スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

9月新刊3本勝負・其の壱「同人」 犬飼ののVS四ノ宮慶

9月の新刊は個人的に近年マレにみる、面白い傾向の月でした。

いつも、いつも「面白い」って言ってるけど、一体どう面白いのかイマイチわからん!とご不満のお客様。ごもっともでございます。
毎度、力不足で申し訳ないです。

今回もどのようにお伝えしようかと思案しておりましたが…。


は〜い、自分でもびっくりの緊急特集発動!!
題しまして「9月新刊3本勝負」
今日から3回に分けまして、9月新刊を比較対比で読み説いていこうという試みでございます。
「勝負」と言っても個人的に見つけた共通点に基づいて同時に2冊分の感想書くだけで、決して作品に優劣付けるわけではありませんので、気楽にお楽しみ下さいませ。

バトル特別ルール
・バトルテーマにしたがって新刊2冊を読み比べます。
・管理人の主観で勝手に組み分けいたします。薔薇組萌黄組にしようかな。
 「薔薇」と「萌え」、BLらしいお名前でしょ?(笑)
・イメージソングはバトル・イメージで(ホント意味わからん、大汗)
・敬称を略します

本日は同人の星☆待望デビューということで、

◆9月新刊3本勝負・壱番は テーマ「同人」
犬飼のの・「そして蝶は花と燃ゆ」
 VS 四ノ宮慶・「乾いた肌にお前の愛を」

を、お送りいたします。

バトル・イメージソングを聴きながらどうぞ♪ カッコイイのよ、このお嬢様方♪作者様方もね♪

  


2冊分ですから、いつにもまして長文とご覚悟下さいませ…。 
     

まずは先行・薔薇組から。
◎イラストチェック/Ciel(アート派)
カラー★★★★☆4.5←画像4.5以上はUPでUP
思わずUP!華やか!色彩バランスがとってもいいです!
デジタルの人工的な色感がかえっていい味。疎と密のバランスもいい。絵にいい意味で自信が感じられる。自分で見つけた表現に迷いがないです。ここが「溺れる」と違う所ですね〜。気持ちいい♪
キメ絵をかなり描いていらっしゃる絵師様とお見受けいたします。攻めが受けと同じ年に見えてしまうのと(多分一まわりぐらい違うはず)、牡丹のイレズミが背景の花と区別がつかないのが残念。
しかし!口絵の折り込み特大カラーに驚き&縮小1枚にしなかった出版社の心意気に★追加、で計4.5です。
カット★★☆2.5
キメ絵に強さがある分「挿絵」としてのイラストはこれからかな?
色々と表現に工夫してあって、慣れないながらも求道中の姿勢に好感が持てます。年齢別イイオトコの描き分けが最重要課題とはいえ評価★3はあげたいところ。なのに★2.5なのは…
イレズミですよ。イ・レ・ズ・ミ!
タイトルにも入っている重要アイテム「花=牡丹」のイレズミ描き忘れてるじゃないの〜!!
イラストで背中を見せるシーンは2枚。どちらも一切描いてない!
意図的に外したのかもしれませんが、それはそれでブーイングです。
この作品で「花=牡丹」は重要だと先も述べましたが、「蝶」があるのに(着物の模様だけど)「牡丹」がどこにもないのはヘンです。
決して「イレズミ」集めてるのにガッカリ〜、という個人的不満から申し上げているのではございません。まあ、それもかなりあるけどさ、せっかくの「牡丹」カット初登場(のハズ)だったのにさ、クスン。

