スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

新春特別企画・「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表

こんばんは、miru-haです。
前回の1人上手企画「無人島ギャラリー・生きる情熱編」に思いもかけないご反響をいただき、恐縮しつつ、喜び舞い上がっております。
いただきましたたくさんのコメントに、笑い、うなずき、感動させていただきました。ブログの運営あるなしに係わらず、BLとイラストを愛する方々と共に盛り上がろう♪をコンセプトとした新年お祭り企画でございましたが、その幾ばくかは達成できたのかと感無量でございます…。

みゅうあー:私共の力ではなく、イラストの力と皆様のご協力の賜物なんですけどね。

M:まったくもってその通り☆
皆様のご期待に添えているかどうかわかりませんが、持てる力はすべて使いました、の新春企画第2回目、「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」を本日お送りいたします。
謙遜ではなく本当にナガいので早速まいりますね。

今回のイメージソングはNujabesというかSHING02というか、hydeout Productionsの「Luv sick −魔女の宅急便ver 」です。
クールながらアツいHIPHOP、でも抒情的で沁み入る「あの」サウンド。まさに今回のコンセプトそのものです。J-POPじゃないじゃん、と思われた方
(いるのか?)Nujabesさんは日本人ですのでこれもアリなのです。

『情熱』とは違った反射で、愛を表現する珠玉のイラストをご堪能下さい。

 


◆「
無人島でも眺めていたい♪ 1番好きなのはこの表紙」イラストアンケート結果発表

1回目=「無人島ギャラリー・生きる情熱編」
2回目=「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」
■対談表示・色分け
miru-ha=M
みゅうあー=みゅ
コメンテーター様のご意見、
絵師名(敬省略)と作品タイトルは赤文字(下線ありタイトルは記事にリンク)

               
                        
         
M:2回目の「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」は、1人孤島で水平線に沈む夕日を見ながら、胸にこみ上げる想いを噛みしめる…そんな時ふと見つめるとじわっと沁みる珠玉のイラスト、としてみました。

みゅ:無人島でこんな心境に陥ったらそのまま入水したくなるんじゃ…。

M:(無視) このジャンル?断トツのご支持はBLイラスト界の輝く彗星・彩さん・画のこちら♪
「FLESH&BLOOD 13巻」
こちらのイラスト対談は、特別ゲストに「彩萌え友の会」会長・会員No.1の「Pursuit of Love」あるとさんをお招きしてお送りいたします。ちなみにわたくしは会員No.2、メンバーはまだ2名です(笑)。
みゅ:1人上手が限界に近いんで、ゲストのお力を借りたんじゃ…。

M:ゴホンゲホン!
この企画を気にいって下さって、投票期間中ステキブログで連日紹介して下さったあるとさんに、ここで改めてお礼を申し上げます。
M&みゅ:本当にありがとうございました♪

M:さて、彩さん作品では断トツ人気のこちらのイラスト、あるとさんおすすめ作品もこちらでしたね?

あると:はい、イチ押しです♪
ハッピーエンドが基本であるBLで、これほど切ない表紙というのはいまだかつてあったでしょうか。

M:うんうん♪「沁みる抒情編」オープニングにふさわしい、万感の思いがこみ上げちゃう1枚ですね。

あると:主人公二人が向かいあって抱きあってないというのはいくらでもあるのでしょうけど、このショットは二人の心情を表わしすぎるほど表現してるかと。

M:と言いますと?

あると:まず、
・カイトの右手はジェフリーには向けられてない。(つまりは両手で抱き締めてはいない)
・カイトの左手は一見、ジェフリーを手放したくないと彼の腕に強くすがっているようにも見える。

みゅ:正面切って求めあえないもどかしさを感じるよね。やっぱり「異端の恋」だからかな。

あると:「両手」ではないところが、反対に「振りほどきたい」のではないかと…。

M:なるほどぉ!確かにそうとも取れますね。気付かなかったな〜っ。今のカイトは1番傍にいてほしい人を最も遠ざけなければいけない状態ですもんね。

あると:「ジェフリーと共にいたい。でも病気を移したくない」というカイトの葛藤を表しているように見えます。それに反してジェフリーは「絶対に離さない。そばにいるだけでいい」という気持ちがひしひしと伝わる。

