スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

「トラさんと狼さん」 春野アヒル

本日は日曜日。「日曜コミックDAY」の日です。

      
問.上記の本の共通点を二つ上げなさい (答えは後述)
 
                            

あ、れ?
新刊購入リストで全くノーチェックだったコミック、なぜ手元にあるの?
しかも速攻感想上げちゃうって?

ああ、なんてこった。まさか自分にケモミミ属性があったとは!
本日のコミック「トラさんと狼さん」を店頭で衝動買いするまで気付かなかった…です。
しかもコミックに限られる萌えのようです。繰り返させていただきます。
なんてこった。


ケモミミタイプは2パターンありますね。
「綿の国星型」…人から見たらまるっと獣だが、擬人化されてる。
「犬夜叉型」…基本「人体」に耳やしっぽがデフォでついてる。

上記ですと花音コミックの2冊・「天使をください」と「トラさんと狼さん」が「綿の国星型」、よりオトメ―な萌え設定です。
そしてどうやら、私は「綿の国星型」に激よわ。らしいです。

だって!
楽しかったんです、「トラさんと狼さん」が!!

カワイイお嫁さん候補にとさらってきた子猫が成長して下剋上(?)、自分が「妻」になっちゃった狼さんが主人公です。

わはははははは!笑える!!

子トラのカワイイ事、カワイイ事、(2回言った!)
もう食べちゃいたいぐらいカワイイ♪(と、狼さんも思ったであろう。でも、実際食われちゃったのは狼さん。わははは)
もっと子トラ時代が見たいのに、そうするとBLが成り立たない=ツンデレいちゃいちゃが見られない。それもいや。(きっぱり)

以前もどこかで書きましたが、一応、記事書く時に気をつけていることの一つに「いいっぱにしない」があります。書けも描けもしない自分を棚に上げて普段から言いたい放題させていただいてますが、その上いい逃げ、はあまりにあまりかと思うので、なにか意見する時は無い知恵を絞った自分なりの代案をできるだけ書くようにしてました、が。

これはお手上げ。どうしようもないわ(^^;
単純な問題ほど厄介だという事が良く分かりました。 


このまんま「ギャラリー上等!」な笑えるケモミミBLで行くのかと思いきや、あれれ?なんですか、この「あらしのよるに」みたいな切なさは?
動物モノで「寿命」(ネタバレなので伏せ字)は、キツイです。
どうしたって泣けてしまいます。泣くほどシリアスに扱ってないのが救いと言えば救いですが。
結局は問題先送りで大団円でしたが、いずれ来る時を思ったら爆笑しづらくなりました。
まいったな…。


トラ兄とわんこは意外なカップリングで、目が・です。これで、貴重なアルビノの遺伝子は次世代に伝わる事はなくなりました。ただでさえ絶滅危惧種なのに。

わんこの名前。あんなにイケてるのに可哀想な名前です。
それにしてもいったいここはどこ(の国)なんでしょうか(笑)


はあ、それにしても子トラ、カワイイな〜。




そうそう、「答え」は次ページです。



 
・模範回答:「ケモミミ」「BL」
・一般回答:「ネコ耳」「マンガ」
・レア回答:「左から出版順」「管理人既読本」「女流作家」「アマゾンに飛ぶ」などより二つ。


他の回答なさった方、相当ナナメです。
どうか自信をもってその個性を伸ばしていって下さいませ。


励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[BLコミック・は行]春野アヒル | comments(6) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

綿の国星・・・なんて懐かしい(笑)

あたしにとって竹宮さん・萩尾さんに次ぐ青春を彩ってくれたかたです。

そうか・・あのころからケモノミミが好きだったんだ。という事実に気がつかせてくれました・・・(笑)

寿命の問題はけっこうきつい話でしたけど
だからこそ一瞬一瞬が愛おしくて大切に感じられるのでは?
それと、十分愛した、愛しきったという達成感でこれから生きていけるよすがにするんじゃないかなと読後感でしたね。

また面白いマンガとか懐かしいマンガの話も楽しみにさせていただきますね。
comment by: Lianha | 2009/06/29 01:06
>Lianha さん、コメントありがとうございます♪