続いて萌黄組いきます!
◎イラストチェック/定弘美香(コミック派)
カラー★★☆2.5
う〜ん、言葉に窮する…。(お好きな方、ごめんなさい)
構図も普通でただ色付いただけという、「表紙」としては何とも弱い1枚。
しかもバックの金網が人物視点と合ってなくてモゾモゾ違和感。
単純に貼りつけるからこうなっちゃうんだよなあ…、笹上嬢の「金網」(関連記事はこちら)を見習っていただきたいなーなんて。
受けが攻めしか見てないところは本編とあってていいと思います。
口絵も萎え力漲る不思議な1枚。場面選択も表現も個性的っちゃ個性的なのかしら…。
カット★★★☆3.5
カットはイイです、さすがコミック派!
描線も丁寧。「魅せ方」もひと手間かけてます。だからこそカラーの平凡さが惜しいよねぇ…。
受けがいつも必要以上に悲壮な表情なのが若干重いかな。そういう作品ですけど、激しい表情ばかりだとキャラクターの真剣さは伝わっても「憂い」にかけるんですよね。
P85.攻めと当て馬さんその1(当てるだけですんでませんが)の先輩が全く同じに見えて一瞬混乱。ヘタな方じゃないのでもうちょっと分かりやすい区別希望デス。


◎本編あらすじ(新刊なのであらすじつけます)
犬飼のの・「そして蝶は花と燃ゆ」
鳳城組組長の息子・桐弥は、カタギの高校生でありながら天才的な博徒だった。若頭補佐・雨柳の仮初めの妻として、女装して賭博の女胴師を演じる桐弥。だが、極道見習いの水無月にほのかな恋心を抱く彼を、雨柳は許さなかった。
幼少の頃から兄とも慕っていた雨柳は、危うい色香を放つ桐弥に修羅の如き執着と情欲の焔を燃え上がらせる。
四ノ宮慶・「乾いた肌にお前の愛を」
自分だけに特別優しい幼なじみの和也にずっと邪な想いを抱いていた大学生の将吾は、彼に似た男達に夜毎身を任せることで欲望を押さえ込んでいた。しかしある時和也にその夜遊びがバレて糾弾された将吾は、嫌われる覚悟で「一度でいいから抱いてくれ」とせがむ。すると和也は戸惑いながらも一度ならず抱き続けてくれるのだった。同情から抱かれる苦しさを改めて知った将悟は…。
◎比較感想
どちらの作家様も同人界で長くご活躍されている方で、今回出版社から打診があって…という所も同じです。
でも発行文庫が「プラチナ」と「花丸BLACK」になったのは、そこがそのままお2人の個性の違いです。
どちらもあまり数を持っていないんですが、少ないながら判断するに、
プラチナはその名のとおり、めざすところは銀座のクラブのようなゴージャスエロ、
花丸BLACKは人いきれムンムンのセクシーショーパブのようなエロってところでしょうか。

同人という非商業で長く自己世界を表現してきた作家様らしく、お二方ともご自分の世界をドドンと押し出してきます。
まずは冒頭。
どちらも2ページ程の「序章」から始まり&いきなりエロシーンスタートです。ドラマティックエロBLの鉄板OPですね〜。
余談:ファースト喘ぎ声
「……ぐっ、ぅ……んん、ぅつ……うぅーっ!」1ページ1行目by受け
「……くっ……」1ページ6行目by攻め
そういえば攻めがアンアン(キャンキャン?)言うBLってないよねぇ…。「誘い受け」があるなら真の「へタレわんこ攻め」があってもいいと思うけど、さすがに規格外か(笑)


先日バトン記事で少々触れました「溺れる」ギリギリながら、今回は薔薇組「そして蝶は花と燃ゆ」の圧巻の世界観にしてやられてしまいました。いや〜、萌えもここまでいけば本物だわ…。