M:この時代「航海」は死と隣り合わせ、常に死を覚悟して生きる男ですから、愛するものと共に散るなら彼は本望でしょうね。そんな事されたらカイトはたまらんでしょうが。ジェフの顔が決して曇っているわけではないのはそんなところからきているのかもしれませんね。

みゅ:秋林瑞佳さんからはレトロな様式美を感じます』と、コメントいただいたよ?
え〜っと、
『たとえば「F&B」のロゴは雪舟さんの頃から変わってませんけど、彩さんになってから「12」「13」ともに、ロゴ&著者名挿入位置は同じ』 …どれどれ。
(2冊をのぞき込み)おお〜、ほんとだ♪

『構図だけでなくタイトルロゴデザイン、配置…すべてが往年のハリウッド映画のポスターみたい。狙って作ったならグッジョブです。』とのスルドイご指摘。

あると:確かに!「風と共に去りぬ」とかそんな感じでしょうか?

M:うんうん、ドラマティックの中に漂う哀愁…。黄昏の潔いオレンジ、マットな塗り方がたまらなく懐かしげだよね。
彩さんは背景を抽象的に処理される事の多い絵師様だけど、今回ははっきり「夕暮れ」を描いてきましたね。その辺りも「往年のポスター」を感じさせる一因なのかも。昔の映画の看板やポスターの元絵なんかは、題字も名シーン再現も全部手書きだったもんねぇ。
たまに、とんでもなくイタいビビアン・リーとかにお目にかかって失笑したりしましたよね。

みゅ:でたよ、miru-haさんの昔語り(笑)

M:うっさいわ! ん?…待てよ?背景…。
12巻の暗い背景って脱出時の「夜の森」だとすれば、13巻って…あれ、もしかして「夕暮れ」じゃなくて夜明けの「朝焼け」なのか、これ?(考える人ポーズで硬直)

みゅ:朝でも夕でもどっちでもいいけど、この場合は陰影というか、「光」の使い方を褒めるべきでしょう。

あると:ですね♪ 
抱きしめるジェフリーの右手に力強さを、カイトの右頬のわずかな明るさに悲しげな心情を、光でしっかりと強調しているように思えます。カイトの表情が辛すぎるけど…(泣)
12巻の表紙の再会を心から喜ぶ3人の絵とのギャップがすごくて、彩様の実力が恐ろし…

M:(突然)そうなんですよっ!この表紙は『2枚並べると最強』なんです!!
12巻の「陰で陽」、13巻の「陽で陰」、2冊そろって威力倍増!!!!!
BL界で初のシリーズものをご担当される彩様、次の巻も並べると威力を増すような作品に仕上げてこられるのは間違いないです!次巻、私の予想はブルーか白を基調にした1枚なのではないかと思いますっっ!!!

みゅ:(ビックリ!)ちょ、落ち着いてmiru-ha!
じ、次巻がどう来るのかワクワクしますね〜。「F&B14巻」は2月発売とか。楽しみですね♪
あるとさん、本日はどうもありがとうございました♪ …って黒人格にまとめさせるなよ、頼むよ表人格ぅ

M:…すみません 萌えポイント直撃で我を忘れました…。    
                                                                                                                               
          
                         

M:(気を取り直し)え〜『2枚並べると最強』パターンの表紙は最近よくお見かけしますね。
ここからはアニメ・コミックにもお詳しい「北の主腐から」わにこさんとご一緒に、「2枚ひと組イラスト」について語ってまいります。

わにこ:2枚ひと組のイラストって、絵師様もここぞとばかりに気合とアイデアを盛り込んでくるので、購買意欲をそそられる作品が多くて(笑)

M:前回ご紹介した高階佑さん「タナトスの双子」なんて、まさにそうですね(笑)

わにこ:その昔『ドラゴンボール』の背表紙を眺めるのが好きだった私としては、今後も2枚と言わず3枚とかw大作がどんどん増えるといいなぁ、と楽しみなんです。

みゅ:おお、『ドラゴンボール』とはこれまた懐かしい♪ 少年マンガはコミック巻数が多いので並べると圧巻だよね。
偶然ですが、ただ今イチ押し少年マンガの表紙も連続の美なのよ♪ 脱線するけど教えちゃう♪

☆おまけ:「ぬらりひょんの孫」百鬼夜行ギャラリー・現在8巻
←1〜4巻←5〜8巻
みゅ:椎崎寛さん木飛呂彦さんのアシさんだっただけあって、半端ないうねうねの画力。私の読みでは、2巻と3巻の間にもう1枚あるんだよね(笑)
8巻のBL定番ラブカットも少年マンガでは新鮮!
アニメ化バンザイ!          

