スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

指定バトン・「唄とBL」

このような電脳BL界最末端・イロものブログの拙宅にバトンを頂いてしまいました。

バトンとは見て読んで楽しむものと思っていたので、驚愕&恐縮です。
生きているといろんな事があるものです、感無量…。
Lianhaさん、存在を思い出して下さってありがとうございます!

なにしろ初めてなので粗相も色々あるかと思いますが、精一杯頑張らせていただきます。

◆更新楽しみにしております♪◆


【指定バトン】
※注意 指定者以外は絶対にやらないで下さい。
いつ回ってくるかのバトンなんで!
※回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事

が、このバトンのルールとの事でこれに沿って進めさせていただきます。
Lianhaさん宅「Verger -果樹園」からいただいた『指定』は『唄とBL』です。

質問は、
1、最近思う『OO』
2、こんな『OO』には感動
3、直感的な『OO』
4、好きな『OO』
5、こんな『OO』は嫌だ
6、この世に『OO』がなかったら・・・
7、次に回す人。(『指定』つきで)
の7つです。

以下のロング回答を読んでいただくせめてものお礼にBGMを…
「BL」に「イメージソング」をつけたら面白いかも、と思ったのはこの方の曲が、大、大、大好きすぎてこれを聴きながら読みたい本を一般小説で探したのがそもそものきっかけですので、いわば始まりの歌?(これは最新曲だけども)
よろしければ同時にお楽しみくださいませ。

 

1、最近思う『唄とBL』
おおっと、いきなり難問…。
ひとまず「唄」を拙宅にてイメージソングとして使用させてもらっている「JーPOP」と仮定させていただいて、まずはそこから。

最近の「J−POP」を一言で言うと「ボーダーレス」かな?

昔は「歌謡曲」と「演歌」ですっぱりジャンル分け、ファン層も2分化され、それで若いか年配かまで区別されてしまったものですが、今は誰それのファンだからOO歳ぐらい、とは一概に言えなくなってますよね。これは創り手様(アーティスト様方)の努力のおかげとも言えます。
小田和正さんや奥田民生さん世代が最前線で頑張ってくれてるので、私のようなおばちゃんが大手を振って「J−POP」が好き、と言わせていただけるのです。

BLも同じで、新人さんの青い勢いも美味ですが大御所様の熟練の技も捨てがたし、です。
以前どこかで書いたと思うのですが、日本で一番購買意欲も資産もある世代は、7,8年前までは「団塊の世代」・商売はシルバー世代をターゲットにするのがセオリーでした。
これが、今は「30〜40歳代」に変わっています。まさに私の世代です。
子供の頃持ってたけど今はない、とか、あの時買えなかったけど今なら買える♪と思える、最後の「ほしいものがある」世代、そのために使えるお金に融通がきく世代、が今の私と同じ世代なのです。
マンガの文庫化、新装・復刻版などもすべてここを狙った商業戦略だったりします。それにまんまと引っかかり、文庫版で「花盛りの庭」や「日出処天子」を再度購入するワタクシ…(笑)

これは創り手側にも言えるかと。
おそらくJ−POPもBLもバブル期に青春時代を過ごした世代のクリエイター様の割合はかなり高いのではないのかな?購買意欲と創作意欲は比例する傾向がありますので。

創り手も元気、買い手も元気、が最近の「唄とBL」に言える事かな〜と思います。


BL本は買い始めて3〜4年ぐらいですが、その前に、実は「電子図書」をたま〜に利用していました。
まわりに腐女子全然いませんでしたし、書店でも全然見かけなかったので、BLって同人誌かこういう所(電脳世界)でしか読めないとずっと思っていたんです。実際は私がコーナーに近寄らなかっただけで書店にはちゃんと置いてあったんですけども。(今は直行、わはは)
「本」を買い始めたきっかけはふらりと入った書店でライトノベルと間違えてBLを買ってからです(おいおい)
そのお店は小さいな本屋さんで、ラノベもBLもごッちゃにおいてあって「表紙買い」して電車内で読み始めて驚愕したという…(懐かしい、作品名も忘れませんよ、笑)
その後ハマって現在に至るのですが、ここでようやく「電子図書」のBLは古いものが多いのだとわかりました。電子化されてる出版社に偏りがあるという事も。

