スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

表紙ギャラリー〜高階佑

高階佑さんの表紙ギャラリーです。
基本、既読本のみです。随時追加。←オススメあったら教えて下さいませ♪
記事未UP作品は簡単にコメントをつけてあります。
追加作品にはマークが頭についてます。(最新更新2010・12月)



 

◆絵師様カンタン考察
アート派→挿絵マスター。
「イラスト考察・コミック派とアート派」「余談:絵師の趣味(少数派)」に該当する絵師様。
絵描き魂(萌え)がやおい画=男同士のくんずほぐれつにない、BL界では超珍しいイノセント絵師様ともいえる。
人物、大道具、小道具、すべてに画力が高い。カラー絵が本当に美麗(アート派だから)
いわゆる「狂いのある絵」が1枚もない方です。デッサンも下書きも相当こなす方と思われます。男女の描き分けもきちんとできる画力、貴重です。でも「生物」(動物や植物)はあまりお得意ではないかも。
今後ご多忙が予想されるが、描き込みが減ってしまわないかと心配。

 
 

◆イラストチェック済作品
※画像下タイトルをポチすると各記事に飛びます。

『DEADLOCK』 『 DEADHEAT』 英田サキ/高階佑 (2006・2007)
『DEADSHOT』 英田サキ/高階佑 (2007)
「SIMPLEX DEADLOCK外伝」 英田サキ/高階佑(2008)

代表作。アングロサクソンの魅力ここに極まれり。絶対ミリタリー好き。

堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫) ワケアリ (二見シャレード文庫 な 2-10) うたかたの愛は、海の彼方へ (ガッシュ文庫)
■左・ 「堕ちゆく者の記録」  (2009) 
コミック系の構図(顔またはバストUPと全身像の組み合わせ)初挑戦と思います。
デッサン力のある方なので決め顔のUPは迫力の美。
■中・「ワケアリ」 (2009)
イラストチェックでもんのすごく熱く語っております。よかったらどうぞ♪
■右・「うたかたの愛は、海の彼方へ」(2010) 
本編感想、イラストチェックともに熱いです。異常に長いです。


  
「タナトスの双子 1912・1917」 (2010)
イラストチェックは熱く絶賛しておりますが、本編感想は拙宅全記事中TOP1(?)の大まじめな酷評です。
イラストチェックが真っ黒記事の最後に来ておりますので、もし読んでいただけるなら感想次ページの最後ちかくまで飛ばしてくださいませね。お手数かけます…

  
■左・「 眠る劣情」 (2009)   
8/4記事で暑苦しく語っています。  
■右・ 「熱砂の王と冷たい月」 (2007)
貴重なアラブ。BL絵師なら一度は受けるアラブの洗礼。作家もですが(笑)
パープルに倒した淡い色使いとアラビアンナイト(月だから)を意識したディテールがステキ。
カット…多分高階さんのミリタリー画力を期待しての指名と思うが、お話があまりにあまりで画力関係なく(苦笑)せっかくの実力が活かしきれなかったのが残念。
   



◆感想未UP作品 
※ギャラリーなのでコメントは控え目です
深紅の背徳 (ラヴァーズ文庫 57) 金色の龍を抱け (キャラ文庫)
■左・「深紅の背徳」(2008) 
珍しい「生物」カットがある作品。ちょっとぎこちないが高階さんならすぐ上達されますね。←いったいナニサマ…

■右・「金色の龍を抱け」(2009)
カラーはどれも極上でございます!このために買いました(笑)
ただ表紙で若干デッサンの狂いが…。二人の人体比が少々おかしい。気にならない程度なので全く問題ないですが、この方に限っては超お珍しい現象で貴重と言えば貴重。
カットはこちらも高階さんには珍しくキレがあまり良くないです。いや、キレはあるけどキレしかないのか。動線を意識しすぎて全身カットばかりになってしまい、やや単調かな。
普段のレベルがお高いのでこちらの要求度もついつい高くなってしまいますね、すみません…。
典型的なアート派の絵師様ですので、アクション不可欠の拳法BL(?)はなかなか難作だったのかもしれません。