◆おまけのおまけ 荒木 飛呂彦さん参考作品→                                                                                       
作品精神を反映しているかどうかは微妙だが、イラストは圧巻。でも、私は
「汚れつちまつた悲しみに」
浅田弘幸さん
しか名作文庫マンガ家表紙のグッジョブを認めません。


                


M:すみません、このまま「ジャンプ作家特集」にしてしまいそうなイキオイのみゅうあーさんはほっといて、閑話休題です。
わにこさん、印象に残る「2枚ひと組」イラストってあるかな?

わにこ:思い浮かぶのは「スキャンダル」ですね。
1冊につき1キャラ、でも実は手錠で繋がってるってところに二人の禁断の関係が表現されていて面白い。

M:おお、高座朗さんだ♪ 今年の注目絵師様のお一人です。「半化粧の恋」は絵も作品も予想外に良かったもんなあ♪

みゅ:(何気に合流)なるほど、この2人を結ぶのは「赤い糸」じゃなく「銀の手錠」なのね。う〜ん、ハードラブ(笑) 

M:これ、背景がおもしろいなあ…普通ならロゴ部分の黒バー?は対称操作(対にするとか同調させるとか)するもんだけど、微妙に非対称にする事で不安定感を出して視線を集めてるんだよね。しかも人物の「足」の傾きと同調させてある。
デザインのプロだな、いい仕事してるな、とついつい見入っちゃう。こういう演出大好物なんです、ワタクシ♪
みゅ:コレなんかもすごいよ?
梨とりこさん画・「月に笑う」 
例えば上巻1冊だけならタイトルは「月に」だけなんだよ?(笑)

M:さすがに小さく全タイトル入れてはあるけど、初めに2冊ありきの大胆デザインだよね。


みゅ:2冊合わせて初めて「月」と「昇龍」を見る事が出来るデザインも粋♪

M:でもこれ、実物は白い帯に隠れてて「月」は見えないんだよね。帯を外して初めて月の存在に気付くの。ちょっとジンと来る。

みゅ:画像だとあっさりネタバレしちゃうね、やっぱり本物の魅力には叶わないというところかな?

M:さあ、いよいよ真打登場!『2枚で最強』絵を語るなら、この作品を忘れちゃいけませんね。
これ買って、並べてみなかった人はいまい(笑)との匿名希望?(笑)様ご指摘通りの事をしてしまった、
日高ショーコさん画・「美しいこと」

わにこ:1冊じゃないけど1枚絵って、横に繋げると1枚ってのは結構あるけど「斜め」ってこの作品だけじゃないかと。


M:よいしょ!(画面操作) こういう事ですね?

             

みゅ:右上の構図はブログ泣かせ(笑)合わせるのに苦労したわ…

M:こちらは、わにこさんのご投票作品ですよね?

わにこ:はい。とんでもなく痛い二人の性格と物語の内容を見事なまでに描ききった傑作だと思います。

M:わたくしビビりのため、こちら未だ積読なのですが、寛末(左)が妙に素敵(苦笑) と匿名様からラブコールもいただいているイケメン・寛末、やっぱそんなにイタイ奴なの?

わにこ:そりゃもう!松岡(右)が寛末を切なげに見つめ、手を差し伸べているのと対照的に、寛末は視線を合わせてはいないし表情も微妙。そのくせ松岡の手は掴んでるというムカつくまでの優柔不断さ自分勝手さに、思わず「寛末氏ね!」と呪詛をつぶやきたくなる。

みゅ:わははは!『BL流行語大賞』をとったあの名フレーズですね!