以上を踏まえて「最近のBL」を語らせていただくと、「最近のBL」はJ−POPと同じでボーダーレス、完成度は低くても、世代を問わず「心」に語りかける作品が増えてきたのかなっと感じます。あと簡単にジャンル分け出来ないような作品も増えたかな。
ちょうど少女マンガのカンブリア爆発期と同じ感覚です。
群雄割拠というか、切磋琢磨というか、今後BLというジャンルを超えたとんでもない名作が出てきそうな予感(期待?)はします。「その時」に出会いたくてBL買い続けてるのかも。


…なんか笑えるほどまとまりがない文章ですみません。「問1」なのに一番難しいです!(笑)

2、こんな『唄とBL』には感動
もともと「イメージソング」が私の主観のカタマリなので、付けた時はいつも感動・自己満足しております(どんだけナルシ―
「土曜企画」だけは歌からBLを探すので「イメージ」先行、作品が後付けになります。歌詞や曲調などを何度もチェックし候補作を絞るので「決まった!」時は感動もひとしおです。
でも相当イメージを過大に考えないとつかないんですよね、難曲が多くて。毎回バクチです。

そうそう、3大白旗作家様・断トツ筆頭「木原音瀬さん」にイメージソングがついたら(いまだにつかないので一本も感想上げてません)、きっと感動のあまり泣いてしまうでしょう。

BLに限って言えば、お話と絵とデザインと価格がすべて納得できるものに出会った時=読み応えがあった時、は感動です。エロオンリーでもシリアスでも読み応えがあればそれが「感動」かな?
←すべてがベストバランス!1級娯楽品、感動!と初めて思ったのはこれかな?

3、直感的な『唄とBL』
!!
これも難しい…。
2番と重なりますが、これだ!と閃く基準はほとんど直感ですので…。
これもBLに限って言えば、書店での「衝動買い」がこれに近いのかなあ?

私の場合、BLの「衝動買い」=「表紙買い」です。
発売日と作品・作家様名ぐらいは確かめますけども、あらすじはできるだけ読まないようにしてます
「運試し」のお遊び気分も入ってますので♪

ネットの発達した現代では発売前に新刊の内容がほぼ分かってしまいますよね。おかげで失敗も少ないけど成功の喜びも半減です。
何にでも面白味を求めてしまうのは「ペガサス」(関連記事はこちら)の性分です

しか〜し!一般小説はこれでもいいんですがBLは出版事情が特殊だからハマるハマる(笑)
新装版でタイトルや絵師様が変わっていたり、(仮)名がコロッと変わっていたり?
「表紙買い」ドボン率も高いです、「女のカン」はBL界では役に立たないです…。


↑↑今月の表紙買い第1弾。果たして中身は…?感想UPしたら当たりって事です(笑)
なんだか上と似たような…、好みバレバレ?ははは。

4、好きな『唄とBL』
これも重なってしまいますが、「これだ!」と感じる「唄」と「BL」かな?
傾向としては攻め受け対等のワーキングBL、受けが女性にすり替えられない「必然のBL」、深読みしがいのある「解釈自在BL」でしょうか。あと「個性」が感じられる作品。(お話か絵かどちらか一方でもいいです)
歌もしかりですが、「カラオケで盛り上がり&歌いやすい曲」が追加されます。

唄とBLで決定的に違う好みは「終わり方」かな?
私もLianhaさんと同じで、BLに心の癒しを求めていますのでHAPPY END必須です。
少女マンガ大好きのクセに「JUNE」系に手を出さなかったのも悲恋が嫌だったからですし…。
歌は失恋でも不倫でもドンと来い!ですが。

ちなみに好きな歌はイメソンに使ってある曲がほとんどそうです。萌えないと書けん(わはは)
好きなBLは右サイドバーに一部、リストUPしてあります。

5、こんな『唄とBL』は嫌だ
これも難しいご質問です…。
嫌い=好みに合わない歌や本が、悪い作品とは限りませんのでその辺語ると長くなっちゃうなあ。

嫌、というか苦手なのは、歌でも本でも「自己完結・自作世界に溺れてる(と思える)」作品、かな。
記事感想でやたら「客観性」だの「離見の見」を意識して?、と書いているのは「プロ」意識を持ってほしい、という言葉の裏返しです。
「読み手(聴き手)」っていわば、お金出して買っていただくお客様ですから、創り手も顧客を意識した作品(商品)提供していただかないと「プロ」とはいえない気がします。(媚びるって事ではないので念のため) 自分がサービス業ばっかりやってるので余計にそう思うのかもしれませんが。
「溺れる」行為は、書き手の書きたい!萌えたい!気持ちが最優先で、ついてこれる読者だけ読んでくれればいい、という行為になっている事をご本人も気付いていない場合が多いのです。
きづけば一皮むけるのに…と思う方は辛口になっても感想書いちゃいます。お節介なだけなんだけど、そこはほら、4分の1大阪人だから(笑)