高校生で天才胴師、女装して賭場に立ち緋牡丹お竜のごとく(古っ)、「よござんすね?入ります!」わはははは、なんてトンチキ!
と、本来爆笑のはずなのに(実際最初は笑える)、作者様の本気の萌えが「トンチキ」を「夢物語」まで昇華させてしまうのです。
いつしか爆笑→薄笑い→ガン読みです。
カタフリ、女胴師、中盆、霊代、イカサマの仕込みなど、へ〜そうなのかぁの任侠描写てんこ盛りに加えて、臨場感あふれる賭場での勝負シーンはもう疑似Hのごとく、徒めいてかつ猥雑です。
いわくありげな攻めの弟分を交えての接待賭博、胴師として華開く受けのけれん味、いい感じの高揚感にワクワクします。
※コダワリ凡例:
ファイル:Kintengu 11s.png ファイル:Kintengu 12s.png←:攻めと受けのお名前(笑) ファイル:Kintengu 06s.png 
他、登場人物から組名まですべて「フダ」がらみです。題名からしてコレ↑↑
口絵カラーもある人物の名前に気づくと深さ倍増です。

受けが初めから攻めに魅かれる「お約束」ではないところがこれまた…。
美貌の受けクンは攻めも舎弟君も自分を特別な目で見ている事を知っているのです。
そして世話係の好青年舎弟君(でもヤクザ、笑)との淡い恋を想い出としてケリをつけ、組のため、新組長(攻め)の慰め=「妻」になる道を選びます。あり得ないのに妙な説得力があるという離れ業です。クドイ文章もこの作品には合っています。
先の弟分との勝負が「結果として勝った」と一行後述されるだけ、とかエロ重視故のなんとも残念な肩すかしもあるけども、起承転結の「転」までは独特の濃ゆ〜い世界を充分堪能できました。

問題は「結」。
「結」部分に更に小さな「起承転結」が入ってしまって、読んでいて非常にわかりにくい。伏線回収&「どんでん返し」で意表をつく狙いかもしれませんが、それなら「起承転結結結」としてくれないと…。
わかりきったラストに向けて、「エロ序起承転起承転結結」は頭でっかちすぎです。最後の読後感が一番強い印象=感想ですから、「結」がもたつくと作品全体感想が「ガッカリ」になってしまいます。
本来2冊で展開してもいいような内容を1冊まとめたが故の、もったいないというかしかたないというか、サービスが良いというか…。途中まで感心してただけに、なんとも残念な読後感。


対する萌黄組「乾いた肌にお前の愛を」ですが、日常生活におけるアブノーマルギリギリの恋情を描く、という作風は花丸BLACK好みかと思います。
こういう作品は心の闇や葛藤をいかに読み手に納得させられるかが成功のカギです。
そのためには観察眼、洞察力、表現力など結構な分野での高スキルが必要となるので、たいていは狙い負け、エロのためのダシに終わってしまう事がほとんどです。

「成功作品」と「やっぱりね作品」の違いは、乱暴ながら一言で言ってしまうと「主題」の有無かな?
成功作品は主題という太い軸が一本あってそこからキャラやらエピソードが発生しますので、いわゆる「トータルコーディネイト」、作品全体が「ひとつ」と感じられ誰が見ても美しい(もちろん好みはありますけど)。
やっぱりね作品はいわゆる小物萌え。
お気に入りの雑貨を並べて楽しむ「ディスプレイ」、集めた小物(プレイや属性など作り手の萌え)だけで出来上がっています。上手くいけばキッチュ、もっと上手くいけばアートですが、大抵は集めた本人が一番楽しかったりします。

で、今回の作品。
遊びまくる幼なじみの受けの自分への気持ちを知って、攻めは「俺だけにしとけ」と約束させてから受けと初H。晴れて受けの念願成就で普通ならここで終わりです。
ここからスタートする本作は狙いとしてはとっても面白い。だからエロイントロなのか〜と感心もします。その後、同情で抱かれてる虚しさに受けが自暴的になる気持ちもわかる。
ひねり方が個性的、かつブラッキーなエロへ賭ける作家様の意気込みと自信、「いよっ、四ノ宮屋!」と歌舞伎の大向こうよろしく掛け声をかけたいような、クールなカッコよさがあります。