M:みゅうあーさん、また大ウソを…。でもBL流行語大賞はちょっと面白いな(笑)新ネタゲット。

みゅ:それにしても美形だねぇこの2人 初めは同一人物かと思ったけど(笑)

M:未読ゆえもちろん「挿絵」も見てないんだけど、モノクロだともっと区別しやすいんだよね?
                                                                 画面クリックで拡大                 
わにこ:これ、お土産です。
「美しいこと」の続編(非売品小冊子)の表紙です。

M:ぎゃーっ※☆ק▼←言葉にならない興奮 
わにこさん、お宝映像ありがとおおおおおお!挿絵でなく「表紙」で用意して下さるとはおさすがです!!!
皆様にもゼヒとも大画面でご堪能いただきたい!画像ポチしてみて下さいませ♪(戻る際は「×」でなく「←」で戻って下さいね)

わにこ:こちらも日高さん画ですが、本編と対になっているような絵で、ベタ甘な寛末が松岡を抱きしめ、幸せ(寛末)を信じきれず不安そうな表情の松岡という図になってます。
モノクロとはいえ、これまた内容にぴったりの傑作。
今度はちゃんと見詰め合ってます。(笑)


みゅ:なるほどこれなら間違えない(笑)
この小冊子表紙まで見て完全完結ってことかぁ。いや〜、見られてよかった〜♪ 眼福です


わにこ:日高さん、この作品が初挿絵だなんて凄すぎます。

M:カラー彩色も含めて、日高さんの個性であるすっきりと品の良いタッチと細部までの丁寧な描き込みが、かえって、執着めいた情熱を秘かに感じさせますね。抒情的でありつつ含蓄のある1枚って感じ?

みゅ:『腕時計』に鳥肌モノ!との匿名希望?(笑)様のご指摘も納得の描き込みぶりだよね。葉の1枚、真珠の一粒まで手書きだもんなあ…。欠けてる部分(右下)が無性に見たい!
小物描き込みに手を抜かない方=観察眼の鋭い&根気のある方だから、そういう方の描くマンガは面白いよね。日高さんも例にもれず、です。

M:わにこさん、お土産付きでお付き合いして下さってどうもありがとうございました♪

 
                          
  

M&みゅ:「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」 
私どもに負けず劣らずのイラストラブ♪の腐女様方が選んだ抒情派名作の数々、次ページでもたっぷりとご紹介いたしま〜す







 
みゅ:「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」 どんどんご紹介していきますよ〜

M:「マンガ」と言えば木原センセ専用?文庫「Holly Novels 」は絵師様に毎度豪華なマンガ家さんを起用されますね〜。
 
中でも上のお2人(左:下村富美さん右:藤田貴美さん)はかなり驚いたな。まさかBL界でお目にかかれるとは思わなかったもんねぇ。

みゅ:しかもどの絵師様の作品もレベルが高いんだな〜♪

M:これ←なんて初めて見た時、絵師様名が分からなかったですよ。草間さかえさん画・「檻の外」!
こんな優雅な彩色される方だったんだ!と感動。日本画のような色遣いです。

みゅ:もともと渋めの色を選ばれる方だけど、この1枚は別格だね〜♪ 
情熱的な直列抱きしめ、本来1回目「無人島ギャラリー・生きる情熱編」に入れるべき構図なのに、沁みる情感の「抒情編」に入れちゃったよ。

M:今後の起用予想(願望)は国枝彩香さん水城せとなさん。どちらも挿絵ご担当は「未」ですよね?

みゅ:「BL界の至宝」by新書館(笑)ならばやってくれるハズ☆

           
                          

M:お次は情熱編で大人気だった高階佑さん、抒情編にも作品登場です。

みゅ:これは珍しい、コミック構図(顔UP中心)だね〜♪

M:通常の絵師様なら上の人物で終わってしまうところ。画面半分で夜明けをがっつり描いてくるとは…。まるで映画のラストシーンのようじゃない?

みゅ:この後スタッフロールとかがゆっくりとUPしてきて、最後にタイトル「夜明けには優しいキスを」でエンドマーク?うわ、泣きそう( iдi )

M:ホント、コメ様のおっしゃる通り、「優しい気分になれる」1枚ですね。しみじみ…。


                                
                                                              
M:この方のイラストも見ているだけで優しい気分になれますね〜の穂波ゆきねさん。淡い手塗りの色遣いがたまらない…。

みゅ:特に「年下の彼氏」の攻めは拡大コピーして貼っておきたいぐらいステキなんだよね〜。

M:どこに貼るんだ(汗) …ん?この手のツッコミは私の役目じゃないじゃん。

みゅ:たまには私にも語らせてよね。ゆきねさんは「視線の魔術師」なんだよ。

M:視線?そういえばほぼ100%「見つめあわない絵」を描かれるよね。かといって読者に向けてキメたり、コミック的な顔中心構図もまず描かないし。でもどうしてそれが「魔術師」なわけ?