法医学者と刑事の相性 (キャラ文庫 し 3-18) 義を継ぐ者 (キャラ文庫)
■左「法医学者と刑事の相性」(2010)
何と美麗な…!この表紙だけで本編読みたくなりますよね♪
残念ながら作品内容はわたくし的にはヒットしませんでしたが、ここまでしっかり背景いれたイラストがシリーズで見られるのなら続編もゼヒ手に取ってみたい…

■「義を継ぐ者」(2010)
スーツ、うま!
イケてる大人には欠かせないスーツ姿ですが、描くのはとても難しいです。着物程ではありませんが硬質の生地で肉体という丸い立体を覆うので、直線的な曲線の描写が多用されるので線の重みがケタ違いなのですよね。マントやドレスなどのファンタジー衣装や、カジュアルな洋装の方がずっと描きやすいです。よってスーツの御上手な方は「線」に自信と拘りのある方、麻々原絵里依さんとか須賀邦彦さん、実相寺様などが該当するのでは〜と思いますです。

水底の月 (SHY NOVELS193) 青鯉 (SHYノベルズ) 
■左「水底の月」(2007)
お魚になったわ・た・し☆シリーズその1←?
受け(ヒロイン)が攻めの後ろ手にすっかり隠れちゃった=メインではない画期的作品。
BL界での「抱きしめイラスト」はヒロインこそメイン=女性力高アピールが大鉄則です。(BLは女性向け作品だから) しかもこの作品はよるべない身の上の健気遊女受け、半裸で抱きしめられてもおかしくないお話なのです。なのにこう来る絵師様のピュアさが堪らなく好きです。

カプ2人だけのイラストで攻めがメインをはる表紙、本当にレアです。書店へお出かけの際は新刊平台前でちょっとお気にかけてみて下さいませ。なかなか面白いですよん♪
※ちなみに2010年は1冊しか見つかりませんでしたが、高階さん以外の絵師様だったので、ビックリ。

■右「青鯉」(2007)
お魚になったわ・た・し☆シリーズその2←?
この作品も絵師様にとっては画期的、というか貴重な一枚。
花です、花!亜樹良さんじゃないのよ、高階さんの花!!

 御曹司の口説き方 (ビーボーイノベルズ)  
■左・「御曹司の口説き方」(2010)
こんなにも扇情的なはだけ方なのに、チOビ死守(笑)
さすが業界随一のイノセント絵師様。

■右・同人誌「Te Quiero Mucho」
同人誌に高階さんとはなんと贅沢な!英田先生ならではのご快挙でございますね♪
ネト×ロブではなくて、ネト&ロブなのがこの2人の関係なのでこのような構図となります。
そこはいい、それはいいんだが…。
読んで\( ̄▽ ̄;) / どっひゃ〜! ロブってバリタチじゃないんだ…!!
ゲイの世界の「&」の関係、おっとなすぎて、みるは、わかんな〜い

      

※ここからは「和紗」名での作品
  
↑多分高階さんの初ファンタジー(違うかな)
翻訳ファンタジーを読み慣れていないと結構しんどい作品と思います。
絵師様が作品のグレードをかなり上げている(笑)

最右「月影の罠」〜Night Life・最新刊
このシリーズもう買わないと思うので(笑)、表紙だけでも堪能させていただきます。
銃・服のファスナー=小道具(無機物)の写実が半端ない。さすが、例外発展絵師様♪
正直申しますと絵が極上すぎて、作品のキャライメージとイマイチあってないのですね。特に兄(笑)
むろん、高階さんの描かれる方が数段素晴らしいです(ひどいな、おい)
 
←雪舟画聖から引き継いだ作品。
変更が仕方ないことなら、良い判断と思います。絵師様のドレスカット、稀少(現段階では)


 
    