でも、でもね…この人たち世界狭すぎ。(笑)
いかに「日常生活」に拘りたいからって、子供のころから隣の幼なじみが好きで、部活の先輩と後輩が当て馬。 
悩んでH、怒ってH、泣いてH、遊びでH。友情も将来(進学とか)も家族も人間形成上必要なものは何もなく、ひたすらアイツが好き〜アイツが好き〜って叫び、16〜7歳で毎夜行きずりの男と憂さ晴らし?
すべてのフラストレーションがセックスに直結、フロイトが泣いて喜ぶリビドーの権化です。
こんな高校生って少しおかしくない?
超曲解の「犬も歩けば棒にあたる」?(ひー、おばちゃん通りこしてオヤジシーモネータ…)

「異常」として描きだすなら「BLACK」の本領発揮と思うけれど、これが一般学生といわんばかりに何の疑問もなくデフォ設定になってるところが「???」
それともこれって単なるジェネレーションギャップで、今どきの学生様には共感ありまくりなんでしょうか、この手の悩み方&解消法は?

結果、本来なら理解可能だった受けの葛藤や苦悩に全然共感できません。従ってこの受けに魅了される攻めや当て馬さんたちの気持ちも理解できないのです。
後輩クンが意外と本気で、受けの弱さに漬け込むのもわからんでもないが「僕だってほしいんだい」って泣いちゃったら…。ちっちゃい子がおもちゃ取り合って泣きだしちゃったていにしか見えず、ヤマ場で苦笑です。
やる事は大人だがまだまだ青い、頭でっかちの青春グラフィティを描きたいのかなーとも思ったけれど、だったら「不特定多数」は余分、初めからメインカプと先輩後輩だけに絞ってじっくり描かないと伝わらないし…。
当て馬クンがどちらも突然出てきて、まるでゲストキャラ。ますます焦点がピンボケで、お気に入り雑貨(読み切り短編)を寄せ集めてくっつけた感丸出しです。

いっそ設定をファンタジーにしてしまえばこれでもよかったかもと思うんですが…。
ほら、あるじゃん、BLには3大テーマパーク「アラブ」「アングラ」「花嫁」(関連記事こちら)が♪
実際作者様は「アングラ」がお好きとの事で、ヤクザや男娼絡みの濃ゆ〜い同人書いてらっしゃいます。(ちなみにそちらの方が数十倍吸引力がございます)
ので、今後そういう作品を出版されるだろうとは思いますが…。
なんで商業誌第1弾を「学生」作品にしたんだろう…。デビューでやくざはキツイとか?今さらですよねぇ。


「花丸」は新人様育成にかなり力を入れていらっしゃると思うんですが、作風に熟練技を求めておきながら「新人」、なので「当たり」が極めて少ないのは当たりま…ゴホッゲホッ。
でもこれは、この業界でオリジナル性をキープしつつ長期展開していくための過渡期と思ってみれば実はかなりの販売戦略、出版社にも確信犯的開き直りが感じられるので、10年続いたら相当なポジションを占めているのではないかな〜と思います。(他にこういう展望を持っている出版社は見あたらないです。角川とは違った積極性。)
今回の四ノ宮作品も花丸BLACKでデビューという点において「花丸10年後戦略」の一環かと思うのです。

犬飼さんとの世界完成度の差は文庫の目指す方向が違うからしょうがないですね。「プラチナ」は夜店で売ってる指輪のような輝きでもキラメめいていればいいわけだし、それはそれで悪くないですし。
四ノ宮さんの「商業用書下ろし」作品(初めから1冊完結を目指して書いた作品)を読んでみたい気がします。


…いつにもましてへ理屈こねまくりだな、おい。
イメソンテーマの「カッコイイお嬢様」、ここから伝わりますかね





【ブログ内関連記事・イラスト考察関連】
イラスト考察・「女装とBL」2009
イラスト考察・「イレズミ」
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
当ブログ用語辞典
【ブログ内関連記事・臨時便・小説特集】
「小説bBOY7月号-黒の衝撃」・イラスト&コミックチェック前編
今月の作家・沙野風結子
「孤島の鬼」江戸川乱歩〜一般小説における同性愛





