スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「眠る劣情」 夜光花/高階佑

珍しく新刊即UPです。
イメージソングがすぐ付いた&今回の高階佑さんが大変良い!からです。
挿絵マスター昇格決定!記念として明日は「高階佑さん表紙ギャラリー」をUPいたします。
詳しくは次ページイラストチェックで♪

そして、作者様も新たな挑戦。

以下、感想ネタバレしております。お気を付け下さいまし。
  ◎イラストチェック/高階佑(アート派マスター→挿絵マスター
カラー★★★☆3.5
いつも極上カラー絵ですが、今回は珍しく大人しいというかBLらしい。きっとそこを意識されたんだと思います。でもそんなふうに既存に合わせる必要は全くないです。これだけデッサン力のある絵師様、そうはいませんから。狂いのある絵を一枚も見た覚えがないです。奈良様でさえ2、3枚はあるのに。デッサンももちろんのこと、下書きを相当しっかり描かれる方と思います。

カット★★★★☆4.5
この絵師様のカラーとカットの評価が逆転するのは今作が初めてです。それが今回絶賛の理由。
典型的アート派の方なのでカラー絵に比べて、カット、特に人物の表情がイマイチぎこちない(H画で顕著)のが挿絵マスターに推せない理由でした。ところがこの作品…!!
描きなれたな〜っ。
表情付けるのに照れがなくなってます。とっても自然。なのでよりキメ顔が生きています。攻めカッコイイです!おまけに「女性」もいいんです。男女の描き分けがきちんとできるのは本来当たり前ですが、BL界では珍しいのです。
これだけ画力があって大道具・小道具がっつり描けて…本当はBLじゃなくてラノベ(しかもハードボイルド系)が向いている絵師様と思います。多分ご本人もミリタリー関連(軍服・銃兵器・バイクとか装甲車?など)を描くの好きだと思う。
「DEADLOCK」シリーズもこの方以外だったらあんな傑作にはならなかったと思います。
円陣様は無国籍異世界派だし、奈良様ではあそこまでのアングロサクソンな魅力は多分でない(奈良様はモンゴリアンの魅力です、笑) 
高階さんがBL界にとどまるのは嬉しいけどもったいないです。だから「和紗」名でのラノベ進出は我が意を得たりです♪

◎本編感想
夜光さん去年は少々停滞気味でしたけど最近ノってますね〜。
気持ちがノッている時に書く作品は、完成度はともかく勢いというか生命力にあふれてます。この作品も作家様が楽しんで書いておられるのが伝わってきます。
今月の作家で考察した「ナナメなフェアリーテール」、今回は「心の闇」に限定してきました。人の心も計り知れない未知の世界ですから異世界の闇と言えなくもないですけど。

今年ノっている理由の1つは作家様のシチュ萌え、「受け」と「攻め」の性格的逆転(「性的=リバ」じゃないから、笑)のせいでしょうか。

自己中な俺様攻め、実は後悔いっぱいあとからウジウジ君。
  ×
一見流され系の受け、開き直ったら猟奇な関係もOKのイケイケ君。

この上なくBLらしい適材適所、またはわれ鍋にとじ蓋。
前作「堕ちる花シリーズ」でもこの傾向が見られましたが、今回はそこだけを書きたかったらしくフェアリー要素を一切排除。3部作でもまだ心残りが?(笑)
ただ作家様の狙うもう1つ「歯車がかみ合わない」はあまり成功してないかな?どちらかというと都合よく歯車あっちゃった感。

以前考察した通り相変わらず汚い部分担当&イベント触発は「女性」ですし、しかも前作と同じ萌え傾向、正直目新しいところはなく「またか」とおもう展開。
攻めの方が根を上げるところなんて「キタ―ッ!」 おかげ様で慣れたもんです。

にもかかわらず「ノッている」と思えたのは今回「サスペンス」ではなく「ミステリー」という新しい挑戦をしているから。
フェアリーミステリーなら今までもありましたけど、現代社会で起こせそうなミステリーはデビュー作以来ではないでしょうか。(コンプしてないので断言できないけど)

誰の何を「眠る劣情」と呼んでいるのか少なくとも5つは考えられます。深読みすればもっと?
ここを強調させるために途中心理的なご無体を受けに強いてもいいと思うんですが、そこは根がオトメなのでご無体の種類が違うのデスね。あくまで肉体がらみ。 
ラスト、力技で愛を成就させてますけど、真性Mの受けにノーマル攻めが(その割にはいろいろやってる、笑)この先ついていけるとは思えないので、結局この2人は「性の不一致」ですぐ別れるのではないかと思います。そんな予想がたってしまうカップルって結構珍しい

ミステリーを描きなれてないためか、謎解きのために1人据えてしまった安易さはチトいただけません。作中この1人だけが妙に素直、自称作家が本当に作家なんて夜光さんらしくないゾ?
しかも鍵となる情報を仕入れてくるのも目撃するのも全部この人。挙句の果てに話を聞いただけで全部謎を解いてしまうなんて、アナタ第3の目でもお持ちで?
好きな人は疑うのに袖触れ合っただけの男を100%信じる受けも受けですが。
せっかく今までにない人物配置、今回の特徴的キャラなのだからもっと自然にカプ2人と絡めてほしかったな。