【ブログ内関連記事はこちら】
「ワケアリ」 中原一也/高橋佑
眠る劣情 夜行花/高橋佑
『DEADLOCK』 『 DEADHEAT』 英田サキ/高階佑
『DEADSHOT』 英田サキ/高階佑
「堕ちゆく者の記録」 秀香穂里/高階佑
「熱砂の王と冷たい月」愁堂れな/高階佑
イラスト考察「コミック派」と「アート派」
当ブログ用語辞典

【ブログ内関連記事・新春特別企画】
新春特別企画・「無人島ギャラリー・生きる情熱編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表
新春特別企画・「無人島ギャラリー・沁みる抒情編」〜お気に入り表紙イラスト投票・結果発表 





                               
「ディック!今お腹の子が動いたよ
  「ユウト、丈夫な子供を産んでくれよ、さあ一緒に練習しよう。はい、ひっひっふー☆」
   ※K様ごめ〜ん、ココで使っちゃった(笑)



 


こっそりおまけ・コスプレギャラリー
 
◆現代衣装
   
  ↑蝶ネクタイ                   ↑囚人服 


     
  ↑作業服(笑)        ↑神父祭服          ↑白衣

 憎しみが愛に変わるとき (アルルノベルス)  夜の華 (キャラ文庫) 
  ↑メガネスーツ          ↑ホストスーツ



◆民族衣装
輝血(かがち)様と巫女 (白泉社花丸文庫BLACK) 蝶落―雲居の巫女 (白泉社花丸文庫BLACK) 
 ↑和服・巫女服

水底の月 (SHY NOVELS193)        
↑遊女                  ↑アラブ            ↑中華拳闘着

◆時代衣装
 
 ↑ロシア帝国軍服

  上海恋戯 (リーフノベルズ) 愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)
   ↑旧日本海軍・軍服      ↑異世界ファンタジー・貴族  





       〔絵師:高階佑〕〔画:ギャラリー〕〔画:レアアート〕〔画:グラミー賞〕〔画:女装〕
【関連記事リンク】

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    [【特別企画・イラスト編]絵師特別〜高階佑 | comments(11) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

     

    励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
    - | - | - |
    <<prev entry | main | next entry>>

    Comments

    ■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

    いまや奈良様と並んで、腐界の顔となりつつあり絵師様でございますね。確かな画力で具現化されると妄想も芸術になる…(笑)
    BL読みになってよかったと思う瞬間でございます♪

    記事UP以来コンスタントにポチっていただく、拙宅人気記事の1つでもございます。皆様過去記事を愛して下さってどうもありがとう!

    comment by: miru-ha | 2011/07/01 23:19
    miru-haさん、はじめまして。
    高階佑先生のイラストに魅入られmiru-haさんのブログに辿りつきました。
    作品のセレクトの参考にさせていただき、読後に作品の詳細をチェックさせてもらっていますがmiru-haさんの洞察力の深さに毎回感嘆しています。読量ももの凄いですね。

    BL歴1年強の初心者にはmiru-haさんの情報発信力は強い味方です!

    高階先生の美麗すぎる画はもうひとつのジャンルを確立した感がありますよね。漫画を描かないイラストレーターさんにここまで固執したのは初めてです。デビューした当初の雑誌等のピンナップとかから観れなくて初心者の辛さを味わっています。。。

    先ほど『輝血様と巫女』を読み終え、miru-haさんの記事を検索したのですが、、、まだなんですね。
    この作品では可愛らしい男の子カットも登場して(義を継ぐ者では寂しい後姿だけでした)かなりググッときました!
    初めての沙野作品でしたが内容もかなり盛りだくさん・・・全体的に潜在エロが散りばめられてて。。。次の沙野作品を探そうかなと。

    勝手に私の水先案内人としてしまってご迷惑でしょうが、これからもブログ、楽しみにしています。




    comment by: iku | 2011/07/31 15:37
    ■iku様、初めまして♪
    このような電脳最下層イロモノブログを探し当てて下さってありがとうございます!嬉しいお言葉に恐縮しつつも舞い上がっております。