みゅ:視線をかわさないからこそ、誰が何を見ているかで2人の立場や心境を語れるんだよ。一瞬そらす視線。こっそりと見つめる眼。人は意志を伝えるのに、言語が4割、非言語が6割といわれているからね。視線や仕草に注目するのは現実世界でも役立つ、対人心理を読み説くテクニックの一つだね。

M:出たな、ウンチクスキー(笑) でも、なるほど、視線をかわさない事で日常的な仕草でも求愛表現に幅が出る訳か。まったく視線をかわさない。直列抱きしめもほぼしない。けど愛にあふれてるゆきねさん画、確かにマジカル☆ワンダホー。

みゅ:「かわさない視線」の傑作を続いてもう1枚!
小山田あみさんの「恋ひめやも」いってみよう♪

M:一つに絞るのは難しい(>_<)」とのNo name様のお悩みごもっとも!な、高い画力とエンタメ性で魅せて下さる小山田さん。コミック派の絵師様だからキメ視線や顔UPは定石だけに、これは見事にヤラレました。

みゅ:書店で見た時「こうきたかっ!」って無言で叫んじゃったもんね(笑)

M:この作品感想にいただいたコメントへのお返事で「英田さんはメガネスキー」ってお答えしたんだけど、この絵師様もそうでした(笑)
攻め君のメガネ、細かく書き込まれているなぁ」とのうらO様ご指摘なければ、見落としてました。よくよくみればホントにすごい描き込み。

みゅ:窓枠やドアノブもね(笑)

M:日高さんと同じく小物をしっかり描かれる方だからマンガもきっと面白い、またはこれから傑作を描ける作家様のハズ。マンガの方はまだ1作も読んだことないんですが、今度チャレンジしてみようかと思います。
          
                               

M:ご投票いただいた作品はほぼ持っている、または書店で実物を何度も見ているものですが、これだけは存在すら知らなかった!!
ご投票して下さったコメ様に感謝感謝!の今市子さん「東景白波夜話・花の棲処に」

みゅ:これは今さんの最高傑作といっていいんじゃないかな…うっとり。

M:画面を覆う花(多分沈丁花よね?)からのぞくような、切り取り構図の妙、そしてなんといっても番傘の赤。今さんの赤!超貴重(笑)
個人的にはタイトルロゴと作者名の色が逆の方がよりハイセンスなのでは、と思わないでもないが、そんなことどうでもいいぐらい素晴らしい1枚。このまま文芸作品の装丁としても何ら遜色ないです。
BLの枠を超えてるわ…。見た時鳥肌立ったよ。

みゅ:鳩さん作品群はもういいかと思っていたけど(ヒドイ)、これ見たら迷うね。
2人の関係に泣く!なんてお言葉いただいちゃったらなおさら気になるぅ♪

M:うんうん、まさにイラストの力ですね!

                              

M:イラストの力といえば、イラストが重要な役目を果たす書籍はBLの他にもライトノベル(ラノベ)があるけど、BLイラストの偉大さを知ったのはこの作品だったなあ…。 
円陣闇丸さん画・「水に眠る恋」
本編を珠玉の名作に押し上げた一因とも言える、円陣様の麗しい絵。でも何より感服したのはロゴを含めたカバーデザインでした。

みゅ:水面にロゴが映ってるんだよね、しかもちゃんと揺れながら!

M:これには参ったよ。ラノベでここまでのデザインは見たことないし、BLでもこれほど作品を理解し、かつ手間のかかったデザインは未だお目にかかった事がない。作品に対するデザイナーの愛を感じます。

みゅ:もちろんこれも、水面に漂う2人の極上イラストがあればこそだね。

M:構図やら色調などの「イラストテクニック」の範疇を飛び越えた、BLデザイン史に残る一枚です。殿堂入り

 
                            
  
M:さてさて、:「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」
トリを飾りますのは、抒情派といえばこの方!の竹美家ららさんです。

ららさん作品への熱い思いを共有して下さるのは、近頃すっかりお世話になっております♪のゆうみさんでございます。

みゅ:それでは早速お伺いしてまいります♪
ご投票いただいたのは「千流のねがい」ですが、やっぱり絵師買い?

