スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「ダブルミンツ」 中村明日美子

やっと、来た。
私の考えていた「中村明日美子」が。 
本日はガチマジモード、本気で語る事をお許しいただく。表現にブレーキをかけないので不快に思われる箇所もある事、先にお断りしておく。
イッキに書くのでページは折らない。ネタバレも敬称も気にしない。ご了承いただきたい。
                    
         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

考察で書いたようにこの方はアートとコミック同時進行のマンガ家だと思う。
このタイプはある程度年月がたって「絵」が安定しないとマンガとしては正直キツイ(例:阿仁谷ユイジ氏)アート派の初期は自分探し真っ最中、ぶっちゃけ「下手」だからだ。

マンガファンの間では「絵」が個性的なマンガ家の作品はいわゆるマニア受け、逆にいえばこの作品の良さが分かるからマニアだという言わば読者側の「マンガ通」のレベル判定のような扱いを受ける事がある。
全作読んでいない私が非難覚悟で恐れずいえば、今までの中村作品は典型的なレベル判定本。「絵」以外の個性を感じられなかった。(勝手にグラミー2008コミック部門・「同級生」参照)
でも、本当に「面白いマンガ」とは、初めてマンガを読む人もマンガマニアもどちらも引き込んでしまう得体のしれぬ吸引力をもった作品の事ではないのか。(感動でも怖さでも理由は何でもいい)

そして今作。
来た。やっと、来た。
アートとしてもコミックとしても秀逸、BLコミック理想形「見ても読んでも楽しいマンガ」家「中村明日美子」が。

絵、マンガ力共に「中村明日美子」がしっかり確立され、迷いのない個性の主張が気持ちいい。削ぐものを削ぎ、研ぐものを研ぐ。匠の手になる日本刀のような美しさだ。

そしてそれに伴うレベルのストーリー。
価値観の逆転とでもいおうか、「善悪」の概念を覆す自己破壊と自己保存の共存。
「半身」を捉える名作マンガ・萩尾望都「半神」と真逆なアプローチながら、目指す高みも達した高みも肩を並べる。

このテーマを描ききるためには、正直「女」の結末は軽い。あそこで救ってしまうのは良くも悪くも少女マンガだ。アレで終わっていたら普通の範疇、ちょいハードな青年マンガで終わっていた。
「重すぎる秘密」に対するそれぞれの受け止め方の違いが、そのまま2人の愛の形だと思う。
秘密が、犠牲が重いほど半身を求める力が強くなる。そうして完全に閉じる世界を「是」とする。閉じられる幸せをかみしめろ、というように。それが作家の伝えたいところのはず。

本編ラストでもそれは伝わるがわざわざヤクザを絡めて大事にしなくても、初めの事件(1〜2話)だけでそこまで辿りつけた。(佐伯さんは好きなんだけども、笑)
後半(3〜5話)はエピソードは違えど、まるっと前半の繰り返しになってしまっている。
穿った見方をすれば単行本の原稿枚数にするために、いずれ続編が描けるよう「女」の結末をあのようにしたのかと思う。
この話は前半の日常生活の範囲内のエピソードプラス後半3話のエグリの冴え、がもっとも完成された形だった。ここでいっても詮無いことだが。

その辺りの若干のぜい肉が惜しいが、テーマの深さ、具現性は変わらない。
作者の完成された表現力とともにこの作品は、禍々しい魅力を持つ「妖刀」となった。


これを待ってた。
黒というには澄みがあり、白というには汚濁にまみれた、目をそらせない妖しい魅力。



徹底的に求めて、閉じて、消えていけ。








   
いらっしゃいませ♪
暑苦しいページお疲れさまでした こっちは通常モード、つぶやきページです。
マジガチで取り上げると、こっぱずかしい流れに水をさすので(笑)

まずはお詫びを。
中村明日美子さんの作品をお好きな方がご不快になるような表現をしていると思います。本当に申し訳ありません。
そのような意図で書いたのではなく諸々の理由があるのですが、どんな理由があろうと結局は管理人の自己満足に帰依する事だと承知しております。そのために無礼を働く自分勝手も。
許して下さいなどと都合のいいお願いはできませんが、言い訳がましくここに記してしまいました。