そうそう、嫌とはビミョーにニュアンスが違いますが「地雷」なるものは存在します。
作品全体じゃなくてピンポイントで、善し悪し関係なくそれが来たらもうダメという、どうしようもない個人の嗜好です。

「歌」の地雷はイタイ歌。車中で聴いたら事故りそうな、BGMにできない歌です。歌詞の内容だったり歌唱力だったり、原因は様々ですが(笑)

BLでの「地雷」は、
・子持ち(意味がある場合はOK)
・学生カプ(高校生以下)
・精神的にイタイ展開
・異物混入
です。あれ、結構あるぞ?ワガママだな〜っ

6、この世に『唄とBL』がなかったら・・・
唄がない?マイク握れない?それってアニソン連続6時間の悦びを知らない人生ってことですか?
そりゃ、寂しいだろうなーっ!
しかもBLがない?それって新刊平台前で石像体験できない人生ってことですか?
そりゃ、残念(笑)


真面目にお答えすると、まず「ブログ」なるものを始めようと思わなかったと思います。
ブログは人様のお宅を拝見し楽しむもので、自分で運営なんてできるわけないと長い事思ってましたので…。
色々なタイミングが重なって始めたブログですが、実はブログは1年をメド、その後閉鎖しようと思っておりました。
怒涛の更新も、後悔しないようにという気持ちとブログ開設している僅かの間は歩をゆるめないで行こうという想いからでした。
6月ぐらいまではそのつもりでしたので、記事や拍手レスで「悔いがないように」という表現をしばしば使っていたと思います。


もうすぐ1年がきます。(11月1日がブログ開設日)


更新頻度などリニューアル必須ですが、もう少し続けさせていただこうと今は思っています。
そういう気持ちになれたのもこのブログの存在を忘れずに通って下さった皆様、嬉しいお言葉をかけて下さった皆様のおかげです。


自分が感じたこと、書いたものに共鳴していただく楽しさや嬉しさを教えてくれたのがブログ、さらにブログ開設当初は思ってもみなかった、「萌え」を通じての2次創作や共同作業(リクエスト・アンケート・連動企画など)の感動まで教えてくれたきっかけが「唄・イメージソングとBL」です。
ちょこっとですが、書くお仕事を頼んでいただけるようになったのもここがあった故。読んで下さる皆様がいて下さった故です。本当にありがとうございます。

どう書けば感謝が伝わるのかわからないのですが、こうやってお礼を述べる機会を与えて下さったバトンと、それを回して下さったLianhaさんへ再度感謝を


そして今までお世話になった方も、これからお世話になる方も、皆様これからも幾久しくよろしくお願いいたします。


…質問と答え、ずれまくってますね。すいません


7、次に回す人。(『指定』つきで)
指定なんておこがまくて恐縮なのですが、もし!
ご迷惑でなければ先日の連動企画に快く参加して下さった暗黒ミサ友・「北の主腐から」のわにこさんに再度ご協力をお願いしたいと思います。
『指定』ワードは『BLコミック』希望でございます。
わにこさんの長い一般マンガ歴と深い造詣から観た「BLコミック」てどういうふうに映っているんだろうと知りたい、読みたいと思ってしまった当方の勝手なお願いです。結果ダークというかスパイシーになってしまっても私は大歓迎、つか私のために書いて!
むろん、ご多忙と承知の上での当方のワガママなのでご都合のつく範囲で参加をお考えいただければ…と思います。
でもできれば前向きにご検討を…だって読みたいんだもん♪

そしてもうお1方、次回の連動企画にご参加して下さるとおっしゃって下さった、私の長文その他お師匠・「ロテンシスターズがゆく!」の秋林瑞佳さんにお願いしてもよろしいでしょうか。
『指定』ワードは『BL小説』なんてお願いできたら、もう舞い上がり♪です。
秋林さんも超特集発動中と存じておりますのでご無理は承知の上なのですが、やってみてもいいかな〜っなんてチラと思っていただけたら嬉しいです。