    数はこなしておりますものの腐歴はさほど長くなくわたくしです。iku様のステキ航海の案内人としてはかなり怪しいのですが、旅のおともとしてご一緒にワーキャー楽しむことならまかしといて!ですので、これからもどうぞお気軽に遊びにいらして&お声かけ下さいませ♪←ただし私の話は長い(激ナガ記事ばっかな)ので、お時間ある時にいらしてくださいましね

    情報…といっていただけるかどうかわかりませんが、このコメント欄の下に「今年のツボ押し作品のスライドレビュー」を貼っておきました。一言コメントも全部つけましたのでよろしければ冷やかしていってください☆

    >高階佑先生のイラストに魅入られmiru-haさんのブログに辿りつきました。
    おおお、高階先生が取り持つご縁…光栄です!
    ブログタイトルからは全くケハイなしですが、わたくしイラスト(絵画全般)が大好きで…♪BLにイラストなければここまでハマらなかったと常々公言しているほどです。
    高階先生は、「こんなステキ絵師様がいるなんて腐海にはまってよかった…!」と感じた絵師様のお1人でございます。
    先生の描くアンゴロサクソン系も、BLらしからぬイノセントセンスもすべてツボ、それから…ととと、いかんいかん、この手の話題はとまらない…(汗)

    >雑誌等のピンナップ
    私も雑誌は基本買わない派なので、ピンナップの存在を知った時は衝撃でした。それが描きおろしだった日にゃあ…!←キャラは文庫口絵の転用だけど、リンクスだと毎号描きおろしだとか、そういうことね
    後発組には高い壁ですよね〜…。

    そういえば高階さんサイトに最近いっておりませんが、こちらでたまに雑誌でも本編でも見られないキャラカットを載せて下さることがあります。
    今見られるかどうかわかりませんが「DEADLOCK」のユウト3兄妹(お兄ちゃんとユウトと妹)のレアカットは必見ですよ♪妹を真ん中にイイ笑顔のラブリーカットでした。3人ともクリソツでした

    >『輝血様と巫女』
    はい、未読でございます〜。高階さんの男の子カットがあるのですね?おおお貴重!読みたいリストに追加追加♪

    >沙野さん
    ブレないナナメエロ探求姿勢に、次はどんなかな〜とついつい手が出てしまいます。
    いくつかご堪能されましたらiku様のツボ押し作品、ぜひ教えてくださいませ♪

    ではでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
    comment by: miru-ha | 2011/07/31 23:27
    こんにちは。miru-haさん。

    即行!お返事ありがとうございます。
    ふだん、PCは休日くらいしか開かないので忘れた頃のレスになってしまい申し訳ありません(泣)

    あの後、『駆け引きの恋愛バトル』真船るのあ著 
    読みました(タイトル・・・ナンとかなりませんかね?笑) 
    オドロオドロした後だったので、久しぶりにラブコメ読んで大笑いしました!!ナンと言っても『裸エプロン』最高です〜(笑)

    そうなんです。。。粘着気質なもので気に入ってしまうと色々収集したくなって、、やばいです。
    以前からmiru-haさんの記事でユウト3兄弟のカットの存在は知っていたんですが、徳間書店さんの著作権絡みなのかブログには既に入っていませんでした(爆涙)その点、白泉社さんは太っ腹ですね(笑) 

    願わくばイラスト集など期待したいところですが、ご本人さまからのメールで、それは将来の夢!ぜひ実現したい! とのことでした。。 

    雑誌。
    基本、私も買いませんが、一応書店をのぞいた時は表紙チェックしてます。最近はコミックならいざ知らず、小説雑誌まで紐掛けしてブロックするんですよね!
    で、表紙だけと判っていながら「リンクス6月号」をレジに持って行ってました。
    バックナンバーはアマゾンあたりで検索すると表紙だけは堪能できます!がまんがまん。。。

    後は。。。
    いろんなイラストレーターの先生のtwitterですか?
    ほんとはプライベート覗き見してるみたいで非情に心苦しいんですが(たぶんmiru-haさんは解ってもらえるかと)時々ラフ画がアップされるので萌えまくって覗き見が止められません。最近は「Tiger & Bunny」が3枚もアップされていました。携帯待ち受け、即決!!
    新條まゆ先生のTigerも良かったけどやっぱり高階先生の「ヘタレ虎徹」ですね! 

