛読してるのバレちまった!」



◆ある店で共に働くホストとバーテンダー。ホストは?

ミルミル「これはどっちもアリじゃないか…。まるあ嬢すまん!答えパクらせてくれ!私もリバで(爆) ホストとDJだったら、ホスト攻めなんだがなあ…」

ハー坊「ほんとわかんねえっす、おかしらの線引きが」

■ホストとDJ
←加藤実秋「インディゴの夜」 

ミルミル「(絵師の)ワカマツカオリ嬢、最高♪ これは絶対文庫で楽しめ!」

ハー坊「はいはい」



◆冤罪を晴らすために逃げる賞金首と賞金稼ぎ。賞金稼ぎは?

ミルミル「今どき賞金稼ぎって。誰が出すんだ?OO商店街か?」

ハー坊「大相撲じゃないンすから。まあ、現代ではなくて時代ものかファンタジーですね」

ミルミル「だったら、コレだな」
←寺沢武一「COBRA」

ミルミル「これを全部イケメンでやってくれたら爆萌えだ。つまり賞金稼ぎは受け。目的は金ではなくてハートだな。…ん?そういや私も腐海を股にかける海賊だが誰も追ってこんな。むしろ追っかけてるのは私じゃないか。生き方を間違ったのか…?」

ハー坊「だ〜か〜ら、おかしらは受けなんですって」

ミルミル「わ〜、よせ 脳内プレイだけで結構、実践なんてトンデモごめんだ!」




◆死刑囚または終身刑犯罪者と看守。看守は?

ミルミル「これも教師×生徒と同じで、権力を持っている方が襲ったら普通に虐待だからな。看守は受けしかないな。
看守が攻めでも許されるのは…たった一度の思い出、かな?死刑前に…は怖すぎるので、看守が職と命を賭けて囚人を逃がす、その時たった一度…なんてイイな。その場合、囚人(受け)は無実の罪、または罠にハマって捕まってたってことにしといてくれ。」

ハー坊「やべえ、看守のその後が気になるじゃないっすか!」

■ム所といえば…
 
ミルミル「日米の国民性の違いが色んな意味で感じられて面白いぞ。私の好みは横山氏だな」

ハー坊「全15問激ナガで答えてきましたけど、最後のお題ハードボイルドすぎてオチが見つかんないっすね こういうのは真ん中辺りにブッこんどいてほしいっす
しかし、このアンケート結果はなにに活かされるんでしょうねぇ」

ミルミル「う〜む、まるあ嬢は出版社の陰謀とニラんでいたな。私も賛成だ。つまりこのアンケート結果で支持率TOPのカプが、年末に出る、今年のBLここがなんちゃらいうランキング本のTOP1カプと一致するに違いない。
が、私はあまのじゃく体質だからな、簡単に協力してはやらんぞ?『思い出す作品』をすべて腐海外から選んでやったよ。わっはっは♪」

ハー坊「これだけ熱く協力しといて、そんなとこハズしても意味がないと思いますがねぇ…」



◆最後に:貴方がこのアンケートに答えて欲しいと思う方五名は?

ミルミル「みなと港に愛する女、『誰か』に決めるなんて私には出来んよ。これは私からのバレンタインギフトなのだ。受け取って下さる女神がいるのなら、貴方の元に馳せ参じよう

ハー坊「おかしら、ギフトってのは相手が喜ぶものが基本ですよ、自分があげたいモノって…だからモテナイんすよ。美男塾で修行し直した方がいいんじゃないっすか?」

ミルミル「うっさいわ …でも入塾はちょっとしてみたい…。よし、早速願書取り寄せだ、行くぞハー坊!」

ハー坊「オレ等の次の出番はいつなんでしょうね、つかもうないんでしょうね…」



‐‐‐‐‐‐‐‐‐
激ナガお疲れさまでした〜 
た、楽しかった…!(笑) けど、拙宅で終わってしまうのは本当にごめんなさい…。

お願いしたい方が皆様ご多忙なんです…。
いいよ〜、やってみるよ〜とおっしゃっていただける方いらしたら、もう大感謝です!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


最後まで読んで下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。
私もバトン溯上の旅、いってきま〜っす♪






励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[腐海航海記]バトン・100質・お楽しみ | comments(7) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

>全作中1位「図南の翼」
>「納得っす。数百年単位の主従関係ってすげーな」
納得です!この本は何回も読んでしまう。
久しぶりにまた読みたくなりました。

横山さんの『看守眼』はノーチェックでした、
まだ「童話物語」も読んでいないのに、
読みたい本ばかり増えていきます(涙)