〔絵師:Ciel〕〔絵師:さ行〕〔カラー:★★★★☆〕〔画:女装〕〔画:イレズミ〕


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]その他 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

ふみふみ。
ちょうど「そして蝶は…」を昨日入手して(ブクオフ200円だぜい)まさに、いまからさあ、読もう!と思ってたトコロだったのですw

……(じーーーー…)
ああっ、ほんとだっ表紙には刺青はいってたのねw
ちっこい上にバックと重なっててまじわかんなかったw
綺麗な表紙だなぁとは思ったけど、たしかにコレはもったいないねー。せっかくのイレズミなのに。

内容については、これからチェック!


ところで、「攻めがあんあん」1個だけ読んだような記憶があるんだけど、なんだったかなぁ……。うーん。
思い出したら教えるね♪
へたれワンコ攻めは(あんあんはないにしろ)何作かあったと思うよー。
comment by: ひみこ | 2009/09/24 11:13
なあにぃ、もはや200円だとう?
さっすがエデンの東(笑)、心底羨ましいです…。

>ところで、「攻めがあんあん」1個だけ読んだような記憶があるんだけど、なんだったかなぁ……。うーん。
思い出したら教えるね♪

うっそ、あるの?!わはは、すごいな♪
でもBL司書ひみこさん宅でも1個かあ、やっぱりニーズが…。
でもでもトンチキの匂いがします、発見連絡お待ちしていま〜す♪


>へたれワンコ攻めは(あんあんはないにしろ)何作かあったと思うよー。

私も鳩村さん作品で見たような…。
蔵書を振り返ろうにも我が家のブクログ登録はまだ6割なので、全然頼りになりませんf(^^;
comment by: miru-ha | 2009/09/24 22:56
◆9月新刊3番勝負・其の壱「同人」への拍手ありがとうございました。

対象作品のみを見つめて感想を書きましたが、本当の評価は次作次第と実は思っております。
ここまでご自分の世界が濃〜く確立されている方々が、ファン層に応えるためにどういう手段を取るのか見てみたいというか(英田サキさん路線か鳩かなこさん路線か?というような意味なのですがニュアンス伝わってますでしょうか)

今後も気にして参りたいと思います〜
皆様ありがとうございました、どうぞ、また遊びに来て下さいませ♪
comment by: miru-ha | 2009/09/28 00:41
hOO様、いらっしゃいませ〜♪

>犬飼ののさんシャレードから出た「蝶よりも華よりも」(イラストは彩さん!)

ああ、そうかっ!なんで彩さんが頭に浮かぶのか不思議だったんです!
あとこれだけそろえば彩さん表紙作品コンプだよな〜と思っていた作品だったんですが、作家様名を全く覚えていませんでした。
いや〜ん、超ウロコ♪ すっきり♪
hOO様ありがとうです!!


そうか、では犬飼さんは2年ぶりの2冊目、いってみれば「再デビュー」なんですね。
後書きにあった「オリジナルが書きたい」という作者様の言葉は同人で二次創作ばかりしてた、という意味に取ったんですけどそれも違うのかしら…?

しかしこのタイトルで別作品は「ええっ?」です。とことんご自分の世界が出来てる方ですね〜。
こうなると3作目タイトルがガゼン気になる…「蝶は花の如く」とかですかね(意味不明、笑)
でもこの世界はこれ1冊で充分…かな?

>アンダーグラウンドですけど、ファンタジー作家
まさしくその通りです!
表紙の華やかさそのままで「アングラ」ですからもう夢の世界。まさにBLです(わはは)
きっと遊閣とか花魁とかもお好きじゃないのかな〜と思います。
comment by: miru-ha | 2009/09/28 02:09

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/300

TrackBacks