まったくの個人的つぶやきになってしまいました。(しかも長い!)
最後まで読んで下さって、ありがとうございました。



 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[腐海航海記]バトン・100質・お楽しみ | comments(12) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

はいはいはーい!拾いましたー!<バトン
指定が『BL小説』ですね、らじゃ!了解しました♪

…ってことで、ウチのへっぽこブログで今書いているスペシャルをこの連休中になんとか書き終えて(あと3本だしー)、そのあとにバトン回答させて頂きます♪目標ができたー!(←せっぱつまらないとダメな人)


そして。
ブログ開設、1周年おめでとうございます♪

ブログで文章を書いていると、お友だちができたり、思いがけず反応を頂けたりして感動するとともに、自分の「書く」スタイルがわかってきて…これが意外と自分のためになっていたりするんですよね。

私は本宅ブログをもう7年くらい書いているんですけど、最初から自分のために書いていました。ここは訓練の場だ、頑張ろうって。感じたことを表現することが超ヘタなので、なんとかスキルアップしたかったんです。だから最初から「自分の文を人が読む」ことを想定して書いていて、これはいまでも変わんないです。この7年、いろんなジャンルの方からコメント頂きました…一番の宝物ですね♪別宅を作ったのは、まあBLだけ別のほうがいいかなという理由だったんですが、こちらも思わぬ反応を頂けて嬉しかったです♪

…というわけで、これからも更新楽しみにしております♪
comment by: 秋林 瑞佳 | 2009/09/20 19:24
こんばんはー
思いがけないバトンをいただいて驚がくで固まっていただけのあたしのバトンをここまで広げて語っていただけてとてもうれしいです。

感謝はあたしのほうから送らなくてはいけないとおもうのですが(笑)

犬飼ののさんは「宝石姫」という名前で同人の世界で有名な方ですので、実はあたしも気になっていた方です。
あたりであったら、あたしも買っちゃおうかなと思っているので乾燥UP楽しみにしてますねー♪

comment by: Lianha | 2009/09/20 19:47
こんばんはっ
ぷちお久しぶりです。

ブログ1周年おめでとうございます。もう少し…といわず、もっとずっと続けて下さいね♪
更新頻度はmiru-haさんのお楽なように調整するにしても。
私なんか、平気で1ヶ月放置して、思い出したように復帰する、を繰り返す人ですから……。

私はラジオもTVもあまり見ないし聞かないので、最近の歌って殆どわからないんですよ。
なので、miru-haさんの貼り付けてくださるプロモが殆ど唯一の最近の音楽との接点だったりw
comment by: ひみこ | 2009/09/21 00:55
秋林さん、バトン拾って下さってありがとうございます、受けていただけて嬉しい!


>ブログ開設、1周年おめでとうございます♪
いえ、そんなおめでとうなんて言っていただくほど大したことじゃないんですが、でもでも嬉しいです、ありがとうございます〜(マジ照れます//)

>ブログで文章を書いていると、お友だちができたり、思いがけず反応を頂けたりして感動するとともに、自分の「書く」スタイルがわかってきて…これが意外と自分のためになっていたりするんですよね。
>ここは訓練の場だ、頑張ろうって。
そうなんです、この1年まさに訓練と思って書いてきました。
でもよく考えたら私の場合、仕事に必要なのは「端的にまとめる」能力で、ここでやってる事とは真逆方向なのでした…。
でも書き続けていたら、秋林さんおっしゃる通り自分のスタイルがなんとなく見えてきて、迷いがなくなってきたんです。
そしたら何故か「書く」事にご縁が増えて。人生って何がどうなるかわからないな〜、不思議だな〜と思いました。


>本宅ブログをもう7年くらい書いている
すごい、という言葉しか出てこない…。やっぱ、そろそろプロになりましょう?
某業界では地区TOPの業績残してますからマネジメントは任せといて!(笑)

>…というわけで、これからも更新楽しみにしております♪
ありがとうございます、励みになります!