    またグダグダかいてしまいました。すみません。
    すみませんついでに・・・・ツボ押し作品スライドレビューはどちらに貼っていただいたのでしょう??探せない私もナンだかなぁ(泣)
    comment by: iku | 2011/08/08 15:58
    ■iku様
    改めましてこんにちは♪
    いただいたタイミングがバッチリ?でしたので、速効!お返事書かせていただきました、長くてびっくり☆でしたでしょ?(笑)

    でもってスライドギャラリーはすみませんでした、掲示板にも書きましたが仕立て直して近々再UPいたしますです。

    >『駆け引きの恋愛バトル』真船るのあ
    あ、これ、お珍しくもBLっぽいイラストの高階作品ですよね、未読ですがチェックはしておりますよ♪
    私もしんどい作品が続くと糖尿=甘さがムショーに欲しくなる、ラブコメ読みたくなります。
    裸エOロン…わははは!花嫁モノ以外でお目にかかることはまずないと思ってましたがあったのね(≧ω≦)
    ん?まさかそれを高階画で…?えーーーーーーっ、イノセント絵師様になんてプレイをっ!即チェックだっ(笑)

    >ユウト3兄弟
    やっぱり今あがってないんですね。徳間さんだか作者様だかから許可があったとか書かれていた気がいたしますが、かなり短い期間の特別公開だったんですね、きっと。
    でもってすごい!ご本人様と(メールで)お話しされたんですね!わたくし、ビビりなので絵師様にメールを差し上げる勇気がないのです…ここでこれだけ愛を叫んでいるのになんか矛盾してますね(苦笑) ツイッター同様そのうち、そのうち挑戦してみます…。

    >雑誌
    そうなんです!私のごひいき書店・その2も以前はBL系雑誌は全くヒモかけしてなくて、勇気さえあれば立ち読みし放題だったのに、今は嫌味なほど緊縛してあります。書店員さんSかよ…などと舌打ちしながらヒモををいじくりまわしてイラストチェックをするわたくし…やばい、ヘンタイじゃん(汗)

    >twitter
    これにはまったらおそらくブログ卒業(笑)なので自省しております。でもPIXIVは見始めたら止まらないの〜っ!でもって高階さんのヘタレ虎轍は知らなかった!ひゃ〜ありがとう〜っ♪♪
    お返しにわたくしからはモンデンアキコ先生の「タイバニ」情報を差し上げます♪ HN「もんち」で探せば出てくると思いますですよ。

    comment by: miru−ha | 2011/08/11 20:31
    miru-haさん!
    大変デスっw(°O°)w


    英田先生の人工楽園通信はふつーに入ってきてますか?
    本日26日付けのブログに
    とんでもないBIGNEWSが〜(◎-◎;)


    な・なんとっw(°O°)w


    キャラ(コミック誌)二月号からの新連載 連載ですよ!


    高階佑先生が

    DEAD LOCK

    描くそうです(≧▼≦)


    どひぇ〜〜!!!!



    どおりで ツイッター潜伏してるはずだ(´ψψ`)


    とうとう漫画家デビュー…

    嬉しいやら心配やら………
    おかんは複雑です(笑)



    今月のキャラの表紙をガン見してたら
    小さく ピンナップ 高階佑の文字を見つけ、輪ゴム伸ばして タダ見 したのですが、あら?ちょっと絵柄が変わった??
    線が雑?別のナニか意図があって変えたのかな?

    と、素人のくせに(;^_^A



    何はともあれ、
    心拍数↑↑↑↑↑↑
    で 悶死 寸前 のお昼休みになってしまいました!