ゆうみ:いえ、もともと絵師さん買いではなく作品から入ったんです。ところが「雪よ林檎の香のごとく」から気になりだし、「千流のねがい」でガッツリココロを持っていかれました!!
色を数多く使わずにもみじの赤を基調に描かれていますが、それが逆に印象に残って。
何とも繊細で優しくて暖かくて…見ているこちらまで思わず微笑んでしまいます。

M:うんうん、ららさんは基本の1色を元にグラデーションで作品の本質を表現される絵師様だよね。

みゅ:選んだ色がその作品のオーラってわけだね。

M:うまい!

みゅ:やっちゃったね、自画自賛…。

ゆうみ:颯太の凛を見つめるまなざしに何ともいえない優しさや愛しさをビシビシ感じ、また凛の表情もかわいいったらありません(涙)
作品の内容と相まって、読中読後号泣してしまった私です(笑)

みゅ:あ〜わかる!颯太にあんな風に見つめられて「ね?僕だけに教えてくれる?」なんて聞かれたら、体重でもなんでも白状しちゃいますよね!

M:いや、そんな事はこちらからお願いしても絶対聞いちゃくれないし、何よりせっかくのステキコメントが台無しです。少し黙ってなさい。

みゅ:……。

☆おまけ:竹美家らら・オーラグラデーションギャラリー(なんだそりゃ?)
   
↑薄紅            ↑群青            ↑淡黄(珍しく赤と青  ↑水色 
                               2方向に倒してある)

  
M:赤から茶へのオーラグラデーションも美しい「上海」ゆうみさんおススメでしたね?

ゆうみ:はい♪ 作者のかわいさんもおっしゃっていますが、映画みたいで叙情的で美しい絵だと思います。派手な色合いでない、「濃淡」が美しいです。
見つめあうレイモンドとエドワードの姿や表情から二人の静かで強い愛を感じますし、描かれた線はやわらかくて繊細だと思うのですがそれだけでは終わらない強いものも感じます。


M:色の強弱に愛情とためらいを、流れるような意匠と柔らかなデザインに魔都・上海の魅力と流転の運命を象徴させているというわけですね。

ゆうみ:手前や背景のデザインも竹美家さん作だとか。

M:うんうん、この統一感は全部お一人で描かないと絶対出ませんね〜。
こんな風に人物に被せたり、画面全体を横切るように紋様(意匠)を描きこむのは、ホワイトや集中線等の効果作業でご自分のキメ絵を汚し慣れてる方=マンガを描く方でないとなかなか出来ないことなんですよね。
「千流のねがい」のように、お顔UP&キメ視線ではないが表情をしっかり描いていることからも、ららさんはコミック派、調べてないけど自信あります

ゆうみ:竹美家さんの絵を見ているとじんわりと内側から暖まっていくような、優しさで満たされるような気がしてきます。
寂しい無人島でも眺めていると癒されると思います(笑)

M:まさに「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」のトリにふさわしい絵師様ですね♪

ゆうみ:とにかく、色の使い方や出し方がとても好きなんです!!

みゅ:(大声で)私もです!!

M:…(我慢しきれなかったか…) 

         
                          

M:いよいよ大詰めを迎えました「新春特別企画」、今回も、最後にmiru-haの個人的オススメをご紹介です。BL界で様々な絵師様と出会い、驚き、感動した中で、心底驚いた抒情派作品をご紹介したいと思います。
山本タカト氏・「唐梅のつばら」

みゅ:これは本っ当っにビックリした!
まさか耽美浮世絵の巨匠、山本タカト氏がBLの表紙を描いていたなんて!BL界の奥深さを噛みしめたわ〜。


M:美少年だの美少女だの薔薇だの百合だの両性具有だのの大家でいらっしゃるから、BLもアリといえばアリですが、格が違うからなあ…。
母校の学園祭に永ちゃん来た!ぐらいの衝撃です。