ではでは、スペシャルもバトンも超絶楽しみにしておりますね♪


comment by: miru-ha | 2009/09/21 03:30
Lianhaさん、こんばんは♪
こんなんでいいのかしら、なんか全然面白みのない内容ですみません…。

なにしろ勝手が分からず、Lianhaさんのバトンページをコピーして横に置き、熟読しつつ書きました(笑、でも実話)
ので、Lianhaさんへのお手紙みたいになっちゃって…わはは。

>犬飼ののさんは「宝石姫」という名前で同人の世界で有名な方ですので、実はあたしも気になっていた方です。
>あたりであったら、あたしも買っちゃおうかなと思っているので乾燥UP楽しみにしてますねー♪
同人!
ああ、だから後書きに「そろそろオリジナルを書きたいな〜と思って」と書いてあったんですね、納得!
意味がよくわからなくて、普段はコミックのノベライズとかをやってる方で、それで名を馳せてる方なのかあ?とか、首をひねってました。
軽く感銘を受けた部分があるので、感想は書きたいな〜と思っています。でも今新刊2本書き途中なので、もう少しお時間下さ〜い♪(といつも同じ事お願いしてますね、私)
ちなみに途中の1本はLianhaさんの最新UP本です。感想書き終わったら語り合いに参ります〜♪
comment by: miru-ha | 2009/09/21 03:53
ひみこさん、お久しぶりです。
お元気だったんですね、よかった〜…。

今月の頭にひみこさん宅にご連絡したんですけど、ずっと気づかれていらっしゃらないようでしたので、もしや急なご病気とかでブログ覗けないような状態でいらっしゃるのかな、と案じておりました。
あ〜、マジほっとしたわ〜♪


>ブログ1周年おめでとうございます。もう少し…といわず、もっとずっと続けて下さいね
いえいえ、ホントに大した事でないのにこんなに言っていただけて、なんか恐縮です…。
でも嬉しいです、ありがとうございます。


>私はラジオもTVもあまり見ないし聞かないので、最近の歌って殆どわからないんですよ。
>なので、miru-haさんの貼り付けてくださるプロモが殆ど唯一の最近の音楽との接点だったりw
最新JーPOPってどっかでいっておきながら、 MISIAの「 Everything」なんて出してきますから「最近」なんて思っちゃだめですよ〜(ははは)
comment by: miru-ha | 2009/09/21 04:20
もうすぐ一周年おめでとうございます!

バトン受け取りましたっ(汗)
あんまりBLコミックって読んでない気がするけれども、書庫を眺めつつ案を練ってみます…。
(もしや一般コミックとの比較でダークなのをご希望なのかしら…汗)

企画ものに弱いチキン野郎なんで、多分物凄く時間がかかると思うんだけど、気長に待っててね〜。
comment by: わにこ | 2009/09/21 19:01
もうすぐ一周年・・・・そうなんですね、
まだその日は来ていませんが、先走って「おめでとうございます!!」
どうかどうか、区切りをつけるなんてことおっしゃらないで、
どんな形でもかまいませんので、続けて下さいましね。
で、その一周年の単語をこうしてPCで打っていてふと思いだしたんだけど、
私のブログもちょうど一周年だった!!\(゜ロ\)
全っ然忘れてた!思い出させてくれてありがとう。
何にもしないうちに一年たってしまった・・・

さて、この長い(笑)バトンを読んで一番印象に残ってるのが、
「アニソン連続6時間の悦び」と「新刊平台前で石像体験」の二つ、
って言ったら怒ります?(えへへ)
あの、一度一緒にカラオケ行きませんか?

感動の一冊「罪の褥も濡れる夜」ですが、私も大好きです。
萌友さんに「あのシリーズ『三兄弟』の中で誰が一番よかった?」と聞かれた時に、
「父(冬貴)!!」と叫んだ私。
あの義康と冬貴のお話が一番気に入っています。
なんだか、miru-haさんと好みが一緒だと妙な安心感を得ているあるとでございます・・・

とにもかくにも、これからも応援しています。
そしてずっとずっとお慕い申し上げておりますので、
(え?迷惑?聞こえない聞こえない・・・)
どうぞ末永く、おジャマさせて下さいね。
comment by: あると | 2009/09/21 20:52
わにこさん、受けて下さってありがとう!
それとごめんなさい、言葉が足りませんでした。

おっしゃる通り、わにこさんの長い一般マンガ歴と深い造詣から観た「BLコミック」てどういうふうに映っているんだろうと知りたい、読みたいと思ってしまった当方の勝手なお願いです。
結果ダークというかスパイシーになってしまっても私は大歓迎よ〜、という意味で、ダークが必然じゃないです。迷わせてごめんなさいね…。記事も訂正しておきます〜。

>企画ものに弱いチキン野郎なんで、多分物凄く時間がかかると思うんだけど、気長に待っててね〜。
う〜わ〜、ホントごめん…。
時間かかる事お願いしちゃって…。つか、お題が悪かったんだよね、ホント申し訳ない…。
今度何かの形でお詫びします故…(どうやって?)