               。 。 。 。 。 。 。 。 。 。

画面がUPでUPなのは表紙評価も★4.5以上だからです。
いや〜、キレイ めったに使わないカラーハートをダブルでつけたくなるほどに。
洗練された色使いと「円」の構図、みつおの体の線なんて描こうと思って描けるもんじゃないのですね。ワンダホーデスネ。


本作のキーアイテム「同姓同名」
日本と諸外国では少々事情が違うように思います。

日本の場合名前は漢字表記=「表意文字」、構成する文字1つ1つに意味があります。
本当はこのお話、字も音も全く一緒の真の「同姓同名」の方が一層盛り上がったんですけど〜。(単に私の好みってだけですが)
音だけの同姓同名、多感な学生時には確かに神秘的かも。学生時代は人生で最も頻繁にフルネームを使う時期だと思うし。
同じクラスっていうのがまた運命的なんだろうなあ。凶悪犯と同性同名だったら元は1つ、なんてきっと思いたくないだろう。(はは)

同じく漢字の国・中国も条件は一緒ですが、氏名に許される漢字が決まっている上姓は基本一字のため(例外あり)、日本よりずっと姓の数が少ない。人口が多くて数が少ない=同姓同名だらけ、このマンガの様な感覚は生まれがたいですね。

一方西洋諸国はアルファベット表記=「表音文字」、文字自体に意味はありません。
26文字で表現される名前には限界があるため、当然同姓同名はワラワラ。
しかも「OOO三世」やら「XXXジュニア」など親や先祖と意図的に同姓同名をつけたりもするお国柄。
(個人主義なのにこの感覚が不思議なんだよね。多民族国家だから「血」に拘るのかな。)
やっぱりこのマンガの感覚はわかりにくいと思う。

極論をいえばこのお話は現代日本じゃなきゃ受け入れがたいとも言えます。あえて輸出して諸外国の方の反応を見たい気もしますけど。
見方を変えれば、日本でマンガが発達した理由はこのあたりにあるのではないかとも推察いたします。

これを本気で考え始めると長くなりますし、今考えてもしょうがないので今日はこの辺で。
「マンガ考察」でも書くような事があったら考えようかな。「少女マンガのカンブリア紀」と共に(笑)





【ブログ内関連記事はこちら】
BLグラミー受賞コミック・感想イッキ上げ!
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
水城せとな「俎上の鯉は二度跳ねる」に寄せて
「孤島の鬼」江戸川乱歩 〜一般小説における同性愛
当ブログ用語辞典
【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [BLコミック・な行]中村明日美子 | comments(1) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    「ダブルミンツ」への拍手、ありがとうございました。
    これだけは拍手なしを覚悟してましたので、BSSでもお礼しておりますがあらためてこちらでも…。

    結構失礼な事言ってるうえに、最後が「消えていけ」なんて極論ぶちかましてるんで(!)ご支持なくてもしかたないと思ってました。

    「消えていけ」は、2人の(特にミツオ君の)気持ちになって書いた一文で、「雨」のラストに向けて送った言葉です。
    どれだけ2人で一緒にいたいと願っても、実際、一緒に死ぬのは無理でいつか肉体が離れる時が来るとあの2人は分かっているんだろうなと思うが故の彼らの「祈り」
    それを支持してますよ、という作者様へのメッセージ(そんな大げさなもんじゃないけど)の意味で書いたのです。

    そこまで書かないとガチマジにした意味がないな、と思って。

    たかがマンガ、何もそこまで思いつめんでも、と自分でも思いますが、でも「されどマンガ」なのですよね。
    ご賛同いただいたマンガ同志の皆様に感謝いたします♪
    ありがとうございました。

    時々こんな状態(ガチマジ)になりますけど、懲りずにまた遊びに来て下さいませね。
    comment by: miru-ha | 2009/08/04 16:42

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/268

    TrackBacks