みゅ:何か例えが微妙なんだけど…。

M:あ、やっぱり?(苦笑)
イタさ全盛期の水原作品へのご起用ですが、確かにタカト氏を背負って遜色ない作家様といえば、木原センセかこの頃の水原さんしかいないわね。2人ともただ佇んでいるだけなのに、「ご無体」と「いやらしさ」が漂うように伝わってくる。タカト氏の醸し出すエロティックな波動に悶えしびれます。いやはやあっぱれキャスティング。

みゅ:このイラストもすごいんだけどさ、タカト氏の公式サイトも半端ないよ。「ENTER」する時、こんなにも「遠い所へ来てしまった感」を味わえるサイトもないってもんですよ。
まさかあんなところをクリックさせられるとは(失笑)

M:うん、また1つ大人の階段を昇ったよ(笑) いや〜、色んな意味でおさすがです。
昨今のBLなんてまだまだぬるいんじゃないの?と思わざるを得ない(笑) この作品すらもタカト氏には赤子でしょうね(わはは) 
みゅ:タカト氏の公式サイトにご興味ある方はこちらをポチって飛んでみてね→ 
合い言葉は「薔薇ポチ」(笑)


                         

みゅ:皆様、本当に本当にお疲れさまでした!
2回に渡って超激ナガでお送りしてまいりました「新春企画・無人島ギャラリー」もついにフィナーレで〜す
  

M:「抒情編」とうたっておきながらジャンプ談義に走ったうえ、締めはタカト氏の「薔薇ポチ」という、この上なく私らしいトンチンカン構成となりました事、どうかお許し下さい。とはいえ、わたくし的には思う存分萌えさせていただき、大変満足しております(笑)

抒情編総評といたしましては、情熱編と違い、断トツ人気の彩さんを除き、ほぼ1作品に1〜2票。
想いの数だけ萌えもある、という結果になったことでしょうか。

みゅ:情熱編も抒情編も、ご投票いただいた作品・コメントすべてが「うんうん♪」「さすが!」と肯くものばかり。集計作業が楽しかったのなんのって



M&みゅ:1ヶ月間の投票、2回に渡っての激ナガエントリー、最後までお付き合い下さって本当にありがとうございました。
本年も楽しい一年にしてまいりましょうね♪ 


M:明日は企画裏話を少々と、お寄せいただいたご協力や嬉しい言葉へのお礼とお返事をにぎやか&これまた激ナガでお送りいたします。

みゅ:…今回は箱根、まったくスル―だな







【ブログ内関連記事・新春特別企画】
新春特別企画・「無人島ギャラリー・生きる情熱編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表
新春特別企画・「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表

【ブログ内関連記事・表紙ギャラリー】
表紙ギャラリー〜高階佑
表紙ギャラリー〜雪舟薫 「FLESH&BLOOD」編
表紙ギャラリー〜円陣闇丸
表紙ギャラリー〜彩
表紙ギャラリー〜亜樹良のりかず

【ブログ内関連記事・イラスト考察】
イラスト考察完成記念・奈良千春様考察〜龍とDrシリーズ
イラスト考察・「イレズミ」
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
イラスト考察・「女装とBL」2009
続・「笹上嬢を探せ!」〜イラストチェック臨時便  
当ブログ用語辞典 




〔絵師:彩〕 〔絵師:高階佑〕〔絵師:竹美家らら〕〔絵師:日高ショーコ〕〔絵師:草間さかえ〕
〔画:女装〕〔画:イレズミ〕〔画:植物〕〔画:グラミー賞〕〔画:ギャラリー〕〔画:レアアート〕

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[【特別企画・イラスト編】]アンケート〜ベスト表紙絵 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

>こちらのページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございました!

連日のたくさんのご反響、恐縮しつつ舞い上がりっぱなしです♪

拍手コメントくださった皆様へのお礼とお返事は今回、以下の特設ページに、激ナガで書きこませていただきました。
ここのURL欄からリンクするようにしておきますね。

念のためここにも書いておきます。
お時間ある時に読んで下さいませね♪

◆2010年新春特別企画・特設お礼ページ
 http://imeson-bl.jugem.jp/?eid=356
comment by: 特設お礼ページはココから! | 2010/01/12 00:24

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/345

TrackBacks