スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |

『G1トライアングル』  いつき朔夜/ホームラン・拳

あれ?また いつきさんの新刊発売延期になってますね?楽しみにしてたのに。
という事で、本日はMYファースト「いつき」です。
なんちゃってあらすじ
「負けたら私の意のままになる?」
若手ジョッキー清見は美貌の馬主・星生と、漆黒の馬ラクシュミへの騎乗権をかけて賭けをする。この勝負絶対負けられない!

◎イラストチェック
カラー★★★★4.0/ホームラン・拳
華麗な絵です。星生!星生が美しすぎます… 
2人の関係もバッチリのイラスト、絵心アリアリでモロ好みです。コミックを雑誌で拝見した事がありますが、やっぱりうまかった…絵が。
カラー口絵には驚かされました。こうきたか!思い切ったな!かっこいい。
カット★★★★☆4.5
線がむちゃくちゃキレイですが、特に黒ベタがいさぎよくて美しい。
リアルな身体バランスもステキです(変に足が長かったりしない) しっかり人体デッサンが出来てる画力のある絵師さんです。ペンネームからは想像できませんでした(笑)
それにしてもこのペンネーム…「ばくはつ五郎」なみのインパクトです。いかしてます。
これって打ち合わせ時など 電話で、「もしもし、ホームランさんのお宅ですか?」やら「ホームランさんの原稿が…」などの会話が素でなされるんですよね?わはははは、編集って大変(笑)

完敗の本編感想・その他モロモロは ↓↓

 

◎本編感想
馬。馬はいいですね!
動物がでてくるお話にとても弱いです。高尾理一さん以外でここまで馬と騎手に愛が注がれている作品は初めてです。
競走馬は勝って何ぼのつらい生き方を人間に強いられていて、正直、競馬も見ていて泣けてくる時があります。でも近くで見るとそれはもう美しい生き物です。やはりサラブレットは違います。日本の駒もすきだけど。
ワタクシは本物のジョッキーさんにあった事はありませんが、乗馬が趣味の友人いわく「ものすごくちっちゃいよ」だそうです(←ホントは「チンケな男だよ」とのたまったのですが超訳しておきます)
そうだよね、成人男性で50前焚爾世發鵑諭⊃事制限も大変だろうな〜。
競馬学校でも大変な毎日だったと判るだけに亮太のあの行動が辛すぎる…。恋愛の前には苦労を共にした日々も大事な馬の事も霞んでしまうものなんですかね。

とか、むりやり つらつら書きましたが もう無理だ!このお話すごすぎる!
流れに無理や無駄がない。エピソードも人物心理も全部が必然。ペンネーム以外につっこみどころがない!BLとしての人間関係も巧みなら馬との係りも巧み。動物小説並みの描写です。最後清見がシュミの牧場で見せる涙と謝罪、馬が無邪気なだけにより胸に詰まります。

このシーンがある事で作品の質が数倍上がってますが、ここまで入れようと思う作家さん、少ないです。名のある作家さんってこの一歩を作品に入れるか入れられないかの違いだと思います。そこが人気に如実に反映される。BLユーザー(何に使うんだ)って目が肥えてる方が多いってことの証明ですよね。
人間パドックはともかくとして(笑)う〜ん、完敗です。ここまで完成されたBL小説にはめったに会えません。もう途中から小説である事を忘れてます。亮太の気持ちで唇を噛み、清見の気持ちで泣き、星生の気持ちで抱きしめてましたから。
恐ろしい作家さんです、この後すぐコンプ。大した数出てなくてよかった。

◎イメージソングは 希望を込めて、
  『未来を』  藤田麻衣子/  アルバム『二人の彼』より
某ゲームのMADですが…動画は
http://jp.youtube.com/watch?v=CMfi5FPS8Fo
いいんです!
この方の曲はすべていいんです!某ゲームでくくられるのが惜しいんです!
今後もこの方の曲はやたら出てくる事を宣言します。
で、今日はこの「未来を」をおすすめ。藤田さんの曲ではちょっと異色。何これ、この力強さ息ができない。

「失くした事ならまた始めればいい 簡単な事じゃないけど。」
わかっていてもなかなか言えないセリフです。いや〜本も曲も実にデリシャスでした。




励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
[小説・作家名あ行]いつき朔夜 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

 

励みになります、ありがとうございます♪ 拍手する
- | - | - |
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

■このページに拍手下さった皆様、本当にありがとうございましたm(*・´ω`・*)m

この作品は衝撃でした、あまりにウマくておもしろいんだもの!
今感想を書いても似たようなことしか書けないと思いますが、もっと丁寧に(熱く)語りたいです。もうもう大好き!

comment by: miru-ha | 2011/07/01 00:34

Leave a comment










TrackBack URL

http://imeson-bl.jugem.jp/trackback/23

TrackBacks