    取り急ぎお知らせまで

    って ご存知でしたら
    すみません(m'□'m)
    comment by: iku | 2011/10/26 13:33
    ■iku様 こんばんは。
    嬉しいお言葉ありがとうございました。メールも拝読しております、こちらこそせっかく遊びにきていただいたのに、戸惑わせてしまってすみませんでした。
    本日からぽつぽつ萌え語りしていくので、どうぞ、今まで以上のお付き合いをよろしくお願いいたします。


    高階さんコミック情報どうもありがとう、私も早速「人工楽園通信」チェックしました!

    いや、まったくおっしゃる通り、みるはおかんも複雑です(苦笑) 
    コミックか…あの麗しいディックに会えるのは嬉しいけど、絵の上手さとマンガ力は別問題だものねぇ…ましてや高階さんはカラー画の神ですし。
    実はですね、ここだけのお話にしておいてほしいんですが、先月出た某新刊のカットがそれはもう「な、な、何があった?!」で、心底衝撃だったものですから、複雑度3割増しです。
    でも英田さんが「すっごく素敵」とおっしゃってるから心配ないかな…?

    comment by: miru-ha | 2011/10/29 02:12
    こんばんは。お返事ありがとうございます。ご不幸があったのにこんな情報にお返事する時間取らせてしまって・・・申し訳なかったです。。。。


    高階せんせの新刊?8月のじゃなくて?先月も出たんですか??
    知らなかったガビィ~ン

    そんなに画、変わっちゃいました? 最近いつもの書店のBLコーナーが縮小され、おまけに小説まで 緊縛のラッピングという ちょ〜ドMの憂き目にあっており、挿絵チェックも儘ならなくなって憤慨している私です!

    マンガのDEAD LOCKはおまけ的に何本か描いてますよね。
    確かに線が固いかなぁ・・って印象があったので

    まぁ イラストとマンガを上手く使い分けしてくれるといいなぁと。でもそんなに器用じゃないかな?(笑)ほんと真面目&イノセントな性格でいらっしゃるようで・やっぱおかんは心配です。


    徳間さんのこのフェアは今回の連載の伏線だったわけですな〜またまたやるなぁ徳間さん! 
    そしてJ・ガーデンで英田姐さんと一緒にお泊りしたというのも 納得。うんうん。

    しばらくはクリアポスター&ファイルの大きなユウト/ディック ロブ/ヨシュア カプに癒しをもらって凌ぎましょう。

    この前の記事にあった奈良千春さんのような激変になりませんように。
    私、miru-haさんがUpしてくれた以前のイラスト見てビックリ! 愁堂れなさんの新宿退屈男シリーズあたりからしか知らなかったので、衝撃的でした。実は ダブルバインド も挿絵は高階さんだったら・・・と密かに思っていたのでした。


    あぁまたウダウダと書いてしまいました。お疲れなmiru-haさんに優しくなかったですね。ごめんなさい。。。

    ではゆっくりとペースを戻されることお祈りします。
    comment by: iku | 2011/10/29 23:14
    ■iku様
    >高階せんせの新刊
    そうですそうです、8月です。私が読んだのが9月に入ってからだったので勘違いしてました、ごめんなさい。
    お絵柄はですね、どのぐらい変わったかというと、高階さんのイラストチェックを随分してないので、もーしたくてしたくて、アレだと分かっていてもこの新刊を買ったのに、いまだ1行も書く気にならない、そのぐらい変わった…というか、描きこみがゆるくなっておられました。お忙しかったのかな〜。

    キャラ掲載のコミックはいくつか拝見したことがございます。キメ絵は垂涎ジュルジュルでしたけど、コマ流れがぎこちなかった…かな?(エラそーですみません)
    iku様おっしゃる通り、真面目でイノセントな方だと思うので、考え込みすぎてスランプ…なんてことにならなければいいがと、本当に大きなお世話な心配をしてしまうみるはおカンなのでした。

    >J・ガーデンで英田姐さんと一緒にお泊り
    え、そうなのですか?!ってことは先日のJ庭にはお2人がいらしていた…?おいおい、私が行った時にしてくださいよ!またもナイジェってしまった!
    ナイジェる(動詞)=愛してるのに報われないこと。哀しいほどタイミングが合わないこと。