でも、作家様はどうやらこの人に今後「探偵OO××」の様な活躍をさせたいようなので、ミステリーとしては「今後に期待」です。 
きっとリンク作を書くと思うし「安楽椅子探偵シリーズ」にするなら、それも面白いな〜と思うので。
この一作だけだったらホントこの人都合よすぎ、「2人だけだと息苦しい」(作者後書き)方が良かったです。ますますいつもと一緒だけど。

「からくり」が何の役にも立たないじゃん、と思ったらちゃんと活かされてました(ネタバレなので曖昧表現) ここでもミステリーの王道いってます。作家様やはりノッています。


しかし、愛ちゃんは腐女子じゃなくてよかったですね。
あのシーンで「ええっ?!」が「ええっ?!」だったら攻めの計画台なしでしたもんね。(もともと無茶な計画だけど)
それもまた「眠る劣情」といえますけど(わはは)



◎イメージソング
 「雨のオーケストラ」 ムック
PV:http://www.youtube.com/watch?v=advgTzfG2uk
ヴィジュアル系ハードロックにバラードがつきものなのは80年代からのお約束ですが、どちらもイケるバンドは日本ではあまりいないです。特にヴィジュアル系。みんな同じに聞こえます。でもこの人たちは別格。
「雨のクオリア」と勝手に名付けてますが、この曲の他にもこの方たちは「雨」をうたい上げる=掘り下げる事が多い(ように思う)のです。
「雨」と聞いて脳裏に浮かぶ様々な心象とか水の匂いを恋心に重ねて歌いますので、激しくもあり切なくもあり、しかも日常と直結した感覚でわかり易い。でもちゃんとロック、しかもストリングスのアレンジも上手い本格派です。ボーカルはまだまだこれからって感じがちょっと惜しいかな。声に深みが足りないのよねえ。




【ブログ内関連記事はこちら】
水曜日の悪夢・夜光花
「今週のTOP1でBLイメソン」〜「凍る月」/夜光花
『リアルライフゲーム』 夜光花/海老原由里
今月の作家・夜光花
表紙ギャラリー〜高階佑
当ブログ用語辞典




〔絵師:高階佑〕 



励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名や〜わ]夜光花 | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

miru-haさん、こんにちは〜

私は憤った勢いでバッサバッサ斬っただけの感想になってしまいましたが、miru-haさんのしっかり考察された感想になるほど〜と納得させられてしまいました!
夜光花先生は萌えと内容が上手くかみ合うとすごく面白いのですが、今回は萌えだけで突っ走った…という感じですね。
好きな作家さんだけに、残念でした(>_<)

高階先生の挿絵についても、同感です〜。
最近お仕事たくさんされていて嬉しい限り。
この勢いで活躍してほしい絵師さんです!

TBお返しさせていただきますね。
それではまた♪
comment by: にゃんこ | 2009/08/06 18:14
にゃんこさん、こんにちは〜
コメントありがとうございます♪

にゃんこさんの「バッサバッサ」な斬り方が痛快で、切り口に感心すると同時にとても楽しんでしまったんですが、私、性格悪いでしょうか(笑) 

今回は作家様がイキイキ書いていらっしゃるだけに、読後の消化不良感がいっそう違和感な気がして…。
読者置いてきぼりというか、こっちも望まぬプレイで弄ばれてしまいました(笑)
前作(「花・3部作」)は、ちゃんと読者も連れて行ってくれたんですけど。(どこへ?)

絵師様のご活躍、私も嬉しいです〜♪確か7月は2冊出てましたよね?(絵師様狙いならもう1冊の方が良かったかもしれない…)
8月も新刊イラストご担当されてたような?
好みの作家様である事を祈ります←買いたいから。


TBありがとうございました。
また遊びに行かせて下さいませ。
comment by: miru-ha | 2009/08/07 15:34
■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

感想としてはちょっとスパイシーですが、この作品は高階さんのカットが良いので取り上げたのでした。
ヘタレチキンなためUPはビクビクでしたが、同じようなお気持ちの方がかなりいらっしゃったことに安堵したものでございます。

先日発売の「ミステリー作家串田寥生の考察」で、みごと探偵もの続編(スピンオフ)を書くとの後書きを有言実行された作家様が素晴らしい!←しつこく覚えていたわたくしの執念もスバラシイ(笑)
comment by: miru-ha | 2011/07/01 23:48

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/265

TrackBacks

眠る劣情
眠る劣情 (キャラ文庫 や 1−6)夜光 花 徳間書店 2009-07-23by G-Tools いったいどんなオチがあるのかと思ったら…。 ちょっと今回萌えでは乗り切...
trackback by: にゃんこのBL徒然日記 | 2009/08/06 6:05 PM