>竹宮さん・萩尾さんに次ぐ青春を彩ってくれたかたです。
きっと私共、世代が一緒ですね。確かにこのお3方はすごかった!
私は特に萩尾さん派です。「銀の三角」を超えるマンガは未だにないと思っております…。

>寿命の問題はけっこうきつい話でしたけど
>だからこそ一瞬一瞬が愛おしくて大切に感じられるのでは?
>それと、十分愛した、愛しきったという達成感でこれから生きていけるよすがにするんじゃないかなと読後感でしたね

まったくもって同感です。
このマンガでここまで考えさせられるとは、あの爆裂キュートな1ページ目からはまったく想像できませんでした(笑)


>また面白いマンガとか懐かしいマンガの話も楽しみにさせていただきますね
ありがとうございます、一緒に盛り上がりましょう♪
近頃懐かしマンガ率が高く自分でも何ブログかわからなくなってきつつあるんですが、なんかそれもいいか、と思えてきています(ははは)
comment by: | 2009/06/29 05:49
再々のお邪魔申し訳ないです・・
↑のコメントを書くときにお願いしようと思っていたんですけど、書きながらすっかり忘れちゃっていて(笑)

リンクを組んでくださっていることに最近気がついて嬉しさ満載です。
こちらのほうでもリンクを組ませていただいてよろしいでしょうか?
comment by: Lianha | 2009/06/29 18:02
>Lianhaさん
こっそりリンク申し訳ありません。

ブログ始めた当初は身の程知らずにもこちらからリンクお願いしたりもできたんですけど、段々と我が家のイロもの振りを自覚するにつれ、リンクのお願いしづらくなってまいりまして、でも読みたいのでこっそりと…(笑)

押しかけ同志で申し訳ないです(^^;
リンク嬉しいです、ありがとうございます!

これからも「重版の天使」(美化しすぎ?)としてお互い頑張りましょう♪
comment by: miru-ha | 2009/06/29 21:54
実はmiru-haさんのレビュー参考にして購入しました。
1ページ目からキュンキュンきて、寿命でしんみりして、深いお話でしたね。
ちょっぴり悲しいはずなのに読後感が幸せなのは、トラさんの性格ゆえです。
良い作品を教えていただいて、ありがとうございました。

TB挑戦したのですが、どうやらエラーみたいで上手くいきませんでした〜汗
comment by: わにこ | 2009/07/02 01:51
>わにこさん

私でもお役にたてることがあるなんて嬉しいです♪
でも私の持っている本は2版でしたので、人気あるんだ〜とちょっと驚き(なにげに失礼)

>ちょっぴり悲しいはずなのに読後感が幸せなのは、トラさんの性格ゆえです。

そうなの!さすが森の王者、ココロも体も繁殖力も(笑)大変お強くていらっしゃる。

>TB挑戦したのですが、どうやらエラーみたいで上手くいきませんでした〜汗
わ〜本当にごめんなさい!
原因不明なんですけど、おかしいのは宅のVISTAのせいみたいなのでただ今調整中です。
もし上手く調整できたら、私からお願いに参ります〜っ!!





comment by: miru-ha | 2009/07/02 05:29

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/231

TrackBacks

トラさんと狼さん      春野 アヒル
トラさんと狼さん (花音コミックス) (コミック) 春野 アヒル (著) (内容) 狼さんが一目惚れして連れて来た超キャワい~獲物は、な、なんとムッチャ猛獣なベンガル虎の男のコだったのです☆ 亭主関白するハズが成長したトラさんに押し倒された狼さん(妻)と
trackback by:  Verger  ー果樹園ー | 2009/07/02 3:36 PM
トラさんと狼さん/春野アヒル
個人的にタイムリー過ぎる内容で、そんなに泣く本じゃないんだけど泣けた…。トラさんと狼さん (花音コミックス)著者:春野 アヒル販売元:芳文社発売日:2009-05-30狼さんが一目惚れして連れて来た超キャワい~獲物は、な、なんとムッチャ猛獣なベンガル虎の男の
trackback by: 北の主腐から | 2009/07/04 3:09 AM