    >奈良千春さん
    いまや、激変の代名詞となってしまわれましたね…。先日取り上げたエスとか、ちょうど今沙野さんの「虫シリーズ」が新装版で出てますが、あの頃のイラストが本当に好きです。特に「赫蜥蜴〜」の口絵イラストは、一生忘れません。今も変わらず、わたくしのベストイレズミ?です。

    >ダブルバインド
    私も高階さんか、または朝南かつみさんか蓮川愛さんでも素敵じゃないかと思いました。どちらも徳間さんではお目にかかったことがないが…。
    最近蓮川さん株が急上昇です。上手い、綺麗(華がある)、丁寧と3拍子揃ってます。機会がございましたらカットをぜひご覧になって下さいませ。


    長々書いてしまいごめんなさい…。これが私のぺースなのです、すみません…

    comment by: miru−ha | 2011/10/30 22:44
    こんにちは。miru-haさん。11月だというのにこの3月ウサギのようなトチ狂った暖かさにはビックリ~@_@;

    すみません。。また、高階ネタになってしまうのですが・・
    (もちろん、更新記事も読んでますよ LOVE)

    ちょうど1ヶ月前のツィッターに気になるツィ−トが。。
    ご本人様からアップされていました。
    半日もたたないうちに削除されていましたが、メール画面を保存していたので(どんだけストーカー???)
    やっぱりなぁ〜と。。。

    "仕事をしていて理想や目標のハードルを上げ過ぎていると、何で自分はダメなんだ、なんでこんなに下手なんだ と考えすぎて苦しい・・・”(←チョイ端折りました)

    と呟きにこられてました。
    う・う・・・・これ読んだときは8月刊の挿絵のことかな?と思ったんですけど。立ち読みで画だけチェックしていた(笑)ケチおかん。

    すぐ削除したってことは、かなりその時は苦しかったんだろうな と。もうDEAD LOCKに入っていたんですね、メール画面見てまぢ心痛かった(泣)

    で。その後、J・庭。
    英田姐さんフォローで浮上??できたのかな。原作者さんからの励ましほど自信につながる武器はないんでしょう。きっと。


    と、そんなこんなで(どんな?)
    まだまだ虎離れ (ぎゃっ!虎にいきなり変換って!)
    基 子離れできない出来損ないのおかん現象は続く・・・

    どんな出来でも 連載打ち切られても(始まってないって)
    見守っていこうと思います。 自己完結宣言!

    それでは、また。




    comment by: iku | 2011/11/05 11:07
    ■iku様
    コメント、メールありがとうございました!!萌え燃えいそいそと保存いたしました。たくさん送って下さってありがとう♪♪私からのお礼、あんなちっちゃくてごめんなさい。でもちゃんと届いたようでよかったです。高階さんの描く女の子、もっと見たいですよね〜。ルピータちゃんもコミックで登場するのではないかと、みるはおかんは勝手に期待しています(≧▽≦;)キャー♪

    >すぐ削除したってことは、かなりその時は苦しかったんだろうな と。もうDEAD LOCKに入っていたんですね、メール画面見てまぢ心痛かった(泣)

    ああやっぱり!イラストとマンガは似て異なる別ジャンルですものね、描こうと思って描けるものではないですよ。家具や建物(背景)からして描き方が全然違うし、ましてや外国舞台で取材もままならんと来たもんだ☆
    気楽にテキトーに描いていいよと言ってあげられればいいけど買い手としてそれはできない&やっぱり期待してしまうし、第一高階さんはそんなことできるお方じゃないですし…

    コミックスとして1冊まるっと高階画を拝める奇跡を考えると、ファンにとっては僥倖なんですけどね。
    ご飯たくさん食べてガンバって!と、おかんなエールを折に触れ伝えてまいりましょうね。

    comment by: miru−ha | 2011/11/12 00:50

    Leave a comment










    TrackBack URL

    http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/253

    TrackBacks