面白かったです。
いろいろなジャンルで読まれていますね、すごく参考になりました。
comment by: まひる | 2010/02/14 09:04
miru-haさん、こんにちは♪
先生と生徒…素直に考えちゃったけど、確かに“〜教室”もそうですね。これなら年齢無制限で妄想できる。ハワイアンキルトというコアな設定…私は、お花が浮かんだり(假〇崎氏・笑)ベタにお琴とか(爆)。
怪人二〇面相(伏せ字の意味が・笑)…この装丁のシリーズ、学級文庫で読んだし小学校の図書館でも借りた事ある……。
思い出してみればTV化された番組たちも、小林くんが“美”少年だったり明智さんの目に色気があったり。
犯罪トリックは面白かったけど、一般視聴者(というより男性)へのサービスシーンに、当時(←土曜ワイド〜放送時は中学生だったと思う)は嫌〜な気分になってたっけ。今だったらそっちの三角関係(?)に萌える番組だったろうに(笑)!
comment by: まるあ | 2010/02/14 13:51
ウラシマン!(*゚∀゚)=3
思わず食いついてしまったではないの(笑)
総統フューラーとリュウの関係に萌えてた、と気がついたのは大人になってからだったわ…。
敵が格好良くて毎週楽しみにしてたな〜。
真下監督って、今では大音量のBGMで小難しいアニメやってる人って印象だけど、昔はタイラーとかコミカルな中にもハードなネタを仕込んでくるところが好きだった。

ところで、このバトン貰っていいすか?(笑)
次にはつなげられないと思うけど…
comment by: わにこ | 2010/02/14 19:02
>まひるさん
いらっしゃいませ〜コメントありがとうございます♪

>図南の翼
私も時々読み返しては本編にジ〜ンとするとともに、この頃がピークだったよね、山田さん(絵師様)…と切なくなったりもします。続編待ってるけど表紙には戦々恐々です(笑)

>看守眼
他の作品はエンタメ重視、読みやすくおもしろいものにこだわってみたんですが、この分野だけは「読みやすい」と程遠いものばっかりで(笑)
これは完全独立短編集なので、まだ読みやすいかなあ?と。
「ム所」にこだわらない警察小説なら強力プッシュは今野敏さんです♪

まひるさんもいろんなジャンルのを本読まれていらっしゃいますよね、ぜひ参考にさせて下さい(^-^)
comment by: miru-ha | 2010/02/14 23:33
>まるあさん
楽しいバトン、どうもありがとうございました!
でも崩壊石橋を再建築したら、凝り過ぎておかしなモニュメントになってしまいました(汗)

>お琴とか(爆)。
お琴!「お前もいい声で啼かせてやるよ」ってやつですね?わあ、こっちの方がエロい (〃∇〃)

>土曜ワイド
>サービスシーン
かたO梨乃のムダなお色気シーンのことですね、なつかしいo(≧∇≦o)
今のご時世だったら3人の関係を中心にしたドラマ作れそうですけどね〜、テレ東あたりの深夜枠で(笑)
「怪盗と探偵」は「沖田良掃除と黒いひよこ◇」を出しても良かったな〜と今気づきました(笑)


いや〜、とっても楽しいチャレンジでした。
またの機会がありましたらぜひともお声をおかけやって下さいまし〜♪
comment by: miru-ha | 2010/02/15 00:19
>わにこさん
さっすが食いつきどころがツウっす<ウラシマン
ルードヴィッヒがどストライクで、というか塩沢兼人さんご担当キャラはすべて爆好きだった…。
巨大ロボが出てこないのにちゃんとSFという設定も超好みでした、もう1回見たい…。

>真下監督
「爆裂ハンター」(笑)ぐらいまでしかわからないな…今はどんな作品作ってらっしゃるのかしら…

>バトン
ああっ、女神様 (ノ≧▽≦)ノ☆。.:*:・'☆'

ぜひぜひお願いいたします!!楽しみにしています〜♪

comment by: miru-ha | 2010/02/15 00:20
>ゆOO様

楽しんでいただけて何よりですぅ♪今週末まで、諸事情で少々落着かない心理状態でして、感想も読書も滞りがちなんですが、このバトンはとっても楽しくてよいリフレッシュになりました♪

リフレッシュといえば、教えていただいたサイトも行ってきました!楽しかった!
曲を捧げるほど2人の関係が深いとは(変な意味でなくて)知らなかったですσ(^_^;) 伝記など読んでみたくなりました♪同性愛者でもあったアンドレ・ジイドが「ショパンについての覚書」という本を書いてて、なんでだろ?と思ってたけど、だからか!と穿ってしまいました←でもきっと違う、笑

ステキ情報ありがとう、ぜひまた教えて〜っ!!
comment by: miru-ha | 2010/02/16 21:26

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/375

TrackBacks