スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『ダイヤモンドの条件』『シリウスの奇跡』 神奈木 智/須賀 邦彦 

やっと「か行」作家さんの登場です!
か行。個性派作家さんが多いですね。樹生さん、剛さん… イメージソングがつけにくい…

特に木原さんの壁はタッカイです。 UPした時は褒めてやってください。
今日はバッチリ決まりました。


  感想とイメージソングは↓↓
  『ダイヤモンドの条件』・『シリウスの奇跡』(キャラ文庫)
                                  神奈木 智/須賀 邦彦




 
◎イラストチェック:須賀邦彦
★★★3.0
須賀さん2回目です。「ダイヤ…」が2002年発行ですから絵もまだお若い。
相変わらず大きめの手のひらが美しいっす。

カット★★★☆3.5
1回目もいいましたがやはりこの方はペン画がいいです。
ストイックなのに色気もある、高潔な表情を書かれます。
さすがクールビューティ、典型的なイラスト絵師様です。(コミック絵師さんではない、という意味)
このお話 須賀さん絵でコミックス化してるんですね。
コミックは構図やコマ見せ、表情に崩し絵、大人も子供も描けなければいけないため、この高潔さが活かせるかちょっと不安。シリアスストーリーだからいけるかなあ…。

◎本編感想
カメラと被写体。
この方たちの「撮影」とは1対1の真剣勝負。いわば華道や柔道などの「道」です。
たくさんのスタッフに囲まれて仕事をしていても感じる存在はお互いだけ。がっつり向き合って火花を静かに散らします(でも火花は薔薇色、笑)

仕事でもこんな濃ゆ〜い接し方してたら公私の境がつかなくなくなるだろうし独占欲も相当出るでしょう。
相手を見つめて見つめて捕えようとして、お互い限界まで伸ばした腕を更に伸ばして繋ぎあう、みたいな?
まるでガンダムのオープニング

ピリッピリの緊張感でお互いを高めた後は、あまあま恋愛モードに突入です。
初めての共同作業仕事中に感極まって告白、その後スタッフほっぽってお互いどれだけ好きか大暴露大会。 
「俺の方が」「いや僕のほうが」「いやいやいや」って まあご馳走様です


デビューしたてのアパレルモデルの次の仕事がPVなのには驚きましたが、フィクションならではの夢いっぱいの驚きで結構な事です。
ただ、演技には仮面が必要ですから素質がないと、いきなりはムリですよねえ、マヤ


ここから出てくる佐内さん。
「ダイヤ…」で出た時は正直あまり好きになれないお方でした。ビジュアルもですが、
君を使って荒木以上の仕事ができたら胸がすっとするだろうな

こういう感情、否定はしないけど真剣に仕事に悩んでる高校生に言いいますか?
自分の感情を意図的に仕事に絡ませるなんて依頼者も自分も軽んじる浅はかな行為と思います。
いい結果を確信して話したわけじゃなし。
結果オーライだったからいいけど失敗してたらどうするつもりだったんでしょう?
最終的に成功したのは荒木が樹人を後押ししたおかげという皮肉な結果だし、これじゃ荒木がすっとするだけじゃん。チッサイ男だな〜。


なんて思って「シリウス」読んだら
これ同じ人?って首を捻るぐらい 佐内氏「良い味」になっててです。
いつも2番目にしかなれない人間のリアルな心情、ねたみとか称賛とか葛藤とか…
ステキな当て馬にするため、人格昇格させたかのようにイイ奴に変身です。

夜の海、優しくしないでといいつつ甘えてくる樹人(←魔性)に翻弄されながらも誠意を見せ、でも抑えられない負の感情で荒木からの電話に思わせぶりな事を言ってしまう。
結局ラブラブな2人に巻き込まれ、普通なら「お前らなめるのもいい加減にしろ!」といいたくもなるところ。この程度で止めてあげるなんて佐内氏エライ。
おまけに佐内氏にとって大切なこの夜の出来事が、樹人を心身ともに深めるための荒木の戦略にされちゃって、気の毒というか当て馬道の面目躍如というか。
 

「官能」を表現する。がテーマですから「シリウス」が色っぽいのは当然なんですが、

…お前秘密を楽しむ方法を覚えただろう?

佐内氏との意味深なやりとりが樹人を成長させるとわかっていて、あえて見逃しているわけです。
覚えさせるって…荒木 危ない橋渡ります、仕事の鬼です。
     

樹人レベルアップのために用意された次のステージの難易度は?
樹人が荒木以外の人と組んで仕事をした場合、荒木をどうやって「公」に絡ませてくる?

などなど次の展開を楽しみに読んでいけるシリーズです。

帯コピー「サクセスLOVE」「サクセス&LOVE」だと思うんですけどね(笑)


◎イメージソングはドラマチックゴージャス
 『Nephilim』 abingdon boys school(2007-07-04)
PVは
http://jp.youtube.com/watch?v=xJbrpheMg6I
樹人のPVもYOUTUBEでガンガンHITしてたんでしょうね(笑)
真剣勝負の場にふさわしい荘厳なロックとなっております。
美形2人が更なる美のため火花を散らす様を想像しつつお聴きください。

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名か行]神奈木 智 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

これまた、読みにくい文章で本当に申し訳ありません!
これも好きな作品なんです(3巻が特に♪) 時間ができたら書き直しますから!←言いたいことは変えないけど、もっと推敲して真意を伝わりやすくする「書き直し」です

comment by: miru-ha | 2011/07/01 03:06

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/34

TrackBacks