そしてもちろん待つ!いつまでも待ちます。あみんのように←いちいち古い。

comment by: miru-ha | 2009/09/22 15:43
あるとさん、いらっしゃいませ〜♪
先日はオモシロパーツお借りしました、ありがとうね〜。

あるとさん宅は1周年ちょうど?おめでとうございます。私より先輩ではないですか!

>さて、この長い(笑)バトンを読んで一番印象に残ってるのが、「アニソン連続6時間の悦び」と「新刊平台前で石像体験」の二つ、って言ったら怒ります?(えへへ)
なあにィ〜?
嘘です(笑)ふふふ、そうとうお好きですね、同志♪
ちなみに「アニソン6時間」でも余力ありありで、オケ友が根を上げたので打ち止めとなった次第です。

>あの、一度一緒にカラオケ行きませんか?
いや〜ん、いくいく!早速課題曲など打ち合わせましょ♪


>感動の一冊「罪の褥も濡れる夜」ですが、私も大好きです。
そうそう、パパに比べたら子供たちなんてまだまだ…ヽ('ー`)ノヘッ
他にも「交渉人」とか「龍と竜」とかナイスコラボ!はあるんですが、これは作者様にあまり期待してなかった分(おいおい)衝撃が大きくて、いまだに感動を忘れないんですよね〜。 

>とにもかくにも、これからも応援しています。そしてずっとずっとお慕い申し上げておりますので、(え?迷惑?聞こえない聞こえない・・・)どうぞ末永く、おジャマさせて下さいね。
うわ〜ん、ありがとうございます〜!!年取ると涙腺がゆるく…他もだけども。
あるとさんにはいつもいつも元気と活力いただいてばかり、なにもお返しできずホント申し訳ないです…。

同じツボ同士、「おもろい」BL見つけたら即ご連絡にまいりますので、ご一緒に盛り上がりましょう♪

comment by: miru-ha | 2009/09/22 19:47
◆「指定バトン」への拍手ありがとうございました。
ここまで自分の事(だけ)語ったのは初めてです。年甲斐もなくドキドキしてしまいました(笑)

実はこういった内容は最近まで意図的に封印しておりました。
BL感想やイメソンを楽しみに来て下さる皆様に、書き手の想い(感想)はともかく、個人的背景なんて読んでも楽しんでいただけないのでは…と考えておりまして。

でも感想やチェックの判断基準や根拠に触れずに、一方的にあーだこーだ言うのは記事の信用度と関係してくるかもしれない…と思いなおし、最近は仕事内容とか昔の経験などをちょっとづつ記事に書きこむようにしたのです。
そしたら一層、理屈まみれになってしまったという(笑)

このバトンも、なんだか説教臭い&おセンチなのでもはや書きなおしたい気持ちで一杯ですが、これも今の自分って事で…。

私にとっては大変貴重で楽しい体験でしたが、皆様にどれだけそこをお伝えできてるのか、はなはだ疑問…。

だからいただいたお言葉や拍手がとてもうれしいです。
ありがとうございました。
comment by: miru-ha | 2009/09/27 23:37
■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

上のコメントでも書いてますが、書き直したい…。自分を語りすぎてて恥ずかしい…!

つくづく講釈タレなのですね、わたくし……
このような記事にポチって下さって本当にありがとう!
comment by: miru-ha | 2011/07/02 02:11

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/298

TrackBacks

誕生日にBLを思う。 『指定バトン(お題:BL)』
『北の主腐から』のわにこ様より、指定バトンを頂きました。 普段バトン類は受け取らない(っつーかそもそもバトン送ってくるよーなお友達が...
trackback by: ひみこのボーイズラブ小説 既読記録 | 2009/10/02 12:22 AM